google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:支援制度

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

早いところでは、すでに中学受験が始まっている学校はあるでしょう。ネットニュースをみていても、関東方面の出願数や倍率が出ていますね。

今年の受験は、コロナの感染が広がっている中で、不安な気持ちを持ちながらも、実力をだしていかなkればならないプレッシャーとの戦いだと思います。

12月に受験した学校が本命ならばいいけれど、関西方面では1月中旬、関東の超有名校なら2月と、中学受験で忙しいご家庭はあることでしょう。

先日、1月請求分の請求書をSNSに投稿したものをご覧になった方はいらっしゃるかと思います。

おそらく有名中学受験専門塾でも、ハイレベルクラスに入れているお母さんの中には「このままお財布が足りるだろうか?」と心配している方はいませんか?

私は、12月に焦りましたが、なんとか私の中での予算で子供を志望校に合格させました。問題は、入学後の学費です。

自分が私立高校出身者なので、当時の学費を後日教えてもらってから「自分の子供にはしっかり貯金はしておかなければ」と考えた次第です。

では、合格してからはどのぐらい費用がかかるか?ちょっとみてみましょう?



入学金と寄付金。入学金は収めなければ合格と認められない。

入試説明会の資料にも入っているはずですが、合格ならば、入学するかは別にして入学金(平均20万円)を学校に納めなければ、合格と認められません。

もし、多数受けているなら、滑り止めの為にと合格した学校に入学金の納めておく必要はありますよね。
全てとはいいませんが、確実に20万円以上入学金を用意しておく必要はあります。

同時に、「任意」と断り書きがあっても、学校から寄付金のお願いと称するものがきます。

「任意」と出てますが、これは必ずしておいた方がいいです。

子供さん入学後に、個人的に何かあった時のお守りともなりません。

しかし、学校運営で困った時の資金にもなります。学校によっては「学校債」を発行して、卒業時に元金を返金してくれるところもあります。

※最近では「学校債」を発行しないところや、元金返金を行わないところは稀にあるので、説明は聞いておいてくださいね。

制服代金や教科書代、学校制定品のお金はしっかりありますか?

最近では、制服代金が異常に高い学校があり、我が子も中学は安かったのですが、高校部進学してから、制服が変わった為、予測していなかった「制服代金」が発生しました。冬夏と別々での請求でしたが、冬だけで10万円近くかかりました。

制服不要・制定品特になしという学校は、昔からありましたが、最近はどんどん制服や制定品をなくしている学校は多いです。

制服や制定品だけで20万円いく学校さえあります。LGBTへの配慮から、制服のバリエーションが豊富な学校はありますが、全て買わなければいけないってものもあるので、販売の方とお金とよく相談して購入してくださいね。

教科書については、コース制を組んでいる学校なら、教科書の中身が変わってきます。医学・薬学コースの生徒さんなら、近い将来「赤チャージ」を教科書代わりにするところはあります。

もしくは学校独自の教科書を導入している学校はありますが、だいたい平均として2万円前後。さらに、ICT教育を導入している学校なら、iPadなどのタブレット端末が購入かレンタルかわかれてきます。

タブレット端末については、学校が一括購入してからの請求となります。入学したてはまだ使わせないので、後日説明会が開かれた場合は、よく費用などは聞いて、不明なところは聞いておきましょう。


え?!私立の中学生には、授業料減免制度ってないの?

私立高校生への授業料部分のみの減免措置(無償化ともいう)はありますが、私立中学へ通学する子供さんへの授業料支援制度はありません。

平成29年から令和3年度まで実施としている私立小中学校等に通う児童生徒への経済的支援に関する実証事業」が行われていますが、あっさり書くと「年収400万円未満の世帯が対象」で、申請すれば年間10万円の援助を受けられます。



我が家も中学時代配られましたが、誰も対象者にはなりません。

世帯の年収面で、私立中学に入学している子が誰も対象には当てはまりにくいこと、そして申請の際にアンケートに応じなければいけないのですが、その内容が問題かと思います。

