google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

rivinggakushu-04091


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

この写真、小6の中学受験前ぐらいに仕事で実際の中学受験生のリビング学習の様子を撮影をしたものです。

リビング学習はどうかと考えたのですが、眠そうにして勉強している時に、集中力をつける為にわざと子供がやっていたことで、夜遅くまで勉強していました。

使っていたスタンドは潰れて、他のライトに買い換えましたが、こういうライトもお勧めです。



うちの子は、受験時は算数が苦手で国語の方が成績が良かった子です。ところが、中学受験後、入学してから数学がダントツよくなり、親としてもびっくりしています。

本人にも話を聞いてみたので、今受験準備中でお困りの親御さんにひとつのヒントとして伝えられればと思います。



苦手科目は中学受験以降も引きずることはあります

塾の先生は、生徒さんの苦手科目や単元を把握した上で、個別に指導するなどの対応はとります。

我が子は、国語の成績が悪くて、漢字の書き取りが苦手でした。個別指導コースに在籍していたので、先生が独自プログラムで対応してくださったので、漢字の書き取りは克服できました。

ところが、ひとつ克服すると別の単元でつまづき、私と先生とで「どうしましょ?」と相談しあったものです。

無事、希望の中高一貫校に合格はできたけれど、その後の成績は紆余曲折でしたね。

中学時代はそこそこあがってきたものの、高校から国語は細分化(現代文・古典と漢文)されるので、また苦戦中です。

少しは救いになっているのが古典でしょうか?

中学受験ではそう扱わない部分でもあるし、指導する先生がよかったので、良かったのかもと思います。しかし、国語はずっと基本的には定期テストでは悪い方です。

いきなり急上昇したのは算数。数学になってから上位クラスに!

SMIMGL3968_TP_V

数学は、受験時はごく普通の成績で、一時かなりおちたことはあります。四則計算に苦しんだ時期があって、塾側で「朝の5分間ドリル」を作っていただき、毎朝起き抜け一番に計算していました。

中学受験時は、ほどほどの成績だったとあとで聞きました。

中1時代は低迷期でして、中2に上がる時に優秀者コースに移動届けを出しましたが、やはりう数学の点数が足をひっぱり、不適格となりました。

そして、中2。

中2から、いきなり数学の点数が上昇して、クラス内の順位は真ん中あたりでしたが、2学期の中間テストから上位5位に必ず入るまでに至りました。

本人がいうには、「今まであまり面白くなかったのが、いきなり楽しくなってきた」と何をきっかけに数学を「楽しい」と言い出したのかはわかりません。

親の目線から見て思ったのは、文系と思っていたのが実は「理系頭」で、数学を学ぶうちに目覚めたかもと考えられます。

もうひとつの考え方としては、苦手科目を理解しようとしなかったとも考えられます。興味がないというより、一度どこかで理解できるようなきっかけが生まれると成績はガラッと変わります。

苦手科目の克服は、いつ転機がくるかは予測不能です。子供さんの考え方ひとつで変わるというのは、確実に言えます。

担当の先生の好き嫌いで成績が変わることもあり

これは、我が家で頭を痛めている問題ですけれど、教科を担当する先生次第で、成績が変動することがあります。

先生といっても、人間ですから教え方などに違いがあって当然の話です。

ところが、担当の先生の教え方がひどかったり、テストの出題の仕方などで、「この先生大嫌い」とその強化が嫌いになって、成績があがらない子はいます。

子供には「先生の好き嫌いで成績が左右されちゃだめ」とは、言っていますが、最近まで好き嫌いで勉強を手抜きしているのはありました。

高等部に進学してからは、嫌いな先生でもテストの成績でやり返す「倍返し」で乗り越えています。

中学受験準備中の子供さんで、もし成績が振るわない場合、指導する先生の好き嫌いが関わっていることがあるので、一度心配であれば、子供さんと塾での様子などを聞いてみて、塾と相談してもいいです。

中学受験で、希望の学校へ進学後に、成績での問題がある場合でも、子供さんとの話し合いをして、問題点が見つかった時には、子供さんにしっかりと「先生で勉強法を変えちゃいけない」ことは諭してください。

中学受験で克服できなくても補える方法はあるので、焦らせないでね

3492955_s

コロナ禍の影響で、オンライン授業を経験した子供さんの中には、オンライン上での先生の様子に不信感を持った子は少なくありません。

先生方も慣れないオンライン授業で、いらっとしてしまったことはあるでしょうし、大人でも大変でした。

その前に、成績が伸びる伸びない、苦手科目の克服問題は根強くありました。一斉休校でのオンライ授業で、先生の様子をみて「この先生を信用してもいいのかな?」と感じながらも、本番に向けて頑張っている生徒さんはいます。

