hit
counter

ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

緊急事態宣言地域の私立中高の対応について<2021年4月29日現在>

f:id:penpen231:20210429091333j:plain

 

こんにちは。「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペン姉さん(@penpenwaker231)です。

 

中学受験準備を始めている小6年生にとっては、今のコロナ感染状況は大変気になるものですね。

 

現在、東京・大阪を含めた4都道府県で「緊急事態宣言」が発出されています。我が家はもちろんといいます、対象都道府県ですので、感染状況の報道を見ると気分が悪くなる日があります。

 

文科省の指導で「学校は一斉休校にしない」としているので、現在は特に学校内で感染者が出ていないので、そのまま登校を続けています。

 

現在、把握している範囲ですが、私立中高ではどのような対応をしているかを紹介します。

 

緊急事態宣言地域の私立中高の対応について

f:id:penpen231:20210130121415j:plain

基本は文科省からの通達通り「一斉休校なし」として、生徒を登校させて授業が行われています。

 

去年、全国一斉休校をして、オンライン授業をした私立学校でも登校を原則としています。

 

登校はしていていますが、時差通学や短縮授業、よく非難されていますが「部活動中止」としています。

 

公式戦への参加は認めている学校はありますが、部活動禁止であれば、練習などができないので、実質大会事務局へ辞退願を出して中止となったケースはあります。

 

中学受験・高校受験向け見学会などの中止やオンライン化

中学受験をするなら、5〜6月あたりが学校の様子を知る為に開催されるのが、見学会

や文化祭・体育祭の開催及び一般開放です。

 

最近、コロナ感染者の低年齢化が始まっていると言われていて、学校での感染者やクラスター感染が問題になっています。

 

本当は、受験希望者の子供さんにも学校の様子を見せたいけれど、クラスター感染が出れば大変。

 

実施する学校(外部の方は一切入れない。家族も入れない学校あり)、中止・延期と分かれています。

 

実施する学校では、オンラインで公開する学校はあります。ただ、人数を制限しないと学校側のサーバーダウンが出てしまうので、人数制限をすると思われます。

 

必ず、実施か否かは学校の公式サイトで確認をお願いします。

 

学校でのコロナ陽性反応者が出た時の対応は?

子供が通う学校ではまだ出ていませんが、ちょくちょくとよその学校で、陽性反応者が出て1日休校になったと言う話は聞きます。

 

学校によって、陽性者が出た後の対応は変わりますが、保健所の調査は必ず入ります。濃厚接触者がいるかどうかの聞き取りを行いますが、現在は「追跡が難しい」として、1日だけ休校して翌日から再開する学校さえあります。

 

国立感染症から出ている「濃厚接触者の定義」に基づいて、保健所と協議して学校再開を判断しているので、「追跡が難しい」と言われるとなんとも反論できない点はあります。

【参考:濃厚接触者の定義について】

新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領 国立感染症研究所 感染症疫学センター 2020/5/29 版」

●「患者(確定例)の感染可能期間」とは、発熱及び咳・呼吸困難などの急性の呼吸器症状を含めた新型コロナウイルス感染症 を疑う症状(以下参照)を呈した 2 日前から入院、自宅や施設等待機開始までの間、とする。*発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠 感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐など

●「無症状病原体保有者の感染可能期間」とは、陽性確定に係る検体採取日の 2 日前から入院、自宅や施設 等待機開始までの間、とする。

●「濃厚接触者」とは、「患者(確定例)」(「無症状病原体保有者」を含む。以下同じ。)の感染可能期間に接触した者のうち、次 の範囲に該当する者である。 ・ 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があった者 ・ 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護若しくは介護していた者 ・ 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者 ・ その他: 手で触れることの出来る距離(目安として 1 メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と 15 分 以上の接触があった者(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)。

 

学校での陽性反応者への欠席日数判断は異なりますが、詳細は学校に確認するしかないようです。

 

感染を恐れての欠席希望を出している生徒への対応について

学校で感染者が出た、自分が感染者になるかもしれない、感染すれば迷惑をかけるかもと不安になる生徒に対して、休んでも欠席にしないという対応が取られていました。

 

現在は、当初文科省からの指示では「感染を恐れての欠席は欠席とする」という報道はありました。

 

しかし、感染者の低年齢化を考えると「自分が感染者になるのえは」と子供さんが考えるのは当然のことでしょう。

 

私立学校でもこの問題に対しては、「登校経路などのこともあるので、希望すれば「オンラインでの授業参加を認める。ただし、保護者から担任への連絡は必ずする」として、教室にライブ授業用のカメラを設置して、teamsやzoomで配信を行っているところはあります。

 

※zoomは外部からの乱入が多い為、teamsを使うもしくは学校独自のアプリで対応としている学校が多いです。

 

公立の小中学校在籍で、中学・高校受験を考えていて、受験先の内申点に響くか気になさる方は多いかと思います。

 

<参考にどうぞ>

penpenworld.com

 

今回ばかりは、子供さんの心理面を考えれば、公立学校側といっても子供さんの不利益にならないように配慮はあるかと思います。

 

今度の動向はわからないけれど、柔軟な対応を。

f:id:penpen231:20210130121444j:plain

 

新聞その他では、一部地域で公立小中学校でリモート授業が始まったと報道されています。

 

実際はというと、この1年学校は何をしてきたのかという対応で、子供たちや保護者さんたちに困惑の色が出ています。

 

リモートに切り替えることで、学力低下が出るのではという指摘も出ています。

 

早く終息するにはワクチン接種と言われていますが、16歳未満の子供への摂取は認められていないので、どう守ればいいのかと悩みますよね。

 

私も子供を不安な気持ちで毎朝見送り、帰ってくるまではかなり不安な気持ちでいます。しかも、来月に受検する国家資格の勉強の追い込みもあるので、学校がどう今後動くかは気にしながら勉強しています。

 

私の試験も、もしかすると消える可能性があるので不安だけれど、もっと不安な気持ちになっているのは子供なので、子供の気持ちを優先していきたいです。

 

子供を持つお母さんは、大変不安な日々を過ごすかと思いますが、どうか上手に不安な気持ちを振り払って、子供さんの健康を守ってあげてくださいね。