google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:制限あり

1027739_s

初稿:2020年12月04日
追記:2020年12月22日

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2020年12月3日)の夕方、大阪府で「大阪モデルによる非常事態宣言」が発表されました。

今日から正式に発令となりましたが、医療崩壊を防ぐための非常事態宣言で、「不要不急の外出を控えるように」とは言われています。学校はというと、「小学生など小さな子供の感染率が少ないため、学校は続ける」と報道されました。

今朝、我が子は学校へそのまま行きました。学校から帰ってから、なんらかの対応に関する資料は渡されるかもしれません。

ですが、中学受験を控えている子供さんは不安でしょう。

今朝から、私で調べた情報ですが、今日公開後もわかればどんどん追記していきます。



出願や入試日程に変更は特になし

大阪モデルの非常事態宣言が、12月15日までと短期間なので、1月初旬に開催予定の中学受験では、入試日程変更は特に行わないとしています。

出願締切日も、今はネット出願を採用している学校が多いので、特に変更はありません。万が一、ご家庭で使われているパソコンやプリンタが故障したりなど、ネット環境に接続できない場合は、必ず学校に連絡を入れて、対応の指示を受けてください。

ほとんどの学校が、事前連絡を入れていれば、学校のパソコンやプリンタを使わせていただけます。入金は、学校では行わずネット上か最寄りのコンビニで支払いとなりますので、注意してください。

同日午後受験を実施している学校や複数日程をそのまま継続する学校はありますが、一部の学校でコロナウィルス対策の為に、同日午後受験を取りやめてとしている学校があります。

複数受験(関西なら最大4校と思います)を考えている方は、逐一日程変更が行われていないかをチェックしてください。

府外からの受験の制限はありません

昨日、大阪モデルの非常宣言が出てから、府外の方から「こちらに来ないで欲しい」という声がちらちらと上がっています。

もちろん、学校側は、府外から受験する子供さんを拒否することや制限することはありません。

大阪は、神戸・京都・奈良・和歌山と隣接しているので、大阪市内や北摂にお住まいの子供さんなら、神戸や奈良の有名中学を受験するのは当然でしょう。

また、東京など遠方から受験される子供さんはもちろんいます。

ご家庭の住まいで受験を制限することは、教育に関する権利に反することになりますから、制限はかかりません。


受験当日は要注意

同日午後受験や複数日程を開催する学校では、まれに帰宅時間や駅までの距離を考えて、特別バスを手配してくれる学校はあります。

今年は、バス内でのクラスター感染予防の為、取りやめている学校があります。帰宅時間や移動時間でバスなどの利用を考えていた方は、学校の決まり事(学校周りが住宅地だと、車での来校を禁止しています)を確認した上で、移動方法を決めておきましょう。

毎年恒例なのですが、塾から先生方が来て、門をくぐる生徒さんを見送るのが定番となっています。これもクラスター防止でほとんどの学校が禁止となりました。

さらに、お母さん・お父さんの控室を用意してくれる学校がありましたが、この対応も取りやめとしている学校が増えています。

子供さんの食事についても、学校によってバラバラですね。

受験当日、親御さんとの食事などの受け渡しのことは、入試要項などをチェックした上で事前に決めておきましょうね。

今後の予定は常にチェック!


今もコロナの感染者は増えていて、先ほど東京の感染者数が発表されました。しかし、学校の授業は大学以外は通学はさせるというのが、文科省の方針です。

万が一、また緊急非常事態宣言が出たとして、前回の時とは、違った対応にはなるものと考えられます。

<合わせて読みたい>


入試スタイルがもしかすると変わるかもしれませんが、基本はあまり変更は起きないと考えて、中学受験に備えてください。

<追記 2020年12月22日>
大阪府においては、2020年12月15日まで「大阪モデル」による緊急事態宣言をするとしていましたが、感染者の増加により、12月25日まで様子を見たいと発表しています。

現在のところ、関西の各校での入試対応については、各校で異なりますが、万が一入試前にコロナに感染したなど疾病で感染して受験ができなかった子供さんへの救済策はあります。

各校で提出する書類が異なるので、万が一のことが出た場合は、必ず学校に連絡をして、対応に従ってください。

入試説明会の時に、ちょうどコロナに子供さんやご家族が感染した、もしくは密接接触者として自宅待機になり、説明会に参加できなかった場合はどうでしょう?

今、関西での感染が激しい為、生徒や関係者(教員・事務員)以外の入校を断っている学校が増えています。

この場合も、必ず受験校へ連絡をして指示をあおいでください。出願については、コロナ禍でオンライン出願が進んでいる学校が増えています。もし、紙ベースで出願しなければならない場合は、内申書も必要であれば、出身小学校の先生にもご相談ください。

スポンサードリンク




にほんブログ村に参加しています。
ぽちっとよろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

e51ad388385eafa6a7ea5068667b2d00_s


「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もうじき5月のゴールデンウィークに入り、一部の塾では大型連休でも講習会を
行いますが、実は私立中学・高校ではゴールデンウィーク中に文化祭や体育祭が
行われるケースがあります。

