ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

【中学受験】通学させるなら共学?女子校?男子校?ポイントはここ!

f:id:penpen231:20210130114130j:plain

※この記事は2017年4月23日に掲載したものを再編集しています。

 

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker231)です。

我が家の娘は、私立中高一貫校に入学し、現在(2021年2月時点)では、高等部1年生として通学しています。

 

女子6年間一貫教育校へ通学しているので、入学当初は女子ならではの問題で困っていました。

 

公立小学校出身なので、男女共学の世界から女子のみの世界となると、なじむのにも時間はかかるようですね。

 

中学受験において、受験校の選択で共学・男子のみ・女子のみとなやみますよね?我が家も受験時に悩みました。

最近、著名人の子供さんの中学受験先が注目されています。みなさんはどのようにお考えになりますか?

 

子供さんに決定権はありますが、親御さんで「どうしようかしら?」と悩んだ時の目安になればと思います。

 

 

 

 

どうしても入りたい所が女子のみか男子のみなら仕方ない

私自身、中学は公立で高校から女子のみの学校へ通学したので、娘の困惑は理解できましたが、慣れてしまうと環境に順応できていました。

 

最近はジェンダー問題や少子化の影響で、共学化した学校は増えています。根強く「男子のみ」「女子のみ」としている学校はありますが、先は全く見えない状態です。

 

一般的によく言われるのは、多感な中学時代に脳の発達に変化がおきると言われることです。女の子は早熟で学力も女子の方が先行して、中学受験対策の公開テストでも、女子が上位に出てきます。

 

それが、中学入学後に女子特有の癖や苦手分野、男子特融の癖や苦手分野が出てくるといわれています。

 

「それなら性別に応じた教え方をした方がいい」と考え方を貫いている学校はあります。

 

これは、娘の学校の教育方針になりますが、男子の入学を認めても構わないけれども、

女の子だけの世界の中でしかできない教育やしつけもあるので、共学化に対してその気はないという学校があります。

 

共学校はピンキリ。しっかりした教育基盤があれば問題はなし。

 

もともと共学校の学校もあれば、男子校もしくは女子校から共学化した学校はあります。

共学のいい点としては、小学校時代と変わらず、男女で成績を競ったり、できないことを協力していくというところはあります。

 

最初から共学校で創立された学校であれば、教育のブレはなしです。ある年度で男子校もしくは女子校から共学化した学校は、中止したい点はあります。

 

男子に適した教育方針、女子に適した教育方法が共学にしたために、一次的に崩れてしまう現象はあります。

 

しかし、崩れてしまうかもしれないところを、しっかりと死守した超難関校は存在していて、女子校で超難関校を保持していた学校が、共学に変更した学校に人気を奪われるという現象はあります。

 

大阪で過去に起きたのは、四天王寺が女子では人気だったのに、西大和もしくは清風南海に奪われるという現象が起きています。

 

男子校・女子校には悪い面もあればいい面もあり

実は、共学校が増えていく中で、親御さんの中から「男子校がやっぱりいい。なんだか女の子を意識してなよなよしている」「女子校には陰険ないじめがある」などなど

マイナス要素は出てきます。

 

共学もいいところはありますが、男子単独、女子単独にはそれなりにいい面はあります。ちょっと下品になったりもしますが、異性を気にすることなく、のびのびとした教育を受けたいと希望する子供さんはいます。

 

娘の受験時に、数校の学校見学会は訪れました。今在籍している学校は、女子校ですが生徒さんの礼儀の正しさがかなり強く残りました。

 

他の女子校や共学校を訪問しましたが、一番嫌がったのは共学校でした。学校方針や指導で、挨拶や礼儀の指導が十分ではないのかもしれませんが、共学校は嫌がりました。そして、女子校の受験を希望し、今にいたります。

 

最初は戸惑い「面白くない」とぼやいていた時期はあります。入学してからの定期テスト類はあまりよくなくて心配しました。

f:id:penpen231:20210130114113j:plain

 

入学して、文化祭(9月以降)から徐々に成績が伸び始めて、笑顔もたくさん出るようんなりました。そこで娘に「なんで成績があがったと思う?」と質問してみました。

 

「男子がいないから、気を使わなくていい。それに、女の子だけだから話しやすいこともあるから楽しい」とばっさり言ってくれました。

 

最近の学校事情について。これは知っておいて欲しい

この頃、「心と体の性別が一致しない」という問題が出ていて、公立・私立関係なしで、ジェンダー問題に直面しています。

 

この問題については、文科省でも議論されていて、全ての学校で対応が始まったところです。制服改定(女子でもスラックスやブラウスへの配慮)や施設利用面の改修など対応が行われています。

 

私の実家近くの中学でも、ジェンダー問題への対応として、女子の制服利用の改定が行われたと聞いています。

 

男子への対応はどうかは不明ですが、いずれは男子への配慮も問題として出ると思います。

 

私も今後の取り組みは注目していてますが、まだまだ理解されない領域で、不登校問題に繋がっている問題でもあります。

 

もし、学校選びで配慮が必要な場合は、学校の取り組みなど資料もしくは説明会で相談していただきたいと思います。

 

まとめとして。子供さんの気持ちを最優先にしてあげてくださいね。

f:id:penpen231:20210130113947j:plain

 

子供さんを中学受験さえる上では、どういう学校に入学させたいかと親御さんとしては悩みますよね。

 

まずは子供さんが資料や見学会で見て感じ、「ここがいいなぁ」という気持ちを最優先に考えてください。

 

共学であっても男子のみでものみでも、子供さんが喜んで気に入って通う学校が、いい学校だと私は考えます。

 

5月以降から、見学会などが始まります。

ぜひ、学校が一般に開放される機会があれば、参加してみて、子供さんの様子などを見て話し合いをしてみてくださいね。