google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:現状

4048961_s

初稿:2020年11月24日
追記:2020年11月26日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

しばらくの間、体調不良で更新をおやすみしていました。
今は大丈夫ですけれど、現在私が住む大阪ではコロナ感染者の数が、東京よりも多い日がありました。

学校でもしコロナ感染者が出た時の対応としては、府の私学課と学校で協議し、学校単位で少しずつ対応は違うようです。

塾に通う子供達の間では「どこそこの学校でコロナ休校だって」という情報共有があって、自分の通う学校へ話を戻すケースが多く、該当校の公式ホームページを見ると本当だったという話は多いです。

来月から12月から地方出身者向け受験や本試験を始める私立中学があるかと思います。

これから、政府や都道府県の知事の指示次第で、受験関連は大きく揺さぶれるでしょう。中学受験は特に今からが本番なので、一体どうなるか親御さんは心配と思います。

大手サイト様でも傾向は出ていますが、現場を知る子供の情報と私が得た情報を組み合わせて紹介します。




緊急非情宣言が出ない限りは特に受験日変更はなし。ただしの条件はあるかも。


第1波の時は、すぐに非常事態宣言が出て、一斉休校措置になりましたよね?

第3波となる今回(2020年11月下旬からとします)は、学校側の受験対応はどう考えているのでしょうか?

結論から言えば、大きな日程変更は現在は行わないでしょう。

ただし、感染者数や国や都道府県の私学課からの指示で、受験日や会場・受験方法を変更する可能性は否定できません。

関西のケースでいけば、12月中旬から願書受付が始まるので、出願状況で受け入れ可能人数と会場を決定するでしょう。

私ごとですが、国家資格の試験を9月に受験した際、3密防止の為、国立大学の教室でかなり間隔を開けて窓を少し開けての受験でした。

別の方では、大型展示会場やドーム球場など「普段ではこういうことはあり得ない」という事態がありました。

基本は学校内で行いますが、会場を学校から離す可能性はあると思っておいた方がいいですね。
出願締め切り後の連絡は、必ずチェックしておきましょう。

会場次第では別日程や午後受験ができなくなるかも

受験時の運になりますけれど、もし受験者が多く、学校ではなく別会場で受験となった場合の話と平行線になります。

複数校受験を考えている子供さんで、受験校が会場変更を行ったり、受験日変更が行われた時は、臨機応変の対応が求められます。

同日午後受験ができていた学校で、今年はコロナ感染を恐れて、午後受験を取りやめる可能性はあるかと思われます。対応の決定は、学校にあるので、受験生は何も文句は言えません。

今は明らかな決定は出していませんが、感染者状況次第で、受験に関わる日程などの変更は行われるかもしれないと考えておきましょう。

人気校への受験は例年より激しくなる可能性あり「人気の2分化」

関東方面なら開成や慶應など、関西なら灘などは人気校ですね。

それは、全国の学校が一斉休校した時に、私立校の方がどちらかと言えばオンライン授業の立ち上げが早かったです。

しかし、有名人気校の場合、学校での設備立ち上げの早さが良かった点と生徒さんで自主的に勉学や文化祭などの特別企画をしたことで評価は高いので、在校生からの評判などから、人気校は例年より受験者は増えるでしょう。

逆に、私立校でもオンライン授業などコロナ禍の中での対応が悪かった学校は、受験者が減るかもしれないと言われています。

私の子供の学校も、オンライン授業は行いましたが、立ち上げが悪く、先生も不慣れだったために、かなり子供達の間でイラつきがあったと聞きます。子供達の間で、教え合いをしていた時期がありました。

