google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:対策

3506463_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう入試説明会やプレテストの申し込みをして、資料を読んだりプレテスト対策で忙しいご家庭は多いと思います。

うちの子も、高等部からの応援として、中学受験生向け入試説明会のお手伝いに入ることになりました。

さて、いつも中学受験シーズンは風邪やインフルエンザシーズンですが、今年はさらに気をつけておきたいことがあります。

すでに確認済みの方もいらっしゃると思いますが、「それは知らなかった」という方もいらっしゃるので、念のための確認も含めお読み下さい。



インフルエンザワクチンの接種条件は調べておきましょう

今年は、コロナ対策をしながらの中学受験になります。現時点(2020年10月13日)では、コロナワクチンの開発は、海外の一社で治験が中止になったという報道がありました。

コロナワクチンができるのにまだ時間はかかるのですが、まず中学受験シーズンに怖いのが「インフルエンザ」ですよね?

インフレンザワクチンは、すでに報道されていますが、65歳以上の方の接種が10月1日からスタートしていて、10月26日から基礎疾患がある人・妊婦さんを最優先にしながらも一般の方の接種が開始されます。

我が家が中学受験にチャレンジした2017年度は、家族全員かかりつけの病院で予約なしでも接種できました。

ところが、今年は病院によっては事前予約が必要だったり、前年度に接種した人の分しか受け付けないという病院があります。

去年、我が家は夫が仕事で謀殺されて、ワクチン接種をするタイミングを逃してしまいました。その為に、毎年接種をしていた病院に確認したところ、「今年は打てない」と夫の分だけは拒否になりました。
別の病院で接種予約ができたのでよかったのですが、病院によってはワクチン確保の為に、厳しい対応をしている病院があります。

そして、子供さんへの接種回数も1回に変更されています。

10月26日はかなり混み合ったり、混乱するかと思われますが、接種後の抗体がつく期間を考えると、受付初日より少しずらしてもよいかもしれません。接種前に必ずかかりつけ医に問い合わせて、インフルエンザワクチンが打てるかなど確認の上、接種をしてくださいね。

コロナ対策はどうすればいいの?

今のところ、コロナ対策については、3密を避けることやマスクの着用、手洗い・消毒が大事です。

しかし、たまに子供さんや大人で、混んでいる場所なのに、マスクをつけていない人を多く見かけます。
注意するにも、逆に怖い目にあうかもしれないので、自衛するしかないです。

マスク着用は、感染予防というよりも他人に移さないという効果もあるので、特に過敏障害などでマスクが付けれない子以外はマスクは必ずつけて登下校や塾通いはしましょうね。

過敏障害と紹介しましたが、まれに口周りなどに何かをつけるのが苦手だったり怖がったり、肌がかぶれる子供さんがいます。事情を説明すれば特別対応になりますが、受験時に学校がどのように判断するかですね。

もし、マスクをつけるのが苦手な子供さんの場合は、事前に受験校に相談して対策を相談してみてください。学校側も理解はしてくださいますし、受験できるように対策はしてくださいます。

今年の中学受験は、大人の国家資格試験と同じくらい、コロナについて過敏な対応をすると思われるので、学校からの指示は必ず守るようにしてください。

コロナやインフルを考えて、受験前に学校を休ませてもいいのでしょうか?

毎年「インフルエンザ感染が怖いから、本番前に学校へいかせてもいいか」というご質問をいただくのですが、本来なら「ギリギリまで通わせた方がいい」とお答えしています。

受験前になると、親も子供も受験モードでピリピリするし、インフルエンザや風邪対策でご家庭でいさせる方は多いです。

我が家は、いじめ問題があったので、受験前は家で勉強し、塾にも普通に通っていました。他の子供さんは、前日まで学校や塾に通ったという子はいるし、1週間前から休んだという子供さんもいます。

小学校としてはきて欲しいけれど、中学受験が盛んな地域では、止めることなく休みを認めている学校はあります。

今年は、コロナ感染を恐れて自主休校している小学生の子供さんがいると一部報道がありました。その中に中学受験組の子供さんが含まれている可能性はありますが、なるべくなら、子供さんの安心できる環境について、子供さんから意見を聞きながら学校にいくかを、学校との話し合いの上で対応してはどうかと思います。

今年ばかりは、「これでいきましょう」というのが、なかなか難しいですね。

今年は異例づくしですが、体調管理は大切に

今年の中学受験は、コロナとインフルエンザと風邪の3大対策が必要ですよね。とても親御さんは心配だし、子供さんも不安だと思います。

日頃からスタミナをつけて、3密を避けて、手洗い・消毒さえしていれば、最低限の対策はできています。あとは、インフルエンザワクチンを接種しておくことぐらいでしょうか?

