google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

タグ:インフルエンザ

3506463_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう入試説明会やプレテストの申し込みをして、資料を読んだりプレテスト対策で忙しいご家庭は多いと思います。

うちの子も、高等部からの応援として、中学受験生向け入試説明会のお手伝いに入ることになりました。

さて、いつも中学受験シーズンは風邪やインフルエンザシーズンですが、今年はさらに気をつけておきたいことがあります。

すでに確認済みの方もいらっしゃると思いますが、「それは知らなかった」という方もいらっしゃるので、念のための確認も含めお読み下さい。



インフルエンザワクチンの接種条件は調べておきましょう

今年は、コロナ対策をしながらの中学受験になります。現時点(2020年10月13日)では、コロナワクチンの開発は、海外の一社で治験が中止になったという報道がありました。

コロナワクチンができるのにまだ時間はかかるのですが、まず中学受験シーズンに怖いのが「インフルエンザ」ですよね?

インフレンザワクチンは、すでに報道されていますが、65歳以上の方の接種が10月1日からスタートしていて、10月26日から基礎疾患がある人・妊婦さんを最優先にしながらも一般の方の接種が開始されます。

我が家が中学受験にチャレンジした2017年度は、家族全員かかりつけの病院で予約なしでも接種できました。

ところが、今年は病院によっては事前予約が必要だったり、前年度に接種した人の分しか受け付けないという病院があります。

去年、我が家は夫が仕事で謀殺されて、ワクチン接種をするタイミングを逃してしまいました。その為に、毎年接種をしていた病院に確認したところ、「今年は打てない」と夫の分だけは拒否になりました。
別の病院で接種予約ができたのでよかったのですが、病院によってはワクチン確保の為に、厳しい対応をしている病院があります。

そして、子供さんへの接種回数も1回に変更されています。

10月26日はかなり混み合ったり、混乱するかと思われますが、接種後の抗体がつく期間を考えると、受付初日より少しずらしてもよいかもしれません。接種前に必ずかかりつけ医に問い合わせて、インフルエンザワクチンが打てるかなど確認の上、接種をしてくださいね。

コロナ対策はどうすればいいの?

今のところ、コロナ対策については、3密を避けることやマスクの着用、手洗い・消毒が大事です。

しかし、たまに子供さんや大人で、混んでいる場所なのに、マスクをつけていない人を多く見かけます。
注意するにも、逆に怖い目にあうかもしれないので、自衛するしかないです。

マスク着用は、感染予防というよりも他人に移さないという効果もあるので、特に過敏障害などでマスクが付けれない子以外はマスクは必ずつけて登下校や塾通いはしましょうね。

過敏障害と紹介しましたが、まれに口周りなどに何かをつけるのが苦手だったり怖がったり、肌がかぶれる子供さんがいます。事情を説明すれば特別対応になりますが、受験時に学校がどのように判断するかですね。

もし、マスクをつけるのが苦手な子供さんの場合は、事前に受験校に相談して対策を相談してみてください。学校側も理解はしてくださいますし、受験できるように対策はしてくださいます。

今年の中学受験は、大人の国家資格試験と同じくらい、コロナについて過敏な対応をすると思われるので、学校からの指示は必ず守るようにしてください。

コロナやインフルを考えて、受験前に学校を休ませてもいいのでしょうか?

毎年「インフルエンザ感染が怖いから、本番前に学校へいかせてもいいか」というご質問をいただくのですが、本来なら「ギリギリまで通わせた方がいい」とお答えしています。

受験前になると、親も子供も受験モードでピリピリするし、インフルエンザや風邪対策でご家庭でいさせる方は多いです。

我が家は、いじめ問題があったので、受験前は家で勉強し、塾にも普通に通っていました。他の子供さんは、前日まで学校や塾に通ったという子はいるし、1週間前から休んだという子供さんもいます。

小学校としてはきて欲しいけれど、中学受験が盛んな地域では、止めることなく休みを認めている学校はあります。

今年は、コロナ感染を恐れて自主休校している小学生の子供さんがいると一部報道がありました。その中に中学受験組の子供さんが含まれている可能性はありますが、なるべくなら、子供さんの安心できる環境について、子供さんから意見を聞きながら学校にいくかを、学校との話し合いの上で対応してはどうかと思います。

今年ばかりは、「これでいきましょう」というのが、なかなか難しいですね。

今年は異例づくしですが、体調管理は大切に

今年の中学受験は、コロナとインフルエンザと風邪の3大対策が必要ですよね。とても親御さんは心配だし、子供さんも不安だと思います。

日頃からスタミナをつけて、3密を避けて、手洗い・消毒さえしていれば、最低限の対策はできています。あとは、インフルエンザワクチンを接種しておくことぐらいでしょうか?

