hit
counter

ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

久しぶりの投稿のご挨拶と近況。そして中学受験などのこと。

f:id:penpen231:20210530142837p:plain

大変ご無沙汰しております。ペンペン(@penpenwaker231)です。

 

最後の更新から1ヶ月経過していましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

私はといいますと、個人的に受検しているFP技能士2級の学科試験合格のために、

更新をお休みして勉強にあけくれていました。

 

学科・実技で構成される試験で、すでに実技は合格済みなので学科を合格させれば、ある程度ご家庭の家計見直しを提案できる仕事ができる資格でした。

 

ところが!

 

当日、試験中に体調不良になりましたがそのまま席に座って受検。その結果、不合格でした。

 

学科試験は、徐々に難化していると言われていますが、2週間の勉強で合格している人がいるので、どう勉強したのか今考察しているところです。

(どうも納得できない点があるもので)

 

その後、訃報などで体調を悪化させて、ようやくブログなどの活動ができる状況になりました。

 

久しぶりということで、中学受験の現状や私立校の現在の状況をさらっと紹介します。

 

緊急事態宣言が出ている地域での各校の見学会・説明会などの対応

私は大阪在住者で、もろ緊急事態宣言が発令されている地域の学校に子供を通わせている母親です。(2021年5月30日)

 

各校によって対応は異なりますが、

  • 見学会を中止。
  • 入試説明会はするが来校もしくはZOOM併用
  • 毎日入試対策室が個別対応で説明を行う。
  • 普通に説明会は行うが人数制限をして分散して行う

と大雑把に出しましたが、直接生徒さんの様子を見て、志望校を決めるというのは難しい年度になったかと思われます。

 

コロナで変異株が出ている為に、生徒や来校者の感染リスクを下げるための対応で、今年は説明会でしか、判断をつけるしかなさそうです。

 

緊急事態宣言が6月20日まで延長になったことから、学校行事に影響は出ていて中止となったものは多いです。

 

同時に、説明会にも多少の変更が出る恐れがあるので、申し込みをされたご家庭は必ず変更がないかをご確認ください。

 

我が家の子供の学校では?

 

一時期大阪で爆発的な感染者が出た時、子供の学校でも数人陽性反応者が出て、1日だけ保健所の調査が入って休校になった日がありました。

 

ただ、中高となると校舎が広く、マスクもしていて衛生管理もしていたと保健所が判断すると、休校期間が調査に入った日だけというケースはありました。

 

幸いその後感染者は出ていませんが、身近で感染者が出たことから、

  • 時差通学
  • 短縮授業
  • 部活の停止
  • 感染が怖いという生徒は希望があればオンライン授業を許可

となり、部活動はちょうど大会出場エントリーの締め切りが迫っていた時に、緊急事態宣言が出たので、パニック状態にはなりました。

 

ようやく、大阪の感染者が減ったこと(病床満床率はまだ下がっていませんが)から、大会出場が認められた部は、6月あたりから大会にエントリーできるようになりました。

子供の部活も、感染対策は大会と部活顧問が責任を持つとして、大会に参加できるようになりました。

 

希望者のオンライン授業について

親御さんから「感染者が出たのに、通わせるのが怖い」という声や生徒さん自身からも「しばらく家で勉強したい」という声があったことから、各校ともに基準は異なりますが、希望者もしくは休校時にオンライン授業対応はしています。

 

我が子の学校は、希望者のみオンライン授業は認められていて、親が当日の朝に学校へ連絡し、それ相応の理由が認められれば許可されます。

 

もちろんオンライン授業で受講していれば、欠席扱いになりません。これは高校であっても中学と同じ対応となります。

 

やはり、感染者が多く出た日の翌日は、オンライン授業で自宅にいるという子は多かったです。

 

まとめとして。今後の中学受験については

今、65歳以上の方のワクチン接種が勧められていますが、コロナそのものが消えるかどうかで様々な対応が変わってくると思われます。

 

一時、受験科目を減らすという動きもありました。

 

今年はどういうことになるかというのは、読むのが少し難しいと思われます。

 

在校生も、毎日不安な気持ちで登校しているぐらいですしね。

 

ただ、最近の学校選びの傾向としては「オンライン授業がスムーズにできているか?」

というのが注目される点として入っているようです。

 

学校側でも新規採用された先生が、機械などの操作が苦手という先生もいて、混乱している授業はあるようです。

 

しかし、第1波からの1年。学校の対応の格差というのがはっきり見えてきたと私は思います。

 

体調不良のため、なかなか更新が難しい面はありますし、感染状況で揺れ動いていることがあるので、調べながらも情報を提供していこうと思います。

 

では、また!