google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:勉強方法

bc68918f1d1646196526b26ce56d9a87_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

週末に、子供の学校では文化祭が2日間行われますが、コロナ対策の為に、高3の保護者しか入場できない取り決めになりました。

最後の文化祭というわけで、高3の生徒さんのみの特別な配慮です。

先日、東京・開成高校での「兄弟替え玉登校」問題が話題となり、こちらでは「替え玉受験」と題して紹介させていただき、他にも私立校ならではの特殊な合格枠も少し紹介しました。

一斉休校で「オンライン授業」をしていたことと、出身中学から送られてくるはずの書類がなかったことで、不正が発覚したわけですが、ここから「有名私立校を目指すには、中学からがいいのか高校からがいいのか?」という議論も始まっています。

では、どちらがいいのかどうか?気になりませんか?

毎年、中学受験で全滅して泣いている子供さんはいて、高校受験でのリベンジで中学受験時より上のランクの学校に合格した生徒さんはいるので、あるひとつの中学受験への考えとして提案します。




今回不正が発覚した経緯

先日「替え玉受験だ」ということで、紹介し、私立校ならではの合格枠があることを紹介しました。

整理していくと、
  1. A君は開成高校に合格し、入学者集合日にもいた。受験票で本人確認済み
  2. その後、緊急事態宣言が出て、入学式はなし
  3. オンライン授業となったが、A君ではなくB君だった。
  4. 画面上なので本人か確認しづらかった
  5. 出身中学から届くはずの「指導記録」が届かない
  6. 開成高校から7月に問い合わせたところ「A君の書類は別の学校へ送った」と回答
  7. なりすましが完全にわかったのは9月。A・B君ともに処分

という流れが公表されています。

発表ではこのようになっていますが、B君が受験し、受験票もB君の写真添付ではなかったのかと思われます。名前や住所のみがA君だったのではと思われます。

コロナ流行で、オンライン授業に切り替わったことで本人確認がさらに取りずらかったということはあります。

しかし、開成高校から出身中学への確認が7月とかなり遅れたことが、問題を長期化させてしまったのは問題はあるでしょう。

私の子供の中学受験の際、5月末までに出身小学校から「6年間の指導記録」などの書類を学校へ送るようにという手紙を小学校の校長に手渡しでおこない、きちんと手続きはしてくださっています。

コロナで学校側も後手に回ったけれど、書類手続きは早急にしていれば、半年もの間に生徒の替え玉はなかったはずです

有名高校から入学する生徒さんのレベルはハイレベル。

中学受験でも偏差値70以上の学校はありますが、高校受験となると公立高校と併願受験する生徒さんもいます。

公立高校の方がハイレベルの学校もありますから、私立高校を併願するとなると、学校側は試験内容をあげていく傾向はあります。

そして、有名私立高校なら、真の実力者は高校受験で入学してくると言われています。なぜかといいますと、中学受験経験者で、全滅経験をした子や希望校が不合格になった子が、リベンジするからです。

一部では学費面の問題から、高校受験から有名私立校を受験し、合格している子はいます。

中学受験経験者は、ちょうどいろいろと刺激を受けて、成長していく時に、勉強方法を身につけていきます。

中学受験の時に、実力が発揮できなくても、高校受験で花開く子は必ずいます。

慶應も「高校から真の実力者が入る」と言われている学校です。もしかすると、中学受験で開成などの有名ハイレベル中学に入れず、一生懸命勉強して慶應・高等部に入っているのかもしれません。

中学受験で苦い思いをしている子は勉強上手

うちの子も、中学受験準備期間に苦い思い(いじめなど)で成績が伸び悩み、なんとか今の学校に入学しました。

その後、成績の伸び具合がどうなるかと気にはしていましたが、中1の冬ぐらいから一気に成績が上がり出しました。

中学受験時代のことを忘れたくて、あまり勉強しなかった子なのですが、いきなり独自かつ受験時に教わった勉強方法を思い出して、勉強を始めたので成績もついていきました。

他にも、中学受験で全滅を経験したけれど、高校受験時に中学受験で学んだ勉強法をアレンジしていったことや、小学校時に知ったこと・才能が開花して、成績があがり、見事中学受験時より上の学校と公立でもトップの高校に合格した生徒さんを知っています。

「中学受験を経験した方がいい」というわけでもないのですが、中学受験で苦い経験をしている子の根性は後から開花していきます。

まとめとして

中学受験は、準備期間が長いことや費用面の問題(塾の費用と合格後の費用)が大きいので、かなり親御さんがしっかりお金の管理や考えがブレないようにしないと、きついです。

高校受験は、進学後に所得制限はありますが、学校の学費面で苦労は減るものの、中学受験を経験している子供さんの存在は大きいです。

子供さんの進路について、小学校からお考えになられて、決めていかれると思います。

どちらが有利かというと、子供さんのやる気や将来の夢次第ではないでしょうか?