ただ、インフルエンザワクチンを打っても、その年に流行る型とワクチンの相性の問題があるので、完全に防げるとは言い切れません。

今年は、大変な年ですが、きっと乗り切れば後から「こんなことあったよね」という笑い話になるし、今後の自信に繋がります。

きっと大丈夫と信じて、体調管理に気をつけて、頑張ってくださいね。

スポンサードリンク


74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中国・武漢で大流行していた新型コロナウイルスが日本でも見つかりましたね。そして、発症している人がいるという報道も出ています。

武漢からチャータ便で帰国している人の中で体調のすぐれない人がいるという報道もあります。

私が住む地域は、人から人へ感染した奈良に近いところなので、第一報が入った翌日にはマスクは品薄状態となって消毒液もあまり在庫がないと店員さんも話されていました。

ちょうど、2月1日が東京都内やその周辺地域の私立中高一貫校の受験日のはずで、どう受験まで体調管理をするべきかと戸惑っていることでしょう。

もう間もなく本番に入りますが、すでに対応されているご家庭もご一読いただければと思います。



思い切って学校を休ませて自宅学習でもよし

すでに、インフルエンザやコロナウイルス対策で、学校を早めに休んでいる子供さんはいるとは思います。

本来はギリギリまでいくのがいいのですけれど、今回は、インフルエンザとコロナウイルスのダブル攻撃なので、症状も発表されていますが、人混みにいくのはあまりよくないと言われています。

特に、小学校にいくと罹患しやすい状況なので、毎年のことながら、受験本番前1週間前には休ませている子供さんを休ませているご家庭はあるものの、今年は休ませた上で自宅学習でも構わないです。

通っている各塾からも、受験までの管理について、連絡がきているとは思いますが、本番当日に発熱して、その学校が本命だったとすると、悔やみきれないことですよね。

中学受験に対して寛容な学校や担任の先生なら、中学受験でのおやすみは許してくれるはずですし、塾側も通塾時に人混みを歩くのは危険と判断するので、それなりの対応はするはず。

今年は、特殊ケースですので、学校を休ませてもよいですよ。

マスクと消毒液が品薄。手洗いとうがいだけでもしっかりと

私がいる関西圏でも、すでにマスクと消毒液が品薄状態で、在庫がないというお店が続出しています。

子供がもともとアレルギーもちなので、普段からマスクは着用しているので、買い占めに走られてしまうと困るので、なんとか店頭にあるものは購入しました。

お洗濯ができるマスクも売られていますが、効果の方ははっきりしたエビデンスが出ていないので「買わない」方がいいかもしれません。

もし、マスクや消毒薬が手に入らない場合は、石鹸での手洗いとうがいだけでもしっかりするようにしましょう。

これは、家族全員外出した時に必ずしましょうね。

自学学習に切り替えても人混みは避ける

どうしても、塾側から「塾においで」と連絡があるかもしれませんし、通っている子供さんもいることでしょう。

通塾手段を変更(家族の車での送迎など)に切り替えるのもひとつの手段ですよね。それができないと言う場合は、通塾ルートを変えて、なるべく人混みに入らないようにしましょう。

私の子供が中学受験をした時、塾の入り口に消毒液が設置されたのを覚えています。
今年はさらに厳重な対応を塾側はするはずですから、ご家庭でもできることを考えてみて、行動してください。


まとめとして

今年の東京都内およびその周辺地域の中学受験は、かなりタイミングが悪かったとは思います。

実は海外旅行客のゴールデンルートが東京をスタートとし、次に大阪や京都、北海道へといくと言われています。

もしかすると、これからが東京での罹患者がでる可能性はありますが、十分な対策をしていれば、大事にはいたりません。

今が一番心配な時期ですが、子供さんの体調管理には十分気をつけてください。

もし、風邪っぽい症状が出ていて、せきなど判断が難しい場合は、かかりつけ医もしくは自治体の保健所や厚労省コールセンターへ連絡してください。



では、本番まであとわずか。十分体調管理には気をつけてください。

スポンサードリンク

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
私自身、先日より胃腸炎でダウンしていました。

今日から子供は学校が始まり、始業式にいきました。中学受験をしたのがもう3年前なるとは、驚きです。今春からは上の高校へ進学します。1月から3月は、高校進学のための手続きなどで忙しくなります。

さて、来週の1月18日は、関西圏の中学入試初日が集中します。毎年のことですけれど、「インフルエンザ」「風邪」「胃腸炎」が流行するシーズンにあたります。

特に本番直前や本番当日に、インフルエンザになると別室受験になるか受験不可になります。とすれば、受験生の子供を学校へいかせるかどうか悩むところですよね?

