google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:過去問

4027231_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、子供の学校で中高一貫生・高校3ヵ年と時間をずらしての入試説明会が行われました。

その時にやってくる小6生の子供さんと家族を、生徒さん達はお手伝いをしながら見ているわけで、「将来この子達が後輩になるんだ」とよく見てます。

さて、中学受験での11月は「どうしよう」と悩む子供さんが多いかもしれません。

我が家はどうだったか?もう5年前にさかのぼる話になりますが、特殊な事情だったので、万が一に備えて、読んでいただけると幸いです。



過去問をやり出す時期であり、模擬テストやプレテストに参加する時期です

塾から「そろそろ赤本買っておいてね」と言われる時期が違うようですが、ほとんどの塾では11月ぐらいには過去問題集(通称赤本)を購入して、解き始める時期でしょう。

我が家も購入して、大きな本を塾用のカバンに入れて通っていました。家でも指定されたところを、ノートに書いて採点していただいていました。

同時に、塾の公開模擬テストや学校が行うプレテストで、ある程度の合否判定が行われる時期です。

そこでまった!

これらのテストの点数で、「もう無理だ」と諦めるのは早いです。

塾の模擬テストで苦手科目や単元がわかるので、その時の問題用紙をチェックして、苦手箇所を何度もやり直しをしていきましょう。

志望校もしくは受験校でプレテストが行われるなら、その時に出された問題を覚えておいて、過去問と見比べるとその学校の出題傾向がわかります。

たまに、入試説明会で「プレテストを開きます」と案内が出た時に、学校側から少しだけネタバラシをしてくることがあります。

本番に、子供に聞くと「うん!本当にその通りだった!」と話してくれましたが、年度によって、定番問題を外してくることはあるので、ネタバラシをされてもあまり鵜呑みにせずに、苦手単元はしっかりやっておきましょう。

受験をやめたいと言い出すのもこの時期

先生方も、指導している生徒さんをどうしても希望の学校に入れたいと熱が入ります。

先生も人間ですから、ついきつい口調で叱りつける時はあります。成績が伸び悩んでいる生徒さんとなるときつい口調がつらくて「受験をやめたい」と言い出すケースがあります。

もし、子供さんが「受験も塾もやめたい」と言い出した時は、一度塾と相談して、今後のことなどを話し合いをして、子供さんにも「どうしたいか」と気持ちを聞いてあげてください。

叱らずに「なぜいやになったの?」と丁寧に問いかけると、子供は素直に話してくれます。

塾がいやなのか、受験がいやなのかで対応は変わりますが、塾の指導についていけないという場合は、思い切って、塾を変えてあげるというのもありです。

ものすごく博打をうつことになりますが、塾の環境が辛くて、成績があがらないことってあるので、
思い切って変えてあげるというのもひとつの手段です。

受験をやめたいというのは、公立校へ友達が進学する・部活を楽しみたいなど理由があがりますが、子供さんの意見を尊重した方が、高校受験で中学受験で目指していた学校に入学することがあります。

このケースはデリケートですし、よく話し合った上で、受験をやめるか否かは決めて欲しいです。

我が子が受験した時にあったこと。11月。

我が子は、小5から担任からのいじめを受け、さらに小6で同じ担任のクラスになりました。
不当評価はあったし、何度も学校に申し入れをしましたが、受理されず。

子供は、運動会での組み立て体操の練習で、むちうちになり、いじめを受けていました。ついに10月末に過呼吸を起こして、「いじめられていた。先生にも」と打ち明けられて、解決できるまで不登校にしました。

公立小学校で不登校にしても、受験校が内申書不要なら、合格しても後日小学校からの記録提出で受験できるからです。その時に、出席日数を変えられていることはあります。

<合わせて読んで>



塾にも報告して、問題解決まで塾側がしっかりサポートするとお約束していただいて、受験準備を進めました。

家でいる間は、塾で出されている朝のドリルをこなし、塾はきちんと通って指導を受けました。早めにでかけて自習室で、わからないところを教えていただき、ストレスを減らすことで、成績をあげました。

