google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:ワクチン

4020179_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今週ぐらいから、徐々にコロナウィルス感染者が増えてきていて、このままでは緊急事態宣言がでるかもという噂も出ていますね。

政府として「今は考えていない」と発表されていますが、増え方からみると不安になりますね。

さらに、冬といえばインフルエンザ。

10月26日から、特に疾患を持っていない人などの接種がスタートしています。我が家はなんとか家族全員接種できましたが、接種できずに困っている人は多いです。

特に中学受験をする子供さんの家庭で「ワクチン難民」になっているご家庭はあるかも。

今年はインフルエンザとコロナとのダブル対策が必要ですが、よく考えるとワクチン以外でできる対策は共通点はあるので、紹介していきます。



事情次第では当日予約なしでも接種可能のところあり

我が家のかかりつけ内科の病院は「今年は、去年ワクチンを当院で接種した人のみ」と限定していました。

我が家は、本来なら毎年その病院で打っていたのですが、主人だけ仕事の都合で去年は接種していなくて、対象外と断られていました。

その後、同じような問い合わせがあったようで、私と子供がうちに行った時に事情を話すと「そういうことならワクチンの入荷数の問題もあるけれど、大至急来れるなら打ちますよ」と返事をくれました。

その日は土曜日。主人はちょうど休みだったので大急ぎで来てもらって接種できました。

引越しなどでかかりつけ医がいない方や去年は接種しなかった方は、ダメ元で近くの接種可能な病院に問い合わせると、意外と対応してくださる病院はあります。

特に、受験生を抱えているご家庭なら深刻な話ですから、事情を話せばいけるかもしれません。それでも「だめです」と言われるかもしれないと覚えておいてくださいね。

外出や学校・塾でのマスクは必須

4048961_s

家族全員になりますが、外出時や学校・塾はマスク必須と考えて行動してください。

たまに、マスクを付けずに歩いている人を見かけますが、中学受験本番は、早いところでは12月、一番遅いところで2月。

今、感染してしまって、12月受験を予定している子供さんには痛い話ですよね。

マスクをすることで、もしかかっていても飛沫感染をさせることはないし、逆に人からの飛沫感染を少しでも防げます。

特殊な事情でマスクを嫌がる子供さんはいますが、子供さんがマスクに対して怖がらない方法はあるので、小児科の先生と相談してくださいね。

換気・手洗い・消毒は基本。人混みもできれば避ける

最近、ある方から「夜遅くて、大人がたくさん乗っている電車に、塾帰りらしき子供が乗っている」という書き込みをSNSで見かけました。

もし、交通機関を利用して通学している場合は、なるべく人混みを避ける方がいいでしょう。これからの感染人数を考えると、塾側も感染対策はするはずです。

心配な場合は早めに先生にご相談してください。

手洗い・消毒は基本中の基本として、家や学校でも十分気をつけてあげてくださいね。

対応が早い塾では、換気にも気をつけていて、空気清浄機を1室に2台置いているところがあるとも聞きます。

暖房がこれから必要な時期ですから「換気をどうしようかなぁ」とお考えのおうちもあると思います。

少し窓を数ミリ開ける程度でも換気ができると言われていますが、定期的に窓を開けて、空気の入れ替えをしてあげましょう。

まとめとして 何があっても動揺せず冷静に

今、我が子の学校でも、クラスター感染に対してはかなり警戒していて、学年集会を復活させたばかりなのに中止しています。

狭い講堂にたくさん生徒を集めるのは危険と判断したからです。

今年の受験は、例年と違って2種類の感染症に気をつけての受験ですよね。

不安なのは当然ですが、正しく予防して、自衛するしかないと思います。インフルエンザワクチンが不足し始めているという報道は、毎年打っていない方々が、コロナと区分けのために慌てて打ちにきていているので、不足が出ているだけです。

異例ずくめの中学受験になりそうですが、困難な中の受験は、今後苦難を乗り越える時のエネルギーになるので、きちんと予防できることはして、大変なこの時期を乗り越えてくださいね。


スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ったらポチッとお願いします。
↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もう10月の後半に入り始めましたが、関西では来年1月、関東は来年2月が中学受験本番ですよね?
気になるのが、最近は季節を問わなくなった「インフルエンザ」!
特に、冬に大流行する傾向が強いので、10月後半からワクチン接種ができる病院が増え始めます。

