google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:対応

1669624_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今回は、小学生でも起こり得る話で、特に女の子の子供さんをもつご家庭は、絶対に読んでいただきたい話です。

我が家の子供も被害までとはいきませんでしたが、ストーキングを受けて、塾で対応をお願いしたことがあります。最悪、警察へ相談するかどうかまで出ました。

今も、塾内もしくは卒業後に被害を受けている子供さんはいます。卒業後となると対応が難しくはなりますが、落ち着いて行動してください。



塾内部でのストーキング行為は先生が先に気づくことがほとんど

中学受験専門塾では、最高学年は小6。まだ異性に興味を示し出す年頃ですが、どのように付き合えばいいかわからないので、つきまとい行為が始まりやすい年齢でもあります。

塾でも、中学受験専門コースと並行に高校受験向けコースがあるケースはありますよね?すると、中学生の子が小5〜6の女の子に興味本位から付きまといをし、ついにはストーカー行為に発展します。

塾内部で発生しているとわかることがあり、すぐに先生が該当生徒を呼び出して注意したり、ストーカーをしている生徒にも厳重注意をしています。何度もするようであれば、退塾させています。

ただ、生徒の方が知恵がついていて、先生にバレないようにつきまといをして、嫌がらせ行為をすることはあります。

私の子供も、中学部の子がつきまとってきて、塾の入り口でいつも待っているので「おかしい」と思い、子供に聞いて発覚しました。そして、塾側でも怪しげな行動なのでと注意しようかとしていたことを聞き、全てを先生にお話ししました。

相手側には生徒はもちろん親御さんにも注意がいき、相手の保護者さんが迎えに行った私たちに「うちの子が申し訳ないことをしました」と謝ってきました。

塾で注意してもダメな場合は警察に相談しても構わない

私たちには、塾から報告があがってきて、今後の対応などを伝えてくださったのですが、またストーカー行為をするなら、塾から警察に連絡をすることを伝えられました。

習い事でも、その相手側の子と我が子が一緒で、待ち伏せしたりして困ったので、保護者さんにお話ししてやめて欲しいことは伝えました。

すると、塾でのストーカーに切り替わったので、再度塾に相談し、厳重注意とその子と我が子が接触しないように工夫をしてくれました。必ず行き帰りは私や実家の父が送迎し、塾では担当先生が教室まで護衛するという方式にしてくださいました。

迎えに行った時は、絶対先生が私や父が塾の入り口までは教室で子供を待機させてくれて、接触をさけるようにしました。

しかし、習い事が一緒であることを塾に相談した時に、校舎の先生は「もし塾でも習い事でもストーカー行為をされた場合は、警察に相談してくれていいですよ。警察へ届けを出す時の生徒の資料も申し出てくだされば提供します」と協力してくださいました。

塾でも対応が難しい・できない場合は、警察対応へと切り替わります。

警察へ相談する場合は?できるだけ証拠をたくさん用意しておくこと

すぐに警察に相談にしてもいいのですが、#9110というダイヤルがあります。そこへ相談してから、所轄の警察署に相談するとスムーズに対応が進みます。

相手の名前や連絡先・年齢などの個人情報、どのようなストーキング行為を受けたかなど、警察の方が事情聴取して、対応に乗り出してくれます。

怪我を受けたり、SNSで写真をばら撒かれたなどの問題があれば、診断書はもちろん、SNS上での書き込みのスクリーンショットは重要な資料になります。

相手がすり替えたり削除する前に、証拠保全の為にスクショしておきましょう。

怪我をうけたりして、精神的ショックを受けている場合は、警察からストーキング対策専門の心理士を紹介いただけることもできます。

卒業後も被害にあうケースあり。立派な犯罪だから、すぐに警察へ

ストーカー問題については、ここで終わりとしますが、中学受験準備中も気をつけて欲しいのです。

小学校を卒業し、希望に満ちた新中学生活が始まっても、連絡先などを知られていれば、ストーカー行為が止まらないことがあります。

最悪、住所変更などの対策も必要になりますが、未成年だからと許される行為ではなく、りっぱな犯罪です。どういう行動に出るかわかりません。

ストーカーは、平成29年から「ストーカー規制法」が改正され、14歳以上でも罪として成立するとされています。一度警察に報告があがれば、その後、被害者の保護を優先とし、加害者の監視が始まります。

