google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:話し合い

4027231_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、子供の学校で中高一貫生・高校3ヵ年と時間をずらしての入試説明会が行われました。

その時にやってくる小6生の子供さんと家族を、生徒さん達はお手伝いをしながら見ているわけで、「将来この子達が後輩になるんだ」とよく見てます。

さて、中学受験での11月は「どうしよう」と悩む子供さんが多いかもしれません。

我が家はどうだったか?もう5年前にさかのぼる話になりますが、特殊な事情だったので、万が一に備えて、読んでいただけると幸いです。



過去問をやり出す時期であり、模擬テストやプレテストに参加する時期です

塾から「そろそろ赤本買っておいてね」と言われる時期が違うようですが、ほとんどの塾では11月ぐらいには過去問題集(通称赤本)を購入して、解き始める時期でしょう。

我が家も購入して、大きな本を塾用のカバンに入れて通っていました。家でも指定されたところを、ノートに書いて採点していただいていました。

同時に、塾の公開模擬テストや学校が行うプレテストで、ある程度の合否判定が行われる時期です。

そこでまった!

これらのテストの点数で、「もう無理だ」と諦めるのは早いです。

塾の模擬テストで苦手科目や単元がわかるので、その時の問題用紙をチェックして、苦手箇所を何度もやり直しをしていきましょう。

志望校もしくは受験校でプレテストが行われるなら、その時に出された問題を覚えておいて、過去問と見比べるとその学校の出題傾向がわかります。

たまに、入試説明会で「プレテストを開きます」と案内が出た時に、学校側から少しだけネタバラシをしてくることがあります。

本番に、子供に聞くと「うん!本当にその通りだった!」と話してくれましたが、年度によって、定番問題を外してくることはあるので、ネタバラシをされてもあまり鵜呑みにせずに、苦手単元はしっかりやっておきましょう。

受験をやめたいと言い出すのもこの時期

先生方も、指導している生徒さんをどうしても希望の学校に入れたいと熱が入ります。

先生も人間ですから、ついきつい口調で叱りつける時はあります。成績が伸び悩んでいる生徒さんとなるときつい口調がつらくて「受験をやめたい」と言い出すケースがあります。

もし、子供さんが「受験も塾もやめたい」と言い出した時は、一度塾と相談して、今後のことなどを話し合いをして、子供さんにも「どうしたいか」と気持ちを聞いてあげてください。

叱らずに「なぜいやになったの?」と丁寧に問いかけると、子供は素直に話してくれます。

塾がいやなのか、受験がいやなのかで対応は変わりますが、塾の指導についていけないという場合は、思い切って、塾を変えてあげるというのもありです。

ものすごく博打をうつことになりますが、塾の環境が辛くて、成績があがらないことってあるので、
思い切って変えてあげるというのもひとつの手段です。

受験をやめたいというのは、公立校へ友達が進学する・部活を楽しみたいなど理由があがりますが、子供さんの意見を尊重した方が、高校受験で中学受験で目指していた学校に入学することがあります。

このケースはデリケートですし、よく話し合った上で、受験をやめるか否かは決めて欲しいです。

我が子が受験した時にあったこと。11月。

我が子は、小5から担任からのいじめを受け、さらに小6で同じ担任のクラスになりました。
不当評価はあったし、何度も学校に申し入れをしましたが、受理されず。

子供は、運動会での組み立て体操の練習で、むちうちになり、いじめを受けていました。ついに10月末に過呼吸を起こして、「いじめられていた。先生にも」と打ち明けられて、解決できるまで不登校にしました。

公立小学校で不登校にしても、受験校が内申書不要なら、合格しても後日小学校からの記録提出で受験できるからです。その時に、出席日数を変えられていることはあります。

<合わせて読んで>



塾にも報告して、問題解決まで塾側がしっかりサポートするとお約束していただいて、受験準備を進めました。

家でいる間は、塾で出されている朝のドリルをこなし、塾はきちんと通って指導を受けました。早めにでかけて自習室で、わからないところを教えていただき、ストレスを減らすことで、成績をあげました。