中学受験専門塾に現在子供さんを入れていて、すでに上のお兄さんやお姉さんがいる場合は、対応が良かった学校の話題は共有されていることでしょう。


今後の受験状況は常に学校からの連絡や公式サイトで要チェック

2125299_s

今後の日程や開催会場に変動はないと思われますが、第3波の感染者数などの変動で、学校側も日程や会場を変更する可能性は大きいです。

不安になるかもしれませんが、今年の受験は、すでに中学受験を終えた我が家でもわかりにくいです。在校生でも、自分達の今後はどうなるかという不安を持っている子は多いです。

中学受験を控えている子供さんは、ちょうど多感な年頃ですから、心への影響は大きいことでしょう。

オンライン受験を検討している学校もあるので、学校側も今は混乱しているかと考えられます。

しかし、頑張って受験する子供さん達のことは裏切ることはないでしょうし、悲しい対応はしないはずです。それでも、ご自身達でできることはして、受験本番に備えておきましょう。

<追記:2020年11月26日>
東京方面の数校で、オンラインでのプレテストを実施したという報道がありました。ただし、不正受験が行われるのではないかとして、自粛する方向で動いています。

<詳しくはこちら>


感染者数の度合いでテスト方式や日程を変更する学校はでるものと考えられます。

「緊急非常事態を再度だすか」報道も出ています。学校側の対応次第で、ご家庭で考えていた受験日程や受験校変更などを考えなければいけません。

受験生の子供さんの気持ちは、学校は痛いほど理解しているはずですから、不利益にならないよう配慮はあるはずです。

ただ、入学試験ですから不正があってはいけません。2020年度の中学受験は、塾からの情報はもちろんですけれど、常に志望校の受験方法の変更には十分気をつけてください。

スポンサードリンク


にほんブログ村に参加しています。
気に入ったら、ポチッとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

b054a07f36f4cd5f2b872c9c6312afe0_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日は、首都圏及び大阪では「不要不急の外出を控えるように」という指示が出ています。我が子が、高校で使う教科書販売日でした。購入日変更はできないということで仕方なく外出したのですが、大阪は思ったより人が出ていたように思います。

さて、いつも中学受験や私立中学の様子などについて紹介をしていますが、学校側も情報が錯綜していて、落ち着かない状況です。

このブログは、中学受験準備期間から続けて約5年になります。ほぼこのブログ開設と同時に「WEBライター」の仕事をスタートさせました。今は体調不良や考えたいことがあって、休業をしています。

今こそお話できる「WEBライター」の仕事について、お話します。



今のWEBライターの現状について

今は新型ウイルスの影響などがあり、私の知るライターさんで「来月から仕事がかなり減る」「急に契約を打ち切られた」という方は結構多いです。

大手サイトでかなりの実績を持っている人でも、急激に減収になった方はいます。それでも、3月の収益は落ちずに次月契約継続や新規案件をもつ人もいます。

これから新しくライターになる方は、稼ぎにくいかもしれませんが、やり方次第で稼ぐことはできます。ただし、新型ウイルス不況はきそうですから、大元の会社が倒産すれば依頼を受けられなくなります。個人でサイト運営をしていて、クラウドソーシングを通じて依頼を受けることはありますが、継続して仕事を受けれないと思っておいた方がいいかもしれません。

現役で頑張っているライターさんは、お若い方や兼業(普段は会社員など)でされておいる方が多く、いよいよ「働き方改革」が進んでいます。問題になっているのは、

  • 報酬金額と作業量のバランスがおかしい(作業量が多すぎる)
  • 納品したのに報酬の未払い発生でクライアントと連絡が取れない
  • 契約書を交わしていなかった為に支払い問題の時に対抗できない
など、他にもトラブルはありますが、健全な取引先様とのお仕事で、自分自身の才能があれば、今からでもスタートできる仕事ではあります。