最近のやり方は、ネットの海に流されて、エスカレートする事例が多いので、子供さんから相談を受けて、塾へ相談しても難しい場合は、警察に相談してください。中学進学後も同様に、対応して、子供さんを危険から守ってくだい。

我が子も、被害にあってから、しばらくは怖がっていましたが、友人たちのガードで立ち直ることができましたし、防犯などにも気をつけるようにしています。

ことが大きくなる前に、すみやかに対策をして子供さんを守ってくださいね。

参考までに子供さんでも読める警察庁のストーカー行為について対応サイトを紹介します。



スポンサードリンク


bd42fc50992ab2321cc739a2638be811_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日から、子供の学校は全学年通常授業に戻り、一部の部活も活動再開しています。ただし、感染防止の為に、授業や昼食時に様々な制限があり、少し窮屈な学校生活になりそうです。

我が子は、私立中高一貫校の高等部へ進学し、昨日は某教育関連会社が提供している実力テストを受けました。国・英・数の3教科対象ですが、思わぬ結果にしょんぼりして、夜はシクシク泣き出したので「どうしたの?」と心配になり、話を聞きました。

子供の学校の様子が、徐々に怪しくなっているのは気づいていましたが、これは同じような思いをして悩んでいるお母さん、もしくはこれから中学受験で進学先を検討しているお母さんの参考にしてくださればと思います。



校長や担当教員がコロコロ変わる学校は要注意

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

今通っている学校の校長先生は、受験時は今とは違う先生で、入学時に新しく着任した先生です。別の男子校の教頭先生だった方をヘッドハンティングしたと言われています。

しかし、今までの学校ブランドとは違う教育方針で、中学3年間でかなりいらっとしました。母や叔母が通っていた学校でしたので、どういう学校かは知っていました。

私も、その近くの私立高校へ通っていたので、昔の学校イメージや話は知っています。しかし、私の母校も困ったことが起きています。

お寺が運営をしている学校では、校長先生や教員がお寺とご縁がある方が多く、もちろんキリスト教系の学校も修道会が運営していて、信者の方や司祭資格を持つ方の教員の人数が多いのは当然あります。

しかし、今は少子化問題からか「より成績のいい生徒を東大や京大、早稲田大などに送り出したい」と今までのよき慣習を打つ壊す学校は増えています。

子供の学校からは、東大合格者は出ておらず、よくて京大(学部不明)1人ぐらいで、必死になって医学部はもちろん東大合格者をなんとか出そうと必死になっています。

その為に、校長が穏やかな性格の人ではなく、学力向上最優先の方を呼ぶように学校経営陣が必死になるので、校長がコロコロ変わる学校はあります。

各教科で指導が上手だった先生も、このコロナ禍の間に、様々な学校へ引き抜きを行われ、新しい先生が入りました。

新任の先生は、子供のクラスには配置されていませんが、教員の出入りが激しい学校も要注意かもしれません。

高1で進路を決定させようとする・特別講義が多すぎる学校は注意

296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

私自身、進路を決定したのは高2の後半でした。

30年前の話にはなりますが、私が高校入学してから「自分は何になりたいか?どこを目指すか?」と考えたことはなく、高1の3学期ぐらいから「そろそろ進路を考えなさい」と担任から言われたと記憶しています。

高2の2学期に、学力テストに書いた志望大学・短大の内容から、担任に「おまえら!いい加減なことを書くな!きちんと自分の進路を今すぐ考えろ!」と厳しく叱られて、それから将来の進路を考えました。

今の子供の現状はというと、中3年の時からずっと「もう進路を考えろ」「指定校推薦を受けたければ、成績をのばせ」などしつこいぐらい担任から言われて、分散授業のホームルームなどでも「進路は決めたか?」と言われたと聞きました。

昨日の学力テストで得意科目で成績が取れなかったのに、さらに「志望大学を決めろ」と言われ、なりたい職業の揺れが出てきて、しぶとく言われることに対し辛くなって、昨晩泣き始めました。

