google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:準備

2793579_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

しばらくの間、体調不良でおやすみをいただいていて、申し訳ないです。
我が子が通う学校(私立中高一貫校・大阪)では、秋の定番行事である体育祭と文化祭で対応が異なりました。

体育祭は、当初開催予定でしたが、今年度は中止。文化祭は高3の保護者のみ入校OKで、10月開催になりました。

高3の生徒さんは、体育祭で毎年行うものがあるのですが、取りやめになったので、文化祭で披露することになりました。

他の学年やクラブは企画を立てていますが、うちの子のクラスは特殊なコースで去年から実施している企画があります。

今年、見にいけないのが残念ですが、今年はコロナ禍の中でどう開催するかを少しだけご紹介します。



文化祭・体育祭を受験予定者が見にいけない学校が多い

5月もしくは9月開催が多い文化祭や体育祭ですが、今年はコロナの影響ですでに中止した学校があれば、規模を縮小して行っている学校と別れます。


我が子の学校はというと、体育祭も文化祭も保護者入場は認められていたのですが、大人数になることや、今年の夏は9月でも猛暑だったので、体育祭は中止としました。

文化祭も、「3密」になりやすいということから、保護者の入場は禁止、ただし高3生が体育祭で必ず踊るものがあるので、その披露だけでもと、高3の保護者の入場は認められました。

問題は、受験したい小4〜6年、特に6年生の子供さんが実際の文化祭や体育祭を見れなくて、本来の学校の姿を見れないのは残念ですね。

学校によっては、人数と学年限定で文化祭・体育祭の見学はできるので、学校のホームページで確認しながら、見学できるのなら申し込んでみてください。

生徒さんたちは必死で準備。制限ありでの開催だから。

生徒さんはというと、「3密」にならないようにと、換気やマスク着用のもとに勉強と学校行事の準備をしています。

私の子供は、高等部1年生ですが、特殊コースで専門企業さんの指導を受けながら、「企業探求」というプログラムで、文化祭に参加します。

去年ぐらいから始めているプログラムで、ざっくり(詳細はお教えできませんので)説明すると、チームを組んで「ひとつの会社」として資金調達をしながら、実際に商品を売るプログラムをします。

そして、チームの資金調達金額と商品の売上高などから総合評価をし、「実際に会社とはどういうことをしているか」を体感させるわけですね。

事前に、会社の資金運用などの授業は行うのですが、実際に生徒だけですると協力する子としない子が出てきて、まとめる生徒さんは大変だとか。

私の子供は、何やら大きな荷物を調達して、学校で部活もあるのに作業をして帰ってくるので、ヘトヘト状態です。中には、何もしない子がいるので喧嘩もあるようです。

最終的には、先生も協力してくださるようですし、お金も動いていますから問題を起こさないようにはしてくださいます。

しかし、ここでの貢献度はどこかで評価されるかもと思います。

受験生へのフォローとして......

ぼちぼち、入試説明会が本校で行われる時期に入るのではないかと思いますが、コロナの感染率では、オンラインになるものと思われます。

もしくは、先生から直にお話が聞きたいという親御さんの意見もあるので、文化祭・体育祭での個別相談会ができない分、出張説明会や私立合同説明会で入試相談を受け付ける学校は増えています。

合同説明会だと、他の学校との比較ができるのでよいかと思いますね。

意外と子供さんが希望していた学校ではなく、別の学校に魅力を感じて変更する可能性は高くなります。今の学力で「希望の学校は無理だ」と言われている子供さんにとって、合同説明会は「違う道を開く」世界を与えてくれるかもしれません。