「いじめが原因か?」という質問には、誰も答えにくいのではないでしょうか?
いじめが原因で、不登校時代を過ごした子には、どんなに対象世帯であっても、答えたくない質問です。

私立高校の授業料減免には、このようなアンケートはつきません。

これからコロナ禍で学費をどう確保するか?よく考えておきましょう

子供の学校では、もちろん富裕層の子供さんはいますし、我が家のようなサラリーマン家庭はもちろんいます。(なぜ我が家のようなサラリーマン家庭でも中学から私立に通わせられたかは後日解説)

私立学校というと、海外への語学研修旅行はありますし、海外留学制度もあります。今はどこの国も国境封鎖の為、留学はできません。しかし、国境封鎖が解除されて安全確認が取れれば、留学制度などは開放されます。

中学時代の授業料を今振り返れば、入学金・寄付金などの費用を省けば、1年間の学費(授業料や諸費用は含む)で約90万円でした。多分、高い金額設定の学校です。

今、学校でも世帯でコロナの影響で、学費の支払いが難しくなっている家庭への貸付制度の案内や、学校本部からの貸付制度の案内がきています。

払えないとなると、若干の猶予期間はあります。もうはっきり払えないとわかれば、退学処分になるので、今中学受験で苦しい時ですが、将来の金額は計算しておきましょう。

これは、現在FP3級保持者の私だからできる話(次は2級とAFP®︎を完全合格させます)ですが、教育費をおじいさまやおばあさまから、歴年贈与(年間110万円)を受けるのではなく、銀行で手続きをして「教育に使うのなら非課税にしますよ」という制度もあります。




取扱銀行はたくさんあるので、手続きがしやすくサポート力もある銀行で開設してもよいかと思います。デメリットな面もありますが、銀行からの説明を十分聞いて、申し込んでくださいね。


スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ってくだされば、ぽちっとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

66582fbf053f0b2bbe1102f13dabcf2f_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

4月に入り、新型肺炎ウイルスでいつ学校が始まるかが議論になっています。急激に増え始める兆候が見られるためで、入学式や新学期がかなり遅くなる可能性がありますね。

オンライン授業の導入も検討されていますが、その影で、新聞もしくはネットニュースでこの記事を見た方はいらっしゃいますか?



娘さんと息子さん二人とも発達障害で、息子さんの中学受験のツイートから連載が始まっています。

実は、発達障害がある子や「グレーゾーン」と言われている子が中学受験を目指したり、実際に受験し合格していることはあります。

私の幼なじみに発達障害と付き合いながら、立派な仕事をしている人はいますし、子供の友人にも発達障害でありながら、素晴らしい才能を持っている子はいます。

残念なことに、才能は認められて「学校においでよ」と言われても、家族から辞退しているケースはありますし、大人になって「こういうことが怖い」とせっかくの才能を封印しているケースはあります。

読んでいて、何か大人の世界で利用されたという感覚はあります。私自身、最近になり知ったこともあるので、紹介しますね。


記事となったご家族の事情

今回、紹介されたご家族はお母さんと息子さんの中学受験についてです。しかも、発達障害でADHD(注意欠陥・多動性障害)で、集中力が途切れて気が散りやすいという障害です。

娘さんも同じ発達障害で、中学受験をさせても公立中学一貫校へ進学しています。お母さんはシングルマザーですが、娘さんも息子さんも中学受験をさせています。

経済的余裕の問題から、娘さんは専門塾に通わず公立一貫校へ進学。息子さんの場合は、算数で非常に素晴らしい才能があったので、数学オリンピックの常連校でもある灘中への進学を決めました。

誰でも、中学受験専門塾の費用には参りそうになって、私も子供の受験時にお金で結構悩みました。

しかし、紹介されている息子さんについては、特待生制度がある塾をみつけて、条件つきで特待生として入塾しました。その条件は「灘中を受験すること」が条件でした。

塾内での成績がよく、灘中模試などでも好成績をあげていたので、塾へ支払うお金は困らなかったと思います。しかし、通塾する費用面、もし灘中に合格してからも通学できるのかという問題が出ました。