小さい時からなりたい職業は、私の持病と関連がある仕事なのですが「無理かもしれない」と諦めていました。

別の職業で、親の目からみて厳しい業界ではないかと思っていたのですが、興味を持っていたので見守っていました。

ところが、テストのできが悪いことや先生からの圧力的な話で、心が折れかけて、泣き出したというわけです。

まだ高校1年生ですから、担任が指定校推薦のことも心配しての行動かもしれませんが、今は指導は控えて欲しいと思うのです。

新型コロナが終息していない中、恐る恐る学校へきているし、行動にも制限はある。
我慢を強いられている中で勉強しているのに、早くから大学を決めろというのは、大人の私でもしんどい話です。

さらに、一斉休校でオンライン授業が立ち上がるまでに時間がかかり、郵送で課題が送られてきました。オンライン授業はしたものの、あまりいい授業のやり方ではありませんでした。

それでも通常時の授業数に足りないということで、通常授業に戻った今、足りない単位数を無理やり詰め込んで特別授業が行われます。

公立校でも夏休みを削って、不足分を補うと言われていますが、今の学校はオンライン授業を入れたはずなのに、まだ授業をプラスすると通達がきました。

オンライン授業は文科省が認める「単位数認定」の問題が絡んでいるので、ノーカウントになると言われています。

ただ、親として心配しているのは、暑い中通学して、マスクを離さず、クーラーをきかせても窓を開けて行う授業は、果たしていいことなのかと疑問が出ています。

医学部コースでは、さらに厳しい授業数だと聞いていますので、「なんとしてでも優秀な生徒を出したい」と生徒に無茶をさせる学校は、中学受験の志望校を選ぶ時の目安にしてよいでしょう。

まずわかりやすいのは、「進学校」と書いていても、大学合格者の進学先と人数を見れば、すぐに見分けはつきます。

「自称進学校」に入ったとしてもやり方ひとつで子供は変わる

私の進学した私立高校は、当時の校長先生や他の先生方がのびのびとしていて、教え方が全般的に良かったと思います。

一部、意地悪な先生がいて、指定校推薦を狙っていた私にとって「嫌だなぁ」と思ったことはあります。

子供がよくいう「自称進学校」は、とにかくコースを分けているけれど、使う教科書から待遇まで違いがあって、不満が出るから生徒が荒れていくケースはあります。

途中退学も多いです。

一旦入った学校をやめて、別の学校へいくことはお金はもちろん様々な問題が出てきます。

学校がひどいやり方をすると抗議すると、子供に対してひどい仕打ちが待っているというのは、過去に小学校で経験しているので、なるべく行わないと私は決めています。

それなら、どうすれば子供を苦しめることなく、卒業させれるか?

子供さんとよく話し合って、「何がなんでも嫌な先生に対しても実力で対抗する」ということです。

私も高3の時に、嫌な先生の嫌がらせを受けても成績でもって文句を言わせないようにしました。
中学・高校からは絶対評価なので、担当教員の評価が決め手になります。

指定校推薦になると、大学側が提示する条件をクリアしておく必要はありますが、高1でやってしまったことはそれほど影響はでないとみています。
実際は高2からの成績が非常に響くのではないかと思います。

自称進学校は避けるのがいいけれど、過ごし方で変わっていく

最後になりますが、自称進学校と呼ぶ学校の実績をみていると、かなりの勉強数を重ねているはずなのに、有名大学へ進学している生徒さんは少ないです。

本当の進学校に通ったとしても、授業についていけずに、しょんぼりする生徒さんもいます。

さて、どちらが幸せか?