11月から過去問を購入して、過去問と合わせて苦手単元の振り返りをしていました。

私はというと、学校からの電話対応や、いじめ専門の先生とのやりとりで、持病を持っていても我慢して学校といじめに対しての対応を話し合いをしました。

一応、いじめをしていた先生からは謝罪はありましたが、生徒からの謝罪なしでしたね。

もちろん、卒業式もいじめてきた子がいやで、前日に専門の先生の計らいで卒業証書授与式をしていただきました。

希望の学校に合格できたのは、このくやしい時期があって、塾が学校よりも安全な場所だと子供が認めたからよかったのではないかと思います。

※詳細などの問い合わせがたまにきますが、子供の個人情報などに触れることになりますので、一切応じておりません。ご了承ください。

11月が一番悩み苦しむ時期。乗り越えると変わってくる時期です

11月は、子供にとっても苦しむ時期ですし、親御さん自体もモヤモヤする時期ですね。

成績がドンと上がる生徒さんはもちろんいます。

その子は特別であって、上がった成績を維持することが難しいので、また新たなる悩みとなります。

様々な悩みが出やすい11月ですが、この時期を乗り越えて合格すれば、すっきりした気持ちになるので、悩むことはあるけれど、困ったことは親子または塾などと相談しながら、乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ったらポチッとお願いします。
↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

少々「いじめ問題」について扱うのをためらったのですが、先日神戸の小学校での「先生同士のいじめ」で、思うところがありまして、取り上げることにしました。

私立中高は、「学校の評判」にも関わるので、残念なことに「いじめが発覚した時は隠す」という、公立校とほぼ同じ対応をする傾向が強いです。


今現在で、一般的な話と、我が子の学校での「いじめ対策」そして学校での先生同士の問題も紹介していきます。



私立と国公立とでは、申し立てをするところがちがいます


44d17bd20656c7ee051bcd02c3df7bff_s


基本としては、まず学校に申し立てをして、話し合いをスタートしていきます。

担任や学年主任、最悪は学校長まで報告がいき、いじめの内容調査、必要であればカウンセリング(学校によっては、複数名が駐在しているケースあり)を行っていきます。

内容によっては、先生を交えての話し合いで解決して、2度と起こらないようにと、反省文などの提出を求められることになるでしょう。仏教校で朝礼や集会で般若心経を唱えている学校なら、「写経●回」という今の子ではきつい対応もあります。

これだけやっても、話がこじれてしまう場合は、どこへ申し立てをすることになるでしょうか?

公立・国公立の中高一貫校であれば、学校がある市区町村の教育委員会になります。私立であれば、都道府県の私立課に申し出ることになります。

ただ、私立課や教育委員会に申し出を行って、学校への指導や解決する為に介入しても、無事解決できなくなるケース(証言となった生徒へのいじめ発生、加害者生徒・保護者が認めない)となると、長期化になり、さらにこじらせることになります。

私立・国公立の中高一貫校でのいじめ問題に精通している弁護士に、解決を依頼しても解決にできるかは難しく、中学生なら中途退学する子や高校へ上がる前に別の学校を受験して、お別れすることもあります。


いじめ問題を未然に動こうとする学校もあり。でも謝った認識を受けることも......

入試説明会で「はっきりと申し上げると、我が校で大きないじめ問題が出たことはあります」と宣言するところはあります。我が子の今の学校は、そうでした。

はっきり「いじめは存在する」と言う学校の方が、いいのかどうかは、入学後にわかります。

対応としては、定期的に「いじめに関するアンケート」をとるところは、過去に大きないじめがあったという証拠でもあり、表に出ていないいじめをあぶり出す目的もあります。

我が子の学校は年に1回、このアンケートを行っていて、コースなど関係なしに「いじめの有無」「いじめを見たことがあれば、詳しく書く」といったものです。

アンケートに書いて担任と学年主任、生徒指導の先生方がチェックをしていきます。いじめではなく、たまたまお友達同士のトラブルで「しばらく話をしたくない」ということも、いじめ認定を受ける場合があって、聞き取り調査に巻き込まれるということもあります。

「いじめじゃないの?」というのが、他のクラスから見るといじめではなかったというケースがあり、申告ないじめが学校側に伝わらないはあります。

実際に、娘と他の子がいじめをしているとされて、聞き取り調査で「これはちょっとしたケンカだ」とわかりました。私にも報告がきましたが、他クラスの子からのアンケートで名前が上がったという、完全な誤解でした。

アンケートといっても、正確な情報がつかめないので、親御さんが気づいた上で、話し合いをする必要があります。

私立でも国公立でも親御さんが早く気づいてあげること

d1dce312adfde05a0d0d0579ab19dfa9_s

子供さんの体調や表情が曇っていたり、学校へいきたがらないといった行動が見受けられた場合は、
なるべく早く子供さんから「学校で何かあったの?」という一言をかけてあげてください。

