google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:進路変更

05891a27c89fe9c35153a3c61ad44f0a_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2020年5月21日)に京都・大阪・兵庫でCOVID-19(新型コロナ)に対する「緊急事態宣言」が解除されて、徐々に休業要請自粛の解除や、教育へのフォローが始まろうとしています。

特に京都・大阪・兵庫は私立校が多く、超難関校も含まれる地域です。中学受験専門塾にとって、急塾措置は厳しく、来年の冬に受験する子のやる気をそぐことになったかもしれません。
オンライン授業に早く切り替えた塾はありますが、様々な心配の声が上がっています。

さて、過去に何度も情報が入るたびにお伝えしていますが、今受験準備中の子供さんへお伝えできる範囲で、親御さんができることをお伝えします。



出席日数のカウント。内申書に影響は出ないの?

163344

中学受験では地域によりますが、「内申書」の提出を求める学校はあります。

内申書は以前書いた記事でも「出席日数の確認程度」と紹介しています。兵庫・灘中学校は出席日数14日以上ある子は特別な事情がない限り受験できないという規定があります。



公立小学校では休校中のカウントをどうしたかは気になるところだと思います。分散登校が行われた日や、何にもCOVID-19の影響を受けなかった岩手県での対応が気になるところです。

私立小学校から別の私立中を受験する場合も、どのように出席日数をカウントするか疑問です。

これは、まだ確定ではないのですが、今年を境に「内申書」が必要かということが見直されるかもしれません。

課題のみで新学期を過ごした子供さんがいれば、公立小学校でも自力でオンライン授業を頑張った学校もあるので、出席日数の扱いは難しいのではないかと思われます。

もしかすると、課題提出やオンライン授業参加の回数を、出席日数とカウントする可能性はあるかもしれませんが、課題提出は「成績」として評価されるものとし、「公立小学校は義務教育」という考え方から、内申書提出を今年のみか今後も取り消す学校は登場するかもしれません。

ただし、超難関校や伝統校はそのまま内申書提出を求めるかもしれませんので、心配な場合は、在籍している小学校と受験予定をしている中学と問い合わせてみてください。

(私立中学校は、今は自校の授業再開をどうするかなどでパニック状態かもしれませんので、電話問い合わせなどは入試事項発表までは控えてくださいね。)

現在、私の子供が在籍する私立中高一貫校は、分散登校を行っていますが、登校時の移動で「怖い」と感じつ場合は、休んでもよく「欠席扱いにはしない」としています。

特に高校からは指定校推薦に欠席日数が選考基準になるので、不利益にならないようにしています。


長すぎた休塾期間。5月からどう巻き返すか?

b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

何もなければ、中学受験専門塾では、中学受験のスケジュールに余裕で間に合うスケジュールと、難易度に合わせたカリキュラムで授業をしていたはずです。

「緊急事態宣言」で休業要請に「学習塾」が含まれたので、オンライン授業にすぐ切り替えられたとしても、双方向か一方通行かの授業で、差がついたのではないかとみられます。

双方向授業なら、子供達の表情やライブ配信なので、わからないところの質問をしやすかったと思うのですが、一方通行授業では、子供さんが集中して授業動画を見て理解できたかがわかりません。

特に一方通行授業であれば、先生が作った動画の作り込み方次第では、子供を飽きさせてしまいます。子供は素直ですから、つまらない授業とわかれば、動画配信を見なくなります。

現在、中学受験合格を目指す親御さんのブログを少しずつ拝読していますが、塾から送られてくるテストや課題に手をつけていない子供さんが増えてきているようで、叱ってもやっていなくて、塾から電話がかかってきているご家庭もあります。

私の子供の学校でも、オンライン授業の内容をみることができたので見てみました。

とても上手に短時間でもわかりやすい動画やオンタイムでの解説を聞いていて、説明が上手な先生は生徒から人気でしたね。オンタイムで双方向で授業をしてくれた先生は、特にわかりやすいと公表でした。
反対に動画作りに慣れていない先生だと、みんながあとで「つまらないし、わからない」と評価します。

塾側は、おそらく塾運営が通常に戻ってから、子供からのアンケートを取ってから「第二波」がきて、また休塾にした時の対応をどうするべきかを検討するはずです。

あとわずかで5月が終わり、6月に入ります。6月あたりから志望校をはっきり決めるシーズンなのに、テストなどができず、偏差値もわからないまま、授業を続けることはかなりの頑張りを求められることになります。


いきなり中学受験を目指す子が今年は増えるかもしれない

b84e1914.jpg

今回のCOVID-19で、公立中学と私立中高の対応がかなりわかれました。よくネット上で言われたのが、「私立校の方が対応が早い」と言われました。実際は、4月の初旬からすぐにオンライン授業から切り替えられた学校は、全国でもほんのわずかで、5月から導入できた私立校でも5%と言われています。