まとめとして

今年は、何もかもがイレギュラーで、生徒さん達さえ様々な制限の中で、悲鳴を上げながら文化祭・体育祭の準備をしています。

中には両方とも中止になって、しょんぼりしている生徒さんのいる学校もあるでしょう。

修学旅行も中止になって、代替え案を出している学校はありますが、積立金問題が出ています。

我が子の学校は、文化祭だけでもできるというのはよいことだし、企業探求で売れ残ったものは、保護者向けにオンライン販売をしてくださるという話になりました。

勉強の為に、発送作業も行うということですので、予算会議を行うといった大人並みのことをするので、こういう体験をさせてくれる文化祭は、貴重かもしれません。

来年の冬、受験をする子供さんはそろそろ追い込みを開始する時期かと思いますが、来年の自分の姿を思い描きながら、勉強に励んでください。

スポンサードリンク

character_program
こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

2020年度の中学受験が終わりをつげ、新たな中学受験挑戦の子供たちが受験準備に入ろうとしているかと思います。

我が家の場合は、小4の5月からスタートしたので、本来は準備には遅いかもしれない組でしたが、なんとか今の学校に入学し、春からは上の高校へ進学します。

さて、毎年あるブログがGoogleからの注目を受けて、いつもこの時期には私も読んでいるブログがあります。

「中学受験をわらう」というサイトはご存知でしょうか?
このサイトは、これから中学受験に挑むご家庭にとっては耳が痛いかもしれないし、すでに中学受験を終わった方からすると、「それわかるわ」という意見と賛否両論が出ます。

このブログは一度は読んでおいた方がいいのでご紹介と、私が読んだ感想とご一緒に紹介します。
(「中学受験を笑う」の内容は転載・引用は全て禁止になっています)



関東圏の塾関連者かと思われるブログ「中学受験をわらう」

さて、紹介させていただくブログはこちらです。



ブログ管理人である「黒い講師」さんは、内容から関東圏の中学受験請負の講師の方であると思われます。

このブログは、私の子供が受験本番期にみつけたブログで今でも継続されています。
内容は転載や引用禁止となっていますので、ざっくりとしかお伝えできませんが、中学受験であたふたする子供や親御さんの様子から見た「中学受験への皮肉」ですね。

しかし、決して「黒い講師」さんがお伝えしていることは、非現実ではなく本当に実在しがちなことなので、中学受験を終了してもう3年経ってからなら「それはわかる!」と逆に共感してしまうのです。

我が家も同じことをしていたかもしれません。たぶん、このブログに登場する親御さんと同じ行動をしていたかもと思いますし、子供もそうしていたかもしれないと思えるから、続けて読んでしまいました。

このブログ、炎上の話は一切聞いたことはありません。陰で言われているのかというと、調べたところ一切なしです。

文句の付け所がないから、炎上しないのでしょう。

今の中学受験への批判と警鐘

ひと記事ひと記事が短編で、文句を言わせないようにしているという徹底ぶりは、ブログ運営者としても勉強させられる部分が多いです。

そのひと記事の内容の短さが、とても的を得ていて、反論のしようが全くありません。中学受験の業界にいるけれど、「子供や家庭に対し無理をさせて中学受験をさせる家庭」「ランクを下げなければ合格できない子の親からの注文内容」など、中学受験を含め、高校受験から大学受験まで通じる話なのに、中学受験だけがヒートアップする様子を、淡々と書いています。

中学受験は、私も思うのですが、子供の現状を見失って無理をさせてしまいがちな部分はあります。見失ってコントロール不能になってしまった家庭はさてどうなるか?

子供の学校でも、無理をしてランクが合わない学校、もしくは自分の望む世界ではない学校だと知った子は中1終了時で退学しています。

「黒い講師」さんは、過激な中学受験をさせた家庭がどうなるかを、面白おかしくは書いているものの、冷静な視点でとらえながら、更新しています。

嫌味なブログかもしれませんが、中学受験のいやらしい世界を見せつけたうえで「よく考えてみなよ」と警鐘を鳴らしているのかもしれませんね。
(勝手な考察ですが、たぶんそうでしょう)

中学受験は魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界

私の子供も、中学受験準備を始めた小4の5月の時点では「中学受験を諦めた方がいい」というぐらいの偏差値で、正直あきらめるつもりでした。

でも、子供本人が通ううちに「ちょっと頑張ってみたい」と言い出して、それから本格的に準備をスタートさせていきました。

時々、私がヒートアップして子供を叱りつけたことはありますし、なかなか成績が上がらず、先生と一緒に頭を抱えたり、さらに怒った時期もあります。

その後、いじめを受けていたと知ってから、塾にも相談しながら余裕で合格できる学校への変更も行い、本人の気持ちを確かめながらの合格でした。

学校に入学してから、様々な境遇の生徒さんを知りましたが、「デキる子」と「え?その成績で入れたの?」と不思議な子がいました。

無理のない中学受験というのは難しいかもしれませんが、子供の気持ちに添わずに、親の気持ちだけで走るのはとても危険です。

子供は親の姿をよくみていますから、後々うらまられることにもつながります。


まとめとして。いちどは読んで欲しい!