こればかりは、親の私でもわかりません。

今までの自分の経験から言えることは、自分の実力で道を開けることだと思います。

さらに、新型コロナの猛威に怯えながらも、家でじっくりと勉強したり、感染がなかったこと、感染リスクを乗り越えられたことも、今の子供達には誇れるものです。

しかし、まだ完全収束はしていないので、また流行する可能性はあります。だから、進路のことは高1の段階ではまだ無理なのではと思います。

毎年高1に決めるのだとしても、今年だけはやめて欲しいというのが、個人的意見です。

スポンサードリンク



6f21cfcd051b9c6d58e0383601ee1727_s


こんにちは。久しぶりの更新になります。

「ペンペンの知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が家は大阪府民ですけれど、子供が通っている学校も大阪でしたので「大阪基準」での休校措置が取られていました。中3の卒業式(同級生と先生のみ)に出てから、学校へ一切いくことなしに、送られてくる課題をやったり、自習したりの生活でした。

友達は住んでいるところがバラバラで会うことも叶わず、LINEでようやくグループ音声会話でやりとりしていました。

休校中に「Classi」という連絡ツールを使っていましたが、ハッキングされてセキュリティー対策は澄みましたが、動作不安定でこちらまで不安定な気持ちになっていました。笑

ようやく、学校から連絡があり、オンライン授業を開始することになりました。「私学は対応が早いよね」といろんな方からの声を拾っていましたが、4月にすぐに対応できた学校はごくわずかです。

オンライン授業対応が早くできた学校が、素晴らしい学校と評価するのはまだ早く、これから中学受験をする子供さんの学校選びにしてはいけないと思います。

まだコロナは終息していないので、今は、学校が復活してもすぐにオンラインに切り替えができる「準備期間」として、各学校の様子を見て、これからの学校選びの参考に入れていただければと思います。



入学時からiPadを活用し授業をしていた学校は対応が早かった

私立中高でも、すでに授業の一貫として全生徒と全教員にiPad(iPadproや他のタブレット)を持っていた学校は、一斉休校が始まったとしても、4月半ばからオンライン授業(遠隔授業)を開始していました。

関西圏で私が把握している限りでは、近畿大学付属中学・高校は全員がiPadを購入しているので、日頃から使いこなしている在校生はすんなりオンライン授業に切り替えることができました。
1年生も自宅に端末が到着後、すぐに設定をして、オンライン授業に入っています。



近畿大学というと、養殖マグロなどで注目を浴びている学校ですよね。最先端をいく学校として、最近注目が高い大学ですが、付属中高での教育も最先端を走っていることは有名でした。

授業の進行状況の詳細はわかりませんが、ホームページで一斉休校中の取り組みを出せるのは、よほどの自信がなければ出せない話ではないかと思います。

ほとんどの私立中高は、GW明けからオンライン授業開始

bc68918f1d1646196526b26ce56d9a87_s

我が子の場合は、中学から上の高校への進学時期で一斉休校になりました。入学式もなくなり、学校からは課題が郵送され、淡々とこなすばかりでした。

そして、連絡ツールとして使用していた「Classi」が外部から進入されたことにより、学校側が用意していた動画配信ができないと状況でもありました。

動画といっても、テスト配信として書道などでしたし、連絡ツールも不安定な状態が続いていたので、登下校管理システムの緊急連絡メールのみが頼りでした。

ようやく、4月下旬に学校から自宅のネット環境調査が入り、学校側での検討の結果、ようやくオンライン授業を開始する運びになりました。

学校によってオンライン授業の進め方は異なりますが、双方向学習のツールとして
  • Zoom
  • Microsoft Teams
  • Classroom
が主流で、これに連絡ツール(宿題も配信できるので)として、
  • Classi
  • ロイロノート
を使う学校が多いですね。これらのツールを利用して、YouTubeでの授業内容の配信も行っています。外部から見れないようにするための対策と説明を受けています。
(試してみましたが、検索できませんでした)

超難関と言われる、灘中高や開成中高はもうオンライン授業を開始しているものと思っていましたが、教育系新聞(オンライン版)やネットニュースで、超難関校でもGW明けからオンライン授業を始めると報道されていました。

学校側で普段から生徒とネットで双方向でのやりとりをしていない、もしくは利用者が少ないと、すぐに切り替えるのが難しいようです。

我が子の学校では?