ICT教育で大阪では有名だった近畿大学付属中高で、4月16日以降から開始しています。出遅れた学校は、先に学校から自宅の「ネット環境調査」から始まり、家庭のネット環境(回線や端末類の台数確認)をして、手探りながらも授業を開始しています。

公立中学で、オンライン授業ができた学校は一握りで、ほとんどの学校が課題を渡されて、親御さんや分散登校日に持っていくパターンでした。

対応が早かった私立中学をみた親御さんが「少しでもいい環境で勉強させたい」「教育費を削ることになるけれど、公立校の対応はひどい」と、かなりハンデキャップを背負うことになりますが、小6もしくは小5から中学受験準備を始める子が増えるのではないかとみています。

実際には、小6からは難しいかもしれませんが、本人の努力次第と学校選び次第では、いまからでも遅くはないので、中学受験にシフトする子は増えるでしょう。

まとめとして

現在、我が子の学校では、オンライン授業と分散登校で対応し、緊急事態宣言が解除されたました。しかし、通常授業に戻す段取りと来年行われる受験問題のチェック、そして「第2波・第3波到来」の為の対策作りで、かなり先生方も疲労困憊になっていることでしょう。


オンライン授業の様子をみていましたが、教え方が上手な先生は資料作りも上手でした。高1なので、これから先の成績は、もし指定校推薦を希望する時に何をもって評価するか見えないので、子供自身不安がっています。

中学受験は、今回コロナの影響で、もしかすると難易度を下げるかもしれませんが、超難関校は手を抜くことはないと考えられます。勉強を怠らない真面目な子は、自分から志望校の為に勉強は何も言わなくてもしています。

今年は、もしかすると、「休塾でも頑張ってきたぞ」という個人の頑張りが報われないということが多発するかもしれません。

親御さんの不安は子供さんにはすぐに伝わるので、不安な中の受験となり、それが「不合格」に繋がるからです。

今後の不安はたくさんありますし、私も高1の子供を持つ母親ですので、「子供の将来が不安」と感じることは多々あります。

今は、少し親御さんは疲れるかもしれませんが、少しでも心の休憩タイムをとるようにして、この厳しい環境でも乗り切る勇気を持っていきましょう。

スポンサードリンク






81745c68.jpg


公開日:2018年1月14日
更新日:2020年1月15日

こんにちは.。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

そろそろ、全国の中学受験をしたご家庭から合否結果を出始めている頃です。早いところでは、前年の12月に受験し、合格の声を聞いているケースもあります。


そろそろ、SNS上でいろんな情報が飛び交うものと思われますが、「受験校全て全滅」や「本命ではない学校しか合格できなかった」という声も出てきます。

せっかく頑張ったのに残念な結果に終わることはあります。でも、親御さんが頑張った子供さんに対し、どう対応するかが今後の教育にも影響がでます。

そこで、中学受験で実力を発揮できなかったりした時の対応や今後のことについてお伝えします。




合格を確認したら、必ず必要書類をもらうこと!

もし、志望校や受験した学校で「合格」を確認できたら、必ず受験票を持って合格者に渡される入学手続きに必要な書類をもらいましょう。

もしくは、入金手続きを学校で後日行う学校があり、入金手続きと引き換えに書類が渡されるます。

その書類一式の中には、「入学許可書」が入っています。すでにご家庭に管轄の公立中学校の入学許可書がきていると、入学する学校が私立・国立であれば、教育委員会に公立中学の入学許可書と共に、入学する私立・国立中学校の入学許可書を返納する必要があります。

複数校や複数コースを受験し合格の場合でも、全ての学校やコースに対する入学に関する必要書類はいただきましょう。

入学金のタイミングは出願時と発表前に必ず確認!

学校によっては、合格発表時の時に事務所で入金する必要がありますし、後日、学校から指定された日に入金を完了しなければ、合格取り消しになります

合格した学校分支払わなければ、せっかく合格しても入金しなければ、合格は無効になり、後日受けた学校がダメだった時の救済ができなくなります。

特別枠(専願枠など)で受験すると当日入金というケースが多いので、絶対入金漏れが内容にしてくださいね。

合格校全てが全て合格した場合、だいたい1校で20万円。
しかし、各校が事前に提示しているかとは見受けられますが、出願の時に、「併願か否か」を書く学校はあります。

併願受験で合格していて、一旦入学金は払っていても、別の学校を受験して合格してそっちへ行く場合は、納めた入学金の半分返金をする学校は一部あるので、よくよく確認して、入学手続きや返金手続きなどを行なってください。

一発で本命の中学校が最初に合格すれば、その時点で他の学校の受験をやめても構いません。ただ、受験料の返金はないので、どれだけ出願するかということは金銭面でも考えておく必要はありますね。