合格はできましたが、入学後の金銭面や発達障害特有の行動に対応できるかの問題で、入学を辞退。その後、塾側から東京・開成中などの受験の指示は出ましたが、結局は公立中高一貫校へ合格し、進学が決まりました。

学校側からも十分なサポートをすることや、事情を知った方からのクラウドファウンディングの申し出はありましたが、母子家庭にのしかかる金銭支援の壁(クラファンから得たお金を使えば、母子家庭の公的支援停止など)で、諦めるしかないと判断して、新しい道へ進むことになりました。

私自身も理解するのに時間がかかる発達障害とお金の問題

発達障害といっても、いろいろとタイプがあって、紹介された息子さんは受動型の自閉症スペクトラムを持っていると診断を受けているという話です。

おとなしいタイプの子も入れば、急に怒り出して暴れるタイプの子もいます。私の知っている子も、おとなしい子はいましたけれど、ちょっとしたことで怒って大変でした。

お母さんが心配されたのは、おとなしいタイプでは精神的負担がかかりやすく、二次障害が出ると学校へ通うこともしんどいと話されています。

学校側にも話をして、十分な配慮をしてくださることは約束していただけたようですが、いろんなご家庭の子がくるので、周りの生徒さんが息子さんのことを十分理解していただけるのかと思いました。

そして、記事でも書いていらっしゃいますが、母子家庭なので国や自治体からの援助を受けて生活をしています。

もし、灘中へ合格して通学させていると、国からの低所得者向けの支援金(10万円)は出ますが、クラファンを受け取っていたりすれば、クランファンは課税扱いになり、国からの支援金も受け取れない。そして、母子家庭への援助も打ち切られてしまう。

様々な金銭問題から、私立中学への進学はやめて、公立中高一貫校を受験し合格しています。

少し疑問に思ったのは、母子家庭でもお母さんがかなり稼いでいる方で、子供さんを中学受験させて、入学している子はいます。しかし、今回ご紹介した方は、塾さえも通わせるのは難しく、実際は通学さえも難しい状況ではなかったのかと思います。

子供さんに希望を持たせることはいいことです。実際に学祭にも行かれていたとの話なので、子供さんの夢を叶えてやりたいと、受験前は気持ちがあがっていたと思います。

現実はというと厳しくて、支援があっても今度は国や自治体からの助成金を打ち切られると、どっちをとるべきなのかと。

子供さんの才能を伸ばす為にと、有名な学校へ通わせるというのはよいかと思います。しかし、子供さんの特別な障害と金銭面から考えれば、つらくて悲しい話かなと思います。

発達障害の子供さんで才能ある子をどう開花させるべきか?

学校側が受け入れ可能としても、金銭面と学校側で「どこまで対応ができるか」がキーポイントと思います。

金銭面でいえば、学校側でも特待生制度があれば、中高6年間授業料免除になります。しかし、設備費などの諸費用は納付しなければいけませんし、交通費もばかにはできません。私どもの家庭でも諸費用や交通費は悩みの種です。

学校側もフォローはできると思いますが、特殊な子に対してどう接していくべきかのスペシャリスト的な先生がいらっしゃれば、大きな問題にはなりません。しかし、慣れていない場合は、せっかく入学できても対応できなければ、せっかく持っている才能を潰しかねません。

私の幼なじみや友人の子供さんに、特殊な才能を持つ子はいましたが、理解されずに支援学校へと行った子はいます。その後、大人になってから立派な職業についている方もいます。しかし、様々な制限があり、車の運転は控えています。

今回紹介した記事で対応しているお母さんは、今後連載をするとのことですので、発達障害を持つ子とどう向き合うかを執筆されますが、私としては、親と子の関わり合い、そして周りがどう支援したりしていくかで、発達障害をもつ子供さんの才能を生かすも殺すもあると思います。

個別での障害の違いがあるので、統一した結論は出せませんが、個別に対応していく必要があるのではないかと思います。

私も、今回この記事をあげる前に、当初は悩みましたが、中学受験の傾向が徐々変化していて、不登校の子が新しい環境下で勉強したいと受験しています。発達障害についても、今後は私立校での課題になると思われますので、私も今回のお母さんの記事を継続して読んで、私立校のあり方を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク


