google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:高校受験

bc68918f1d1646196526b26ce56d9a87_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

週末に、子供の学校では文化祭が2日間行われますが、コロナ対策の為に、高3の保護者しか入場できない取り決めになりました。

最後の文化祭というわけで、高3の生徒さんのみの特別な配慮です。

先日、東京・開成高校での「兄弟替え玉登校」問題が話題となり、こちらでは「替え玉受験」と題して紹介させていただき、他にも私立校ならではの特殊な合格枠も少し紹介しました。

一斉休校で「オンライン授業」をしていたことと、出身中学から送られてくるはずの書類がなかったことで、不正が発覚したわけですが、ここから「有名私立校を目指すには、中学からがいいのか高校からがいいのか?」という議論も始まっています。

では、どちらがいいのかどうか?気になりませんか?

毎年、中学受験で全滅して泣いている子供さんはいて、高校受験でのリベンジで中学受験時より上のランクの学校に合格した生徒さんはいるので、あるひとつの中学受験への考えとして提案します。




今回不正が発覚した経緯

先日「替え玉受験だ」ということで、紹介し、私立校ならではの合格枠があることを紹介しました。

整理していくと、
  1. A君は開成高校に合格し、入学者集合日にもいた。受験票で本人確認済み
  2. その後、緊急事態宣言が出て、入学式はなし
  3. オンライン授業となったが、A君ではなくB君だった。
  4. 画面上なので本人か確認しづらかった
  5. 出身中学から届くはずの「指導記録」が届かない
  6. 開成高校から7月に問い合わせたところ「A君の書類は別の学校へ送った」と回答
  7. なりすましが完全にわかったのは9月。A・B君ともに処分

という流れが公表されています。

発表ではこのようになっていますが、B君が受験し、受験票もB君の写真添付ではなかったのかと思われます。名前や住所のみがA君だったのではと思われます。

コロナ流行で、オンライン授業に切り替わったことで本人確認がさらに取りずらかったということはあります。

しかし、開成高校から出身中学への確認が7月とかなり遅れたことが、問題を長期化させてしまったのは問題はあるでしょう。

私の子供の中学受験の際、5月末までに出身小学校から「6年間の指導記録」などの書類を学校へ送るようにという手紙を小学校の校長に手渡しでおこない、きちんと手続きはしてくださっています。

コロナで学校側も後手に回ったけれど、書類手続きは早急にしていれば、半年もの間に生徒の替え玉はなかったはずです

有名高校から入学する生徒さんのレベルはハイレベル。

中学受験でも偏差値70以上の学校はありますが、高校受験となると公立高校と併願受験する生徒さんもいます。

公立高校の方がハイレベルの学校もありますから、私立高校を併願するとなると、学校側は試験内容をあげていく傾向はあります。

そして、有名私立高校なら、真の実力者は高校受験で入学してくると言われています。なぜかといいますと、中学受験経験者で、全滅経験をした子や希望校が不合格になった子が、リベンジするからです。

一部では学費面の問題から、高校受験から有名私立校を受験し、合格している子はいます。

中学受験経験者は、ちょうどいろいろと刺激を受けて、成長していく時に、勉強方法を身につけていきます。

中学受験の時に、実力が発揮できなくても、高校受験で花開く子は必ずいます。

慶應も「高校から真の実力者が入る」と言われている学校です。もしかすると、中学受験で開成などの有名ハイレベル中学に入れず、一生懸命勉強して慶應・高等部に入っているのかもしれません。

中学受験で苦い思いをしている子は勉強上手

うちの子も、中学受験準備期間に苦い思い(いじめなど)で成績が伸び悩み、なんとか今の学校に入学しました。

その後、成績の伸び具合がどうなるかと気にはしていましたが、中1の冬ぐらいから一気に成績が上がり出しました。

中学受験時代のことを忘れたくて、あまり勉強しなかった子なのですが、いきなり独自かつ受験時に教わった勉強方法を思い出して、勉強を始めたので成績もついていきました。

他にも、中学受験で全滅を経験したけれど、高校受験時に中学受験で学んだ勉強法をアレンジしていったことや、小学校時に知ったこと・才能が開花して、成績があがり、見事中学受験時より上の学校と公立でもトップの高校に合格した生徒さんを知っています。

「中学受験を経験した方がいい」というわけでもないのですが、中学受験で苦い経験をしている子の根性は後から開花していきます。

まとめとして

中学受験は、準備期間が長いことや費用面の問題(塾の費用と合格後の費用)が大きいので、かなり親御さんがしっかりお金の管理や考えがブレないようにしないと、きついです。

高校受験は、進学後に所得制限はありますが、学校の学費面で苦労は減るものの、中学受験を経験している子供さんの存在は大きいです。

子供さんの進路について、小学校からお考えになられて、決めていかれると思います。

どちらが有利かというと、子供さんのやる気や将来の夢次第ではないでしょうか?