出願校が全てダメだったり希望ではところを合格したときは・・・

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s


子供さんが、試験当日で十分に実力を発揮できなくて、受験した学校全てで不合格になったり、滑り止めで不本意ではない学校や、希望しないコースに合格していたというケースは当然あります。

私の子供の受験時も、発表日に掲示板前で母娘が喧嘩していて、悲し涙などとんでもない光景に見ました。お母さんはその時は泣かずに取り乱さずに「よく頑張った」と抱きしめて、試験を頑張ったことを褒めて、今後どう対応するかを決めましょう。

塾側は、事前にお子さんの出願予定は聞いているはずですし、合格発表などの報告を待っているはずです。不合格でも、今後の対応などを相談する必要がありますし、2次入試を実施する学校はあります。

2次試験の出願受付をする学校は、今日(1月14日)の午後ギリギリまで
受け付けてくれるので、塾とよく相談して受験するしないを決定しましょう。

受験前に考えておいてもよいことかもしれませんが、別の学校の追加募集や二次試験へのトライすることを考えておくことは大切です。そして、複数受験をするにしても、無理のない日程やレベルで考えておくとよいでしょう。

報告の際に、塾側とよく話し合いをして、今後の対策を決めておくといい話も出てきます。

中学受験がダメだったとしてもいいことも

まだ2次試験や後期試験をする学校はあるので、まだまだ完全に諦めるという必要はありません。もし諦めることにしたとしても、中学受験の対策勉強で、効率のよい勉強の仕方というものをマスターしています。

よくやりがちなのが、家族が気を使いすぎて、逆に子供さんを傷つけたり怒らせることになります。本人が落ち着くまでは、そっとしてあげることも大切。「今までよく頑張ったこと」をしっかり褒めてあげることです。

さて、公立中学校への手続きなどになりますが、もし私立でも、中高一貫ではなく、高校から生徒を取る学校はありますが、狭き門であったり、広く解放する学校はあります。

もしリベンジをかけるのなら、中学受験をした学校の特徴を知っていることにもなりますので、ある意味有利にはなりますから、お子さんとよく話し合いをして、高校受験でリベンジをするか、公立高校への道についてどうしていくかをさらにリサーチしましょう。

※ただし、最近は中高一貫校で高校から入学できた学校が、「高校から生徒は取らない」という姿勢の学校も現れてきたので、最新情報は常に調べておくとよいです。

学区によっては、私立高校と同格レベルの公立高校はあります。中学受験とともに自分が住んでいるところの公立高校の受験システムや学校のレベルを調べておくのも、今後の進路が開けてくる可能性はありますよ。

まとめ

cd465bfece79c50487fe2e13589da740_s

中学受験で出願した学校・コースが全滅もしくは希望する学校ではなく別の学校で回し合格があったとしても、子供さんを責めずに準備期間中にいろんなことを我慢して、長期戦で頑張った子供さんをまず褒めてあげてください。

この記事は約2年前に執筆したものですが、希望の学校ではなく滑り止めで合格した学校だという子が「やっぱりこっちにいてよかったわ」と話す生徒さんがいると、子供から聞いています。
中学受験で希望する学校ではなく、別の学校に入った方が気楽だったということはあります。

また、全落ちした子も私の子供の友人にいます。その子は公立中学へ入学し塾通いをしていますが、部活で大活躍して有名になっている子もいて、人生なにがあるかわからないということです。

中学受験とは、親御さんも何かしら入学試験を経験しているのでわかるとは思いますが、小学生が長期間で難しいことを勉強してきたのですから、不合格が出てしまっても褒めてあげることが、今後の教育や人生経験には大切な要素になります。

今までの苦労はどこかで報われますから、思うような結果にならなくても、今までの苦労を褒めてあげてくださいね。

スポンサードリンク



54d18d60ecd6cdaecd326678a3668a8a_s

どうも、こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

お子さんと話し合って、出願先を決めているはずなのに、ちょっとした情報や説明会に参加して、現在の偏差値から「進路変更をしようか?」ということで、進路変更をかけようとするお母さんは少なくありません。

今、12月という段階で、もうそろそろ願書受付を開始する学校があるはずなのに、いきなり進路変更をかけるのかというのは、ご家庭の事情はありますが、学校の特性からお子さんの意思を無視して、変更を行おうという親御さんはいます。

それは、かなりハイリスクで不合格時の恐怖もあります。

そこで、進路変更を行う時の注意点を紹介しますね。



親子で話し合わずに、親の身勝手さで振り回していないか?