中学受験を無理にさせると、後々親子関係にヒビが入ります。それなら、高校受験から子供さんとよく話し合って、納得のいく受験で将来の夢を追いかけた方が幸せです。

開成高校の替え玉問題は、中学受験も高校受験も受け入れている私立校に「ひとつの問題」を投げたようなものです。

完全中高一貫をなくした学校がある中で、これからどういい生徒さんを受け入れていくかは、学校がこれから考える課題ですね。

話が長くなりましたが、読んでいただいて、ありがとうございます。 

スポンサードリンク


PAK85_desk15215645

公開日:2020/3/3
加筆・修正日:2020/6/2

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2020年3月2日)から、ギリギリで国の指示による一斉休校に入り、3月24日までは自宅学習です。期末テストの採点は、まだ決定ではないのですが、独自ルールで生徒に不利益とならないようにする模様です。

バタバタしていたのですが、今日は英検二次試験の発表日。子供は準2級を受験し、筆記はギリギリセーフで、今回はコロナウイルスの影響で、試験ではマスク着用推奨となっていました。

本番は、不安ななかでの受験でしたが、さてどうなったでしょうか?



見事、一髪完全合格しました!

SMIMGL3968_TP_V


実は見事、一次でダメだったり二次でアウトにならず、全て一髪合格しました。
クラスメイトのお友達からの話では、準2級を受験するのに時間がかかっていたのですが、我が子は、なにもかも一髪勝負。

勉強の様子を見ていたのですが「本当にこの子は合格するんだろうか?」と心配したぐらいです。

学校で受験級別の対策補講はあったものの、何をしているかも謎でした。

しかし、今日の合格発表後に、どういう勉強をしていたかを少し公開してもらいました。

一次対策は、問題集を家でやったのみ。

娘から聞けた話としては、まず一次試験の対策は、市販の問題集を使って慣れたことだけです。

問題集選びは、私もネイティブではありませんがどの問題集がいいか選ぶことはできたけれど、本人にまかせました。その結果、「英検準2級 ポイント攻略問題集 - 成美堂出版」さんのテキストを使用しています。

子供さんによっては、旺文社などがしっくりくるというケースはありますが、中3になればどの問題集が自分にあうかは判断できるので、親が口出しせずとも、自分で選んできます。

購入した問題集に対して、どのように勉強したかというと、学校の宿題が全て片付けてから、夜遅く、空き時間の中で時間とやる単元を決めて、勉強していました。

一次試験の演習問題が繰り返しできるような時間と日にちの配分をしていましたね。

結果は、ぎりぎりでの合格でしたが、長文読解でかなり得点を稼いでいたことがわかり、単語数はその後どんどん覚える量をあげれば、二次試験は突破できると判断しました。

効率よく勉強時間を取って集中力で勝負したのが、よかったといえるかもしれません。

二次は予測不能だった「マスク着用推奨」

二次試験の通知がきた時、ちょうど新型コロナウイルスが流行寸前で、どこでどうなるかわからないと不安にしていました。次回に延期してもよかったのですが、外出などの制限も出てくる可能性はあったので、そのままの日程で受験しました。

試験の注意事項には、
  • 試験官は不利益とならないように声を出します
  • マスク推奨。なしでもいいけれど、着用する時は大きめに話すこと
この2点は重要なところでした。試験は、外国人ネイティブか日本人ネイティブが審査するし、試験官の采配では、マスクをするようにと指示が出ればマスクをしなければいけないからです。

しかし、娘を採点した試験官は日本人ネイティブで、マスクを外しての試験は認められたので、安心したようです。

試験内容については、緊張で頭が真っ白になりかけたけれど、自分が知っている単語を駆使して、身振り手振りのジェスチャー、そして最初と最後の挨拶を丁寧にすることには気をつけたといいます。