このブログを通じてお仕事をいただいたこともあります

9fcc63072948d39fc107bb56a4bea705_s

ライターの世界では、ブロガーからライターに転向された方は多いです。

私の知人でも最初は自分の身近に起きた話をブログにしていて、ある会社から見初められたことから、どんどん仕事が舞い込んでいる人もいます。

私自身、このブログの内容を見て、2社(名前は伏せさせていただきます)からお仕事のご依頼をいただいて、執筆させていただきました。

今は、中学受験や教育の記事執筆の条件が「塾講師や元教員」という条件がついているサイトが多いので、このブログからの依頼は最近なしです。

しかし、ライターを目指すのであれば、ブログは必須で「ポートフォリオ」として自分のブログの内容を見ていただいて、文章力や構成力の判断に使っていただけるので、ブログ運営は必須かと思います。

依頼主様は、グーグル検索で上位に上がってくることを希望されることが多いので、SEO対策ができる方は重宝されます。(SEO対策のツールはたくさんあるので、使いこなしている人は有利かと)

今から「ライターをしてみようかな」という方は、ブログ運営やnoteでの執筆活動を始めることをお勧めします。noteの記事は、誰でも閲覧できるので、大手メディア様の目に止まる場合があります。



ブログ運営は、ワードプレス を使うのがベストですけれど、サーバーレンタル代などを考えると最初から利用はもったいないかもしれません。

それなら、無料ブログを最初は利用して、PV数などがあがってきた時にワードプレス へ移行してもよいです。

年齢面でしんどい面もあるし、資格でアウトになることも

私が仕事でお付き合いさせていただいた方は、ほとんどが私より年下でした。編集担当の方も年下です。同じ年の方とご一緒できたのは、1社のみでした。

私は年齢面は気にせずに対等にお仕事をさせていただいていました。しかし、考え方が違うことが多く、次月で契約打ち切りになることが多かったように思います。

サイトのPV数稼ぎの為に、前職で禁止されていることを指示されたり、理不尽な指示が出て、いろんな提案をした末に契約解除になることもありました。もしくは、根拠のある数字からの記事やサイトの色とは違う記事を書くと掲載されないなど、真実と第3者からの目で書いた記事が日の目を見ないこともありました。

新しい仕事を探していても、今は資格や仕事の実績がないと応募ができなかったりと、年齢と資格で書ける記事が狭められているように感じます。

今はブロガーとして生きるか他の分野を開拓するか迷っています

今は、ライターとしての仕事は一旦休んでいます。依頼主様の内容通りに書いてもボツになることが増えて、徐々に自信がなくなっているので、休んでみてお気楽にこうしてブログを書いています。

しかし、ブロガーとしての報酬はありますが、徐々に減る傾向は出てくるかもしれません。今はどんな仕事に転向してもリスクはつきまとうので、模索中といったところです。

実家の父が昨年末に脳梗塞の一歩手前で緊急搬送されて、今も調子がすぐれない日があるので、目が離せません。そして、私自身も体調面で問題があるので、あまり体への負担がかからない分野の仕事を探しているところです。

今は、FP3級の資格(まだ履歴書には書けませんけれどね)を元に、教育費相談をココナラで受付たり、上の2級資格取得を目指している最中です。

いずれは簿記資格も取りたいので、ライターとしてはどうするかは考え中ですけれど、これから先やってみたいことは、決めています。

まとめとして

このブログは、最初は「はてなブログ」からスタートしたブログで、トラブルに巻き込まれた為にこちらに移動させました。

今は平穏無事で運営しているブログですが、トラブルに巻き込まれた経験があるからこそ、ライターでのトラブルにも対応できたと思います。私はこのブログと共に成長したような人間です。

今のWEBライター界は、入れ替わりが激しく長続きしている人が、ランクアップしています。そして新しい視点を持つライターさんも増えていますが、下克上であることは変わっていません。

休業している私が戻れる保証はないけれど、違う世界で頑張ってもよいかと思っています。もちろん、このブログは中学受験を目指すご家庭や私立校独自の悩みを持つご家庭向けに、情報発信はしていきます。

今回は、WEBライターとしてのお話でした。

スポンサードリンク


このページのトップヘ