google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:コロナ

4048961_s

初稿:2020年11月24日
追記:2020年11月26日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

しばらくの間、体調不良で更新をおやすみしていました。
今は大丈夫ですけれど、現在私が住む大阪ではコロナ感染者の数が、東京よりも多い日がありました。

学校でもしコロナ感染者が出た時の対応としては、府の私学課と学校で協議し、学校単位で少しずつ対応は違うようです。

塾に通う子供達の間では「どこそこの学校でコロナ休校だって」という情報共有があって、自分の通う学校へ話を戻すケースが多く、該当校の公式ホームページを見ると本当だったという話は多いです。

来月から12月から地方出身者向け受験や本試験を始める私立中学があるかと思います。

これから、政府や都道府県の知事の指示次第で、受験関連は大きく揺さぶれるでしょう。中学受験は特に今からが本番なので、一体どうなるか親御さんは心配と思います。

大手サイト様でも傾向は出ていますが、現場を知る子供の情報と私が得た情報を組み合わせて紹介します。




緊急非情宣言が出ない限りは特に受験日変更はなし。ただしの条件はあるかも。


第1波の時は、すぐに非常事態宣言が出て、一斉休校措置になりましたよね?

第3波となる今回(2020年11月下旬からとします)は、学校側の受験対応はどう考えているのでしょうか?

結論から言えば、大きな日程変更は現在は行わないでしょう。

ただし、感染者数や国や都道府県の私学課からの指示で、受験日や会場・受験方法を変更する可能性は否定できません。

関西のケースでいけば、12月中旬から願書受付が始まるので、出願状況で受け入れ可能人数と会場を決定するでしょう。

私ごとですが、国家資格の試験を9月に受験した際、3密防止の為、国立大学の教室でかなり間隔を開けて窓を少し開けての受験でした。

別の方では、大型展示会場やドーム球場など「普段ではこういうことはあり得ない」という事態がありました。

基本は学校内で行いますが、会場を学校から離す可能性はあると思っておいた方がいいですね。
出願締め切り後の連絡は、必ずチェックしておきましょう。

会場次第では別日程や午後受験ができなくなるかも

受験時の運になりますけれど、もし受験者が多く、学校ではなく別会場で受験となった場合の話と平行線になります。

複数校受験を考えている子供さんで、受験校が会場変更を行ったり、受験日変更が行われた時は、臨機応変の対応が求められます。

同日午後受験ができていた学校で、今年はコロナ感染を恐れて、午後受験を取りやめる可能性はあるかと思われます。対応の決定は、学校にあるので、受験生は何も文句は言えません。

今は明らかな決定は出していませんが、感染者状況次第で、受験に関わる日程などの変更は行われるかもしれないと考えておきましょう。

人気校への受験は例年より激しくなる可能性あり「人気の2分化」

関東方面なら開成や慶應など、関西なら灘などは人気校ですね。

それは、全国の学校が一斉休校した時に、私立校の方がどちらかと言えばオンライン授業の立ち上げが早かったです。

しかし、有名人気校の場合、学校での設備立ち上げの早さが良かった点と生徒さんで自主的に勉学や文化祭などの特別企画をしたことで評価は高いので、在校生からの評判などから、人気校は例年より受験者は増えるでしょう。

逆に、私立校でもオンライン授業などコロナ禍の中での対応が悪かった学校は、受験者が減るかもしれないと言われています。

私の子供の学校も、オンライン授業は行いましたが、立ち上げが悪く、先生も不慣れだったために、かなり子供達の間でイラつきがあったと聞きます。子供達の間で、教え合いをしていた時期がありました。

中学受験専門塾に現在子供さんを入れていて、すでに上のお兄さんやお姉さんがいる場合は、対応が良かった学校の話題は共有されていることでしょう。


今後の受験状況は常に学校からの連絡や公式サイトで要チェック

2125299_s

今後の日程や開催会場に変動はないと思われますが、第3波の感染者数などの変動で、学校側も日程や会場を変更する可能性は大きいです。

不安になるかもしれませんが、今年の受験は、すでに中学受験を終えた我が家でもわかりにくいです。在校生でも、自分達の今後はどうなるかという不安を持っている子は多いです。