今回は「中学受験をわらう」からみた中学受験の世界をざっくりと紹介しました。

中学受験はよくテレビで取り上げられて、これから先は高校受験が消滅するのではないかとも言われるぐらいですが、よくみると大都市圏でしか加熱していないとわかります。

関東圏は特に中学受験に入れる熱量が違うので、私ですらも話を聞くだけでしんどくなります。

中学受験の熱量と現場講師の温度差の違いを、見事についてのが「中学受験をわらう」でしょう。

私自身もこのブログを読んで振り返りをした時に、いかに自分が恥ずかしいことをしたかを思い出させてくれました。

中学受験は、どんどん低年齢化が進んでいます。すると準備期間中に本番まで進めない子供さんは出てきますから、中学受験本も大切ですが、いちど「中学受験」とブログ検索をして、いろんな方の体験談を読むのもおすすめします。

スポンサードリンク


66df1b20.jpg


更新日:2017年12月15日
加筆・修正日:2018年12月8日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@kyusaiwaker23)です。
関西ではあと1ヶ月とわずか、関東は早いところであと1ヶ月半となってきているはず(2018年12月8日現在)
今年度は関西圏は1月19日が受験初日解禁日となっています。

親の私はその日1日(同日午後受験制も使ったからです)は、ずーっと食事以外は
保護者待機室で受験終了まで待っていましたし、合格発表日は嬉しかったけれど、
大変でした。

中学受験当日と合格発表でお母さんがやるべきことをざっくりとまとめましたので、
お母さんはよく読んでおいてね。(お父さんも)




当日は早めに学校へついておくこと

当日は大概寒いし、雪が降りやすい季節ですので電車が遅れるケースもあります。
前日までに受験日当日の天気予報は確認しておくこと。
そして、電車の事故で延着の場合は延着証明があれば、別室受験になりますが、
「遅れた」ということでパニックになります。

塾側からも「この時間にはきてくださいね」と先生から案内があって、
当日学校の門前で待ち合わせになり、励ましにきてくれます。
実はこの時間が学校についておくにはいい時間なので、なるべく先生との
待ち合わせタイムにはきておきましょう。

*超有名中学校の会場では、テレビや教育関係者の取材、塾の応援団も入るため、
学校によっては、学校前での塾の先生との待ち合わせなどを禁止している学校があります。
先生と待ち合わせをするときは、十分打ち合わせをしておくといいですよ

塾の応援団というのは、塾側も特定の有名校に生徒さんが大量に合格してほしいということで、講師の方々で手分けして、応援に駆けつけるというもので、子供のときも、運動場で同じ塾の子供達と集まることになっていましたが、小学校でのトラブルで、かなりナーバスになっていたので、担当の先生が、そっと決起大会にはさせないように、会場へ入れてくださいました。


持ち物は再チェック、コンパスや定規も使い慣れたものを!
最近は、お母さんが出願日に学校に願書を持ち込む学校が少なくなっていて、
「WEB出願」が主流になりつつあります。
関東でもようやく「WEB出願」導入をしている学校も増えつつあります。
*まだまだ特定日持ち込みか郵送のみしか受け付けないという学校はあります。
WEB出願導入校でも、紙ベースの願書受付と併用している学校はあります。

願書持ち込みの学校で、受験票がひとつの場合は、
お子さんが厳重に持っておく必要がありますが、
WEB出願の場合、受験番号は変わりませんが、複数出力は可能です。

万が一、お子さんに受験票を前日に渡していて、当日は受験会場には、
受験するお子さんしか入れません。
その時に受験票がないと会場にも入れないし、受験すらできません。

そこで、予備でお母さんが持っていた受験票が役にたちます。
写し込みではなく、きっちりとした写真を貼り付けないといけない学校も
ありますが、「忘れてしまうかも」という想定の中で、
もしWEB出願なら持っておきましょう。

それと、算数で、図形を書かせる学校も少なくありません。
その場合は、入試案内にコンパス・定規持参とは明記されていますが、
忘れた場合は、申し出をすれば学校のを貸してくれるケースがほとんどです。

ところが普段使っているものと違って困ってしまうケースがあるので、
忘れずに用意をしてあげてくださいね。


当日は心理的長期戦と思っておくべし!

