1669624_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今回は、小学生でも起こり得る話で、特に女の子の子供さんをもつご家庭は、絶対に読んでいただきたい話です。

我が家の子供も被害までとはいきませんでしたが、ストーキングを受けて、塾で対応をお願いしたことがあります。最悪、警察へ相談するかどうかまで出ました。

今も、塾内もしくは卒業後に被害を受けている子供さんはいます。卒業後となると対応が難しくはなりますが、落ち着いて行動してください。



塾内部でのストーキング行為は先生が先に気づくことがほとんど

中学受験専門塾では、最高学年は小6。まだ異性に興味を示し出す年頃ですが、どのように付き合えばいいかわからないので、つきまとい行為が始まりやすい年齢でもあります。

塾でも、中学受験専門コースと並行に高校受験向けコースがあるケースはありますよね?すると、中学生の子が小5〜6の女の子に興味本位から付きまといをし、ついにはストーカー行為に発展します。

塾内部で発生しているとわかることがあり、すぐに先生が該当生徒を呼び出して注意したり、ストーカーをしている生徒にも厳重注意をしています。何度もするようであれば、退塾させています。

ただ、生徒の方が知恵がついていて、先生にバレないようにつきまといをして、嫌がらせ行為をすることはあります。

私の子供も、中学部の子がつきまとってきて、塾の入り口でいつも待っているので「おかしい」と思い、子供に聞いて発覚しました。そして、塾側でも怪しげな行動なのでと注意しようかとしていたことを聞き、全てを先生にお話ししました。

相手側には生徒はもちろん親御さんにも注意がいき、相手の保護者さんが迎えに行った私たちに「うちの子が申し訳ないことをしました」と謝ってきました。

塾で注意してもダメな場合は警察に相談しても構わない

私たちには、塾から報告があがってきて、今後の対応などを伝えてくださったのですが、またストーカー行為をするなら、塾から警察に連絡をすることを伝えられました。

習い事でも、その相手側の子と我が子が一緒で、待ち伏せしたりして困ったので、保護者さんにお話ししてやめて欲しいことは伝えました。

すると、塾でのストーカーに切り替わったので、再度塾に相談し、厳重注意とその子と我が子が接触しないように工夫をしてくれました。必ず行き帰りは私や実家の父が送迎し、塾では担当先生が教室まで護衛するという方式にしてくださいました。

迎えに行った時は、絶対先生が私や父が塾の入り口までは教室で子供を待機させてくれて、接触をさけるようにしました。

しかし、習い事が一緒であることを塾に相談した時に、校舎の先生は「もし塾でも習い事でもストーカー行為をされた場合は、警察に相談してくれていいですよ。警察へ届けを出す時の生徒の資料も申し出てくだされば提供します」と協力してくださいました。

塾でも対応が難しい・できない場合は、警察対応へと切り替わります。

警察へ相談する場合は?できるだけ証拠をたくさん用意しておくこと

すぐに警察に相談にしてもいいのですが、#9110というダイヤルがあります。そこへ相談してから、所轄の警察署に相談するとスムーズに対応が進みます。

相手の名前や連絡先・年齢などの個人情報、どのようなストーキング行為を受けたかなど、警察の方が事情聴取して、対応に乗り出してくれます。

怪我を受けたり、SNSで写真をばら撒かれたなどの問題があれば、診断書はもちろん、SNS上での書き込みのスクリーンショットは重要な資料になります。

相手がすり替えたり削除する前に、証拠保全の為にスクショしておきましょう。

怪我をうけたりして、精神的ショックを受けている場合は、警察からストーキング対策専門の心理士を紹介いただけることもできます。

卒業後も被害にあうケースあり。立派な犯罪だから、すぐに警察へ

ストーカー問題については、ここで終わりとしますが、中学受験準備中も気をつけて欲しいのです。

小学校を卒業し、希望に満ちた新中学生活が始まっても、連絡先などを知られていれば、ストーカー行為が止まらないことがあります。

最悪、住所変更などの対策も必要になりますが、未成年だからと許される行為ではなく、りっぱな犯罪です。どういう行動に出るかわかりません。

ストーカーは、平成29年から「ストーカー規制法」が改正され、14歳以上でも罪として成立するとされています。一度警察に報告があがれば、その後、被害者の保護を優先とし、加害者の監視が始まります。

最近のやり方は、ネットの海に流されて、エスカレートする事例が多いので、子供さんから相談を受けて、塾へ相談しても難しい場合は、警察に相談してください。中学進学後も同様に、対応して、子供さんを危険から守ってくだい。

我が子も、被害にあってから、しばらくは怖がっていましたが、友人たちのガードで立ち直ることができましたし、防犯などにも気をつけるようにしています。

ことが大きくなる前に、すみやかに対策をして子供さんを守ってくださいね。

参考までに子供さんでも読める警察庁のストーカー行為について対応サイトを紹介します。



スポンサードリンク