中学受験を無理にさせると、後々親子関係にヒビが入ります。それなら、高校受験から子供さんとよく話し合って、納得のいく受験で将来の夢を追いかけた方が幸せです。

開成高校の替え玉問題は、中学受験も高校受験も受け入れている私立校に「ひとつの問題」を投げたようなものです。

完全中高一貫をなくした学校がある中で、これからどういい生徒さんを受け入れていくかは、学校がこれから考える課題ですね。

話が長くなりましたが、読んでいただいて、ありがとうございます。 

スポンサードリンク


671002

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

すでにネットニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、東大進学率が非常に高い、東京の名門校「開成高校」で替え玉受検があったという報道がでました。



開成中高は、中学受験からでも高校受験からでもチャレンジできる学校です。今回問題になったのは、高校受験で兄弟で替え玉受験があり、該当生徒を退学処分としたとの報道です。

保護者や生徒間では「替え玉は本当かも」と大騒ぎになっていて、学校側は「未成年者なので......」と詳細は発表していません。

では、中学受験や高校受験で替え玉受験は可能なのでしょうか?
同時に、替え玉ではないのですが、学校によってはある特別条件がある優先枠なるものもあるので、同時に紹介します。



中学受験で替え玉はまずできないでしょう

中学受験は、小6生の子供達ですよね?

顔つきや体格で大人っぽい子供さんはいるものの、あどけない顔つきと体格から子供さんの兄姉の方を代わりに受験させるのはできないです。

双子の子供さんを二人とも受験させる場合、同じ学校を受験させると学校によっては受験料の減免措置があるので、同じ学校を受験させている方は多いです。

ただし、二人とも同じ偏差値であることが同じ学校を受験させる要素になりますね。

関東方面は、1月から2月まで分散受験タイプですが、関西は協定を結んでいていて、ある一定日しか受験できないようなシステムですから、どんな手を使っても替え玉受験というのは難しいと思います。


兄姉が先に入学している学校での替え玉は?

もちろん、先生方が生徒さんの顔を知っていますし、受験票に写真添付ですから「替え玉受験」は成り立ちません。

今回、問題となった替え玉受験は、ご家族の方で塾経営をされていたことで、受験システムに精通していたという報道があります。

不正受験ができない対策は、どこの学校でもしていますし、ましてや高校受験の場合は、出身中学からの内申書類で本人確認も取れるので、不正受験は厳しいはずです。

でも、開成高校であってはならない「替え玉受験」あり、発覚するまで半年ありました。半年間は、コロナでの休校措置だったので、オンライン授業でもごまかすことはできました。

しかし、受験時に見抜けたと思うので、学校がはっきり言えない「なんらかの事情」はあったのでしょう。それは、子供に言えないどろっとした事情かと考えられます。


替え玉ではないけれど、私立校特有の優遇制度

これは中学受験と高校受験にありがちなことですけれども、
  • 親や祖父母が受験校の卒業生
  • 仏教系ならお寺の後継者の子供
  • キリスト教なら洗礼を受けている子供の信者
  • 兄姉がすでに受験校に在籍している
という子供さんは、少々受験時の成績が悪くても合格にする学校はあって、願書に記入欄が設けられている学校はあります。

私が高校受験で私立校を受験した時は記入欄はなしでしたが、今は年に1回届けられる同窓会案内で、「卒業生の子供さん向け入学説明会」の案内が同封されるようになりました。おそらく、一般の説明会とは違うのではないかと思います。

我が子の場合は、我が家はカトリックでしたので教会から「ここの学校なら信者枠があるよ」とこそっと聞きましたが、実力勝負でいきたかったのと校風が子供が気に入らなかったので、受験しませんでした。

こういう裏の優先枠はあってもいいのですが、憧れと実力が一致していなければ、入学後はきつくて、授業についていけずに退学するケースはあります。

優先枠を使うのは、最終手段と考えておいてくださいね。


まとめとして

開成高校の替え玉受験は、「もしかすると本当にあったかもしれない」と思うのは自由です。しかし、将来ある子供の足かせになりますし、本当なら替え玉受験をさせた親と見抜けなかった学校の責任問題になっていきます。

