hit
counter

ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

【中学受験】見学会などで学校側や在校生は受験予定者を分析していますよ

f:id:penpen231:20210622141700j:plain

 

こんにちは。ペン姉さん(@penpenwaker231)です。

 

ぼちぼちと中学入試関連で見学会や文化祭など、コロナ禍の中で人数制限をしながら実施している学校はあります。

 

完全に外部シャットアウトの学校はありますが、実施している学校で申し込制の学校ならぜひ子供さんと一緒に見にきたいものですね。

 

普段の生徒さんの姿や、部活動などを知る機会になりますし、気になることを質問できる機会ですからね。

 

しかし、学校はもちろん在籍中の生徒さんは「どんな子が受験するんだろう」と見ています。

 

ちょっと、ドキッとしませんか?

 

そりゃするでしょう。

 

ということで、見学会などで学校や在校生はどういう点を訪れた子供さんに対してチェックするのかを、紹介します。

 

※来年度(2022年度)受験予定者のご家族は、感染防止の為に、学校側が中止したり制限をかけることがあるので、必ず公式サイトで予定をご確認くださいね。

 

 

 

通っている塾をチェックして、準備している入試問題でOKか確認

f:id:penpen231:20210622142916j:plain

私の子供が受験する際、いくつか見学会に参加しましたが、必ず「現在通っている塾名」を受付で名前などと一緒に記入しました。

 

ハイレベルの中学受験専門塾からきている生徒の人数把握もありますし、名前を聞いたこともない塾名も知りたいのが目的です。

 

一部の学校では、塾向けに受験対策説明会を行うところはあります。

 

塾向け説明会を行わない学校は、見学会などで来校した受験予定者でもって、どんなレベルの子供さんが興味を持ってきてくれたか知りたいわけです。

 

塾名を見れば、おおよその指導レベルがわかるので、すでに準備している入試問題を見直すチャンスにもなります。

 

見学会では、体験授業を行うところもあり(コロナ禍では行わない可能性は高いです)、過去に出題した問題を使って「この問題は解けるかな?」と試す機会を設けます。

 

すんなり解ける子もいますが、頭を抱えて鉛筆を置いて諦める子はいます。その子は当然その学校の受験を諦めるかもしれません。

 

見学会の開催時期で、塾でどのぐらいのスピードで指導が行われているかわかるので、学校側もチェックしやすいのが、体験授業。

 

体験授業で驚くほどのスピードで解く生徒さんが多数出れば、出題問題を変更する必要は出てきます。

 

在校生が案内する時や部活動紹介で見られていること

f:id:penpen231:20210326112431j:plain

見学会は先生方やPTA役員の皆さんが揃っても、見学するご家族への対応は大変。

 

そこで、在校生に「見学会や説明会でお手伝いできる子はいるかな?」と募集をかけます。

 

私どもも、学校内で行きたいクラブや体験授業の教室がわからない時に、すっと在校生で首から「案内役」とタグをぶら下げた子が声かけと案内をしてくれました。

 

さりげなくすっと現れる在校生の案内が丁寧だった学校は、日頃からのしつけもしっかりしていて安心できると思います。

 

子供が希望の学校に入学してから、見学会のお手伝いは2〜3回させて頂いていますが「この子入学しないかも」「入学してきてくれるといい子かも」などチェックはするようです。

 

男の子は「そんなの興味ない」が多いようですが、女の子はなぜか来年入学するかもしれない子を見学会でチェックするようですね。

 

もし、見学会で出会った子が入学したとわかった時は、とても嬉しいようです。特に、自分の所属する部に見学も来てくれたとなると、かなり嬉しくてたまらないとか。

 

見学会や文化祭で、受験予定者のご家族は私も見たことはあります。

 

たまに「え?このご家族は何をどうしたいの?」とびっくりするぐらい礼儀が悪かったり、失礼なことを言ってきたりします。

 

正直学校が求めている生徒さんではないだろうけれど、ちょっと困るかなぁというご家族は入学後一緒になった時に、対応に困るのは確かです。

 

教育熱心なのはいいけれど、何かを忘れちゃいませんか?

見学会や学校説明会で、学校側からの話はありまして、守らなければいけないことや教育方針についての説明は受けます。

 

最近、見学会や説明会で「これ言ったよね」という話を忘れていて、口コミサイトでひどいことを書いているケースが多々あります。

penpenworld.com

 

校則関連や授業についての諸注意は見学会でもある程度説明を受けるし、コース制についてのことも言われるのですが「知らなかった」と書かれることは多数あります。

 

部活動についても、学年が上がる時や成績不振の場合、先生からの指導は受けます。もちろん、活動している部で決めていることはあるので、守るべき点は守らないと困りますよね。

 

受験勉強は大切なのですが、人への礼儀やマナーのことでトラブルになっているケースはあります。(表に出さないだけですけどね)

 

「うちの子がまさか、そんな!」という事案も出ています。

 

勉強ができるだけではなく、「人としてどうかな」という礼儀に反しない教育を受験勉強とともにご家庭でしつけていく必要があります。

 

その後の学校生活でも、勉強は一流でも人間としての付き合い方や礼儀ができていないと、クラスメイトから嫌われたりするし、部活や学年を越えた共同作業授業では嫌われてしまいます。

 

まとめとして。学校や在校生が求めているものとは?

f:id:penpen231:20210322142022j:plain

私立中高一貫校となると、学校は大学受験実績を求めるのは確かです。

 

しかし、見学会などで受験を考えているご家族をがっかりさせるわけにはいかないのです。それには普段から学校でのしつけや指導はしっかりして、外部の方が来ても恥ずかしくないようにしています。

 

残念なことに、一部の学校では学力優先にして、見学会で来た方に失礼な態度を取るところはあって、いくら素晴らしいと思いたくても思えなくなってしまうんですね。

 

中学受験は年々難しくなっています。だから、塾や親御さんは学力優先で年齢相当のしつけをおろそかにしてしまいがちになってしまい、学校入学後にトラブルになるのです。

 

学校生活を楽しんで、たくさんの楽しい思い出を作って、希望の進路に進めるように卒業していきたいですよね。

 

学校や在校生の皆さんは決して「おとなしくて思い通りになってくれる子」を求めているわけではありません。

 

家でのしつけが行き届いていて文武両道とまではいかなくても、常識ある勉強熱心でありかつ明るく元気な子供さんを待っているのです。

 

中学受験を通じて、いろんな子供さんやご家庭を見てきましたが、ご両親がおおらかで明るいご家庭ほど、しつけなど行き届いていて向上心が高いと思います。

 

中学受験でカリカリしやすいと思いますが、どうか今は温かい目で見守りながら、中学受験を乗り切ってくださいね。