11月から過去問を購入して、過去問と合わせて苦手単元の振り返りをしていました。

私はというと、学校からの電話対応や、いじめ専門の先生とのやりとりで、持病を持っていても我慢して学校といじめに対しての対応を話し合いをしました。

一応、いじめをしていた先生からは謝罪はありましたが、生徒からの謝罪なしでしたね。

もちろん、卒業式もいじめてきた子がいやで、前日に専門の先生の計らいで卒業証書授与式をしていただきました。

希望の学校に合格できたのは、このくやしい時期があって、塾が学校よりも安全な場所だと子供が認めたからよかったのではないかと思います。

※詳細などの問い合わせがたまにきますが、子供の個人情報などに触れることになりますので、一切応じておりません。ご了承ください。

11月が一番悩み苦しむ時期。乗り越えると変わってくる時期です

11月は、子供にとっても苦しむ時期ですし、親御さん自体もモヤモヤする時期ですね。

成績がドンと上がる生徒さんはもちろんいます。

その子は特別であって、上がった成績を維持することが難しいので、また新たなる悩みとなります。

様々な悩みが出やすい11月ですが、この時期を乗り越えて合格すれば、すっきりした気持ちになるので、悩むことはあるけれど、困ったことは親子または塾などと相談しながら、乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ったらポチッとお願いします。
↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

822961d30e39a3ed2af75ce264945d09_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。


この記事をアップしている(2019年1月13日)日より前に中学受験を終えて、合格しているという報告をSNSでみかけるようになりました。

阪神間では、今年(2020年)は1月18日が中学受験解禁日です。これからどんどん受験日が全国的に広がっていきますが、もうあと本番までわずかなのに、思うように模擬テストで点数があがらないなどモヤモヤしているご家庭もあることでしょう。

もう本番まで残りわずかですが、本番は普段できていてもできないこともあれば、今から頑張ってみて良い結果となってくるケースはあります。

本番に十分力が出るよう、そして今のうちに自信をもって受験できるよう、少しでも得点アップにつながる方法を紹介します。



過去問を解くのはそろそろ少なくするかやめる

少し勇気がいるかもしれませんが、中学受験の性質上、過去問題を何度解いても急激に得点アップに繋がるということは、はっきり言えばありません!

出題パターンやよく出る問題の傾向はわかりますが、自分が受験する時も同じパターンで出題されるかというのは、蓋を開けてみないとわかりません。

直前まで過去問題ばかりしていると、基礎がおそろかになってしまうので、本番直前になれば過去問を解くのはぼちぼちやめていきましょう。

塾でも同じように先生から「そろそろ過去問題はしないでね」と指示が出るはずですので、本番近くもしくは受験日から逆算して2週間前にはストップしましょう。(やめる日にちは、子供さんの成績と苦手科目などを考慮して調整してかまいません。おおよその目安です)

基礎問題をとにかく反復させる

苦手科目や単元に対して、短期間であげていくには、基礎をしっかり固めておく必要があります。

基礎がしっかりできていないから、苦手科目や単元でつまづいてしまい、本番でパニックになって正答が書けないとなります。

そこで、応用問題より基礎問題、基礎中の基礎問題を徹底的にしていきます。

我が子の場合では、算数で計算ミスが多く四則計算が苦手でした。そこで、担当の先生が「朝の5分間計算プリント」を用意してくださり、四則計算を5分間で解くことを繰り返しました。

四則計算以外にも簡単な計算問題を出してもらって解いていたということもあります。塾でも直前まではやっていたことは、どの科目でも基礎の基礎を解くことを繰り返しました。

基礎がしっかりできていれば、応用問題はすっと解けます。

時事問題は新聞を読ませること。日常生活から出題されることも!

科目によっては、時事問題を絡めてくることがたまにあります。そして日常生活で大人が気がついていない問題が出題される学校がありますね。

例えば、駅名の看板についている謎の番号についてなど、大人が気がついていないことが出題された学校があります。

入試問題については、夏頃にはほぼほぼ完成されていますが、急遽問題を差し替えてくるということも考えられます。

時事問題や国語の漢字書取りでは、新聞を読んでいる子供と読んでいない子供で、差がはっきりと出てきます。直前で間に合わない可能性もありますが、少なくとも朝読んでいた新聞から、気になっていた漢字や時事問題が出るということもあります。

もちろん、地理についても発揮する方法で、事件が起きた場所の都道府県を調べるというきっかけをもたらすので、是非新聞を読むということを短期間でもいいのでお試しください。

まとめとして。焦らないこと!