では、入試前は学校を休ませるべきか、我が子のケース(特殊でしので)を合わせて紹介します。



基本は学校へ行かせると考えておきましょう

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s


入試前とはいえ、基本の考え方としては、入試前でも「学校へ行かせる」としておきます。

学校へ行かせることで、生活リズムが整うので受験本番にはいつもの生活リズムで挑戦できます。生活リズムが整っているのは、健康にもつながります。

ただし、注意したいのは、学校で冷暖房完備ではない学校は少なからずありますし、座席の位置しだいでは、「寒い」席はあるので受験前の防寒対策は大切です。


思い切って休ませていい時は?

896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s

学校に行かせると、受験勉強でイライラしている気持ちを楽にすることはできますが、思い切って休ませた方がいい時があります。

  • インフルエンザが流行して学級閉鎖が増えてきた時
  • 塾の先生から過去問などのできがよくないと聞いた時
  • 学校でいじめなどで外の世界にいづらい時
この3点があれば、入試直前で願書一式を提出していれば、学校を入試終了まで休ませた方がよいかと思います。

学校で学級閉鎖が増えた時は、自分の子供もインフルエンザに感染する率が高くなります。インフルエンザにかかれば、5日間の外出禁止は医師から指導されるはず。それなら、本番に向けて体調を整える意味で休ませていいでしょう。

志望校の過去問や苦手問題が克服できていない場合も、精神的に学校でもそわそわして、入試当日に精神面で不安感をもったままでは心配でしょう。

そして、今どこでも問題になっている「いじめ」。
解決していないまま学校に行かせると、中学受験のことが知られれば、さらにいじめに拍車をかけることになります。

これら3点について、先生にはっきり「中学受験間近ですので休ませて欲しい」と伝えると、案外すんなり受理されます。

担任をされている先生であれば、すんなり「わかりました」と返事をくださいます。
※まれに「なぜ休むのですか?」としつこく食い下がる先生はいるので、その時は学校長へ相談してもいいです。

話はそれますが、都内の中学受験で2月となると、すでに1月半ばから学校を休む生徒さんは多く、本番に学校へくる生徒はクラスで3人ほどというケースはあると聞きます。

地域によって、受験人数が違いますが、特に中学受験で休むのはケースによって、問題はないでしょう。

我が子の時はどうしたか?

うちの子供は、前年の11月にいじめを長期間受けていたことがわかりました。すでに精神面にダメージが出ていたので、不登校にして学校側との話し合いを始めました。

子供は、塾と相談して授業コマ数はそのままで、年末の特別講習は参加させて、大晦日から3日間の特別講習会は、学校を思い出させるからと学年担当の先生が不参加の手配をしてくださいました。

年が明けても学校へ行かず、家と塾での勉強をし、生活リズムを朝方に変えていきました。

志望校は1校のみで、午後受験がある学校でしたので、午前に本命コース、午後にチャレンジという「一発勝負」に出ました。結果、午前で受験した本命コースで合格しています。

学校側はというと、子供が休んでいる間に「いじめ調査」を行い、確かにいじめていた子達がいて反省文を書かせるだけに止めていて、子供への謝罪はなし。親への謝罪のみでした。

その当時は、小学校側の対応に腹を立てました。今はというと、「あれが、日本の学校の対応なんだ」と呆れるばかりでした。

まとめとして

基本は学校に行かせるのがいいのですが、最近のインフルエンザの症状を聞くと、本番前にかかってしまってはと不安になるのは当然です。

実は、うちの子供は、正月にインフルエンザにかかり、休日診療を受診して勉強をストップしました。塾の先生方も慌てましたが、特別勉強会を休んだことでゆっくり休めたので、回復は早かったです。

これから、全国的に中学受験本番とインフルエンザ大流行が同時並行しますが、体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。