苦手教科を克服するには、自分で克服するか先生を信用できるようになってからのいずれかかと思います。

試験科目に理科・社会が含まれていて、「暗記ものが苦手」という子供さんは、どうすれば苦手を克服するかは、覚え方を改善していくと変わっていきやすいです。どう記憶するかという問題になるので、算数や国語とアプローチは変わります。

でも、きっと克服はできるし、中学受験を乗り越えたものでしかできない勉強法はついてくるので、今は合格することだけを考えて、前へ進んでくださいね。

スポンサードリンク


にほんブログ村に参加しています。
気に入ったら、ポチッとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

3506463_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう入試説明会やプレテストの申し込みをして、資料を読んだりプレテスト対策で忙しいご家庭は多いと思います。

うちの子も、高等部からの応援として、中学受験生向け入試説明会のお手伝いに入ることになりました。

さて、いつも中学受験シーズンは風邪やインフルエンザシーズンですが、今年はさらに気をつけておきたいことがあります。

すでに確認済みの方もいらっしゃると思いますが、「それは知らなかった」という方もいらっしゃるので、念のための確認も含めお読み下さい。



インフルエンザワクチンの接種条件は調べておきましょう

今年は、コロナ対策をしながらの中学受験になります。現時点(2020年10月13日)では、コロナワクチンの開発は、海外の一社で治験が中止になったという報道がありました。

コロナワクチンができるのにまだ時間はかかるのですが、まず中学受験シーズンに怖いのが「インフルエンザ」ですよね?

インフレンザワクチンは、すでに報道されていますが、65歳以上の方の接種が10月1日からスタートしていて、10月26日から基礎疾患がある人・妊婦さんを最優先にしながらも一般の方の接種が開始されます。

我が家が中学受験にチャレンジした2017年度は、家族全員かかりつけの病院で予約なしでも接種できました。

ところが、今年は病院によっては事前予約が必要だったり、前年度に接種した人の分しか受け付けないという病院があります。

去年、我が家は夫が仕事で謀殺されて、ワクチン接種をするタイミングを逃してしまいました。その為に、毎年接種をしていた病院に確認したところ、「今年は打てない」と夫の分だけは拒否になりました。
別の病院で接種予約ができたのでよかったのですが、病院によってはワクチン確保の為に、厳しい対応をしている病院があります。

そして、子供さんへの接種回数も1回に変更されています。

10月26日はかなり混み合ったり、混乱するかと思われますが、接種後の抗体がつく期間を考えると、受付初日より少しずらしてもよいかもしれません。接種前に必ずかかりつけ医に問い合わせて、インフルエンザワクチンが打てるかなど確認の上、接種をしてくださいね。

コロナ対策はどうすればいいの?

今のところ、コロナ対策については、3密を避けることやマスクの着用、手洗い・消毒が大事です。

しかし、たまに子供さんや大人で、混んでいる場所なのに、マスクをつけていない人を多く見かけます。
注意するにも、逆に怖い目にあうかもしれないので、自衛するしかないです。

マスク着用は、感染予防というよりも他人に移さないという効果もあるので、特に過敏障害などでマスクが付けれない子以外はマスクは必ずつけて登下校や塾通いはしましょうね。

過敏障害と紹介しましたが、まれに口周りなどに何かをつけるのが苦手だったり怖がったり、肌がかぶれる子供さんがいます。事情を説明すれば特別対応になりますが、受験時に学校がどのように判断するかですね。

もし、マスクをつけるのが苦手な子供さんの場合は、事前に受験校に相談して対策を相談してみてください。学校側も理解はしてくださいますし、受験できるように対策はしてくださいます。

今年の中学受験は、大人の国家資格試験と同じくらい、コロナについて過敏な対応をすると思われるので、学校からの指示は必ず守るようにしてください。

コロナやインフルを考えて、受験前に学校を休ませてもいいのでしょうか?

毎年「インフルエンザ感染が怖いから、本番前に学校へいかせてもいいか」というご質問をいただくのですが、本来なら「ギリギリまで通わせた方がいい」とお答えしています。

受験前になると、親も子供も受験モードでピリピリするし、インフルエンザや風邪対策でご家庭でいさせる方は多いです。

我が家は、いじめ問題があったので、受験前は家で勉強し、塾にも普通に通っていました。他の子供さんは、前日まで学校や塾に通ったという子はいるし、1週間前から休んだという子供さんもいます。

小学校としてはきて欲しいけれど、中学受験が盛んな地域では、止めることなく休みを認めている学校はあります。

今年は、コロナ感染を恐れて自主休校している小学生の子供さんがいると一部報道がありました。その中に中学受験組の子供さんが含まれている可能性はありますが、なるべくなら、子供さんの安心できる環境について、子供さんから意見を聞きながら学校にいくかを、学校との話し合いの上で対応してはどうかと思います。

今年ばかりは、「これでいきましょう」というのが、なかなか難しいですね。

今年は異例づくしですが、体調管理は大切に

今年の中学受験は、コロナとインフルエンザと風邪の3大対策が必要ですよね。とても親御さんは心配だし、子供さんも不安だと思います。

日頃からスタミナをつけて、3密を避けて、手洗い・消毒さえしていれば、最低限の対策はできています。あとは、インフルエンザワクチンを接種しておくことぐらいでしょうか?