無意識に隠そうとする子供の心理は働きますが、学校でいじめ(教員もしくは生徒)を受けていることがあれば、早急にご家族で話し合いをして、学校に申し出てください。

学校側としては、いじめがあるということを拡散されることは「学校運営」に響くので、早急に話を動かしてくれます。

私の子供も、入学したての時に、子供同士でどうやらいじめがあるのではという話を聞きました。早速話し合いをして、担任の先生にお手紙を書き、学年主任・生徒指導の先生方で話し合いをしていただき、事実確認をしてもらいました。

その後、生徒間で和解をして「ごめんなさいね」と無事解決しました。

ただ、学校や担任など先生方が適切な対応をし損ねて、不登校に追い込んでしまうケースはありますので、いじめ問題の先生に入っていただいても解決できない問題はあります。

中学でなら、中途退学という道もありますが、できればこの手で気に入った学校に別れを告げるのは避けたいですね。

いじめが発覚した時はすぐに対応を!


いじめ問題は、最近の神戸・小学校教員によるいじめ問題で、「大人でしかも教員が教員をいじめる」という子供にどう説明すればいいのかというのが、あからさまに報道されました。

この件は、一度いじめを受けた子供や大人に「教育ってなんなのか?」という問題と課題をつきつけることになりました。

私も、我が子が小学校時代にいじめを受けた経験があり、解決が非常に難しいということを知っています。どうすれば、円満解決できたのだろうと、いまでも考えさせられます。

まず、ご自身の子供さんがいじめを受けていると知った時は、すぐに学校の担任に相談し、対応を決めていきましょう。最近では金品や制服が盗まれるという事案も出ています。

こうなると、窃盗として警察に被害届けを出した方がいいということになりますが、学校側が止めようとします。しかし、止めようとする理由に怪しき点があれば、それを問い詰めた上で、被害届けを出しても問題はないでしょう。

「いじめは何もかも傷つける」

最近は、いじめ方も悪質(ネットでのいじめもありますね)なので、親御さんも学校から帰ってきた我が子の様子には十分気をつけてあげてくださいね。

スポンサードリンク


397ba883aabcea578dfe9e971565a9bd_s
 photo by 写真AC

どうも、ぺんぺん(@penpenwaker23)です。

新小学校1年生のお子さんは、そろそろ学校生活に慣れ始めて、
給食がスタートしているところがあるかもしれませんね。
初めてのお子さんが小学生進学なら、帰ってくるまでがドキドキですよね?

私は病気の都合で、学童に夕方預かってもらいお迎えに行っていました。

さらにお兄さん・お姉さんで中学受験にチャレンジして、
中学1年生ライフを始めたお子さんもそろそろ小テストなどに取り組んで、
クラブ活動をどうするかなど忙しいでしょう。

ところが、教員の先生の間で心配するのが、「学級崩壊」問題で
いじめ問題と同じぐらい解決が難しく、起きるのが低学年化しています。

公立中学でも学級崩壊問題は起きていますが、私学でも学級崩壊寸前まで
起きて、保護者会などで解決の道を先生と協議することがあります。

うちの子供のクラスでも小1と小6で起きかけて、私立中学に入学後に
信じられないかもしれませんが、起きかけて保護者会と学年関係の先生で
鎮火させました。

なぜ、学級崩壊が起きてしまうのか?
学級崩壊を経験したことがある先生のブログ・我が子のケースなどから
考察してみました。

*どこの学校なのか、どの先生なのかはあえて公表なしです。
決してバイアスはかけていませんので、ご理解の上でお読みください。

スポンサードリンク



小1生の学級崩壊は先生の腕次第ですぐ鎮火

中学生が一番やっかいかもしれませんが、先に小学生からいきましょう。
子供が入学したのは7年前。
ベテランの先生ばかりで4クラス編成でした。

担任の先生は、主に低学年を受け持っていたというお話でした。
ところが、子供が学校から帰ってくると
「ママ、授業中に歩いたり遊んだりしちゃダメなんだよね」と
いうので話を聞くと、授業中にうろうろと歩いて、先生が座るようにやんわりと
注意しても聞かない、大声で暴れる子がいるなどという行動があって怖いと
言い出しました。

担任の先生には一度連絡帳でクラスの状態を教えてもらいたいことを
書いて、お電話をいただきました。

他の保護者さんからも同様の問い合わせがあって、一度保護者会の日を作って、
話し合いをして、保護者さんの意見も聞いた上で先生が授業の工夫を
してくださったおかげで、すぐに鎮火はできました。

この時の担任の先生は「保護者からの意見と自分の教育方針との食い違い点と
修正点や改善点」をすぐに保護者向けにまとめて、報告書としてあげて
くれたので、信頼できる先生でした。