1f3c7b0f1cdaaf550007ab5eec8759e7_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

5月は何かと出費が多い時期で、私立中高一貫校へ入学されているご家庭にとっては、第1期の学費納付が多いと思われます。

我が子の学校は、今月のお給料日(5月24日)が、第1期納付日となっていて、すでに用意しています。

学校によって、4期分納か3期分納かになりますが、中学受験のために費やしたお金もありますけれど、それから先のお金について考えていますか?

学資保険などですでに対応されている方は多いと思いますが、最近の教育費事情から考えると、親が思うよりもっとお金が必要になるのではという計算が出ています。

国が新制度をとるかはまだ未定ですが、今のうちにできることを紹介していきます。



中学受験から入学後の費用を考えると恐ろしい金額に!

975318aebb2113ddbe9fdde92491eae8_s

文科省が行なった「平成28年度学習費調査」によると、幼稚園から高校まで私立へ通わせた場合、約1,
770万円必要という結果が出ています。

関連記事:文部科学省「平成28年度子供の学習費調査の結果について」

中学から高校の間、塾代や部活費用、習い事が入ってきますよね。部活費用だけで、初期費用として約10万円かかるところもあります(例えば、剣道部の道具フルセット購入をすると、10万円以上必要とも言われています)

大学受験になれば、予備校に通う必要も出てきますし、受験時に受験料だけでも1校20万かかるということがあります。入学金や授業料・施設料を考慮していくと、日本政策金融公庫のデータでは、最低でも500万円は必要と言われています。

関西圏の中学受験事情でいけば、我が子の時は、塾代と入試代のみで計算してみると、約100万円使ったことになりますが、計画を立ててためていたので、救われました。

しかし、中学の入学金に20万円、寄付金に10万円、授業料や制服代で初期費用としては、100万円以上使い、中2、中3には、それぞれ約90万円ほどお支払いすることになります。

関東圏の中学受験事情を最近知った時、受験する学校数の多さに驚き、関西圏なら最高4校と言われているところが、最大10校受験して、それぞれ試験料や入学金を支払っているので、びっくりするような金額を費やしているという計算になります。

教育費の貯め方は、それぞれ。学資保険も一つの手だけれど気をつけたいこと

子どもさんが生まれるという時に、まず「学資保険」を検討された方は多いと思います。実は、我が家に子供が生まれた14年前は、学資保険はかけることすら大変で、あきらめる方が多い時代でした。

私も妊娠期間中に、ゆうちょさんや保険会社に資料を送ってもらって、説明を受けたのですが、保険者となる主人の年齢が31歳でかけるとして、10歳で保険料支払い完了とし、18歳から学費支払い開始タイプで見積もってもらうと、「保険料:毎月払いで平均5万円」の世界で、途中で解約した時の解約返戻金も、基準値ん100%を切るというものでした。

今、学資保険が見直しされて、かけやすくなってきているものの、仕事の都合で、学資保険の資料を探しに行った時、「保険の窓口」などのショッピングセンターにある保険相談のお店に行くと、「学資保険」の資料は全てなくなっていました。

事情を聞くと、お客さんも勉強していて、「返戻率が低いなら」ということで契約に至らないケースが多いために、表に出さないようにしていました。これは完全な誤解でもあるのですが、返戻率は学資保険を途中で解約した時に、支払った保険料からどれぐらい戻ってくるかという「銀行でいうところの利率」です。

基準値は100%ですが、会社ごとに調べると、96%を切る保険もありました。

銀行金利に変換すると、小数点第1の利率にはなるのですが、各会社の資料を読み込むと、どの保険がまだ救いのある保険かということは見えてきます。

また5月に入ってから、学資保険のパンフ設置が戻りましたが、子どもの加入年齢が10歳から5歳までに変更している保険会社もあれば、大手保険会社の場合は、育英年金や育児相談サービスなどの不可価値をつけることで、加入率をあげようとする傾向も見受けられます。