ただ、インフルエンザワクチンを打っても、その年に流行る型とワクチンの相性の問題があるので、完全に防げるとは言い切れません。

今年は、大変な年ですが、きっと乗り切れば後から「こんなことあったよね」という笑い話になるし、今後の自信に繋がります。

きっと大丈夫と信じて、体調管理に気をつけて、頑張ってくださいね。

スポンサードリンク


1669624_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今回は、小学生でも起こり得る話で、特に女の子の子供さんをもつご家庭は、絶対に読んでいただきたい話です。

我が家の子供も被害までとはいきませんでしたが、ストーキングを受けて、塾で対応をお願いしたことがあります。最悪、警察へ相談するかどうかまで出ました。

今も、塾内もしくは卒業後に被害を受けている子供さんはいます。卒業後となると対応が難しくはなりますが、落ち着いて行動してください。



塾内部でのストーキング行為は先生が先に気づくことがほとんど

中学受験専門塾では、最高学年は小6。まだ異性に興味を示し出す年頃ですが、どのように付き合えばいいかわからないので、つきまとい行為が始まりやすい年齢でもあります。

塾でも、中学受験専門コースと並行に高校受験向けコースがあるケースはありますよね?すると、中学生の子が小5〜6の女の子に興味本位から付きまといをし、ついにはストーカー行為に発展します。

塾内部で発生しているとわかることがあり、すぐに先生が該当生徒を呼び出して注意したり、ストーカーをしている生徒にも厳重注意をしています。何度もするようであれば、退塾させています。

ただ、生徒の方が知恵がついていて、先生にバレないようにつきまといをして、嫌がらせ行為をすることはあります。

私の子供も、中学部の子がつきまとってきて、塾の入り口でいつも待っているので「おかしい」と思い、子供に聞いて発覚しました。そして、塾側でも怪しげな行動なのでと注意しようかとしていたことを聞き、全てを先生にお話ししました。

相手側には生徒はもちろん親御さんにも注意がいき、相手の保護者さんが迎えに行った私たちに「うちの子が申し訳ないことをしました」と謝ってきました。

塾で注意してもダメな場合は警察に相談しても構わない

私たちには、塾から報告があがってきて、今後の対応などを伝えてくださったのですが、またストーカー行為をするなら、塾から警察に連絡をすることを伝えられました。

習い事でも、その相手側の子と我が子が一緒で、待ち伏せしたりして困ったので、保護者さんにお話ししてやめて欲しいことは伝えました。

すると、塾でのストーカーに切り替わったので、再度塾に相談し、厳重注意とその子と我が子が接触しないように工夫をしてくれました。必ず行き帰りは私や実家の父が送迎し、塾では担当先生が教室まで護衛するという方式にしてくださいました。

迎えに行った時は、絶対先生が私や父が塾の入り口までは教室で子供を待機させてくれて、接触をさけるようにしました。

しかし、習い事が一緒であることを塾に相談した時に、校舎の先生は「もし塾でも習い事でもストーカー行為をされた場合は、警察に相談してくれていいですよ。警察へ届けを出す時の生徒の資料も申し出てくだされば提供します」と協力してくださいました。

塾でも対応が難しい・できない場合は、警察対応へと切り替わります。

警察へ相談する場合は?できるだけ証拠をたくさん用意しておくこと

すぐに警察に相談にしてもいいのですが、#9110というダイヤルがあります。そこへ相談してから、所轄の警察署に相談するとスムーズに対応が進みます。

相手の名前や連絡先・年齢などの個人情報、どのようなストーキング行為を受けたかなど、警察の方が事情聴取して、対応に乗り出してくれます。

怪我を受けたり、SNSで写真をばら撒かれたなどの問題があれば、診断書はもちろん、SNS上での書き込みのスクリーンショットは重要な資料になります。

相手がすり替えたり削除する前に、証拠保全の為にスクショしておきましょう。

怪我をうけたりして、精神的ショックを受けている場合は、警察からストーキング対策専門の心理士を紹介いただけることもできます。

卒業後も被害にあうケースあり。立派な犯罪だから、すぐに警察へ

ストーカー問題については、ここで終わりとしますが、中学受験準備中も気をつけて欲しいのです。

小学校を卒業し、希望に満ちた新中学生活が始まっても、連絡先などを知られていれば、ストーカー行為が止まらないことがあります。

最悪、住所変更などの対策も必要になりますが、未成年だからと許される行為ではなく、りっぱな犯罪です。どういう行動に出るかわかりません。

ストーカーは、平成29年から「ストーカー規制法」が改正され、14歳以上でも罪として成立するとされています。一度警察に報告があがれば、その後、被害者の保護を優先とし、加害者の監視が始まります。