我が子の学校は、一部ICT教育導入をしている学校でした。私の子供がICT教育導入コース在籍でしたので、iPadProは中2で一括購入して、授業をしていました。

ただ、全校生徒がオンライン授業に移行できないことや、ちょうどメンテナンスのために中3の期末テスト終了後に端末を預けるはずが、一斉休校でいつ預けられるかわからない状態でした。

ようやく、全校生徒のネット状況調査がわかったので、週2回ほど登校日はありますが、オンライン授業を開始します。

まず最初の登校日に学校へ送っていたメンテナンス済みで、必要なアプリを搭載したiPadで、オンライン授業が可能かテストをして、いざという時はスマホに切り替える方法などのレクチャーを受けます。

その後は、オンライン授業と登校日(滞在時間2時間で学年と出席番号分散でいきます)で、しばらくは対応するとなっています。

もし、通常の生活に戻ったとしても、またコロナの流行が始まった時は、すぐにオンライン授業に切り替えられる体勢を今作っているところですね。

オンライン授業の問題

今、公立の学校もオンライン授業を取り入れる学校が増えていますよね?親御さんが在宅勤務で家のパソコンを使用している場合、新たにパソコンを買ったというご家庭はあるようです。

実際、SNSを眺めていると、よくパソコン会社の広告が入るので、買い求める方が多いのではないかと思います。

そして、親御さん方や他のご家庭でオンライン授業など、ネットを利用すると、普段は早いネット回線が遅くなる現象が出てきます。

時間はばらつきはありますが、ネットで何か閲覧していたり、投稿していたりすると減速してしまいます。今年の2月に、ケーブルテレビのネット回線から、ひかり回線に切り替えたところで、4月の中旬ぐらいから、いきなり画像表示が遅くなるなどの現象が出ていました。

大人でもオンラインに切り替わってから、会議で使っているツールに危弱性が見つかっています。生徒さんが1人で対応できるかというと難しいので、正式に始まる前に、今先生と生徒間でテスト的に利用してどうすればいいかの実験をしています。

今のところは大きな問題は出ていないようですが、これから先、徐々に出てくるのではないかと思われます。

まとめとして

対応が早く、ホームページでその自信を公表している学校はありますが、おそらく今まで学力の評価が高かった学校への評価は変わらないでしょう。

コロナの為に、指導に出遅れてしまい、課題のみばかりを送っていた学校は多いと思います。しかし、もともと学力が非常に高い学校に合格した生徒さんは、勉強方法を知っていますし、教科書類さえあれば、1人で黙々と解いていることでしょう。

ただ、中学から高校へ上がる際、学力からコース変更を行った生徒さんは、新しいカリキュラムや友達と慣れる時期を逃しているので、環境の変化に追いつくのが大変かもしれません。


そして、これから中学受験を目指す小学生の皆さんは、今塾と学校が悲鳴をあげている状況ですし、目指したい学校の文化祭や体育祭、学校見学会が延期もしくは中止となっているので、つらいところでもあります。

各私立中高の評価が顕著に現れるのは、おそらく2年後と言われています。今年の冬に受験する生徒さんは、少し大変かと思いますが、その苦労は必ず合格後に「よかった」と変わります。

在校生もみんな大変な中過ごしているので、一緒にコロナを乗り越えていきましょう。

スポンサードリンク

671002


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ついに、東京や大阪など7都市で「緊急事態宣言」が出されました。私が住むところは、大阪ですのでもちろん緊急事態宣言の指示に基づいての行動となります。

食事や日常品の買い物は大丈夫ですが、「できるだけ外には出ないで」というアナウンスがずっとテレビに出てきます。

ちょうど高校入学となっていた子供ですが、緊急事態宣言により、5月7日以降に延期になり登校日を設定されていましたが、休校中にしておく課題や入学に関する資料を郵送すると連絡がありました。

中学受験では新学年になったところで、これからいろいろと難しい分野を勉強したい時期なのに、学習塾も閉鎖の対象に入っているので、困っている方がいらっしゃると聞きます。

今の段階でわかっている情報をまとめてみました。我が子の学校での対応も参考に紹介しますが、かなり学校で休校中の対応が違うということもわかりますので、ご参考に読んでくださいね。



中学受験専門塾の現状

中学受験専門塾は「緊急事態宣言」の中では学習塾とみなされるので、休校という流れにはなります。先日、個別指導を行っている塾で新型ウイルスの感染が確認されました。

緊急事態宣言が出ている自治体の塾は、指示に従わないといけないし、保護者からも「行かせたくない」という声が出るので、無理に開くことはできないです。

今、オンラインで全て行う家庭教師の広告がネットで行われているのをご存知でしょうか?