スポンサードリンク


YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V


あけましておめでとうございます。

「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

さて、2020年になりましたね。関西圏は1月18日が入試初日という学校が多いようで、日にち差で翌日が初日という学校はあります。関東でも一部は1月受験実施校はもちろんあります。

塾によっては、年越し勉強会を合宿方式か通学方式で行っているところがあると、一部報道で紹介されています。我が子の時もありましたが、いじめ問題やインフルエンザで年越し勉強会は参加しませんでした。


最近、気になっているのは、なかなか成績が伸びてこない生徒に対しての、怪しげな商売が出ていて、被害が出ていないかを心配しています。

かなり巧妙なのですが、最悪の結果を上手ない為に、直前ですが紹介します。



インスタグラムを使った家庭教師や塾への誘導

IMG_0346

おいしい食べ物や服などを紹介する「Instagram」の機能を使って、SNSマーケティングを展開している家庭教師や塾などは存在します。

画像は、実際に中学受験コンサルタントさんのInstagramのアカウントに入っている過去の投稿一覧です。最高10枚まで投稿できるので、最後のページのみは、宣伝を入れて自分の運営サイトに誘導するという仕掛けをしています。

そこへたどり着くと、家庭教師の契約を促す内容や、LINEを使った勉強アドバイス契約へと進むサイトになっていたというのがほとんどでした。良心的な方だと、自分の受験勉強術を無料で伝授するサイトにもなっています。

SNSマーケティングというのは、フォロワー数を集めると、インフルエンサーという認識を得られるので、アカウント主にとっては、収入にも繋がります。

解答テクや勉強術をInstagramという画像で、目に入る言葉が心に突き刺さると、ついつい次も読みたくてフォローしたくなるものです。

しかし、Instagramを使っての塾などへの誘導は、法律的にはギリギリな線ですが、信頼できるかどうかというと、個人の判断になるので、受験直前の子供にはおすすめしません。


風邪とインフルエンザには要注意!

f9972e17442ac14341906b03a046681e_s

年末から、大人でもインフルエンザで高熱を出している方が多いです。子供もインフルエンザやノロでダウンしている子は多いです。

我が子の中学受験の時、正月にインフルエンザらしき症状が出たので、慌てて正月3日間だけ特別に開けてれている病院を探して、受診し、インフルエンザとわかったので勉強を休ませました。

これが、中学受験本番1週間前となると、せっかくの復習ができなくなるので、風邪とインフルエンザには、家族で注意していきましょう。

当日、インフルエンザで体調が悪いという場合は、学校との相談になりますが、「受験不可」になるか「別室受験」になります。

人混みの多いところに出る、塾の特訓勉強会に出席するというのは、かなり受験生の子にはハイリスクなので、家でゆったりさせるのが一番でしょう。

受験に向けて忘れてはいけないこと

今は、金融機関や学校は休みですが、休み明けになってから、受験に必要なものや合格時に必要なお金はそろそろ用意しておきましょう。

余裕で用意していたはずなのに、実は勘違いしていて、困ってしまうといういこともあります。

学校によっては、入学金(平均して20万円)を合格発表時に学校で入金する必要がある学校もあるので、預金残高でも、学校に支払うべきお金があるかは気をつけておいてください。

そして、受験当日に必要なことについても再確認をお願いします。

まれに、受験票を市販の社員カード入れに入れておくようにという指示を出している学校があります。この対応は、部外者(塾関係者など)やすり替え受験(まずありえない)防止の為に、告知している学校があるので、必ず当日の受験について、今一度確認しておきましょうね。

まとめとして


受験日は、親子ともども相当疲れます。ひとつの学校の受験が終わった時は、ヘロヘロで、しかも翌日の合格発表日が雪の予報。

親戚が受験校の近くに住んでいたので、一晩泊めていただいて、翌日の合格発表を見に行きました。

複数校受験するご家庭は、かなり気をつけないと、体も心も疲れてしまいますので、風邪やインフルエンザに感染しやすい状態になります。

熱や関節痛に悩まされながら受験は、本来の実力を発揮できずに終わることになるので、今の時期は体調に十分注意してあげてくえださいね。

スポンサードリンク


896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もう10月の後半に入り始めましたが、関西では来年1月、関東は来年2月が中学受験本番ですよね?
気になるのが、最近は季節を問わなくなった「インフルエンザ」!
特に、冬に大流行する傾向が強いので、10月後半からワクチン接種ができる病院が増え始めます。