最近のやり方は、ネットの海に流されて、エスカレートする事例が多いので、子供さんから相談を受けて、塾へ相談しても難しい場合は、警察に相談してください。中学進学後も同様に、対応して、子供さんを危険から守ってくだい。

我が子も、被害にあってから、しばらくは怖がっていましたが、友人たちのガードで立ち直ることができましたし、防犯などにも気をつけるようにしています。

ことが大きくなる前に、すみやかに対策をして子供さんを守ってくださいね。

参考までに子供さんでも読める警察庁のストーカー行為について対応サイトを紹介します。



スポンサードリンク


1865644_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

そろそろ、来年の冬に中学受験をする子供さん達は、過去問を解いたり、苦手分野のおさらいなどで、一番しんどい時期だと思います。

私の子供も、この時期に一番悩んだり苦しんだ時期でした。

さて、以前関西版にはなりますが、入試説明会などに異変ありという記事を書きました。



今回も関西版として紹介しますが、私立中高でプレテストの扱いや入試説明会の対応、そして学生生活が一番わかる文化祭の状況を、最新版としてお伝えします。

すでに把握されている方もいらっしゃるし、関東の学校を目指す方も読んでいらっしゃるかと思います。おそらく同じような対応になると思われますので、確認がてらにどうぞ。



文化祭は各学校で対応が違いました

志望校の生徒さん達をよく知るために、毎年受験生の子供さんと保護者さんは特別に入れる文化祭。

今年は、各校で対応が異なりました。

文化祭そのものを中止した学校、生徒と教員のみで実施した学校と別れています。外部の方が入れた学校はほぼゼロ。

コロナの三密対策で、学校での判断がわかれました。私の子供の学校は、体育祭が中止になり、高3の生徒さんが体育祭のシメにすることを、文化祭1日目でしました。その際のみ、高3の保護者さんは入校できました。

私どもは、対象外となるので、親でも文化祭に入校できずで、家で留守番になりました。食品提供もお菓子やアイス程度は提供してもらえて、お弁当類はダメだったと聞いています。食堂も事前予約制だったとも聞いています。

文化祭でのクラブ展示も縮小となり、今年は少し寂しいかったようですね。

プレテスト実施予定の学校の対応

プレテストは、事前にその学校の出題傾向を知る為と、学校での受験の雰囲気を味わうのにはいいのですが、今年はまた先日紹介した記事から変更が起きています。

まず、プレテストを中止した学校があります。
塾で事前に学校から説明を受ける機会があるのですが、それすらも行わない学校は少々あるので、塾としては痛いところです。

生徒が持ち帰る問題を分析して、受験対策を立てるからです。

もうひとつ。プレテストは実施するけれど、オンライン受験を選択できる学校があることです。

基本、希望の学校に事前申し込みをして、学校でプレテストを受験です。

<参考サイト>



今年は教室でのクラスター感染を防ぐために、オンライン受験を用意している学校があるということです。

<参考サイト>


ただし、一律オンライン受験ではなく、学校での受験も選べるようにしていて、感染者を出さない対策をしています。

学校で受験する場合は、マスク着用とアルコール消毒、そして検温は義務付けられるので、学校の指示は必ず守ってください。

もし、過敏症などでマスク着用ができない子供さんの場合は、事前に学校に問い合わせておくといいでしょう。

入試説明会は早めに申し込みが必要

865901_s

入試説明会は、学校で行うかオンラインか分かれます。

更に三密防止のために、日にちと時間を分散し、人数制限を行う学校が出ています。

人気校は、受験時に利用するであろう「ネット出願システム」を利用しての予約となると発表しています。

入試説明会に参加しておかなければ、出願方法や受験時の注意などわかりませんし、特に今年はコロナ対策のことがあるので、特に注意すべき点を聞いておく必要があります。

もしオンラインではなく、直接学校で入試説明会が行われるなら、確実に予約を取って担当の先生とお話できれば、気になることを質問しておくのがいいですね。

ネット出願システムについては、今年はほとんどの学校が出願時に導入するはずなので、練習がてらに利用してみましょう。

もし、プリンターやパソコンの不調で受験票が出力できないなどのトラブルが出た時は、学校側で出してもらえたりするので、必ず確認してくださいね。

まとめとして

今年の文化祭は、私たち保護者も入場できずでしたが、生徒さん達はそれなりに楽しんでいたようです。子供のコースは、少し変わった趣向のものをして、校長先生がお見えになったとか。
(詳細なことは、口外できないのでごめんなさいね)