私も調べ物をしている時によく出るので、気になっています。中学受験・高校受験対策向けとして展開しています。

もしかすると、オンライン家庭教師の会社が増えると思われますが、大手の中学受験専門塾でも、システムなどが整い次第、オンライン授業に変更するものと思われます。

ただし、今月いっぱいはオンライン授業にすぐ変更といかないと思われますので、今は手元にあるテキストが頼りになります。

また、この時に一番怖いのが、オンライン家庭教師でも、法外な金額で教えようとする人がいないかということです。

我が家はきていませんが、親がブログやSNSをしていて、そこから勧誘にきているという話を聞きます。絶対に見ず知らずの方の勧誘はお断りしいてください。

現役の私立中高生の現状

早くからオンライン授業を積極的に取り入れている学校は、普段から双方向システムを導入している学校は、休校措置となっても、すぐに家でのオンライン授業が受けられるシステムに入れ替えて、オンライン授業に切り替えて、授業を開始しているところがあります。

しかし、オンライン授業を導入していても、外部からの学校へのサーバーを防ぐ為に、制限をかけている学校もあり、せっかくICT教育をしていても、今回のような緊急事態時に「どうしよう」となります。

我が子の学校も、外部からのサーバー進入を防ぐ為に、iPadproを導入しているものの、プロテクトをかけているので、オンライン授業に必要なアプリを勝手に入れることができずの状態です。

今日、学校から連絡を受けて、休校中にして欲しい課題と学校関連の重要書類を一緒に郵送すると連絡を受けました。こちらも学校に入学式時に提出する書類がありましたし、授業料の減免書類(国はすでに提出すみ。自治体分がまだ)をまだいただいていないので、対応がどうなるかと心配しています。

「ICT授業しているのに、オンラインできないの?」とよく事情を知らない方から言われたのですが、学校が決めているICT教育の方針や、ネット管理者の考え、私たち保護者が知り得ないことがあるので、今は学校からの指示を待つのみです。

もしかすると、今準備中でオンライン授業ができるようにしてくれているかもしれませんので、今は親側は静かに待ちましょう。

まとめとして。心ない人の声はシャットアウト

こうして、中学受験のことや私立校の状況について書いているブログに対して、心ない人からのコメントや、SNSを通じた心ない声は出てきます。

もし、この記事を読んでいて、SNSで発信をされている方も気をつけていただきたいのですが、何を言われてもスルーしても構いません。お返事を差し上げてもいいのですが、結局はその方の価値観を押し付けられてしまい、ただでさえ緊急非常事態が出ている地域の親御さんは、子供さんのことで心配なのに、無用の心の傷つきを生みます。

その方は良かれと思って言っているかもしれませんが、当事者としては、ほとんど外出できずストレスが溜まっているのに、ほんの一言でかなりのダメージを受けます。

今は、「いのちをまもる」ことが重要ですし、お金には変えられないことですから、教育格差が生まれるかもしれませんが、それは後からでも追いつけます。今だけは、「いのちをまもる」ということだけを大切にしてください。

スポンサードリンク



163344
イラスト by 「イラストAC」
<加筆修正日:2018年1月23日>
<加筆修正日:2019年1月9日>
<加筆修正:2019年10月30日>
<加筆修正日:2020年4月4日>
<加筆修正日:2020年10月15日>

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker231)です。

1〜2月は全国的に中学受験突入中でしょう。
同時にそろそろ、小学生で中学受験を目指す子は、2月が塾の新学期ですので、
新小6のお子さんはぼちぼち受験準備に突入になりますね。

5月ごろから入試説明会も始まるところが出て来ますが、高校入試で求められる
「内申書」が必要なのかどうかが気になりますよね。
関西と関東、超難関校でも対応が異なりますので、この記事は昨年(2017年7月)に
執筆したものを再構成したものですが、今後、かなり変更されることを含め紹介します。



内申書は中学受験においては一応参考程度(例外あり)

内申書とは、高校受験では重要な書類の必要ですが、在学中の成績や素行、出席日数などが
記載された書類ですよね?
今の公立中学生の子は部活をしていないと内申点が悪くなるということで、近所のお子さんは毎日部活と塾通いでヘロヘロです。

