4020179_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今週ぐらいから、徐々にコロナウィルス感染者が増えてきていて、このままでは緊急事態宣言がでるかもという噂も出ていますね。

政府として「今は考えていない」と発表されていますが、増え方からみると不安になりますね。

さらに、冬といえばインフルエンザ。

10月26日から、特に疾患を持っていない人などの接種がスタートしています。我が家はなんとか家族全員接種できましたが、接種できずに困っている人は多いです。

特に中学受験をする子供さんの家庭で「ワクチン難民」になっているご家庭はあるかも。

今年はインフルエンザとコロナとのダブル対策が必要ですが、よく考えるとワクチン以外でできる対策は共通点はあるので、紹介していきます。



事情次第では当日予約なしでも接種可能のところあり

我が家のかかりつけ内科の病院は「今年は、去年ワクチンを当院で接種した人のみ」と限定していました。

我が家は、本来なら毎年その病院で打っていたのですが、主人だけ仕事の都合で去年は接種していなくて、対象外と断られていました。

その後、同じような問い合わせがあったようで、私と子供がうちに行った時に事情を話すと「そういうことならワクチンの入荷数の問題もあるけれど、大至急来れるなら打ちますよ」と返事をくれました。

その日は土曜日。主人はちょうど休みだったので大急ぎで来てもらって接種できました。

引越しなどでかかりつけ医がいない方や去年は接種しなかった方は、ダメ元で近くの接種可能な病院に問い合わせると、意外と対応してくださる病院はあります。

特に、受験生を抱えているご家庭なら深刻な話ですから、事情を話せばいけるかもしれません。それでも「だめです」と言われるかもしれないと覚えておいてくださいね。

外出や学校・塾でのマスクは必須

4048961_s

家族全員になりますが、外出時や学校・塾はマスク必須と考えて行動してください。

たまに、マスクを付けずに歩いている人を見かけますが、中学受験本番は、早いところでは12月、一番遅いところで2月。

今、感染してしまって、12月受験を予定している子供さんには痛い話ですよね。

マスクをすることで、もしかかっていても飛沫感染をさせることはないし、逆に人からの飛沫感染を少しでも防げます。

特殊な事情でマスクを嫌がる子供さんはいますが、子供さんがマスクに対して怖がらない方法はあるので、小児科の先生と相談してくださいね。

換気・手洗い・消毒は基本。人混みもできれば避ける

最近、ある方から「夜遅くて、大人がたくさん乗っている電車に、塾帰りらしき子供が乗っている」という書き込みをSNSで見かけました。

もし、交通機関を利用して通学している場合は、なるべく人混みを避ける方がいいでしょう。これからの感染人数を考えると、塾側も感染対策はするはずです。

心配な場合は早めに先生にご相談してください。

手洗い・消毒は基本中の基本として、家や学校でも十分気をつけてあげてくださいね。

対応が早い塾では、換気にも気をつけていて、空気清浄機を1室に2台置いているところがあるとも聞きます。

暖房がこれから必要な時期ですから「換気をどうしようかなぁ」とお考えのおうちもあると思います。

少し窓を数ミリ開ける程度でも換気ができると言われていますが、定期的に窓を開けて、空気の入れ替えをしてあげましょう。

まとめとして 何があっても動揺せず冷静に

今、我が子の学校でも、クラスター感染に対してはかなり警戒していて、学年集会を復活させたばかりなのに中止しています。

狭い講堂にたくさん生徒を集めるのは危険と判断したからです。

今年の受験は、例年と違って2種類の感染症に気をつけての受験ですよね。

不安なのは当然ですが、正しく予防して、自衛するしかないと思います。インフルエンザワクチンが不足し始めているという報道は、毎年打っていない方々が、コロナと区分けのために慌てて打ちにきていているので、不足が出ているだけです。

異例ずくめの中学受験になりそうですが、困難な中の受験は、今後苦難を乗り越える時のエネルギーになるので、きちんと予防できることはして、大変なこの時期を乗り越えてくださいね。


スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ったらポチッとお願いします。
↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村