来年の冬受験は、インフルエンザとコロナ感染の不安の中で受験になりますが、学校側も十分気をつけて対応してくださるはずです。

大人の資格受験でも、かなり厳重な対応をしています。私自身9月に国家資格の受験をしたのですが、その時の対応は厳しかったけれど、少しは安心できたかもと思います。

見えないものとの戦いと、受験校合格への戦いで一番ピリピリしている時期ですが、たまには息抜きもして、モチベーションを保って、是非合格してくださいね。

スポンサードリンク


bc68918f1d1646196526b26ce56d9a87_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

週末に、子供の学校では文化祭が2日間行われますが、コロナ対策の為に、高3の保護者しか入場できない取り決めになりました。

最後の文化祭というわけで、高3の生徒さんのみの特別な配慮です。

先日、東京・開成高校での「兄弟替え玉登校」問題が話題となり、こちらでは「替え玉受験」と題して紹介させていただき、他にも私立校ならではの特殊な合格枠も少し紹介しました。

一斉休校で「オンライン授業」をしていたことと、出身中学から送られてくるはずの書類がなかったことで、不正が発覚したわけですが、ここから「有名私立校を目指すには、中学からがいいのか高校からがいいのか?」という議論も始まっています。

では、どちらがいいのかどうか?気になりませんか?

毎年、中学受験で全滅して泣いている子供さんはいて、高校受験でのリベンジで中学受験時より上のランクの学校に合格した生徒さんはいるので、あるひとつの中学受験への考えとして提案します。




今回不正が発覚した経緯

先日「替え玉受験だ」ということで、紹介し、私立校ならではの合格枠があることを紹介しました。

整理していくと、
  1. A君は開成高校に合格し、入学者集合日にもいた。受験票で本人確認済み
  2. その後、緊急事態宣言が出て、入学式はなし
  3. オンライン授業となったが、A君ではなくB君だった。
  4. 画面上なので本人か確認しづらかった
  5. 出身中学から届くはずの「指導記録」が届かない
  6. 開成高校から7月に問い合わせたところ「A君の書類は別の学校へ送った」と回答
  7. なりすましが完全にわかったのは9月。A・B君ともに処分

という流れが公表されています。

発表ではこのようになっていますが、B君が受験し、受験票もB君の写真添付ではなかったのかと思われます。名前や住所のみがA君だったのではと思われます。

コロナ流行で、オンライン授業に切り替わったことで本人確認がさらに取りずらかったということはあります。

しかし、開成高校から出身中学への確認が7月とかなり遅れたことが、問題を長期化させてしまったのは問題はあるでしょう。

私の子供の中学受験の際、5月末までに出身小学校から「6年間の指導記録」などの書類を学校へ送るようにという手紙を小学校の校長に手渡しでおこない、きちんと手続きはしてくださっています。

コロナで学校側も後手に回ったけれど、書類手続きは早急にしていれば、半年もの間に生徒の替え玉はなかったはずです

有名高校から入学する生徒さんのレベルはハイレベル。

中学受験でも偏差値70以上の学校はありますが、高校受験となると公立高校と併願受験する生徒さんもいます。

公立高校の方がハイレベルの学校もありますから、私立高校を併願するとなると、学校側は試験内容をあげていく傾向はあります。

そして、有名私立高校なら、真の実力者は高校受験で入学してくると言われています。なぜかといいますと、中学受験経験者で、全滅経験をした子や希望校が不合格になった子が、リベンジするからです。

一部では学費面の問題から、高校受験から有名私立校を受験し、合格している子はいます。

中学受験経験者は、ちょうどいろいろと刺激を受けて、成長していく時に、勉強方法を身につけていきます。

中学受験の時に、実力が発揮できなくても、高校受験で花開く子は必ずいます。

慶應も「高校から真の実力者が入る」と言われている学校です。もしかすると、中学受験で開成などの有名ハイレベル中学に入れず、一生懸命勉強して慶應・高等部に入っているのかもしれません。

