4027231_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、子供の学校で中高一貫生・高校3ヵ年と時間をずらしての入試説明会が行われました。

その時にやってくる小6生の子供さんと家族を、生徒さん達はお手伝いをしながら見ているわけで、「将来この子達が後輩になるんだ」とよく見てます。

さて、中学受験での11月は「どうしよう」と悩む子供さんが多いかもしれません。

我が家はどうだったか?もう5年前にさかのぼる話になりますが、特殊な事情だったので、万が一に備えて、読んでいただけると幸いです。



過去問をやり出す時期であり、模擬テストやプレテストに参加する時期です

塾から「そろそろ赤本買っておいてね」と言われる時期が違うようですが、ほとんどの塾では11月ぐらいには過去問題集(通称赤本)を購入して、解き始める時期でしょう。

我が家も購入して、大きな本を塾用のカバンに入れて通っていました。家でも指定されたところを、ノートに書いて採点していただいていました。

同時に、塾の公開模擬テストや学校が行うプレテストで、ある程度の合否判定が行われる時期です。

そこでまった!

これらのテストの点数で、「もう無理だ」と諦めるのは早いです。

塾の模擬テストで苦手科目や単元がわかるので、その時の問題用紙をチェックして、苦手箇所を何度もやり直しをしていきましょう。

志望校もしくは受験校でプレテストが行われるなら、その時に出された問題を覚えておいて、過去問と見比べるとその学校の出題傾向がわかります。

たまに、入試説明会で「プレテストを開きます」と案内が出た時に、学校側から少しだけネタバラシをしてくることがあります。

本番に、子供に聞くと「うん!本当にその通りだった!」と話してくれましたが、年度によって、定番問題を外してくることはあるので、ネタバラシをされてもあまり鵜呑みにせずに、苦手単元はしっかりやっておきましょう。

受験をやめたいと言い出すのもこの時期

先生方も、指導している生徒さんをどうしても希望の学校に入れたいと熱が入ります。

先生も人間ですから、ついきつい口調で叱りつける時はあります。成績が伸び悩んでいる生徒さんとなるときつい口調がつらくて「受験をやめたい」と言い出すケースがあります。

もし、子供さんが「受験も塾もやめたい」と言い出した時は、一度塾と相談して、今後のことなどを話し合いをして、子供さんにも「どうしたいか」と気持ちを聞いてあげてください。

叱らずに「なぜいやになったの?」と丁寧に問いかけると、子供は素直に話してくれます。

塾がいやなのか、受験がいやなのかで対応は変わりますが、塾の指導についていけないという場合は、思い切って、塾を変えてあげるというのもありです。

ものすごく博打をうつことになりますが、塾の環境が辛くて、成績があがらないことってあるので、
思い切って変えてあげるというのもひとつの手段です。

受験をやめたいというのは、公立校へ友達が進学する・部活を楽しみたいなど理由があがりますが、子供さんの意見を尊重した方が、高校受験で中学受験で目指していた学校に入学することがあります。

このケースはデリケートですし、よく話し合った上で、受験をやめるか否かは決めて欲しいです。

我が子が受験した時にあったこと。11月。

我が子は、小5から担任からのいじめを受け、さらに小6で同じ担任のクラスになりました。
不当評価はあったし、何度も学校に申し入れをしましたが、受理されず。

子供は、運動会での組み立て体操の練習で、むちうちになり、いじめを受けていました。ついに10月末に過呼吸を起こして、「いじめられていた。先生にも」と打ち明けられて、解決できるまで不登校にしました。

公立小学校で不登校にしても、受験校が内申書不要なら、合格しても後日小学校からの記録提出で受験できるからです。その時に、出席日数を変えられていることはあります。

<合わせて読んで>



塾にも報告して、問題解決まで塾側がしっかりサポートするとお約束していただいて、受験準備を進めました。

家でいる間は、塾で出されている朝のドリルをこなし、塾はきちんと通って指導を受けました。早めにでかけて自習室で、わからないところを教えていただき、ストレスを減らすことで、成績をあげました。

11月から過去問を購入して、過去問と合わせて苦手単元の振り返りをしていました。

私はというと、学校からの電話対応や、いじめ専門の先生とのやりとりで、持病を持っていても我慢して学校といじめに対しての対応を話し合いをしました。

一応、いじめをしていた先生からは謝罪はありましたが、生徒からの謝罪なしでしたね。

もちろん、卒業式もいじめてきた子がいやで、前日に専門の先生の計らいで卒業証書授与式をしていただきました。

希望の学校に合格できたのは、このくやしい時期があって、塾が学校よりも安全な場所だと子供が認めたからよかったのではないかと思います。

※詳細などの問い合わせがたまにきますが、子供の個人情報などに触れることになりますので、一切応じておりません。ご了承ください。

11月が一番悩み苦しむ時期。乗り越えると変わってくる時期です

11月は、子供にとっても苦しむ時期ですし、親御さん自体もモヤモヤする時期ですね。

成績がドンと上がる生徒さんはもちろんいます。

その子は特別であって、上がった成績を維持することが難しいので、また新たなる悩みとなります。

様々な悩みが出やすい11月ですが、この時期を乗り越えて合格すれば、すっきりした気持ちになるので、悩むことはあるけれど、困ったことは親子または塾などと相談しながら、乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ったらポチッとお願いします。
↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村