中学受験を控えている子供さんは、ちょうど多感な年頃ですから、心への影響は大きいことでしょう。

オンライン受験を検討している学校もあるので、学校側も今は混乱しているかと考えられます。

しかし、頑張って受験する子供さん達のことは裏切ることはないでしょうし、悲しい対応はしないはずです。それでも、ご自身達でできることはして、受験本番に備えておきましょう。

<追記:2020年11月26日>
東京方面の数校で、オンラインでのプレテストを実施したという報道がありました。ただし、不正受験が行われるのではないかとして、自粛する方向で動いています。

<詳しくはこちら>


感染者数の度合いでテスト方式や日程を変更する学校はでるものと考えられます。

「緊急非常事態を再度だすか」報道も出ています。学校側の対応次第で、ご家庭で考えていた受験日程や受験校変更などを考えなければいけません。

受験生の子供さんの気持ちは、学校は痛いほど理解しているはずですから、不利益にならないよう配慮はあるはずです。

ただ、入学試験ですから不正があってはいけません。2020年度の中学受験は、塾からの情報はもちろんですけれど、常に志望校の受験方法の変更には十分気をつけてください。

スポンサードリンク


にほんブログ村に参加しています。
気に入ったら、ポチッとお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

4020179_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今週ぐらいから、徐々にコロナウィルス感染者が増えてきていて、このままでは緊急事態宣言がでるかもという噂も出ていますね。

政府として「今は考えていない」と発表されていますが、増え方からみると不安になりますね。

さらに、冬といえばインフルエンザ。

10月26日から、特に疾患を持っていない人などの接種がスタートしています。我が家はなんとか家族全員接種できましたが、接種できずに困っている人は多いです。

特に中学受験をする子供さんの家庭で「ワクチン難民」になっているご家庭はあるかも。

今年はインフルエンザとコロナとのダブル対策が必要ですが、よく考えるとワクチン以外でできる対策は共通点はあるので、紹介していきます。



事情次第では当日予約なしでも接種可能のところあり

我が家のかかりつけ内科の病院は「今年は、去年ワクチンを当院で接種した人のみ」と限定していました。

我が家は、本来なら毎年その病院で打っていたのですが、主人だけ仕事の都合で去年は接種していなくて、対象外と断られていました。

その後、同じような問い合わせがあったようで、私と子供がうちに行った時に事情を話すと「そういうことならワクチンの入荷数の問題もあるけれど、大至急来れるなら打ちますよ」と返事をくれました。