関西圏では少ないのですが、関東圏となると、選択肢が広いと私は見ています。
関西圏で、特別なコース(音楽コース、英語特化コース、スポーツ・文化コース)については、

  • 事前に学校からのスカウトを行なっているケース
  • 英語特化コースとはいえ、合格後にしっかり仕込むコース
  • 音楽やダンスなどでは、実技の上に受賞歴を重視するケース
と大雑把に分けていますが、厳しい審査を行なって、学校のアピールポイントとしてしている学校はあります。
私の出身高校は、バレエボール・ソフトボール・体操・シンクロナイズドスイミング・バレエなどに特化した子は、事前スカウトで、試験を受けた上で入学していますが、中学校入学時にすでにスカウトされていたというケースは少なくありません。

バレエにいたっては、ロシアで行われた国際大会で金賞を取って帰ってきた子もいますし、シンクロについては、オリンピックに出た子もいます。

関東では、「国立音楽大学付属中学」が普通コースと音楽コースを併設して、「普通コース」に対しては適正検査を行なって合否判定を行なっています。
(2019年度からは、普通コースは文理コースと名称変更を行います。

中1から高1前半までは、コース移動は可能としていますので、在学中に「音楽の道に進みたい」という希望に添いながら「音楽準備コース」に移動後、「音楽コース」に移動したり、「音楽コースから文理コースに変えて、文理コースで勉強したい」という希望を持たせて、「よりよい音楽家育成とごく普通の私立ならではの教育」を目指しています。

国立音楽大学付属中学は、良心的な例ですが、もしこの出願制度を利用して、何も音楽の勉強をさせていないお子さんに、いきなり音楽関係系のところを受験させるのは大変危険です。

音楽系ではなく、今まで「ここの学校を受験する」と決めていたのに、いきなりの進路変更をお母さん側で決めてしまうと、塾だって困惑してしまいます。

専門コースに行くには、それ相応の親子での話し合いは必要なのです。


お母さんが進路振り回しを起こすデメリット

お子さんは、小6ともなって、塾で自分のレベルや自分がやりたいことをさせてくれる学校をマークします。
それは、学校見学会や入試説明会で、学校の雰囲気をひしひしと感じ取るので、自分には合わない学校の選択肢は出てきます。

我が子の例でいけば、数校見学させてもらいましたが、拒否してやめて受験校と考えたのは2校。
拒否した理由は「男女共学は苦手」「宗教の授業がいや(我が家はカトリック)」という理由でした。

カトリック系の学校は、修道会が運営しているケースが多く、「宗教の授業」は、小さい時から日曜学校に通っているお子さんに取っては2度きくことになるので、いやに感じる傾向はあります。
信者さんで、中高生になると、教会では「中高生会」があるところがあり、学校で同じような行事になると、「いいよ」という子と「もう教会だけでいい」という考え方の子には分かれます。

我が家は、その意見を聞いて、2校の間で迷いましたが、最終は「仏教系の女子中高完全一貫校」を洗濯し、コース別で受験しています。

お母さんが、塾からもらうデータや、「子供をここに行かせたい」というエゴだけでは、お子さんは内心は反発心を起こして、受験そのものを拒否する結果になりかねません。

お子さんとご家族の意思が一致してこそ、始めて中学受験の合格をつかむことができるのであって、合格後も問題を起こさないということになります。

中学受験合格後、しっくり来なくて、退学してしまうケースも

進路変更を行なって、お子さんにとって不本意な学校への進学となったとしましょう。

ご家族は、苦難の末に中学受験を乗り切ったということで、嬉しくなって、準備も楽しくなるでしょう。しかし、お子さんの様子を見ると、しょんぼりしているケースがあります。

入学式の写真を見ると、笑顔で映っているお子さんもいますが、しょんぼりとした顔の子もいます。
実際の娘の学校の入学式の写真を見ると、なんとなくしょんぼりしているお顔の子はいました。


その後、2年生進級時、もしくは早い子で1年生の夏休み中に自主退学をした生徒さんはいます。

在学中に「無理をして受験させられた」とこぼしている生徒さんはいて、成績もあまり上がらず、早めに退学をしたというケースはあります。

それは、親御さんたちとお子さんの気持ちのずれで、不本意な結果になって、そのまま進学したけれど、自分には合わないということで、退学になったということです。

受験本番前の受験先については、急に変更を起こすと、お子さんは元気そうでも心はパニック状態です。

まとめとして

受験先や進路変更を行うことは、お子さんの様子・お子さんの意思次第です。
お子さんがいやだと反発すれば、即変更の話はストップしてあげてください。

そして、勝手に志望先を変えず、必ず塾の先生とも相談し、お子さんの意思をきちんと確認した上で、対応策などを決めてくださいね。

特に、お母さんの意思だけで変更してしまうケースが多いので、お子さんの意見は一番最優先とお考えくださいね。

スポンサードリンク


このページのトップヘ