ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

中学受験に内申書は必要なの?重要視されるケースあり<最新版>

 

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のぺん姉さん(@penpenwaker231)です。

2月〜3月は塾の新学期。現在(2021年2月8日)、小5の子供さんは受験先についてぼんやりご家族と話し合いを始めていることだと思います。

5月ごろから見学会や体育祭などの見学など訪問できる機会が増えてきます。塾の先生や見学会で話が出てくるかもしれないのが、内申書の話です。


地域や受験校で内申書の有無が違いますが、最近は少しずつ事情が変わってきています。

では、中学受験の内申書について紹介していきましょう。

 

 

 内申書は中学受験においては一応参考程度(例外あり)


内申書は高校受験では重要な書類の必要で、在学中の成績や素行、出席日数などが
記載された書類ですよね?

さ中学受験で内申書(もしくは在学証明や通知簿のコピー)を求めてくる学校は全国的には根強いものの、内申書なしで当日の得点を重視する学校は多いです。

受験校は内申書を何に使うかというとそれぞれ違いますが、基本は「出席日数の確認」程度です。

もし他に提出してほしい書類というと、「英検4級以上取得していれば、証明書の提出」は言われます。

ただし、教育指導改革が2020年に変わる前に、2018年度から英語教育について変更が出ていて、小3・4は「国際理解タイム」的な指導、小5からは「教務化」で国の選定教科書を使った指導で「成績」がつけられていることでしょう。

すでに全国的に中学受験の受験科目に「英語」が英検準2級レベルを出している学校が出ています。

また、超難関校では、出席日数も合否判定に使われる学校もあります。
特に有名なのが関西ではスーパー難関校と言われている灘中学校がいくら当日の入試結果がよくても、小5から小6の2学期までの出席日数が合否判定に使われます。

特別な理由(入院など)で欠席日数が14日以上であれば、出願後のチェックで学校から事情調査が行われて、受験不可になるケースがあります。
(もちろん、長期入院など特殊理由で欠席した書類を出願時に添付して、内申書にも記載してもらうことで考慮はされます)

志望校が「内申書必要」となっていれば、入試説明会で必ず何に使うか、合否判定に使うかはしっかり確認してください。(個別相談で教えてくださることもありますが、あまり公表しないですね)

内申書は、担任の先生に直接お渡しして、必要な学校数だけ記入していただきます。
内容は、最終的には教頭先生と校長先生の確認をいただき、学校印を押して、小学校側で封印を行なって、お子さんもしくは親御さんに渡されます。

中身を見たくなるかたもいらっしゃいますが、開けずにそのまま願書と一緒に提出・郵送してください。

 

内申書がない場合、後日提出する書類は?


無事合格して、入学者の集合日や制服の採寸日に書類や入学までの宿題を出される場合があります。
その時に、保護者に渡されるのが、合格した中学校・校長名の手紙で「6年間の健康記録と歯科記録・6年間の指導記録の提出」を小学校の校長が期日までに中学校に送ってほしいという手紙が渡されます。

 

我が家の場合、あれれということがありました


さて、小学校時代にいじめにあった私たちは、「6年間の指導記録」の取り扱いを小学校側がどう書くかを心配しました。

10月下旬に8月下旬からずっといじめにあっていたことがわかり、11月下旬から2月初旬までは不登校にしました。合格後、子供の気持ちが落ち着いてから、特別室にかくまわれる形で学校に出ていましたので、あとで不登校になってから再度登校するまでの欠席日数が82日と私は記録していました。

中学から指定された記録は現在通っている中学校には、小学校から無事渡されたことは報告を受けました。ところが、初めての3者懇談会で「え?いじめにあわれていたんですか?それは全く小学校からの記録に書かれていませんでした」と担任から聞かされてびっくりしました。

小学校側も素直にいじめの件を書いてしまうと、小学校の管理面を怪しまれるので、不都合な点は隠したのかもしれません。同時に小6の成績も、不当評価を受けていていました。成績はテストの点数から言えば、90点代なのに、成績表は「頑張りましょう」ばかり。

小学校から中学校への記録の引き渡しの内容には驚くばかりでした。

 

中学校に入学してからの評価は変わります

f:id:penpen231:20210130113711j:plain
小学校の評価の付け方は「絶対評価」で、ある1人の生徒が様々な教科に対して、どこまでできるかという付け方なので、担任の私情が入ってきて、納得のいかない評価がでやすいです。

反対に中学校からは、「相対評価」になって、母体数(クラスの人数)から各教科の先生で判定にはなりますが、学力テストや定期考査、普段行われる小テストなど総合的に順位をつけてます。評価に問題がないかは先生方でチェックも行われるし、中学生ともなれば、自分でも順位がわかるようになります。

 中学にあがってからの子供の成績は?

小5と小6の担任の評価がひどくて、毎回泣いていたのですが、中学にあがってからは、普段の小テストの結果や定期考査の結果、特に英語特化コースなので、ネイティブスピーカーの先生の授業の評価が重点的に見られました。

担任からの話を聞くと、書く方は成績は中間ながらもスピーキングで良いということで、英語のみは中間クラスながらも、スピーキングタイムの評価は高くついていました。

得意な数学や理科、そして基本の国語もよくてやっとまともに
成績がつけてもらえたと子供は喜んでいました。

まとめとして

f:id:penpen231:20210130113632j:plain


内申書がない代わりに、後日「6年間の指導記録の提出」は校長に依頼をお願いしましたが、きちんと出してもらえているか心配はしたものの、届いていた代わりに内容を変えられていたのはびっくりしました。

 

最近の小学校でのいじめや不登校問題を考えると、内申書は不要なのかもしれないと思うようにはなっています。


今後は、小学校で習う科目や子供たちに対して「思考力」を求める教育を施す考え方のようで、中学受験のシステムもどんどん変わるでしょう。

内申書は今後必要としていた学校も「提出不要」とする学校は今後増えてくるかもしれません。最新情報はしっかりとしらべておきましょうね。

今の所は、必要ではない学校については、当日の実力が大切なので最新の情報収集はしっかりと塾とともにしておくことは大切です。

【最新情報:2021年2月7日】
2020年2月末から新型コロナウィルスに伴う学校の一斉休校が始まりましたよね。3学期の評価や出席日数について、混乱が生じました。評価のつけようがないので空欄になっていました。


心配されるお母さんは多いと思いますが、現在のところは「特殊事情による臨時休業」という観点から、欠席日数には含まれない模様です。

※ただし、場合によってはお住まいの教育委員会から欠席事項としていない場合もあるので、必ず自主欠席させる時は欠席日数のカウントは確認してくださいね。

インフルエンザなどの「出席停止」でもありませんし、国全体で罹患するかもしれないウイルスですので、出席日数には含めないと思われます。学校での記録上は、生徒さんが不利益を被らないよう配慮するべきと文部科学省から通達が出ています。

コロナ発生から1年経過しますが、まだ終息しない様子ですので、来年度の受験がどのようになるかは見えませんが、体調管理には十分気をつけてくださいね。