その日は土曜日。主人はちょうど休みだったので大急ぎで来てもらって接種できました。

引越しなどでかかりつけ医がいない方や去年は接種しなかった方は、ダメ元で近くの接種可能な病院に問い合わせると、意外と対応してくださる病院はあります。

特に、受験生を抱えているご家庭なら深刻な話ですから、事情を話せばいけるかもしれません。それでも「だめです」と言われるかもしれないと覚えておいてくださいね。

外出や学校・塾でのマスクは必須

4048961_s

家族全員になりますが、外出時や学校・塾はマスク必須と考えて行動してください。

たまに、マスクを付けずに歩いている人を見かけますが、中学受験本番は、早いところでは12月、一番遅いところで2月。

今、感染してしまって、12月受験を予定している子供さんには痛い話ですよね。

マスクをすることで、もしかかっていても飛沫感染をさせることはないし、逆に人からの飛沫感染を少しでも防げます。

特殊な事情でマスクを嫌がる子供さんはいますが、子供さんがマスクに対して怖がらない方法はあるので、小児科の先生と相談してくださいね。

換気・手洗い・消毒は基本。人混みもできれば避ける

最近、ある方から「夜遅くて、大人がたくさん乗っている電車に、塾帰りらしき子供が乗っている」という書き込みをSNSで見かけました。

もし、交通機関を利用して通学している場合は、なるべく人混みを避ける方がいいでしょう。これからの感染人数を考えると、塾側も感染対策はするはずです。

心配な場合は早めに先生にご相談してください。

手洗い・消毒は基本中の基本として、家や学校でも十分気をつけてあげてくださいね。

対応が早い塾では、換気にも気をつけていて、空気清浄機を1室に2台置いているところがあるとも聞きます。

暖房がこれから必要な時期ですから「換気をどうしようかなぁ」とお考えのおうちもあると思います。

少し窓を数ミリ開ける程度でも換気ができると言われていますが、定期的に窓を開けて、空気の入れ替えをしてあげましょう。

まとめとして 何があっても動揺せず冷静に

今、我が子の学校でも、クラスター感染に対してはかなり警戒していて、学年集会を復活させたばかりなのに中止しています。

狭い講堂にたくさん生徒を集めるのは危険と判断したからです。

今年の受験は、例年と違って2種類の感染症に気をつけての受験ですよね。

不安なのは当然ですが、正しく予防して、自衛するしかないと思います。インフルエンザワクチンが不足し始めているという報道は、毎年打っていない方々が、コロナと区分けのために慌てて打ちにきていているので、不足が出ているだけです。

異例ずくめの中学受験になりそうですが、困難な中の受験は、今後苦難を乗り越える時のエネルギーになるので、きちんと予防できることはして、大変なこの時期を乗り越えてくださいね。


スポンサードリンク



にほんブログ村に参加しています。
気に入ったらポチッとお願いします。
↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

cc5a140fc8791d53c8f1906a44eadaa8_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。


私の子供の学校では、学校が行っている「交換留学生制度」や「海外研修旅行」があるのですが、今年は、コロナの影響で8月に行われる「海外研修旅行(オーストラリアかニュージランド)」は、中止になりました。

私の子供は、中3の時にオーストラリアに参加できたのですが、今年に参加を回していた学年の子供たちは、残念なことになっています。

「交換留学制度」については、ニュージーランドの提携校の生徒さんを受け入れて、毎年12月に日本を1年離れる予定になっていました。

今年は、情勢を見ながらの対応としていますが、学校主催で行っている留学生制度は要注意かもと思います。



すでに文科省主催の「トビタテJAPAN」は中止もしくは1年延期

文科省主催が主催・支援する「トビタテJAPAN」は、募集を2020年4月に高3や大学生の受け入れを中止し、9月には、終息状況などを考慮して1年延期や追加募集などで対応することを発表しています。



我が子のも、この制度を使って、またオーストラリアに留学したいと考えていたのですが、オーストラリアへ行く手段もなく、留学生ビザの発給も行っていないという情報を得ていたので、文科省のこの制度を利用するのは諦めました。

海外で留学先として人気の高い、オーストラリアやニュージーランド、カナダは今は留学生ビザの発給は止めている状況ですし、航空会社を利用できる人はビジネスマン限定なので、留学生が日本から出ることはできないです。

学校主催の留学制度について<我が子供の学校での対応>

我が子は、学校主催の留学制度には参加申し込みはしませんでした。

理由としては、留学期間は1年と3ヶ月の選択制ですが、単位として認められるかの問題でした。問い合わせてみると、英語しか単位として認めないので、帰国後は英語以外の単位不足として留年になるからです。

そして、2月以降からどんどんコロナが流行し、世界的大流行となった為、緊急非常事態宣言とともに、学校は休校。

学校再開後に、留学制度に申し込みをしていた生徒さんは、一応留学時期の変更はなしとして、研修会に参加していました。

しかし、海外での国境閉鎖や第2波到来で、計画していた留学時期では難しいのではと判断したのか、10月前半に参加予定の生徒さんと保護者さんを呼んで説明会を開きました。

