c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

早いところでは、すでに中学受験が始まっている学校はあるでしょう。ネットニュースをみていても、関東方面の出願数や倍率が出ていますね。

今年の受験は、コロナの感染が広がっている中で、不安な気持ちを持ちながらも、実力をだしていかなkればならないプレッシャーとの戦いだと思います。

12月に受験した学校が本命ならばいいけれど、関西方面では1月中旬、関東の超有名校なら2月と、中学受験で忙しいご家庭はあることでしょう。

先日、1月請求分の請求書をSNSに投稿したものをご覧になった方はいらっしゃるかと思います。

おそらく有名中学受験専門塾でも、ハイレベルクラスに入れているお母さんの中には「このままお財布が足りるだろうか?」と心配している方はいませんか?

私は、12月に焦りましたが、なんとか私の中での予算で子供を志望校に合格させました。問題は、入学後の学費です。

自分が私立高校出身者なので、当時の学費を後日教えてもらってから「自分の子供にはしっかり貯金はしておかなければ」と考えた次第です。

では、合格してからはどのぐらい費用がかかるか?ちょっとみてみましょう?



入学金と寄付金。入学金は収めなければ合格と認められない。

入試説明会の資料にも入っているはずですが、合格ならば、入学するかは別にして入学金(平均20万円)を学校に納めなければ、合格と認められません。

もし、多数受けているなら、滑り止めの為にと合格した学校に入学金の納めておく必要はありますよね。
全てとはいいませんが、確実に20万円以上入学金を用意しておく必要はあります。

同時に、「任意」と断り書きがあっても、学校から寄付金のお願いと称するものがきます。

「任意」と出てますが、これは必ずしておいた方がいいです。

子供さん入学後に、個人的に何かあった時のお守りともなりません。

しかし、学校運営で困った時の資金にもなります。学校によっては「学校債」を発行して、卒業時に元金を返金してくれるところもあります。

※最近では「学校債」を発行しないところや、元金返金を行わないところは稀にあるので、説明は聞いておいてくださいね。

制服代金や教科書代、学校制定品のお金はしっかりありますか?

最近では、制服代金が異常に高い学校があり、我が子も中学は安かったのですが、高校部進学してから、制服が変わった為、予測していなかった「制服代金」が発生しました。冬夏と別々での請求でしたが、冬だけで10万円近くかかりました。

制服不要・制定品特になしという学校は、昔からありましたが、最近はどんどん制服や制定品をなくしている学校は多いです。

制服や制定品だけで20万円いく学校さえあります。LGBTへの配慮から、制服のバリエーションが豊富な学校はありますが、全て買わなければいけないってものもあるので、販売の方とお金とよく相談して購入してくださいね。

教科書については、コース制を組んでいる学校なら、教科書の中身が変わってきます。医学・薬学コースの生徒さんなら、近い将来「赤チャージ」を教科書代わりにするところはあります。

もしくは学校独自の教科書を導入している学校はありますが、だいたい平均として2万円前後。さらに、ICT教育を導入している学校なら、iPadなどのタブレット端末が購入かレンタルかわかれてきます。

タブレット端末については、学校が一括購入してからの請求となります。入学したてはまだ使わせないので、後日説明会が開かれた場合は、よく費用などは聞いて、不明なところは聞いておきましょう。


え?!私立の中学生には、授業料減免制度ってないの?

私立高校生への授業料部分のみの減免措置(無償化ともいう)はありますが、私立中学へ通学する子供さんへの授業料支援制度はありません。

平成29年から令和3年度まで実施としている私立小中学校等に通う児童生徒への経済的支援に関する実証事業」が行われていますが、あっさり書くと「年収400万円未満の世帯が対象」で、申請すれば年間10万円の援助を受けられます。



我が家も中学時代配られましたが、誰も対象者にはなりません。

世帯の年収面で、私立中学に入学している子が誰も対象には当てはまりにくいこと、そして申請の際にアンケートに応じなければいけないのですが、その内容が問題かと思います。

「いじめが原因か?」という質問には、誰も答えにくいのではないでしょうか?
いじめが原因で、不登校時代を過ごした子には、どんなに対象世帯であっても、答えたくない質問です。

私立高校の授業料減免には、このようなアンケートはつきません。

これからコロナ禍で学費をどう確保するか?よく考えておきましょう

子供の学校では、もちろん富裕層の子供さんはいますし、我が家のようなサラリーマン家庭はもちろんいます。(なぜ我が家のようなサラリーマン家庭でも中学から私立に通わせられたかは後日解説)

私立学校というと、海外への語学研修旅行はありますし、海外留学制度もあります。今はどこの国も国境封鎖の為、留学はできません。しかし、国境封鎖が解除されて安全確認が取れれば、留学制度などは開放されます。

中学時代の授業料を今振り返れば、入学金・寄付金などの費用を省けば、1年間の学費(授業料や諸費用は含む)で約90万円でした。多分、高い金額設定の学校です。

今、学校でも世帯でコロナの影響で、学費の支払いが難しくなっている家庭への貸付制度の案内や、学校本部からの貸付制度の案内がきています。

払えないとなると、若干の猶予期間はあります。もうはっきり払えないとわかれば、退学処分になるので、今中学受験で苦しい時ですが、将来の金額は計算しておきましょう。

これは、現在FP3級保持者の私だからできる話(次は2級とAFP®︎を完全合格させます)ですが、教育費をおじいさまやおばあさまから、歴年贈与(年間110万円)を受けるのではなく、銀行で手続きをして「教育に使うのなら非課税にしますよ」という制度もあります。




取扱銀行はたくさんあるので、手続きがしやすくサポート力もある銀行で開設してもよいかと思います。デメリットな面もありますが、銀行からの説明を十分聞いて、申し込んでくださいね。


スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ってくだされば、ぽちっとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村