とにかく、入試直前で成績が急降下することや今までできていた問題ができないってことは出てきます。

我が子の時も、「いきなりできない!」と嘆いていた時期がありましたが、落ち着いて基礎の基礎に戻ることで、ケアレスミスを減らしていきました。

当時の入試の得点は分からずじまいで、1年後の過去問題集でどれぐらいの点数を取ったかはわかりました。高得点で合格できても、入学後からの勉強が本当のお勉強のスタートです。

希望校突破できるように、基礎に戻ることを重要視していきましょう。
受験シーズンはインフルエンザが流行る時期ですので、温かいご飯や飲み物で健康管理をしてあげてくださいね。

スポンサードリンク







YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V (1)

こんにちは、「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もしかすると11月ぐらいから志望校の赤本を購入して、過去問に挑んでいるお子さんは多いはずで、なんども繰り返して勉強しているお子さんも多いはず。

1冊税込で3000円程度の分厚い本で、英俊社が出してるもので、6年分が収録されています。
さてさて、過去問って何回やればいいのでしょうか?

実際の例と合わせて紹介します。



塾によって指導が違うぞ! 回数と年数 !

個人塾様や塾講師の方のブログを拝読すると、過去問を解く回数や遡る年数が異なって、びっくりしました。

多くの塾では、
第一志望=10年分
第二志望=5年分
第三志望=3年分
までするようにと指導しています。

この条件からいけば、第3志望までの受験を考えてみると、合計18年分さかのぼることになり、しかも受験科目が4教科となると、18年分×4教科となると72回しなければいけないということになります。

学校によっては、前期・後期、A・B・C日程、同日午後と受験日や時間がかわると、難易度が上がることがほとんどで、受験校のパターンや受験科目によっては、過去問を解く回数も変わってくるということになります。

72回というのは、単純計算上での話ですから、指導する塾や先生によって、過去問を解く回数が変わってきます。

実際には、そこまでお子さんができるかというと、「できない」というのが、我が子からの返事でした。

過去問全てをこなす必要はない! これが結論!

「過去問を何回も解けば、その学校の出題パターンがわかる」という講師の方はいらっしゃいますが、本来なら、塾側で各学校の出題傾向は把握していて、「今年はこれがくるかな」というのも読める先生はいます。

お子さんに過去問を解くベースを任せると、3年分を一気にしてしまう子もいます。
しかし、肝心な本番前にやる気をなくしてしまいます。理由としては「解き疲れ」が出てしまい、意欲を失ってしまうのです。

過去問にこだわるばかりに、受験する年に、今まで過去問には登場しなかった単元(特に算数)が登場して、焦って解けなくて、時間切れになるケースもあります。
実際に、娘の受験の時に、毎年出ている問題が受験時に出なくて、先生が長年のカンで当てた単元が出たというケースもあります。

科目によっては、繰り返して過去問をする方がいいというのもありますが、1冊全てをする必要もないです。

我が子の例でいくと・・・

我が子の場合は、1校2コースのピンポイントで受験しました。
(もう1校受験予定でしたが、願書を出す前になしとしました)

赤本は11月から塾の指示で購入し、国語は授業の中で取り入れて、出題傾向を覚えるのと同時に、今までの小テストなどを再構成した内容で対策をしました。

算数は、過去問については5年分を授業内で使い、毎回の授業の中で使いながら、「今年はこれが出るかもね」という単元について、別の学校の入試問題もしくは過去に解いた難問を解くという指導を行いました。

当初は、理科との3教科受験を考えていたのですが、2教科受験に切り替えたので、理科は、中学入学後に役立つようにと、過去問から中学で習う内容に置き換えてくれての指導をしてくださいました。

*もともと個別指導でしたので、アレンジが効きやすかったというので、助かっています。

まとめとして、量より質

簡単にまとめてみますと、

「量より質」

であって、過去問をガツガツやるのと同時に、過去問で間違えた単元を振り返りつつ、基本を忘れさせないこととが大切というわけです。

中学受験合格後も、学力テストが付きまといますから、「間違えた問題はすぐに振り返る」というクセづけにもなるので、過去問を解いた量よりも「間違えた内容の見直しと正答への定着」を大切にしてあげてください。

量ばかりさせても、今の時期では疲れ果ててしまうので、適度な休憩を入れながら、体調を整えるという点も踏まえて、無理はさせないようにしてくださいね。

スポンサードリンク


このページのトップヘ