その内容は、
  • 留学先としていたニュージーランドは入国禁止
  • 留学生ビザが降りない
  • ニュージーランドまでの便の手配が難しい
  • コロナの流行の度合いや入国条件次第で出発を決めたい
  • ホームスティが基本であり、コロナ感染を不安に思うなら辞退可能
  • 語学学校で勉強してから指定校へ行く予定をしていたがカット
などです。公に公表してはいけない部分もあるので控えますが、お金に関する問題で留学予定をしていて生徒さんの半分が辞退を申し出たと聞いています。

費用負担のことで一部の保護者さんから「なぜか?」という質問が多く出て、納得できない結果になっているようです。

※入国禁止やビザ発給要件については、10月23日に変更が少々あったものの、基本として留学は難しいと考えてよいでしょう。

コース変更でどうしても留学が変更要件になっていた生徒さんが悲惨かも

一部の学校では、コース制の都合上、留学を条件に変更認めているところはあります。子供の知り合いにも、以前から違うコースでも仲良しだった生徒さんが、私の子供と同じコースに移籍してきました。

その条件が「1年間留学」でした。

元々いたコースでついていけないからという理由はあったのですが、留学は考えていたので、親御さんと相談してのコース変更でした。

1年間留学を楽しみにしていたけれど、思わぬことになり、ショックは受けているものの、国境開放を待って留学に行くと話しています。

留学することが移籍条件だったので、コロナが怖くてもいかなければならないというのは、とても気の毒で、学校側もなぜ一律中止にせず、このような状況なので、コース変更条件から留学は外してもよいのではないかと、嫌な気持ちになりました。

まとめとして。留学生制度を売りにしている学校は少し注意

私自身は、高校時代に学校主催のカナダ研修旅行に1ヶ月半参加しました。

参加した時は、疫病もなく、治安が良い国を学校が選んで、選抜試験も行った上で参加者を選びました。コース変えの条件には含まれていませんでした。

他の私立中高一貫校でも、留学制度を実施しているところはたくさんありますし、個人で手配して留学する子もいます。

海外留学希望者が多い学校では、個人で手配をするのと同時に手配方法を支援(代行ではない)する部署を作る学校もあるほどです。

しかし、コース変更のネタとして「留学制度」を持ってくる学校は、ちょっと怪しいと思った方がいいですし、今はコロナ禍でパニックを起こしているので、注意はしておきましょう。

にほんブログ村に参加しています。
よければ、ぽちっとお願いします。
↓↓↓
PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサードリンク



3506463_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう入試説明会やプレテストの申し込みをして、資料を読んだりプレテスト対策で忙しいご家庭は多いと思います。

うちの子も、高等部からの応援として、中学受験生向け入試説明会のお手伝いに入ることになりました。

さて、いつも中学受験シーズンは風邪やインフルエンザシーズンですが、今年はさらに気をつけておきたいことがあります。

すでに確認済みの方もいらっしゃると思いますが、「それは知らなかった」という方もいらっしゃるので、念のための確認も含めお読み下さい。



インフルエンザワクチンの接種条件は調べておきましょう

今年は、コロナ対策をしながらの中学受験になります。現時点(2020年10月13日)では、コロナワクチンの開発は、海外の一社で治験が中止になったという報道がありました。

コロナワクチンができるのにまだ時間はかかるのですが、まず中学受験シーズンに怖いのが「インフルエンザ」ですよね?

インフレンザワクチンは、すでに報道されていますが、65歳以上の方の接種が10月1日からスタートしていて、10月26日から基礎疾患がある人・妊婦さんを最優先にしながらも一般の方の接種が開始されます。

我が家が中学受験にチャレンジした2017年度は、家族全員かかりつけの病院で予約なしでも接種できました。

ところが、今年は病院によっては事前予約が必要だったり、前年度に接種した人の分しか受け付けないという病院があります。

去年、我が家は夫が仕事で謀殺されて、ワクチン接種をするタイミングを逃してしまいました。その為に、毎年接種をしていた病院に確認したところ、「今年は打てない」と夫の分だけは拒否になりました。
別の病院で接種予約ができたのでよかったのですが、病院によってはワクチン確保の為に、厳しい対応をしている病院があります。

そして、子供さんへの接種回数も1回に変更されています。

10月26日はかなり混み合ったり、混乱するかと思われますが、接種後の抗体がつく期間を考えると、受付初日より少しずらしてもよいかもしれません。接種前に必ずかかりつけ医に問い合わせて、インフルエンザワクチンが打てるかなど確認の上、接種をしてくださいね。

コロナ対策はどうすればいいの?

