hit
counter

ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

【中学受験】私立出身者のお父さん・お母さんへ。最終決定は子供さんですよ

f:id:penpen231:20210616144256j:plain

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

 

現在(2021年6月16日時点です)、まだ主要都市では緊急事態宣言が出ていて、学校や塾でも感染対策をしながら勉強を進めています。

 

もうまもなく解除するか「蔓延防止」に切り替えるか発表されると言われていますが、肝心の子供たちは、学校での対応でかなりストレスが溜まっていると言われています。

 

私立校はというと、学校によって対応差が出ているようですが、オンライン授業などいざという時の対応は整備がかなり加速しました。

 

小6の皆さんは、そろそろ受験校選びをしたいところですが、見学会・説明会がオンライン開催というところが多く、その対応次第で検討するというご家庭はあるようです。

 

以前、「お父さんが中学受験に無関心では困る」という話を紹介しました。

penpenworld.com

 

我が家の子供が受験をしたとき、お父さんが説明会に来ている方はごくわずかで、まれに熱狂的に子供の中学受験に熱くなるというタイプの方はいました。

 

ここ最近、お父さんが中学受験に対して熱心だと紹介する記事を見かけました。

 

gendai.ismedia.jp

 

まだ続きがあって後日掲載されるそうですが、記事内容としてはSAPIXの先生から取材しての話でした。

 

子供の学校や近隣の私立中学一貫校では、感染防止の為に、オンライン見学会・説明会がメインで、会場に来られる方は制限が設けられています。

 

生徒でも「どんな子がうちに受験するんだろ?」というのは、ほとんどわからない状況です。

 

塾では保護者会で受験の傾向と対策指導は行っているようで、この数年でお父さんが出席するケースが増えているといわれています。

 

その理由はなぜでしょう?

 

 

 

私立中高出身者の親なら我が子を自分の母校に入れたい!

f:id:penpen231:20210205140437j:plain

お父さん・お母さんのいずれか、もしくは両方とも私立中高出身者だと「子供を自分の母校に入れたい」と思う傾向が強いです。

 

我が家は、夫は公立一本で私が私立でも高校からでしたから、私が出た私立中学(高校もあり)に入学させたいと思いました。

 

毎年、卒業生向けの冊子が届いて、どういう教育をしているのかが紹介されているからです。自分の時よりハイレベルな授業をしていて、高校卒業後の進路を見ると素晴らしい成績なら、「同じ教育を受けさせたい」と自然に思うはず。

 

我が家の場合は、夫が「そんなに熱烈教育させなくてもいいじゃない」とたしなめられて、冷静に子供の志望校選択をしました。

 

毎年、卒業生向けの同窓会冊子が届くので、冷静に判断できる材料がありましたから、自分とは違う学校へ子供を受験させて、無事合格の末、現在高等部に進学しています。

 

夫が私立校出身者だと熱の入り方が違う!

f:id:penpen231:20210616150906j:plain

さて、ここからが問題です。

 

お父さんが私立中高出身者で、かなりハイレベルな学校を卒業している方が、最近中学受験に熱心で、お母さんよりも詳しく調べては塾の保護者会にも参加するそうです。

 

普段の日に塾の保護者会があったとしても、会社に休みを申し出て出席するとか。

上司が中学受験経験者であれば、すんなりと有休にするともいわれています。

 

関東圏では、中学受験が加熱していて、地域差(地区差ともいわれています)によっては、クラスの半分が中学受験をする小学校があるほどです。

 

関西では中学受験をする子供さんは、クラスでもごくわずかなのですが、関東の中学受験熱はかなり熱いです。

 

今までの中学受験は「お母さんの力がほとんど」と言われていたのに、今はお父さんの力の割合が大きくなりつつあるようです。

 

男の子なら自分の母校を受験させたがる!でもそれってどう?

子供さんが男の子の場合、お父さんは「僕の母校にぜひ入学させたい!頑張らせよう!」と、自分が通った塾・自分が受験した学校へと導こうとします。

 

子供さんが、順調に同じ塾・同じ学校へ入学となれば、それは親子でいろいろと共有できるものは生まれるでしょう。

 

果たして、それは子供さんにとっていいことでしょうか?

 

子供さんにも気持ちや夢があるし、学力差はあるので、全て親が考えた通りに行くわけではありません。

 

女の子なら有名校にぜひ通わせて理想の女性に成長というのはねぇ

男親の気持ちとなると、女の子なら躾が行き届いていて高学歴の女性

に育てたいという願望はあるようですが、それはどうでしょうか?

 

私は子供が女の子で、自分自身は私立高校出身者でしたから、本当は自分の母校に入れたい気持ちはありました。

 

しかし、卒業生向けの毎年送られる同窓会誌を読んだり、ちょっと小耳に入ってくる話を聞くと、さすがに自分の母校へ入学させたくないと思いました。

 

男親さんが我が子が男の子であるというのと同じだと思いますが「自分が通学していた時と教育方針が変わっている」と気づいた時でした。

 

親世代と今の子供さん世代での教育方針はかなり違います!

f:id:penpen231:20210308181038j:plain

私が現在アラフィフで子供は高2(2021年6月時点)では、自分の母校の話を見ると、ハイレベルな私立中高一貫校にはなっていて、東大・京大などの国立大学でなおかつ難関学部への入学者は増えました。

 

今はあまり学校へ行く機会は減っていますが、よく学校へ保護者会へ出かけていた時に、母校の制服をきた子を見かけると「目の元気」がないんですね。

 

ハイレベルな進路を目指す教育をしているために、なんとなくしんどそうな顔をして通学しているんです。

 

昔はのんびりとして、お優しい校長先生や他の先生方がいらした時と違い、今は「有名大学合格!」とかなり無理をさせる「自称進学校」まで登場するほどです。

 

もし、自分が卒業した学校がそのような厳しい学校に変わっていたらどうでしょう?

 

結局、子供さんが受験して合格しても「行きたくない」と拒否されるのは目に見えています。

 

実際の進路を決めるのは子供さん。ご両親はそっと応援してあげましょう

f:id:penpen231:20210616153802j:plain

実際に、我が家のご近所で教育熱心なご家庭がいらして、3人の子供さんを全員中学受験させたのですが、ひとりだけ志望校に入学し、ふたりは公立中高へと進学しました。

 

片方の親御さんが、私立中高一貫校出身者の方でしたので、子供さんには私立校へ通ってほしいとは話していました。しかし、3人目の子供さんの受験でもめたらしく、夫婦間の溝までできて、離婚・引っ越しとまで進みました。

 

どうご夫婦で話がこじれたかはわかりませんが、おおよその予測はつくとでしょう。

 

子供さんを中学受験させるのは、親御さんの意志は必要ですが、最終決定をするのは子供さんです。

 

入学後、とまどってしまい退学したいといいだせば、家庭内での大問題になります。

 

家族でもめるのっていやですよね。

 

だから、中学受験を決めるもしくは考えるときは、片親が熱心になるのではなく、どちらかが冷静な判断役になって、子供さんを悩ませないよう気をつけていきましょうね。