優先枠にしても、今は少しずつ減らしたりしている学校はありますが、私立校の学費問題からこれから先の経営が苦しいとわかっているので、続けるでしょう。

私立校人気は急激に減ることはないけれど、とんでもない受験が起きないようにすることは学校側に求められますね。

「ずっと通いたい学校は正面から実力勝負」で頑張ってください。

スポンサードリンク


07eaeecc7f7059e3f9a5d8d7ba3a8c41_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験をさせる親御さんは、子供さんと一緒に塾の説明会や体験授業を受けている時期でしょう。もしくは通塾開始をされているご家庭もあるかもしれません。

我が家は、時期が遅かったので個別説明会と入塾試験、そして体験授業を受けてから、最終決定をしました。

集団タイプで入塾したけれど、子供の性格上「個別指導がいいんじゃないか」ということで、1対2の指導コースに変更しました。

以前から「これはまずいんじゃないの?」という個別指導塾はあり、今朝たまたまネットニュースで見かけた記事で「そうそう、これこれ」という記事を見つけました。

今後、中学受験や高校受験で、個別指導塾を選ぶ時にお役に立てればと思います。



個別指導といっても決して1:1指導ではない!

個別指導専門塾は、大手さんを含めてたくさん存在します。

この記事を読んでみて、「あー、あそこかもね」という塾は予測できました。しかし、地元で有名個人指導専門塾であっても、1:1 授業が成立しなくて、講師の先生が参ってしまうことはよくあります。



この方の場合は、1:1の個人指導塾であるといいながら、実際に担当したのは、一人で6人。しかも90分の中で6人、さらに違う学年それぞれを教えていかなければいけないという条件でした。


いくらなんでも、一人で90分、しかも6人を教えるというのは、私が塾講師歴がなくても、無理な話で、十分な指導ができなくて当然なのです。

賃金についても、授業中の時間しか支払わず、準備の時間、指導報告書の作成などの雑務には、賃金を払わないというブラックさ。

通塾する子供さんも様々ですし、一人で6人指導となると、サボっている生徒さんに対する注意も十分にはできるはずはありません。

これで親御さんから「成績が落ちている」と言われれば、泣きたくなるのは十分わかります。

我が子の場合はどうだったか?

我が子の場合、当初は集団で対応できるかを試すことにしました。結果としては、
  • 小テストで不合格になると涙を流す。
  • 授業についていけなくなると、黙って涙を流す。
当然、校舎の学年担当の先生から呼び出しを受けて、各担当の先生からの報告を受けました。驚きはしました。

子供から話を聞き出すと、別の塾で受けた仕打ち(同学年の子にいじめられる、先生が指導してくれない)を思い出すらしく「きちんとできないと、見捨てられるのが怖い」といい、この話を先生に伝えたところ、「それじゃ、1:2の個人指導に移った方がいいかも」と話がつきました。

子供が通った学校での個人指導は、1:2もしくは1:1を選べましたが、金銭的な都合と担当の先生の都合を考えて、1:2になりました。

同席になる生徒さんは、教科によっては、中1の子はいましたが、子供が小6の時は同じ中学受験を目指す子と同席になりました。

一人の先生が、受講する科目を担当するのではなく、子供が受験したい学校の傾向や指導に慣れている先生(他校の子も指導可能)な先生を選んでくれたので、安心して預けられました。

中学受験前に、塾通いをしていたことがあり辛い目をした子や、集団ではついていけない子では、個別でも1:2指導がちょうどよいのではないかと思います。

個別指導塾を選択するなら、できるなら見学と体験授業をさせてあげて!

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

個別指導タイプの塾は、大手だと指導メソッドや「こうしてはいけない」という決まりはしっかりしています。

しかし、個人経営の個別指導の場合は、講師の先生に大きな負担(ひとりで6人指導で、違う科目をさせるなど)をさせている場合があります。

これでは、特に中学受験を目指す子供さんにとっては、混乱を招く元ですし、中学受験は高校受験よりもかなり難易度が高い問題(小学生で中高生の問題を解くのですから)に挑みます。それを妨害されてしまっては、たまったものではありません。

そして、教室に一度訪問した時にみて欲しいのは、講師の先生が生き生きしているか、何か辛そうにしているか表情をみて欲しいのです。表情をみるとその塾が真面目に生徒をみるかどうかわかります。