さて、中学受験で内申書(もしくは在学証明や通知簿のコピー)を求めてくる学校は全国的には根強いものの、内申書なしで当日の得点を重視する学校は多いです。

私自身も気になり、当時の塾の先生にお聞きしたところ、「一部の学校では、内申書や在学証明を小学校の担任に書いてもらわないといけないのですが、かなり内申書を出さなくていいところは多いですよ。当日のテスト結果が全てですね」という話でした。

志望校は、内申書を何に使うかというとそれぞれ違いますが、基本は「出席日数の確認」程度で、
もし他に提出してほしい書類というと、「英検4級以上取得していれば、証明書の提出」は
言われます。

ただし、教育指導改革が2020年に変わる前に、2018年度から英語教育について変更が出ていて、
小3・4は「国際理解タイム」的な指導、小5からは「教務化」で国の選定教科書を使った指導
で「成績」がつけられるために、すでに全国的に受験科目に「英語」が英検準2級レベルを出している学校が出ています。

ですから、外部英語認定の証明を出していても、入学試験で実力が試されることにもなります。

また、超難関校では、出席日数も合否判定に使われる学校もあります。
特に有名なのが関西ではスーパー難関校と言われている「灘中学校」がいくら当日の入試結果がよくても、小5から小6の2学期までの出席日数が合否判定に使われ、特別な理由(入院など)で欠席日数が14日以上であれば、不合格になるケースも出ると言われています。
(もちろん、長期入院など特殊理由で欠席した書類を出願時に添付して、内申書にも記載してもらうことで考慮はされます)

志望校が「内申書必要」となっていれば、入試説明会で必ず何に使うか、合否判定に使うかはしっかり確認してください。(個別相談で教えてくださることもありますが、あまり公表しないですね)

*内申書は、担任の先生に直接お渡しして、必要な学校数だけ記入していただきます。
内容は、最終的には教頭先生と校長先生の確認をいただき、学校印を押して、小学校側で封印を行なって、お子さんもしくは親御さんに渡されます。

中身を見たくなるかたもいらっしゃいますが、開けずにそのまま願書と一緒に提出してください。
封入の際に割印が押されるはずなので、決して開けないでください。

内申書がない場合、後日提出する書類は?

無事合格して、入学者の集合日や制服の採寸日に書類や入学までの宿題を出される場合があります。
その時に、保護者に渡されるのが、合格した中学校・校長名の手紙で「6年間の健康記録と歯科記録・6年間の指導記録の提出」を小学校の校長が期日までに中学校に送ってほしいという手紙が渡されます。

さて、小学校時代にいじめにあった私たちは、「6年間の指導記録」の取り扱いを小学校側がどう書くかを心配しました。

10月下旬に8月下旬からずっといじめにあっていたことがわかり、11月下旬から2月初旬までは不登校にしました。合格後、子供の気持ちが落ち着いてから、特別室にかくまわれる形で学校に出ていましたので、あとで不登校になってから再度登校するまでの欠席日数が82日と私は記録していました。

中学から指定された記録は現在通っている中学校には、小学校から無事渡されたことは報告を受けました。ところが、初めての3者懇談会で「え?いじめにあわれていたんですか?それは全く小学校からの記録に書かれていませんでした」と担任から聞かされてびっくりしました。

小学校側も素直にいじめの件を書いてしまうと、小学校の管理面を怪しまれるので、不都合な点は隠したのかもしれません。同時に小6の成績も、不当評価を受けていていました。成績はテストの点数から言えば、90点代なのに、成績表は「頑張りましょう」ばかり。

さすがに、法務局に「人権侵害」として申し立てを考えました。結果としては、中学でまともな評価を受けることができたので、申し立ては取り消しましたが、小学校の成績評価を疑うことになりました。


中学校に入学してからの評価は変わります

小学校の評価の付け方は「絶対評価」で、ある1人の生徒が様々な教科に対して、どこまでできるか
という付け方なので、担任の私情が入ってきて、納得のいかない評価がでやすいです。

反対に中学校からは、「相対評価」になって、母体数(クラスの人数)から各教科の先生で判定をするけれど、学力テストや定期考査、普段行われる小テストなど総合的に順位をつけていって、それぞれの教科で先生が細分化されていれば、先生方で協議の上、評価をつけていきますから、定期考査と大きな誤差は出てくることはありません。

たまに、私立中学で困った先生はいるようですが、それでは学校の評価が落ちるので、
真面目に勉強をして結果を出していれば、文句はつけられません。


中学にあがってからの子供の成績は?