今日の結果発表でも、意思疎通と挨拶については高評価が付けられていたので、夏の研修旅行で学んだことが反映されたといえます。

今後は、英語ができなければ地獄をみる。そのためにも英検は受験しておこう。


max16011508-3_TP_V (1)


今、ようやく公立高校の受験が終わった地域が出てきて、喜びの声が出ていることでしょう。
しかし、公立高校での英語教育については、私も謎です。

私立校の場合は、中3でも高1級の勉強はしていますが、英語が苦手な子はいて、まだ3級の合格を果たしていない子は一定数います。

大学入試改革で、一旦「英語4技能」は保留になっていますが、これからの大学受験(しない人もいるけれど)や就職などで英語が離せない「自分の言葉で自分の気持ちを英語で話す能力」がなければ、落ちこぼれになってしまいます。

私の姪っ子は英語が大嫌いで、結局英語が足を引っ張ることになり、春から浪人生になります。

指定校推薦を忌み嫌う人はいますが、どの道一般試験でも英語で何もできなければ意味がありません。英語能力を上げるためにも、早いうちから英語検定などの英語資格は取っておいて、どのぐらいの能力かを自分で知ることは大切です。

子供の学校では「指定校推薦を受けるなら準2までできれば1級まで取得して欲しい」と言われていますが、大学によっては、TOEFLi-BTのスコアも求められるので、春休み中に英語の宿題が出ていたり、気になるようであれば、どんどん英語の勉強を進めておいてください。

【追記事項あり 2020年6月2日】
新型コロナウイルスにより、現在は準会場受験に切り替わっています。準会場受験とは、団体(学校や会社単位など)で団体申し込みをし、一次試験会場として受験する方法です。

中高生は団体受験で一次試験は対応可能と思われますが、小学生もしくは中高生で団体受験ができない場合はどうなるでしょう?

英検のホームページでは、個人申し込みは受け付けていますが、個人受験受け入れ可能な準会場を探さなければいけません。例外として、塾で受験希望者の人数が英検が定める人数では、準会場として認めるとしています。



この対応は、2020年第1回目のみの対応になりますが、今後の感染状況次第では、第2回も同じ対応をとるものと思われます。

ウイルスが落ち着くまでは、様々な検定試験への影響は大きいので、指定校推薦やその後の進路で「必要だ」と思う検定試験は、逐一各協会ホームページで確認してくださいね。


スポンサードリンク

a1568d5fcecfb28bd35221c3e93276b8_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう、関西圏や関東圏で1月入試のところであれば、そろそろ志望校への出願が始まっているかと思います。この時期は、そろそろ朝型の生活リズムに戻して、苦手科目の克服など、塾や親御さんも必死になるシーズンですよね?

私も性格には4年前、子供の受験対策で体調管理や苦手科目のトレーニングに付き合いました。(12月初旬にインフルエンザで寝込んだ時は焦りましたけどね。)

さて、志望校によっては、5教科もしくは2教科(3教科もあり)を受験対象科目としていますよね?入試時に得手不得手の科目が出てくるのは仕方ありません。

少し話は先になりますが、入学後に「あれ?こんなはずじゃ?」という現象が出てきます。入学後びっくりされるかもしれませんが、事前にお伝えしておくのがよいかと思ったので、紹介します。



受験時は不得意科目が得意科目に化ける現象はあり!

cf79f5e62740e35f701c0ef3698b932f_s

私の子供が一番わかりやすいので、実際の成績の変わり方を紹介していきますね。

中学受験準備期間中、ずっと算数が大嫌いで、成績も悪くて、個人指導コースの先生でさえも、頭を炒める生徒でした。

中学受験間際に成績が思うように上がらないので、「コマ数を増やしたい」と打診されるほど、算数はのびませんでした。

後日、学校でのいじめが原因で、精神的苦痛を受けていたことがわかったので、先生方も指導方針を変えてくださいましたが、合格した学校での学力テストは、まぁ悲惨なものでした。