中学受験で苦い思いをしている子は勉強上手

うちの子も、中学受験準備期間に苦い思い(いじめなど)で成績が伸び悩み、なんとか今の学校に入学しました。

その後、成績の伸び具合がどうなるかと気にはしていましたが、中1の冬ぐらいから一気に成績が上がり出しました。

中学受験時代のことを忘れたくて、あまり勉強しなかった子なのですが、いきなり独自かつ受験時に教わった勉強方法を思い出して、勉強を始めたので成績もついていきました。

他にも、中学受験で全滅を経験したけれど、高校受験時に中学受験で学んだ勉強法をアレンジしていったことや、小学校時に知ったこと・才能が開花して、成績があがり、見事中学受験時より上の学校と公立でもトップの高校に合格した生徒さんを知っています。

「中学受験を経験した方がいい」というわけでもないのですが、中学受験で苦い経験をしている子の根性は後から開花していきます。

まとめとして

中学受験は、準備期間が長いことや費用面の問題(塾の費用と合格後の費用)が大きいので、かなり親御さんがしっかりお金の管理や考えがブレないようにしないと、きついです。

高校受験は、進学後に所得制限はありますが、学校の学費面で苦労は減るものの、中学受験を経験している子供さんの存在は大きいです。

子供さんの進路について、小学校からお考えになられて、決めていかれると思います。

どちらが有利かというと、子供さんのやる気や将来の夢次第ではないでしょうか?

中学受験を無理にさせると、後々親子関係にヒビが入ります。それなら、高校受験から子供さんとよく話し合って、納得のいく受験で将来の夢を追いかけた方が幸せです。

開成高校の替え玉問題は、中学受験も高校受験も受け入れている私立校に「ひとつの問題」を投げたようなものです。

完全中高一貫をなくした学校がある中で、これからどういい生徒さんを受け入れていくかは、学校がこれから考える課題ですね。

話が長くなりましたが、読んでいただいて、ありがとうございます。 

スポンサードリンク


671002

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

すでにネットニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、東大進学率が非常に高い、東京の名門校「開成高校」で替え玉受検があったという報道がでました。



開成中高は、中学受験からでも高校受験からでもチャレンジできる学校です。今回問題になったのは、高校受験で兄弟で替え玉受験があり、該当生徒を退学処分としたとの報道です。

保護者や生徒間では「替え玉は本当かも」と大騒ぎになっていて、学校側は「未成年者なので......」と詳細は発表していません。

では、中学受験や高校受験で替え玉受験は可能なのでしょうか?
同時に、替え玉ではないのですが、学校によってはある特別条件がある優先枠なるものもあるので、同時に紹介します。



中学受験で替え玉はまずできないでしょう

中学受験は、小6生の子供達ですよね?

顔つきや体格で大人っぽい子供さんはいるものの、あどけない顔つきと体格から子供さんの兄姉の方を代わりに受験させるのはできないです。

双子の子供さんを二人とも受験させる場合、同じ学校を受験させると学校によっては受験料の減免措置があるので、同じ学校を受験させている方は多いです。

ただし、二人とも同じ偏差値であることが同じ学校を受験させる要素になりますね。

関東方面は、1月から2月まで分散受験タイプですが、関西は協定を結んでいていて、ある一定日しか受験できないようなシステムですから、どんな手を使っても替え玉受験というのは難しいと思います。


兄姉が先に入学している学校での替え玉は?

もちろん、先生方が生徒さんの顔を知っていますし、受験票に写真添付ですから「替え玉受験」は成り立ちません。

今回、問題となった替え玉受験は、ご家族の方で塾経営をされていたことで、受験システムに精通していたという報道があります。

不正受験ができない対策は、どこの学校でもしていますし、ましてや高校受験の場合は、出身中学からの内申書類で本人確認も取れるので、不正受験は厳しいはずです。

でも、開成高校であってはならない「替え玉受験」あり、発覚するまで半年ありました。半年間は、コロナでの休校措置だったので、オンライン授業でもごまかすことはできました。

しかし、受験時に見抜けたと思うので、学校がはっきり言えない「なんらかの事情」はあったのでしょう。それは、子供に言えないどろっとした事情かと考えられます。


替え玉ではないけれど、私立校特有の優遇制度

これは中学受験と高校受験にありがちなことですけれども、
  • 親や祖父母が受験校の卒業生
  • 仏教系ならお寺の後継者の子供
  • キリスト教なら洗礼を受けている子供の信者
  • 兄姉がすでに受験校に在籍している
という子供さんは、少々受験時の成績が悪くても合格にする学校はあって、願書に記入欄が設けられている学校はあります。

私が高校受験で私立校を受験した時は記入欄はなしでしたが、今は年に1回届けられる同窓会案内で、「卒業生の子供さん向け入学説明会」の案内が同封されるようになりました。おそらく、一般の説明会とは違うのではないかと思います。

我が子の場合は、我が家はカトリックでしたので教会から「ここの学校なら信者枠があるよ」とこそっと聞きましたが、実力勝負でいきたかったのと校風が子供が気に入らなかったので、受験しませんでした。