不安があるなら、授業を見学させてもらい、体験授業が可能ならさせてもらうといいですね。子供が感じたことが一番いいし、もしかすると、集団塾でライバルと競い合いながら成績をあげるのもひとつのてです。

我が子の場合は、小6時に同じ学年の子と同席の授業で、受験校は違うもののライバルが生まれたことで、入塾当時泣いていたのが落ち着いて勉強熱心になりました。


まとめとして

この中でご紹介した記事の方は、結局は対応不能で、保護者からの苦情もあって10ヶ月で塾を止めることになりました。

しかし、本部の先生がきて「やめられるとこまる」と言われるのは、変ですよね。マネジメントは本部が管理することであって、アルバイトの先生に大きな負担をさせていたわけですから、酷い話です。

辞める日に、執筆者さんのことを尊敬していた生徒さんは「先生の授業がよかった」とお手紙を渡すエピソードもあったので、決して悪い先生ではなく、いい先生であり、講師としては素晴らしい方だったと思います。塾側に問題があっただけ。

しかし、教えてもらう生徒側の我々も、その塾がまともな経営をし、講師に無理をさせていないかをみなければ、泣きをみます。

集団・個人を問わず、十分吟味をして塾を選んでくださいね。

スポンサードリンク

eb0a6774e55eaad6062eeefdc9784717_s

公開日:2019年6月22日
修正日:2019年6月26日

こんにちは。「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中3になってもうあとわずかで夏休み。その前に期末テストが入ります。
我が子のコースでは中2から「古典」が国語から独立して、ひとつの教科として指導が始まっていますが、中3になってから、成績がいきなり落ちました。

中2からのスタートの時は、百人一首を覚えるところから、古典への苦手意識を取ろうとする指導だったようです。しかし、本格的な指導(長文の物語を読み解くこと)が始まってから、「もうわからん!」と困り出しました。

私立中学の場合は、中学2年生ぐらいで高校級の内容を行うので、ついていけずに困ってしまう生徒さんが多いです。

何がわからなかったのか?そして、私がとった行動について紹介します。



古典特有の文法で悩む!まず学校での指導方法を見抜く

27a6cc8b4928f009a60d3705e8a86bc8_s

古典の文法といえば、「〇〇段活用」が代表的でしょうか?親御さんでも学生時代に「これは口に出して覚えなさい」と言われた方も多いのではないかと思います。

しかし、「口に出して覚えなさい」と言われても、「なぜ下2段って名前がつくの?」と言われて、親御さんで説明ができる人は、学生時代にかなり古典が得意だった人でないと、すでに親になってからはきれいに忘れていることがほとんどだと思います。

私はというと、学生時代は国語関係(現代文・古典・漢文)は得意で、特に古典が得意だったので、今でもちょっとしたきっかけ(いわゆる勉強ですね)があれば、すぐに当時の勉強方法は思い出せました。

まずお子さんに教えるとすれば、第一段階として、学校で教わっている覚え方をまずさせてみます。その様子をお子さんから聞いてみて、どうやれば覚えやすいかというところを見抜きます。

我が子の場合ですが、一度勉強の様子と学校での指導の話を聞いてみると、あまり上手な解説がなかったようで、言葉の活用についての説明が不十分だったので、「どうしてそうなのか?」という理由を説明してあげました。

中学生だけれども、高校生級の参考書で対応可能!

「え?!それってかなり乱暴じゃないの?」と驚くお母さんもいるかと思います。お子さんの授業内容を聞いてあげると、どれぐらいのレベルの授業を受けているかを把握することができます。

もしわからない場合は、お子さんを通じて担当の先生にお聞きするのもいいでしょう。

私が子供の授業内容や、習っているところを見せてもらった時に気づいたのは、高1ぐらいのレベルをやっているというところまではわかりました。

しかし、個人差はありますが、我が子については「頭に入りにくい」説明だったようで、困っているということがわかりました。

学校の補助的な本も、少し不親切な内容ということもわかったので、これでは覚えにくいだろうとわかったので、本屋さんへ行って、内容が充実している本を探し出して、購入しました。

「中学生3年間はこれでいける!」という系統の参考書を、チェックしたのですが、物語を追いかけるばかりで、文法については不十分だということに気づかされました。

同時に高校受験向けの参考書も中学生の勉強範囲内ということで、合わないということもわかりました。
例えば、こういう本では、今の授業では不十分であるとわかりました。





高校受験向けならいいのではと思われる方はいるかと思いますが、もう私立中学に入学しているということは、高校生レベルの内容を中3ではもうスタートしていると考えておく方がいいです。

というわけで、最終的に選んだ本は、大学入試級の高校生が読む参考書にすることにしました。


かなり選定に時間はかかったけれど、これに決定!