ただし、保険に入るかどうかといえば、家計面と保険者(お父さんかお母さん)の年齢次第で、保険料が変わってくるので、毎月支払えるのかというのを考えてから、加入してもいいかもしれません。加入しても、途中で絶対解約しないということなら、今の学資保険は、入ってもいいかもしれません。

年払いは一部支払いもあります。これを使うと保険料は月払いに変換すると、安くはなりますが、固定資産税や自動車税、住宅ローンなどのローン系を持っていると、大きな支払いを支払い満了期間まで続けることになるので、痛いところではありますが、毎月支払いの方が安全ということになります。


子ども手当を子ども名義の口座に貯めておくことは?

我が家は、家計から払える金額ではなかったので、子ども手当の支給開始が始まった時に、子ども名義の口座をゆうちょで作って、そこへ貯金するという方法をとりました。

ただ、銀行に子供名義の口座を作った時、意外と便利な面はありますが子供の年齢があがると、親と言えども、口座名義は子供で、本人しか手続きが取れないということがあるので、委任状などが必要になることはあります。

ゆうちょ銀行の場合は、未成年者の子どもの定期口座解約には、親の身分証明書のみで構わないとのことでしたが、成人年齢が18歳となると、親が学費のために定期保険の解約ができなくなります。

そして、100万円以上保有残高が出てきた時からが要注意です。

親が子どものために作った口座になるのですが、親が子どものために使うということで、金額によっては、「贈与税」と見なされるケースがあります。

最近はマイナンバーカードで、お金の動きがわかりやすくなったとも言われるので、親が子どもの口座からお金を引き出す時は、少し注意は必要です。

めんどくさい制度面から考えると、子ども名義口座を作るのは、成人になってから十分で、それまでは、親名義で、教育費専用の口座をどこかで開設して貯蓄するというのもいいかもしれません。

投資系で貯めるというのは?

投資系で貯めるというと、株やNISAということになります。(NISAは非課税枠があるので、投資信託をするのなら、NISAの口座を開けることをオススメします)
ですが、教育費のために、投資系でお金を貯めるというのは、私個人としてはあまりオススメはしません。

私は、実験的というのもありますが、「単元未満株」と「つみたてNISA」で少額運用していますが、つみたてNISAは投資信託ですから、どういう運用を行うかで大損をするか徳をするかに分かれます。

私は、バランス型で運用していて、毎月5000円(始めた時は3000円)で運用していますが、世界政治や経済で、いきなり大きく損をするという場合もあります。

株も良いのですが、投資信託と同様に世界的な問題、国内の問題で乱高下をしやすいので、本格的な株運用で、子どもさんの学資確保をするのは、オススメできません。

もし「どうしても株でやってみたい」とお考えの方は、「単元未満株」で自分の好きな株を買ってみて、運用の勉強をしてみてください。
その運用利益から、本格的な株で、四季報を読んでみて良株を見つけて、買ってみるというのもひとつの手です。

今のところ、個人の意見としては、「単元未満株」と「つみたてNISA」の2本立て運用はオススメしています。

「ちょっと株式は苦手」という方は、銀行や信用金庫が扱う「積立貯金」で金利が低くてもコツコツ貯めて行くとよいでしょう。


総合してみると、コツコツ計画的に貯めることが大切

最近は、女性も働かないと家計が大変ということで、「共働き家庭」が増えました。

私立の中高一貫校でも共働き家庭のおうちは意外と多いです。保護者会で知り合いになった方も、働きに行かれているということで、いろいろとお話をお伺いすることができました。

みなさん、こつこつとそれぞれの方法で貯めるようにしていますが、これから先、国が発表する支援制度がどうなるかということが注目です。
先に「幼児教育の無償化」がほぼ決定になりそうなのですが、保育園に入れなかったお子さんのことを考えると、高校・大学進学費用の支援制度を優先するべきだったのではと思います。

まだどうなるかはわかりませんが、いまのところはコツコツと貯めるという方向で、しのいでいきましょう。

スポンサードリンク

このページのトップヘ