ただ、インフルエンザワクチンを打っても、その年に流行る型とワクチンの相性の問題があるので、完全に防げるとは言い切れません。

今年は、大変な年ですが、きっと乗り切れば後から「こんなことあったよね」という笑い話になるし、今後の自信に繋がります。

きっと大丈夫と信じて、体調管理に気をつけて、頑張ってくださいね。

スポンサードリンク


juken_sleep_inemuri_woman

こんにちは。「ぺんぺんの知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

12月下旬となって、中学受験をするお子さんは、受験校の過去問題集を解くか、過去に行なったテストの振り返りを行なっている頃ですよね?

出願もWEB出願で済ませられる学校もあれば、紙ベースでの出願校と様々ですが、全ての日程管理は親御さんということになります。同時に、本番までの健康管理やメンタル管理も親御さんのもとで行うことになります。

さて、いろいろと親御さんでできることや、「ちょっとそれはやめておいた方がいいよ」という話を簡単に紹介していきます。



ぼちぼちと朝方リズムに変えていく

塾では追い込みが始まっていて、塾弁を持って通っているお子さんは多いでしょう。
帰宅時間が遅くなって、帰宅後に学校の宿題や塾の宿題、受験校対策の勉強を今まで続けてきたはずです。

冬休みに入れば、特別講習会への参加は必須になりますが、受験本番は朝、そう午前中です!
生活リズムは今は夜型モードになっていますが、頭の回転の時間帯を朝型に変えていくには時間がかかります。

夜3時までおきててへっちゃらという子でも、ぼちぼち本番が2月である関東圏のお子さんでも、午前中に頭が動くよう、なるべく早めに寝かせるというクセづけをしていきましょう。

過去問や今までのミニテストの振り返りは親は見守るのみ

集団指導の塾では、志望校や偏差値順でクラス分けをしているはずなので、過去問をするのは、個人で行うことになりますよね。

今までのミニテストの振り返りをすることはいいことですし、過去問を解き始めるのなら、今が最適な時期です。
しかし、過去問をすることやミニテストの振り返りについては、お母さんは特に手を出す必要もスケジュリングをする必要はないです。
かえって、グダグダいうと、神経質になっている子供さんにとっては、逆にストレスを与えます。

家でお母さんが予定を立てたいということであれば、必ず塾の先生と相談の上、勉強スケジュールをお子さんと話し合って決めてください。

<我が家の例>
個別指導(2対1)だったのと、志望校の出題傾向に詳しい先生が担当になったおかげで、過去問は数回しか使わず、ミニテストについては、過去に出したテストで、正答率が悪かったものを、再編成して、新しい内容で出題してくださいました。

過去問は、家ではさせず、基本と応用の繰り返しをメインにしていました。

受験日が1月14日で、今の時期(12月18日)を振り返ると、朝型モードにするために、12時には寝かせました。

受験校の出題傾向は、実は塾側は把握しています

最近のSNS内で「入試傾向や入試日など情報共有しましょう」という傾向があります。

実は、塾側でほとんどの私立中学校の入試問題の主題傾向は把握しています。
塾向けの説明会を行う学校はありますし、過去問本から対策を取ることができることもありますし、先生同士で情報共有をしているので、受験校の出題傾向は把握しています。

入試説明会もしくは学校見学会で、前年度の過去問題集をもらえる学校があって、塾側で念のために市販の過去問題集との照らし合わせは行われて、出題傾向が同じかどうかを確認した上で、受験するお子さんに応じた指導は行なっているはずです。

冬季講習や特別講習で、受験校対策はかなり行われますし、先生方でも予測は行います。
塾が特定のお母さんに情報を提供して、SNSで拡散させるように仕向けているところもありますが、お母さん同士の情報で、誤報が混じっているケースを見かけました。

一番確実なのは、塾が把握している情報と、入試説明会での情報。
この2つでしょう。

家でどのように取り組めばいいかは、塾側がお母さんに伝えることもあれば、お子さんに指示を出していることもあるので、お母さん側としては、勝手に予測を立てないということと、解き方を知っていても教えないということに徹しましょう。