ところが、真逆で学校見学会や入試説明会を行う学校が多いのも5月。

親御さんとしては、どっちが先なのか悩みますよね?
塾側も特にどっちが優先かというアドバイスは明確にはしてくれないので、親御さんでの
判断になります。

あわせて、日にちについては「自分で調べる」が原則です。

さてさて、どうすればいいのでしょう?
ということで、実例をあげて紹介していきましょう。

スポンサードリンク


超難関校の今年の様子(毎年恒例なのだが)

f8a9b8671ba955e91b14491eec9cdfe1_s

超難関校になればなるほど、文化祭や体育祭を5月〜6月に回す傾向はあります。
9月か10月に実施している学校はありますが、超難関校になると、高三生が大学受験の
追い込みに入るので、5月~6月に学校行事でも大きな行事を回す傾向はあります。

ちなみに、東京で自由奔放規則ながらも東大などへ大量の合格者を出している
麻布中学はホームページでの情報では、5月2日〜5月4日に文化祭を開催し、
一般開放してくれますが、人気校で校長先生のお話がユニークであることが有名なので、
学校側からは、在校生保護者の方は混雑緩和のため、5月2日に来て欲しいと呼びかけています。

麻布中学の文化祭情報はこちらから

一般開放している学校もありますが、学校によっては受験生が入っていることができる学年を
小5・小6と限定している学校はあるので、志望校のホームページは確認は必要です。


まだ低学年、もしくは説明会に参加していないなら見に行く必要なし

有名な中学受験専門塾で低学年(小1〜小3)の場合や、小5・小6で入試説明会に
参加していないご家庭。

学校行事について、受験生なら開放しているところもあれば、無制限で一般開放している
ところはあります。

しかし、低学年で文化祭や体育祭の印象次第では、実際はもっといい学力のところに
いけるかもしれないのに、行事につられてしまって、受験校を高学年で決める時に、
学校行事での楽しかったイメージで、受験校を固定化してしまうということになります。

塾からも成績は優秀なのに志望校について話しても、気に入ってしまった学校に
固執して、逆にいい結果に結びつかないという場合も出て来ます。

小5・小6でも、同様で入試説明会をまだ受けていなくて、学校行事の見学の雰囲気で
簡単に志望校を固定することがあるので、入試説明会にまだ参加していなければ、
無理に行く必要はありません。

スポンサードリンク


入試説明会は親子で行く方がベスト!文化祭や体育祭は最悪いけなくてもいい

84915e3f71cad748a033176dc6384665_s

子どもさんが学校の楽しい面だけを見てしまうと、他にも子どもさんにとってよい環境の
学校があるはずなのに、選択肢を狭めてしまうもとになります。

「親だけ入試説明会を先に行きなさい」と指導する塾はありますが、文化祭や体育祭は
見れなくても構わないので、選択肢を広げて上げるためには、「入試説明会を先に行く」と
いうのは鉄則と私も中学受験をさせてみたものとしては同感です。

ただし、学校見学会や模擬授業をする学校があって、同時に入試説明会を行う学校も
少なくないので、学校の雰囲気を知るためには、子どもさんを連れて入試説明会に
行くのがベストです。

地域にもよりますが、入試説明会に子供さんを同伴させないところもありますが、
私個人としては、連れて行けるのなら連れて行くのがベストと経験からおすすめします。

複数校受験なら、学校行事よりも説明会を重視!

もし、今お子さんが何年生かわからないという想定で書いていますが、
複数校受験を考えているご家庭なら、今は学校行事よりも入試説明会の
だいたいの日程を調べておくことを優先して、スケジュールを組んでみてください。

先に説明会やプレテスト、公開授業で学校の雰囲気をお子さんに見てもらって、
授業をする学校の雰囲気で、どの学校を重要視するかを決めるためでもあります。

文化祭や体育祭を見ると楽しいのはわかるのですが、
本来の授業はどうなのかを知っておかないと、
合格して入学してからギャップの激しさにしょんぼりしてしまう子供さんは出て来ます。

お子さんが楽しく学校に行くには、学校行事を先に見て楽しむよりも、
学校全体の雰囲気を子供さんが感じ取ってもらうというのが最優先です。


まとめ

我が家のケースでは、小5ではまだ志望校確定が不安定だったので、
小6の5月ぐらいから複数校で説明会や見学会に参加しています。

見学会が先の学校では、軽く入試説明会がありその後クラブや体験授業を
受けています。

複数校回りましたが、文化祭や体育祭が見学できる学校はありましたが、
もう受験についてかなり詰めていかないとまずいという状況でしたので、
一切見に行きませんでした。

本人に後から聞いて見ると、「もし見入っていたら、そこしか考えないように
していたかもね」と話していましたし、私の同じ立場なら、楽しそうなところを
最優先するでしょう。

地元へのいろんな還元ということで、一般開放している学校はありますが、
不審者などの問題から、自由に出入りできない学校もありますので、
もし、学校行事を見学してみたいとお考えの方は、事前に学校のホームページなどで
確認してから出かけてください。

まぁ、個人的な意見としては、楽しみは合格してから取っておくのが一番ですよぉ。

スポンサードリンク

このページのトップヘ