中1の前期における学力考査は、ほぼほぼ公表できるものではありませんでした。

ところが、中学の授業が本格化してきてから、ガラッと成績は変わりました。

特に、苦手だった「数学」がクラスやコース内(医学部系には負けるけれど)ではトップをとるようになり、理科も常にトップクラスにいつもいる状態になりました。

ちなみに、これは中2に上がってからの話です。

逆に下がっていて、いま順位をあげようと特訓中は「国語(現代文・古文)」と歴史で、これは先生の指導方針に問題があるようですから、やり方次第では高校からアップすることでしょう。

いきなりその子の得意科目が逆転することは珍しくない

「え?嘘でしょ?そんなはずない!」という方はいると思います。

これ、実は高校に上がってからもある現象で、成績優秀者でトップ合格したとしても、卒業時に最下位で卒業する生徒は珍しくなく、何がいけなかったのか、何がよかったのかというのは、子供の中の「何か」が目覚めるとしかいいようがないです。

私の子供は、数学は大好きで週末に主人(大学院卒・大学受験までの家庭教師可能・現在研究職)に分からないところは教えてもらっているものの、飲み込みはものすごく早いです。

中学受験準備期間中は、どうしても父親が小学生が受ける「中学受験の算数」を教えることって難しく、関数や方程式を使えば簡単なことを教えられないという弱点はあります。

国語の力があがっていくのは、母親が指導できる能力があれば、教えることはできますが、せめて漢字の書き取り程度で、読解問題は、まず教えられません。

ところが、

中学校に入学すると、今まで習ってきたことは、全て無に返して、中学生でしか解けないものにシフトチェンジする必要があるので、最初成績がよくても、途中で急降下する生徒は出てきても当然な話。

指導する教員も、科目ごとで変わるので、指導方法が上手な先生との出会いがあれば、急激に得意科目が変わっていくということもありますから、得手不得手科目がガラッと小学生時代と変わっても仕方のないことです。

ただし中3からはなるべく成績の高低差はなくす

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_s


私立の中高一貫校であれば、コースなどによっては、中3の2学期から高1の授業に突入する学校や科目はあります。

そして、今問題になっている2020年大学入試改革次第で、影響が出てくるかもしれない「指定校推薦」についても、厳しく指導が入り、総合評価による指導や部活・学校への貢献など、進路指導の先生や担任から指導が入ってきます。

指定校推薦のみの話でいくと、かなり一般入試でも厳しい大学・学部となると、高1からの総合評価で4.0以上の評価がなければいけないという学校は多いです。

これから中学受験をする子供を持つ親御さんとしては、「え?うちの子、これからどうすればいいの?」ということにはなるかもしれませんが、今は中学受験を乗り越えて、入学することだけまず考えてください。

入学後、徐々にクラスでもトップクラスにいられるような勉強などを、子供と話すとよいのではと思います。入学してからは、どうしても力が抜けてしまいがちですが、それはそれでいいと思います。合格してどこに入学するかで実は別れるのではないでしょうか?

まとめとして


juken_sleep_inemuri_woman

希望の中学に入学してからの話は、驚かれる方、「そんなの知っているよ」という方に別れるでしょう。実際に我が子が成績優秀で特待生で入ったのに、みるみる成績が下がって、特待生に対する優遇措置が消えるということもあります。

特待生だからと、勉強を疎かにすると痛い目にあうので、他の入学生がぐいぐいと上位に食い込んできた時にさてどうなるか?

ということで、入学時にあまり点数がふるわず、なんとか合格できた子も、中学入学後に、勉強のコツをつかんでしまうと、追い越すことは余裕になりますし、素晴らしい生徒さんは続出してきます。

中学受験前に、こういうお話をしたのは「今の成績に甘んじてはいけない」という教訓で書きました。本当に合格して入学してからが、いろんな生徒の実力発揮なので、今がよくても将来のこともしっかりと見据えてお勉強していきましょう。


スポンサードリンク


fb8456015d89b9f35d45c9edaac3544e_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

2018年もあとわずかになりました。
子どもも、学校の講習会が終わり、やっと冬休みに入り出された宿題や、休み明けに行われるテストの勉強に追われています。
基本としては、お正月3が日はお勉強はおやすみしますけれどね。

さて、私立の中高一貫校でも中堅校に採用されている、ベネッセの「学力テスト」が三者懇談会の時に返却されて、結果などがわかりました。

中2生になると、どのような変化が出るかを、紹介していきます。



中2になると大きな差が出やすくなります

懇談会の時に、見せていただいた成績をみて、「驚き」しかでませんでした。

事前に子どもから聞いていたのですが、成績が1年の時よりかなり落ちていました。

話が後になりましたが、ベネッセの学力テストは、国が行う「学力テスト」とは異なり、
私立の中高一貫校の中堅校が採用しているテストで、一部の公立校でも採用しています。