こういう裏の優先枠はあってもいいのですが、憧れと実力が一致していなければ、入学後はきつくて、授業についていけずに退学するケースはあります。

優先枠を使うのは、最終手段と考えておいてくださいね。


まとめとして

開成高校の替え玉受験は、「もしかすると本当にあったかもしれない」と思うのは自由です。しかし、将来ある子供の足かせになりますし、本当なら替え玉受験をさせた親と見抜けなかった学校の責任問題になっていきます。

優先枠にしても、今は少しずつ減らしたりしている学校はありますが、私立校の学費問題からこれから先の経営が苦しいとわかっているので、続けるでしょう。

私立校人気は急激に減ることはないけれど、とんでもない受験が起きないようにすることは学校側に求められますね。

「ずっと通いたい学校は正面から実力勝負」で頑張ってください。

スポンサードリンク


2793579_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

しばらくの間、体調不良でおやすみをいただいていて、申し訳ないです。
我が子が通う学校(私立中高一貫校・大阪)では、秋の定番行事である体育祭と文化祭で対応が異なりました。

体育祭は、当初開催予定でしたが、今年度は中止。文化祭は高3の保護者のみ入校OKで、10月開催になりました。

高3の生徒さんは、体育祭で毎年行うものがあるのですが、取りやめになったので、文化祭で披露することになりました。

他の学年やクラブは企画を立てていますが、うちの子のクラスは特殊なコースで去年から実施している企画があります。

今年、見にいけないのが残念ですが、今年はコロナ禍の中でどう開催するかを少しだけご紹介します。



文化祭・体育祭を受験予定者が見にいけない学校が多い

5月もしくは9月開催が多い文化祭や体育祭ですが、今年はコロナの影響ですでに中止した学校があれば、規模を縮小して行っている学校と別れます。


我が子の学校はというと、体育祭も文化祭も保護者入場は認められていたのですが、大人数になることや、今年の夏は9月でも猛暑だったので、体育祭は中止としました。

文化祭も、「3密」になりやすいということから、保護者の入場は禁止、ただし高3生が体育祭で必ず踊るものがあるので、その披露だけでもと、高3の保護者の入場は認められました。

問題は、受験したい小4〜6年、特に6年生の子供さんが実際の文化祭や体育祭を見れなくて、本来の学校の姿を見れないのは残念ですね。

学校によっては、人数と学年限定で文化祭・体育祭の見学はできるので、学校のホームページで確認しながら、見学できるのなら申し込んでみてください。

生徒さんたちは必死で準備。制限ありでの開催だから。

生徒さんはというと、「3密」にならないようにと、換気やマスク着用のもとに勉強と学校行事の準備をしています。

私の子供は、高等部1年生ですが、特殊コースで専門企業さんの指導を受けながら、「企業探求」というプログラムで、文化祭に参加します。

去年ぐらいから始めているプログラムで、ざっくり(詳細はお教えできませんので)説明すると、チームを組んで「ひとつの会社」として資金調達をしながら、実際に商品を売るプログラムをします。

そして、チームの資金調達金額と商品の売上高などから総合評価をし、「実際に会社とはどういうことをしているか」を体感させるわけですね。

事前に、会社の資金運用などの授業は行うのですが、実際に生徒だけですると協力する子としない子が出てきて、まとめる生徒さんは大変だとか。

私の子供は、何やら大きな荷物を調達して、学校で部活もあるのに作業をして帰ってくるので、ヘトヘト状態です。中には、何もしない子がいるので喧嘩もあるようです。

最終的には、先生も協力してくださるようですし、お金も動いていますから問題を起こさないようにはしてくださいます。

しかし、ここでの貢献度はどこかで評価されるかもと思います。

受験生へのフォローとして......

ぼちぼち、入試説明会が本校で行われる時期に入るのではないかと思いますが、コロナの感染率では、オンラインになるものと思われます。

もしくは、先生から直にお話が聞きたいという親御さんの意見もあるので、文化祭・体育祭での個別相談会ができない分、出張説明会や私立合同説明会で入試相談を受け付ける学校は増えています。

合同説明会だと、他の学校との比較ができるのでよいかと思いますね。

意外と子供さんが希望していた学校ではなく、別の学校に魅力を感じて変更する可能性は高くなります。今の学力で「希望の学校は無理だ」と言われている子供さんにとって、合同説明会は「違う道を開く」世界を与えてくれるかもしれません。