当日、学校内に保護者の待機室を設けてくれる学校があれば、そこで待たせてもらえますが、
同じ塾で知り合って、他校の受験も一緒になっているお母さん軍団も少なくありません。

最近はSNSで友達になって、同じ受験校であるとわかるお母さん同士が当日の打ち合わせを始めているということも出始めています。(見知らぬ匿名性のあるSNSでの繋がりは危険だと思うのですが、2年前と事情が変わっています)

私の場合は、個別指導でしたし、お母さん同士が出会う会もなく、塾での懇談会は個別で日時指定がありましたから、「塾のお母さん仲間」というものはありませんでした。

入試説明会でも、グループになっているお母さんは見かけたのですが
後日合格発表の時に恐ろしい光景は見たことがあります。

一人で待機しておく方が楽といえば楽です。

しかし、お仲間同士で喋っているのはすごく心理的にきついので、
スマホに音楽を入れておいて聞いておくか、本を大量に持ち込んで
読んでおくこともいいです。

学校内で待たせてもらえない場合は、近所の喫茶店や百貨店などになりますよね。
複数校受験の場合、その日の午前中に会ったお母さんに遭遇することや、
翌日の受験校で、また別のお母さんと遭遇するというケースはあります。

そして、同日で2校受験する場合は、移動だけでも疲れてしまいますので、
複数校を受験するときは、お母さん一人で頑張らずにお父さんにも協力をしてもらえるなら、
協力をお願いしましょう。

合否発表は必ず自分の足で見に行くこと!

学校にもよりますが、学校内の掲示板発表の予定時間より1〜2時間前に
ネットで合格者発表をする学校はあります。

最近の傾向としては、ネットでの合否発表を控えるか時間をずらせる学校が増えています。

塾でも教え子の受験番号で合否確認をしたいので、親御さんからのアクセスと重なって、サーバーに負荷が、システム障害が出て見れないというケースがあるからです。


子供の受験時(2年前)ネットで先に見れるということでアクセスすると全くダメで、もし合格して入ればその日中に所定の時間内で、入学金を納金しないと合格取り消しでしたから、すぐに学校へ行って、合否確認をしました。

最近は、ネット発表を行わないもしくは、掲示板発表の1時間後の特定時間しか解放をしないという学校が増えています。

もし合格であれば、その日のうちに入学金や設備費など諸費用を入金をしなければいけない学校があります。必ず合否確認は、自分の足で見に行きましょう。

複数受験をしている場合は、家族総動員になりますが必ずご自身の目で確認してください。
そして、お世話になった塾への報告もお忘れなく。

*一部の学校では、掲示板発表と同時に合否結果を郵送する学校もありますので、入試要項は必ず確認してください。

まとめに

我が家の場合は、1校ピンポイントで複数コース受験でした。
午後に受験したコースは、結局ダメで回し合格として、その日の午前中に受験したコースに合格となりました。

塾へ報告の電話を入れた際は、「ネット発表が見れなくて困っていたので、合格の声を聞けてよかったー!」と喜んでいらっしゃいました。

合格していれば、その日のうちに事務所での入学金を納付となっていたので、確実に合否を見れる学校の掲示板発表をおすすめします。(それよりも、ネット発表を行わない場合は、学校へ出向くしか方法はありません)

合格は嬉しいけれど、志望校に受からなかった親子や希望のコースとは違うコースで合格した親子で、とんでもないシーンを見たり、親同士の醜い喧嘩もありました。

中学受験は、普通の受験とはまた違った世界だということは覚えておいてくださいね。




このページのトップヘ