今のところ、コロナ対策については、3密を避けることやマスクの着用、手洗い・消毒が大事です。

しかし、たまに子供さんや大人で、混んでいる場所なのに、マスクをつけていない人を多く見かけます。
注意するにも、逆に怖い目にあうかもしれないので、自衛するしかないです。

マスク着用は、感染予防というよりも他人に移さないという効果もあるので、特に過敏障害などでマスクが付けれない子以外はマスクは必ずつけて登下校や塾通いはしましょうね。

過敏障害と紹介しましたが、まれに口周りなどに何かをつけるのが苦手だったり怖がったり、肌がかぶれる子供さんがいます。事情を説明すれば特別対応になりますが、受験時に学校がどのように判断するかですね。

もし、マスクをつけるのが苦手な子供さんの場合は、事前に受験校に相談して対策を相談してみてください。学校側も理解はしてくださいますし、受験できるように対策はしてくださいます。

今年の中学受験は、大人の国家資格試験と同じくらい、コロナについて過敏な対応をすると思われるので、学校からの指示は必ず守るようにしてください。

コロナやインフルを考えて、受験前に学校を休ませてもいいのでしょうか?

毎年「インフルエンザ感染が怖いから、本番前に学校へいかせてもいいか」というご質問をいただくのですが、本来なら「ギリギリまで通わせた方がいい」とお答えしています。

受験前になると、親も子供も受験モードでピリピリするし、インフルエンザや風邪対策でご家庭でいさせる方は多いです。

我が家は、いじめ問題があったので、受験前は家で勉強し、塾にも普通に通っていました。他の子供さんは、前日まで学校や塾に通ったという子はいるし、1週間前から休んだという子供さんもいます。

小学校としてはきて欲しいけれど、中学受験が盛んな地域では、止めることなく休みを認めている学校はあります。

今年は、コロナ感染を恐れて自主休校している小学生の子供さんがいると一部報道がありました。その中に中学受験組の子供さんが含まれている可能性はありますが、なるべくなら、子供さんの安心できる環境について、子供さんから意見を聞きながら学校にいくかを、学校との話し合いの上で対応してはどうかと思います。

今年ばかりは、「これでいきましょう」というのが、なかなか難しいですね。

今年は異例づくしですが、体調管理は大切に

今年の中学受験は、コロナとインフルエンザと風邪の3大対策が必要ですよね。とても親御さんは心配だし、子供さんも不安だと思います。

日頃からスタミナをつけて、3密を避けて、手洗い・消毒さえしていれば、最低限の対策はできています。あとは、インフルエンザワクチンを接種しておくことぐらいでしょうか?

ただ、インフルエンザワクチンを打っても、その年に流行る型とワクチンの相性の問題があるので、完全に防げるとは言い切れません。

今年は、大変な年ですが、きっと乗り切れば後から「こんなことあったよね」という笑い話になるし、今後の自信に繋がります。

きっと大丈夫と信じて、体調管理に気をつけて、頑張ってくださいね。

スポンサードリンク


74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今年の夏(2020年8月22日現在)は、過去に体験したことがない猛暑ですね。そして、コロナ感染防止の為に、マスクをつけるのが常識となっているので、熱中症になりやすい年とも言われています。