選定にかなり選んで、まずこの1冊をと棚から出して吟味しました。この本は、古文ではかなり定番で、必ず古典の参考書では一押しになる本です。

読んでみると、大学入試向けの内容ではありますが一番いいと思ったのは、巻末についている「古文の基礎知識ブック」でした。

文法面での基礎中の基礎が出ていて、中3生でも十分できる内容でしたので、私の独断で購入しました。

娘の帰宅後、中身を読んでもらったのですが、「一番後ろの基礎知識ブックがいい!」と喜んでいました。

学校では十分に教えてくれない活用や助動詞の説明が、かなり充実していて、頭に入りやすいという感想でした。

同時に主語などの見分け方や、古典作品の読み方などの解説が充実していたので、公立・私立を問わずにこの1冊は、大学ん入試まで持っておいて、損ではなく、良書です。


漫画で解説ってのは今後のために避けるべし

漫画と掛け合わせた古典の参考書や、「〇〇式勉強法」というのは、避けた方がいいです。合う子にはいいかもしれませんが、今後の勉強方法のためには、漫画の力を頼るのはオススメしません。

語呂合わせで覚えるとか、漫画で解釈というのは、読解力を奪うもとになると私は思います。それでは、現代文にも影響が出てきて、国語全体の成績を落とす原因になります。

漫画で頭にインプットするというのはよいのですが、参考書に並ぶ文字を追いかけて、自分で解釈していく力を養ってあげないと、成績に反映されません。

もし、お子さんが古典の問題を解いていて、参考書をみてもわからないという様子を示している時は、お母さんも、少し参加してみて、ほんの数分だけ勉強に付き合ってみませんか?

すると、やりとりしている間に、お子さんの頭に文法が不思議と入っていくというマジックが出てきます。


まとめとして

国語については、親御さんも通った道かと思いますが、国語は、現代文・古文・漢文の3つに分かれます。古文でつまづいている時に、漢文もスタートすると、お子さんがパニックになってしまいます。

すでに漢文がスタートしていて、古文もつまづいていると、対応がしにくいので、まず古文から基礎を整理してあげて、そのうえで、漢文を覚えやすいようにしてあげるとよいでしょう。

漢文も、規則性がありますし、レ点などの決まりごとがあります。

古文にしろ漢文にしろ、物語本が発刊されているので、文法がわからなくても、文字を読んでいるといつか「どう読みこなすか」を自然と身につけていきます。

さすがに、高校生になっても親が参考書を選ぶというのは問題はありますが、中学生の間は、親御さんも一緒にみてあげるとよいでしょう。

もし親御さんが、今でも嗜みで古文・漢文を読みこなせる(書道をされている方ならいける!)方は、ぜひお子さんの勉強に付き合うというのもいいですよ。

スポンサードリンク


78a264c3.jpg


「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

GWに突入して、小学生・中学生進学間もない子どもさんにとっては、緊張した新生活の
一休みということで、どこかに出かけるなどお楽しみはあるでしょう。

中学受験を今年度にするお子さんにとって、塾によっては特別講習会を行う学校も
あって、ぼちぼちと忙しくなっていくでしょう。

お子さんの受験に寄り添うお母さんもこれからが大変。
GWは休める時にしっかり休んでくださいね。

もう志望校はほとんど決まっていて、いろいろと志望校のホームページをチェックして
説明会の日にちをチェックされているかもしれませんが、
中高一貫校の高校部の対応について、知らないうちに変更をかけているケースがあります。

我が子の学校も、完全中高一貫校だったのですが変更をかけています。

どのような変更が行われているかなどを紹介していきますね。
すでに通わせている母親の私でさえびっくりしています。

スポンサードリンク


我が子の例。完全中高一貫校が高校受け入れ枠設定開始!