小5と小6の担任の評価がひどくて、毎回泣いていたのですが、中学にあがってからは、普段の小テストの結果や定期考査の結果、特に英語特化コースなので、ネイティブスピーカーの先生の授業の評価が重点的に見られました。

担任からの話を聞くと、書く方は成績は中間ながらもスピーキングで良いということで、英語のみは中間クラスながらも、スピーキングタイムの評価は高くついていました。

得意な数学や理科、そして基本の国語もよくてやっとまともに
成績がつけてもらえたと子供は喜んでいました。


まとめ

内申書がない代わりに、後日「6年間の指導記録の提出」は校長に依頼をお願いしましたが、
きちんと出してもらえているか心配はしたものの、届いていた代わりに内容を変えられていたのはびっくりしました。

全国区で有名な学校では、しっかりと学校に通っているお子さんで優秀な子を確保したいという考え方から、内申書で出席日数が極端に少なくて、成績が異常にいい子というのは「しっかり学校に通っているのか」と疑問は出てきます。

しかし、最近のいじめ・不登校問題から考えると、内申書というものはなくてもいいものかもしれません。

今後は、小学校で習う科目や子供たちに対して「思考力」を求める教育を施す考え方のようで、中学受験のシステムもどんどん変わるでしょう。

内申書についても、今後必要としていた学校も、「提出不要」とする学校は今後増えてくるかもしれませんので、最新情報はしっかりとしらべておきましょうね。

今の所は、必要ではない学校については、当日の実力が大切なので最新の情報収集はしっかりと塾とともにしておくことは大切です。

【追記事項:2020年4月3日】
2月末から新型コロナウイルスに伴う学校の一斉休校が始まりましたよね。3学期の評価や出席日数について、混乱が生じた模様です。私の子供の中学(私立中高一貫校)でも、成績表は渡されまして、出席日数を確認しました。

子供達が見れる成績表には一切の記載なしでした。しかし、学校側では出席記録を残す義務はあります。
心配されるお母さんは多いと思いますが、現在のところは「特殊事情による臨時休業」という観点から、欠席日数には含まれない模様です。

インフルエンザなどの「出席停止」でもありませんし、国全体で罹患するかもしれないウイルスですので、出席日数には含めないと思われます。学校での記録上は、生徒さんが不利益を被らないよう配慮するべきと文部科学省から通達が出ています。

新型コロナ 小学校 中学校出席日数などについて

4月は入学式や遠足など様々な行事が入りますが、クラスター感染防止の為に休校期間が伸びる恐れはあります。対応が早い自治体や学校では、オンライン授業の準備を進めているところもあります。勉強面で心配かもしれません。しかし、出席日数については、文科省は不利益にならないようにと指示を出しているので、子供さんが中学受験の面で不利益を被らないと信じましょう。

【追記 2020年10月15日】
新型コロナのワクチン開発が遅れている為、まだ新型コロナの収束がいつくるのか予測不可の状況になっています。
医療従事者のご家庭の子供さん、家族に基礎疾患があり子供さんが通学することで感染リスクがあがるなど、子供さんを学校に行かせないご家庭があると一部報道で発表されています。

中学受験をする際、家族構成欄に職業を記入するところはありますが、ご家庭の職業によって差別されることはありません。一番心配される点は、内申書で出席日数を確認する学校が「コロナ感染を恐れての不登校」を理解するかです。

現在「コロナ不登校」をしているご家庭で、志望校が内申書が必要な場合は、必ず志望校の入試説明会で相談して、受験可能かを確認してください。受験を認めない可能性もあるので、受験自体もどうするか考える必要はあります。



スポンサードリンク




にほんブログ村に参加しています。
ぽちっとよろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村


このページのトップヘ