学年があがると、子供は先生の至らない点をすぐに見抜く

びっくりされるかもしれませんが、最近のお子さんは大変精神的に
成長が早いと感じます。

自分の子供でさえも、びっくりするような発言をすることがあります。

私がみかけたブログで、「小学校非常勤講師のブログ」の中の
学級崩壊したとの学級担任」で子供が小6の時に起きた出来事と
そっくりなことが出ていました。

ざっくりというと、学年が低くても高くても学級崩壊は起こり得て、
ベテラン教員でさえも食い止めることが難しいということです。

親同士での話し合いをしても、学校内での話し合いをしても、
全く解決できず、ブログ主さんが担任した時に気が付いた点から、
学級崩壊したクラスを立て直す方法がわかったと書かれています。

学級崩壊を起こす子の目をいると、大変よくわかるというのです。

生徒の目を見て、「キラキラしている目」ならいいのですが、
「魚の死んだような目をしている子」については、普通に授業を
受けることは受けるけれど、何かのタイミングで、問題行動を起こすと
指摘しています。

そこで、問題行動に対してきつく注意したり、無理やり座らせようという
行為をすると、ますます問題行動はエスカレートしてしまい、
収集がつかなくなって、完全にクラスの生徒全員がコントロール不能に
なって、辞めてしまう先生もいるというのです。

この先生は、まずやって見た行動は、
・否定的な発言は一切しない。
・問題行動を起こす子を大事にする(逆に味方になることになる)
・わかりやすい授業
・みんなが大事という態度を示す
・ルールは必ず守る
・叱るときはみんなの前で絶対叱らない

など、細かいルールを作ってはいますが、「子供の立場を考えたルール作り」
徹しています。

これが、実は学級崩壊を起こさせないことと同時にいじめ問題が起きた時にも
応用できるのではと、私はこの先生が見つけた行動に非常に興味があり、
小6の時に受けたいじめ問題にも応用できたのではと振り返ります。

(いじめられたルートをたどってみると意外なことが見つかることがあるからです。)

私立中学での問題行動については?

公立中学に行った同級生のお母さんに聞くと、すでに起こしているクラスが
あって、どうしようもなく困っている状態だと聞きます。

ちなみに、子供が入学したての時に子供のクラスで学級崩壊が
起きかけました。

中学受験で疲れ切って、入学すると宿題や勉強のハードさから
一部の子が問題行動を起こし始めたからです。

授業中にうろうろといきなり立って歩く子や、
先生の説明に文句を言う子。

最終的には、お菓子をボリボリと授業中に食べ出す子がいました。

ちょうど学級委員をしていたうちの子が注意しても守らないので、
私から手紙を書いたのですが、他の保護者様からも苦情の手紙は
殺到していたので、緊急でコース会議が行われて、その結果を
緊急の保護者会で話し合うことになりました。

改善にはかなり時間はかかっていますが、現在中2に進学してからは、
クラスメイト間の結束ができたようで、協力し合いながら
クラス運営をしているということです。

改善された理由は、単純なことで球技大会で上のクラスの子に
暴言を吐かれて泣かされたことでした。

子供のコースは特殊コースなのでカリキュラムが違うと言う点から、
有名大学進学を目指すコースの子が球技大会でボロボロにされると
まだ子供ですからとんでもない行動にでたのでしょう。

学級崩壊というのは、きっかけが親でも先生でもわからず、
特に小学生の先生となると、一人で解決するという厳しい条件になって
とてもつらいのだろうと考えられます。

まとめ


今回の記事については、たまたま仕事で資料として購入した
「AERA with Kids」の18春号で掲載されていた特集でもどうするべきかが
紹介されています。

中学でも私学の方が、先生間の結束と親と問題を起こしたくない
(要するに外部にいろいろと評判を流されたくないというダーク面ですね)
ので、完全崩壊する前に食い止める傾向は強いです。

小学校は、ベテラン教員の今までのやり方が通用しないケースもあって、
子供たちもかなりやり方がひどいので、耐えきれず辞めてしまう先生は
多いのでしょう。

その反面、保護者で「モンスターピアレント」的な保護者が混ざっていると、
解決できることが解決できなくなるケースもあります。

学級崩壊は保護者様の協力も必要ですから、もし発生したとわかったら、
良好な関係を保つように勤めながら、先生と情報を共有して、
どうすれば鎮火できるか、普段のお子さんの様子を見守り、
普段の様子を聞きながら、楽しい学校生活を築いてください。

スポンサードリンク


このページのトップヘ