国の学力テストと異なる点は、小6と中3だけでなく、中1から連続して毎年受けることができるということで、1年間の学力推移が見やすいということです。

私立中学は、実施した時にどこまでの単元を終了させているかで、この学力テストの点数に差が出やすいという弱点はあるものの、国語や英語はそれほど差が出にくいので、1年の時からの学力を知るにはちょうどいいでしょう。

ただし、数学については、学校やコース制次第で、大きく差が出て、我が子のコースの場合、一次関数をする前に、学力テストが行われたので、できなかった子が多く出たと聞きました。
塾に通うのは禁止されているので、どうしようもなかったのですけれど、他のコースと差をつけていたというのは、少し問題があるのかもしれません。

中2は一番中だるみが出やすい時期

中1の時は、成績がよかったはずなのに、がくんと中2の途中になって下がってしまう生徒さんは確実にいます。
私自身も中2の2学期にかなり成績が落ちて、高校受験のために、塾に通っていた時にちょうどドスンと低下したのも中2の2学期でした。


図解で解説しましょう。(下手くそでごめんなさい)

解説図 2
入学時は、中学受験で習った内容が高校生級のことをしてきているのと、まだ中学受験時の勉強癖が残っているので、成績はキープされます。
しかし、クラブ活動や、科目ごとに先生が変わるなどの小学校時代とは違う環境に置き換わるので、勉強方法や生活リズムが変わります。

入学時のレベルをキープすることが徐々に難しくなることと、中高一貫校であれば「高校に余裕で進学できるよね」という油断から、勉強時間や読書時間を減らす生徒さんはいます。

そのつけがくるのが、中2。

中2でキープしているか、成績をあげてくる子もいるのですが、「成績の中だるみ」が出やすいのが、中2です。

子どもも、最近囲碁の腕をあげているのはよいのですが、国語と英語の先生が苦手だということから、読書量が減ったり、文句をぶつくさいいながらやっていました。

先生への反抗心から今まで積み重ねてきたものを、自分で壊していたということになるので、当然のごとく、成績は落ちてしまいます。

学力をあげるなら、冬休みと3学期の勉強次第で大きく変わる

私の経験と、先生からのアドバイスとが一致したので、お話できますが、学力テスト終了後、すぐに「間違えたかも」という単元に対して、見直しをしなければ、いつまでも学力修復にはなりません。

後日、テスト結果を返却されたとしても、間違えた場所の見直しと自分での再テストを行なって、苦手部分の克服をしなければ、学力復活への道にはなりません。

冬休みの宿題は、3学期に対応した宿題や2学期までにした単元のドリルなどが渡されていますが、それを期日前に片付けて、はい終了では意味がありません。

もう一度、見直しをして、間違いがないかのチェックと、宿題をしていて苦手だったところを普段使っている教科書や問題集で、定着させることが大事です。

さらに、3学期になれば、クラスメイトの子などが自分なりの勉強方法で復活してくるので、自分も復活しないと、取り残されてしまうということになります。

親御さんとしては、「ど、どうしよう」と焦るかもしれませんが、勉強方法については、中学受験時に自分の方法ができていたはずなので、お子さんにその時の勉強方法を思い出してもらうしかないです。
特に中2は「反抗期」に入っているお子さんが多いので、親御さんがやいのやいのというと、反抗して成績がさらに下がる要因になります。

まとめとして、あげるもさげるもお子さん次第

簡単にベネッセの学力テスト中2編を紹介しましたが、私立校での進度がはっきりわかるのもこのテストの特徴です。

我が子の成績としては、受験母体数からの計算でいくと、さがったとはいえ中間層のレベルでした。
しかし、子供のが満足している成績ではなく、がっかりした内容でしたので、先生からもしっかりとお説教を受けることになりました。

実は、同時に期末テストもどんと落ちていて、落ち込むことにはなるのですが、自分の勉強の甘さを汁ことになったので、ベネッセの学力テストの返却と、期末テストの返却はいい薬になったといえます。

スポンサードリンク


このページのトップヘ