150415222377_TP_V


完全中高一貫校だった学校が、学校都合で高校からの受け入れを開始するケースが
出始めています。

我が子の学校も、完全中高一貫校を貫くと入学式で宣言してたのですが、
中2進級前の保護者会で、我が子達の年度が高校進学時に同時入学できるようにと
高校からの受け入れ枠を設けると発表しました。

ところが、子どもからもらったプリントと学校のホームページで、
来年の春入学する子から高校受け入れ枠を設定すると発表されました。

高校受け入れ枠の内容では、
  • 受け入れ枠は2コース(文系・理系)で80名を予定
  • 中学からの進学者とは完全にコース編成は分ける
と大雑把な内容ですが、中学にあるコースには編入不可となっていました。

完全中高一貫校の高校部へ進学する際は、制服を変更しないか、
制服の一部(女子ならリボンやネクタイ)を変更するのですが、
我が子の学校は一切制服の変更を行わない学校でした。

ところが、高校受け入れ枠を発表したのと同時に高校進学時に
制服が変わるとわかり、もう決定していたという笑うに笑えない話に
なっていました。

つまり、我が子の上の学年の子達が来年の春高校進学の時に、
高校からの入学生が入るのですが、制服などの問題が曖昧になっていてることや
現在中3生のご家庭にはまだしっかりとした説明をしていないと聞いているので、
保護者と学校でもめる可能性が潜んでいるというわけです。

高校受け入れ枠をなぜ設定するか?

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s

突然の前倒し変更には驚いたのですが、他の完全中高一貫校であった所が、
高校からの受け入れ枠を設けるケースは最近出始めています。

なぜ、高校からの受け入れ枠を設定するかというと、
私の個人的な意見と変更をかけている学校の傾向からいうと、
「学校の評判低下からの回復」と「少子化に伴う学校運営面」と考えられます。

少子化が始まっていて、完全中高一貫校で貫けるかというと、
よほどの人気校ではずっと維持できるはずです。

ところが、学校の評判が口コミサイトで落とされて、中学受験で多くの受験生が
来ても、実際に入学する生徒が少ないということも、中堅校で発生しています。

男子のみ・女子のみとしていた学校が、共学化していることは多いですよね。
少子化の影響は大きいところではありますが、そのほかには、学校の評判低下を
防ぐために、高校から優秀な生徒を確保しておきたいという学校側の思惑はあります。

スポンサードリンク


高校受け入れ枠で中学からの進級生には影響はあるの?

86c80d91510b85df4cd741b05dfd5b2b_s

はっきり言えば、中学からの進級生には影響はでません!

なぜかというと、コース制をしている学校であっても
  • 入学時から授業速度が早く中3の時点で高1の内容をしている
  • 高校から入学者では独自コース(医学コースや英語コースなど)には対応不可
  • 中学入学時から高校生レベルなみの科目割りをしているので、同じクラスでは無理
という私立中学校独自の性質がありますから、学校側も承知はしていて、
同じクラスに編入するということはまずしません。

まれに一緒にする学校はありますが、高校からの入学生の子はかなり
入学までにかなり勉強しておく必要はあります。


高校受け入れ枠を出しても通さない学校も。廃止した学校もあり!

私立の中高一貫校で、非常にハイレベルな学校では毎年ではないのですが、
若干名(1~2名ほど)高校生受け入れ枠を発表する学校があります。

中学受験の時に志願してダメだった子どもさんが、この機会があれば
塾でハイレベルな授業を受けて、高校リベンジをかけるということはあります。

ただし、必ず合格者が出るというわけではなく、受験者全員不合格というケースは
あります。(塾の先生からお聞きしました)

反対に、高校からの受け入れ枠を実施していた学校が、いつの間にか
廃止もしくは帰国子女しか受け付けないという学校があります。

「高校から私学がいいかも」と考えているご家庭は、突然行かせたい学校が
完全中高一貫に変わっていたり、受け入れるコース内容で子どもさんも
納得が行かないことは出てくるものと考えられます。

徐々に完全中高一貫と高校からの受け入れ枠あり」の二分化が出てくるのではと
見ていますので、高校進学についてもリサーチしておく必要がありそうですね。

まとめ

我が子の学校のケースは、前倒しとなってのことですから、当方としても
びっくりしているところです。

これから、進学塾もいろいろと情報を入れるところですから、
塾側も困惑している部分はあるでしょう。
しかも、赤本もないので対策の立てようがないという未知の世界です。

そういう意味では、中高一貫でも中学から入学しておくと有利な点は多いと
いえます。いい点はありますが、中学受験自体が難しいので、合格しなければどうしようも
ないので、中学受験のこと、高校受験のこと、それぞれは異質であるということは
よく考えて、子どもさんとよくよく話し合って決めていきましょう。

お母さんの独りよがりでの進路決定は、絶対やめましょうね。

スポンサードリンク

このページのトップヘ