通年、よく読まれている記事がありまして、特に今年は「出席日数」を気にされている方が多いのかもと様子をみていました。



加筆・修正を続けてきましたが、今年はイレギュラー問題が出ているので、私で調べられた範囲で紹介します。



コロナ感染が怖くて「自主欠席」をしているご家庭は要注意

緊急事態宣言が出て、日本の出入国を制限する前に帰国された方は、自主的もしくは強制で自宅待機になりました。

子供さんで海外から帰国されてから、日本で学校に自宅待機扱いがどうなるかと問い合わせたところ、欠席にも出席停止にもしなかった学校はあります。

なにせ「前例がない」ので、学校としても難しいところだと思います。

すでに緊急事態宣言は解除されていて、感染者は増減を繰り返してはいますが、世間は動いています。

まだワクチンなど特効薬ができていないので、感染と中学受験できないという恐れから、子供さんもしくは親御さんが「学校を休ませる」という動きが出ています。

緊急事態宣言解除直後は、「コロナ感染が怖い」と申し出があった生徒さんには、後々不利益がでないように配慮することが文部科学省から出ていました。

しかし、現実はそうではありませんでした。

「コロナが怖い」と自主欠席をしていたご家庭では、出席簿をもらいにいくと、評価や出席日数が記載されていなくて、問い合わせても教えてくれないというケースが出始めています。

学校内で残す記録には、欠席日数が記載されるはずですが、もし中学受験で内申書や通知簿のコピーが必要な場合、不利益が出る可能性は高いです。

内申書に書かれる欠席日数を重要視する学校はあるけれど......

中学受験で、内申書不要の学校はあります。私の子供が受験を考えた学校は、全て内申書不要でした。今在籍している学校は、後日小学校から6年間の教育記録などを提出していただいています。

一応、内申書内の欠席日数は「あくまでも参考程度」と以前紹介させていただきました。一部の学校では、「受験勉強の為に学校を休みすぎでは?」という判断材料として、内申書の欠席日数を確認している学校はあります。

それぞれ規定日数を決めていますが、ほとんどが欠席14日以上あれば、不合格もしくは受験前にお断りをしています。

ちょうど、コロナ感染時の自宅待機期間は2週間。

コロナに感染せずに自主欠席している日数が2週間を超えていれば、小学校側は対応に苦しむでしょうし、仕方なく評価をつけないという動きになります。

ただ、受験先の学校が内申書をみて、受験もしくは合格判定でどうするかが、問題点になります。

志望校がどう判断するか勇気を出して問い合わせるのが一番!

今年は、3密を避けるために、入試説明会をオンラインで行う学校もあれば、日程分散で行うと考えられます。地域の感染状況で対応が変わるので、志望校の情報は常にチェックしておきましょう。

入試説明会の際に、おそらく「自主欠席をさせている」ご家庭から質問は出てくると思います。

もしくは誰も質問しないかもしれません。

「どうしても、この学校がいい」と決めているなら、勇気を出して自主欠席させている子供の対応を聞くと良いでしょう。

中学側も、子供さんや親御さんの気持ちに配慮をして、受験を認めるかもしれません。

しかし、すでに入学している子供さんのお母さんから言わせると「それは甘えだ」という意見もあります。

私なら、志望校に一度問い合わせをして、学校側の判断に委ねますね。受験先の学校としては、もし自主欠席している子がとても優秀な生徒さんなら欲しいから。

だから、問い合わせをしてみて、どう対応するか待ちでよいし、受験不可ならそこまでのご縁だったと思いましょう。

まとめとして

今、私立中高一貫校は、コロナ禍の中でも制限を設けながら、授業をしています。我が子も暑い中学校
へ通っています。

しかし、空調設備が悪く、しかも換気のために窓を開けているので、室内の気温が高くて熱中症寸前の生徒さんも出ています。体育の時間や、授業でも息苦しさを感じた時は、マスクを外してもいいと許可はでています。

コロナのことは、私も子供も正直に言えば「怖い」です。

かといって、高校生になったので単位数の問題がありますから、休むわけにもいかずの状態です。海外の学校は、まだオンラインを続けている学校は多いと聞いています。

日本は、疫病時の対応とその時の教育については、後進国です。

今年の中学受験、いえ高校受験に大学受験は、不利益が生じるのではないかと心配しております。

自主欠席問題は、疫病がらみなので判断が難しいのですが、どうか受験する子供さんの不利益にならないことを祈ります。

スポンサードリンク


このページのトップヘ