絶対に他のお子さんと比較しない。

この時期にやってしまいがちなのは、「〇〇ちゃんは、もっと頑張ってるよ」「あの子に負けちゃダメ」とお子さんと他のお子さんとで比較して、お子さんに叱咤することです。

比較されることは、お子さんにとって、今受験勉強を頑張っているのに、さらに頑張らなければならないのかと、ストレスを与えるだけです。

もう、十分頑張って、乗り切ろうとしているので、そっとしておいてあげましょう。


まとめとして

我が家の時は、SNSを活用するということは一切ありませんでしたが、今年になって急激にSNSを利用した情報共有が広がっています。

特に関東圏の受験情報が出回っています。

すでに、やってはいけないことや、個人情報ダダ漏れになっているアカウントも見かけました。

受験情報や出題傾向については、塾側で分析して、それぞれの生徒さんに指導しているので、あまり親がでしゃばるのもいけないと、経験者は見ています。

入学以降、どこでどうつながっていくかはわかりませんが、今は塾からもらえる情報はご自身で取捨選択をしていくことも大事ながら、あまり拡散させないというのも大切です。

スポンサードリンク


d3fff864.jpg

どうも、ペンペンです。

昨日ぐらいから、妙にアクセス数が多いなぁと気にはしていましたが、
ログを見ていると、中学受験情報かと観察していました。

ところがどっこい。今朝、自分のスマホに入れている
Googleアドセンスの収益情報が見れるアプリで確認すると、
異常な収益が入っていたので、びっくりしました。

娘が用事ででかけたので、送り出してから、
ブログのアクセス数などを分析した結果、
PV数に対して、収益に異常な差が出ていることに気がつきました。

「もしかすると、アドセンス潰しか」ということで、
Googleには報告をあげましたが、アドセンス潰し(アドセンス狩り)
について、過去に紹介はしていますが、もう一度、
おさらいということで、アドセンス潰しに合わないというか、
アドセンス潰し防止策をあらためて紹介していきますので、
ぜひ参考にしてください。

アドセンス潰しってなに?

Googleアドセンスの審査を出す時に、Googleアドセンスの審査画面から
第一審査がわりにGoogle側から広告コードをもらいます。

広告コードをheadに埋め込んでから、早くて3日で審査が無事通れば、
広告配信がスタートして、クリックしてもらうことで、
収益が出るのが、Googleアドセンスです。

自分の広告コードを、他人が貼り付ける行為、自分のサイトに貼り付けた
広告に対して連打する行為、Googleアドセンスの規約から外れると
みなされた行為をする
と、即刻配信停止になり、再審査すらしてもらえません。
最悪ブラックリスト行きです。

私自身は、毎日ブログに装備されているアクセス状況を見てみて、アドセンスの収益は、
スマホアプリであるので、数日に一度は確認しています。
Googleアナリティクスも併用しています。
生ログも取れるので、確認はしています。

PV数が少ないのに、異常に収益が上がっているというのは、
他人が広告コードを盗んでいるなどが考えられるので、
Googleから警告や配信停止になる前に、対策はとっておきましょう。


アドセンスの画面でやっておくべきこと

自分のアドセンスの管理画面で、自分がアドセンスを使っているサイトを
指定します。

BlogPaint


今この段階では、サイトが有効であるということになりますので、次に
サイトの一覧の上に「:」とマークがあるのですが、
そこをクリックしてみてください。すると、下のような画面が出てきます。

ahrafr3

自分が広告を載せたいサイトにしか広告コードを認証させないということで、
「サイトの認証」をクリックすると、


adag4

という画面がでるので、印が付いているところをくいっと右に寄せると、
「所有権を確認したサイトだけに広告コードの使用を許可する」と
なります。

これで、広告コードを他人に抜き取られてしまっとしても、
私の収益には繋がりませんが、広告コードを正式もらって、
許可しているサイトのみからの広告コードにしか反応しないとなって、
他人が使用していることがわかれば、その人に警告が行くことになります。

昔は、もっと煩雑だったようですが、今はもっと操作性がよくなっている
と感じました。

※このアドセンスの管理画面については、
ねてんぐさんの「LIFE LOGS」のGoogleのアドセンス潰しにて
掲載されたものです。(今日はなぜかスクショができなくて、
ピンチ中で、お借りしております)
「ねてんぐさんのブログ LIFE LOGS」
 →https://www.lifelogweb.com/entry/adsensetubushi


もし、怪しいと思ったら

Googleアドセンスをするなら、アクセスツールは必須アイテムで、
特に、Googleアナリティクスは入れておくといいですし、
アナリティクスと連動しているツールもあります。

無料ブログでなら、私の中ではライブドアブログのアクセス分析と
生ログで分析をしています。

同時に、数日に一度は、スマホアプリでGoogleアドセンスの管理アプリ
(簡易版ですが)で収益をチェックしていまう。

私のような弱小サイトでも、時々変な動きはあるのですが、
そうPV数が多いのに収益が少ないというのも当たり前と
いうのがわかっていたら、気にしなくてもいいのですが、

PV数はもちろんですが、アドセンスの管理サイトの「レポート」で
・見積もり金額
・クリック数
などが把握できますから、PV数とクリック数、収益金額がどうしても
怪しい、生ログを見ることができて、なんども同じ人間がうろうろしている
痕跡があれば、
Googleに早めに相談・問い合わせをしてみるといいです。
先に先手を打っておけば、せっかく得た広告コードを奪われることはありません。

Googleアドセンスに関する問い合わせ先やこちら

おわりに、

日本からGoogleアドセンスを取得するのに、今は半年以上の運営がないと
申請できないという情報が出てきていて、案外早く取得できるのかなぁと思ったら、
厳しくなっていたり、いつのまにかゆるゆるにもなっています。

無事に審査が通って嬉しいと思っていると、悪意を持つ方がいるので、
アドセンスの審査合格後は、アドセンス潰し防止のために、
早めの対策をして、運営していってくださいね。

困ったことがあれば、すぐにGoogleへ連絡。
これがせっかく取れたアドセン保持の秘訣でしょう。




このページのトップヘ