まとめとして

今年は、何もかもがイレギュラーで、生徒さん達さえ様々な制限の中で、悲鳴を上げながら文化祭・体育祭の準備をしています。

中には両方とも中止になって、しょんぼりしている生徒さんのいる学校もあるでしょう。

修学旅行も中止になって、代替え案を出している学校はありますが、積立金問題が出ています。

我が子の学校は、文化祭だけでもできるというのはよいことだし、企業探求で売れ残ったものは、保護者向けにオンライン販売をしてくださるという話になりました。

勉強の為に、発送作業も行うということですので、予算会議を行うといった大人並みのことをするので、こういう体験をさせてくれる文化祭は、貴重かもしれません。

来年の冬、受験をする子供さんはそろそろ追い込みを開始する時期かと思いますが、来年の自分の姿を思い描きながら、勉強に励んでください。

スポンサードリンク

3073690_s

久しぶりの更新になります。

「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

以前更新後、私事になりますが、ファイナンシャルプランナー技能士(FP)2級の試験があったので、更新をお休みしていました。

学科と実技がありまして、学科のみの受検でよかったのですが、5月に新型コロナの為に中止となり、再開後初めての試験になりました。

まだ完全に2級ではなく3級の扱いとなりますが、「得意を売ることができる」サイトで最近CMでも流れるココナラでこっそり「教育費相談」を承っております。興味のある方はご連絡くださいませ。



さて、FP試験できつく言われたのが、「検温とマスク着用」でした。マスク着用は口の周りが蒸れていやだなぁと思いましたが、感染予防には仕方ないことですよね。

ちょうど、中学受験が行われる1月(早いところでは前年12月)から2月は、インフルエンザと風邪が流行るシーズンで、コロナも流行るとどうなるかと不安の声は上がっています。

一斉期間中、オンライン授業が行われた私立中高一貫校は多いのですが、受験ではオンラインは行われるのでしょうか?すでに正式発表している部分はありますが、私からの意見も踏まえて紹介します。



東京で議論された「中学・高校入試のオンライン入試」の導入

東京都内は、毎日のニュースで新型コロナの感染者数が注目されますよね。多分、この冬中学受験をする子供さんをもつご両親は不安でいっぱいでしょう。

東京では一部オンライン入試導入を検討していたようですが、9月3日に東京私立中学高校協会では、話し合いの結果「在宅で受験するオンライン入試は自粛する」と取り決められました。

東京に近い神奈川や千葉はというと、オンライン入試のみは原則NGとし、併用するか各校の判断に任せるとしています。

理由としては、在宅でのオンライン入試では「不正受験を防げない」をまず最初にあげています。

受験は、同じ条件で不正を防ぐ為に監督官がいて成り立つので、オンライン入試を許してしまうと、やり方次第では不正行為は行われるでしょう。

さらに、協会が問題視したことは「受験校の偏り」です。受験校選びでも、緊急時にオンライン授業がスムーズに行われたかが注目されましたが、「オンライン入試を導入する」と発表した学校に人気が集中すると考えられたところがあります。

しかし、オンライン入試を導入して「実際に入試で不正行為が行われた」学校があれば、その学校の存続が危ぶまれます。

これらの理由から、オンライン入試は導入しないとしています。

参考記事


関西圏では?オンライン入試はあり?

関東とは双極をなす関西圏ですけれども、有名私立中高の入試要項を確認したところ、オンライン入試は行わないところばかりで、ほぼゼロです。

オンラインでの入試説明会やプレテストは行われていますが、実際の入試はオンラインは行わないようです。

関東との考え方が違う可能性はありますが、オンライン授業の経験から「オンライン入試は導入は難しいのでは」となった可能性はあります。

我が子の学校では、オンライン授業が一斉休校中に行われた時、回線が不安定でよく切れたりしましたし、他のクラスの先生の声が混じったりしたので、オンライン入試はありえないと思いました。

受験生や生徒側のネット環境がよくても、学校側のネット環境が悪ければ、安定してテスト問題を流せませんし、途切れてしまえば、どんなトラブルが待っているかもしれませんよね。

これらの点から、関西圏ではオンライン入試には消極的なのだと考えられます。

まとめとして

かなり今回はまとめさせていただいたのですが、今年の中学受験はコロナでかなり振り回される可能性は高いです。

私は、FP試験で5月受験が中止になり、9月受験にまわりましたが、マスクは必ずつけることや検温など厳しい条件がつけられると緊張しました。

子供さんが本来の実力を出すには、少しでも不安を取り除いてあげることが大事なのですが、今年はコロナが解決されるまでは、緊張の連続かと思われます。

今後、新型コロナの第3波がくるかどうかは不明な点があり、ワクチンは完成されていないので、入試関連は手探り状態でしょう。

いきなりオンライン入試が導入されるという可能性はあるかと思われますが、「会場受験が基本」と考えて、体調管理をしっかりして受験に望んでください。

スポンサードリンク

このページのトップヘ