ここで、受験間際の小6生。本番にインフルエンザにかかってしまうと、学校によって対応が変わりますが、受験できないかもしくは別室受験になります。

熱が出て入れば、意識もうろうとしてしまうので、実力発揮もできません。

うちの子の場合、とんでもない時期に発症したので、慌てました。

万全の体制で受験してほしいので、最低限できるインフルエンザ対策を紹介します。



2年前に受験した我が子のケース

インフルエンザの予防接種は済ませていて、人混みを避けるようにしていたのですが、それでもインフルエンザに感染しました。

しかも、関西は受験が1月の初旬。子供の時は、初日が1月14日でした。
発熱したのが、大晦日の12月31日。
本当なら、塾の最後の追い込み勉強会に参加しなければいけなかったのですが、ちょうど学校側とのいじめ問題で、心理面もあって、塾の先生の計らいで勉強会は参加していませんでした。

大晦日ということで、一般の病院は休みで、市の休日診療所に駆け込んだのですが、熱がで始めた時間では、正確な検査結果がでないということで、翌日の年を越して、ちょうど正月三が日に特別に開けている小児科があったので、そちらを受診し、インフルエンザとわかりました。

すぐに特効薬と様々なお薬を出してもらって、正月期間は勉強は休み。

回復後、塾側に正月中にインフルエンザを発症したことを報告して、最後の追い込みをして、受験しました。

もともと、いじめ問題がなくても、受験前の1週間は学校を休ませるつもりでしたが、いじめ問題が解決できていなかったので、学校へは行かずに、ずっと家で過ごさせて、受験しました。

当日は、結団式を学校のグラウンドで、塾単位で行なっていましたが、塾の先生の計らいもあって、すっと受験会場に入って行きました。

実際の当時の受験状況を、担任の先生にお聞きしたところ、数名、体調不良の中で受験に来校したので、別室受験となったと聞きました。


最低限できることはワクチン接種での予防

adf7162a7fdb451af3e9c8e493936039_s


うちの子供のように、ワクチン接種をしていても、ワクチンに含まれているタイプと違う型で感染すると、ワクチンの力は出てきませんよね。

でも、ワクチンを接種していれば、インフルエンザにかかるリスクが低くなることは、間違いありません。
ワクチン接種をしても、体の中で免疫としてできるのに、時間がかかるので、接種タイミングはお医者様と相談してくださいね。

先日、SNSですでに低学年で有名塾にお子さんを通わせているお母さんの書き込みで、「お兄さんお姉さんがインフルエンザになっていても受験しているので、ワクチンはどうしようかな?」という不思議な書き込みを見つけました。

しかし、それは、逆に受験して合格を目指している小6生のお子さんに対して、大迷惑行為になるので、お子さんがいらっしゃる家庭というより、家族全員がインフルエンザのワクチンを接種しておきましょう。
効果が出なくて、インフルエンザになったとしても、軽症で済むし、回復も早いので、みなさんに迷惑をかけないという意味で接種してくださいね。


マスクと手洗いは、これは当然の対策

64ef8abf4e3b1a9be0aa1937beedf22d_s

同時に流行しやすいのが、ノロウィルス。
これにかかってしまうと、かなり体力が消耗しますよね? インフルエンザでも、熱がで始めると、体力消耗が始まります。

ワクチン接種も大切ですけれど、そのほかに予防できることというと、マスクの着用と手洗いでしょう。そして、うがいもあわせてするといいですね。

単純なことですが、冬に流行りやすいインフルエンザやノロウィルスに対して、ブロックはできるので、元気な体で受験準備と、入試日当日を迎えられるように、ちょっとしたことですけれども、マスクの着用と手洗いは十分にしてくださいね。


まとめとして


入試日当日は、元気に体調がよい状態で受験したいですよね。
ワクチン接種や、マスク着用、手洗いやうがいは、最低限のインフルエンザ対策であって、本当は、追い込みシーズンは、人混みを避けて、栄養の高い食事をとることと、朝型モードにするために、早く寝ることです。

それが、インフルエンザからお子さんや他の受験生に迷惑をかけずに、本人も元気に受験できる秘訣です。
低学年のお母さんで異常なほど気を使うお母さんもいらっしゃいますが、ほどほどの気遣いで十分であって、ご自身のお子さんの体調をまず心配してあげてください。

これからが、受験本番で苦しむ時期ですが、体調面で助けてあげられることは、親御さんは十分してあげてくださいね。

スポンサードリンク


このページのトップヘ