ここで、受験間際の小6生。本番にインフルエンザにかかってしまうと、学校によって対応が変わりますが、受験できないかもしくは別室受験になります。

熱が出て入れば、意識もうろうとしてしまうので、実力発揮もできません。

うちの子の場合、とんでもない時期に発症したので、慌てました。

万全の体制で受験してほしいので、最低限できるインフルエンザ対策を紹介します。



2年前に受験した我が子のケース

インフルエンザの予防接種は済ませていて、人混みを避けるようにしていたのですが、それでもインフルエンザに感染しました。

しかも、関西は受験が1月の初旬。子供の時は、初日が1月14日でした。
発熱したのが、大晦日の12月31日。
本当なら、塾の最後の追い込み勉強会に参加しなければいけなかったのですが、ちょうど学校側とのいじめ問題で、心理面もあって、塾の先生の計らいで勉強会は参加していませんでした。

大晦日ということで、一般の病院は休みで、市の休日診療所に駆け込んだのですが、熱がで始めた時間では、正確な検査結果がでないということで、翌日の年を越して、ちょうど正月三が日に特別に開けている小児科があったので、そちらを受診し、インフルエンザとわかりました。

すぐに特効薬と様々なお薬を出してもらって、正月期間は勉強は休み。

回復後、塾側に正月中にインフルエンザを発症したことを報告して、最後の追い込みをして、受験しました。

もともと、いじめ問題がなくても、受験前の1週間は学校を休ませるつもりでしたが、いじめ問題が解決できていなかったので、学校へは行かずに、ずっと家で過ごさせて、受験しました。

当日は、結団式を学校のグラウンドで、塾単位で行なっていましたが、塾の先生の計らいもあって、すっと受験会場に入って行きました。

実際の当時の受験状況を、担任の先生にお聞きしたところ、数名、体調不良の中で受験に来校したので、別室受験となったと聞きました。


最低限できることはワクチン接種での予防

adf7162a7fdb451af3e9c8e493936039_s


うちの子供のように、ワクチン接種をしていても、ワクチンに含まれているタイプと違う型で感染すると、ワクチンの力は出てきませんよね。

でも、ワクチンを接種していれば、インフルエンザにかかるリスクが低くなることは、間違いありません。
ワクチン接種をしても、体の中で免疫としてできるのに、時間がかかるので、接種タイミングはお医者様と相談してくださいね。

先日、SNSですでに低学年で有名塾にお子さんを通わせているお母さんの書き込みで、「お兄さんお姉さんがインフルエンザになっていても受験しているので、ワクチンはどうしようかな?」という不思議な書き込みを見つけました。

しかし、それは、逆に受験して合格を目指している小6生のお子さんに対して、大迷惑行為になるので、お子さんがいらっしゃる家庭というより、家族全員がインフルエンザのワクチンを接種しておきましょう。
効果が出なくて、インフルエンザになったとしても、軽症で済むし、回復も早いので、みなさんに迷惑をかけないという意味で接種してくださいね。


マスクと手洗いは、これは当然の対策

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_s

同時に流行しやすいのが、ノロウィルス。
これにかかってしまうと、かなり体力が消耗しますよね? インフルエンザでも、熱がで始めると、体力消耗が始まります。

ワクチン接種も大切ですけれど、そのほかに予防できることというと、マスクの着用と手洗いでしょう。そして、うがいもあわせてするといいですね。

単純なことですが、冬に流行りやすいインフルエンザやノロウィルスに対して、ブロックはできるので、元気な体で受験準備と、入試日当日を迎えられるように、ちょっとしたことですけれども、マスクの着用と手洗いは十分にしてくださいね。


まとめとして


入試日当日は、元気に体調がよい状態で受験したいですよね。
ワクチン接種や、マスク着用、手洗いやうがいは、最低限のインフルエンザ対策であって、本当は、追い込みシーズンは、人混みを避けて、栄養の高い食事をとることと、朝型モードにするために、早く寝ることです。

それが、インフルエンザからお子さんや他の受験生に迷惑をかけずに、本人も元気に受験できる秘訣です。
低学年のお母さんで異常なほど気を使うお母さんもいらっしゃいますが、ほどほどの気遣いで十分であって、ご自身のお子さんの体調をまず心配してあげてください。

これからが、受験本番で苦しむ時期ですが、体調面で助けてあげられることは、親御さんは十分してあげてくださいね。

スポンサードリンク


このページのトップヘ