ペンペンのペタペタ知識欲

中学受験から大学入試直前まで、お母さん目線で紹介!

中学入試を終えた皆さんへ。必要な手続きやなど忘れていませんか?

f:id:penpen231:20210130121242j:plain

こんにちは。「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

 

関西圏や関東圏の一部、そのほかの地域では2021年度入学予定者の中学受験は終了したかと思います。まだ、関東圏でも首都圏やその周辺地域では、コロナ禍の影響で分散日程で受験は続いているかと思いますが、いかがでしょうか?

今年の受験は、コロナ禍での感染拡大で心が落ち着かない受験になったでしょう。

 

その中で合格された子供さん、おめでとうございます。

残念だったあなたは、よく頑張った!絶対今までの頑張りは無駄にはなりません。

 

親御さんもお疲れ様でした。

 

さて、入学先を確定して、入学金や諸費用の入金を済ませたご家庭で、ぜひ今一度チェックしていただきたいことがあります。

過去に一度このブログで紹介はしましたが、改めて紹介していきましょう。

 公立中学への就学通知書は必ず教育委員会へ返却

地域によりますが、説明会などの都合で前年の秋か年末に、お住まいの教育委員会から「就学通知書」が届いているかと思います。

 

受験をして、入学手続きをすると、必ず「入学証明書」などの名前で「この子はうちの学校に入学します」という書類を発行してくださいます。

 

公立中学校でも、公立小学校へ入学の際に行われた「入学説明会」を行いますので、その際に通知書を回収します。

 

お住まいの指定された中学へ行かないので、通知書は教育委員会へ返却しなければいけません。

 

通知書は必ず教育委員会に持っていき、「こちらの中学に進学しますから」と入学先の学校で発行された証明書を提示して返却してください。

証明書は、入学式など後日まだ必要になるので、教育委員会も慣れているから、きちんとコピーで手元に保管で完了します。

 

制定品・制服購入以外に健康診断はお忘れなく

学校によっては、制服や制定品が特にないという学校はありますが、一部購入が必要な学校はあります。

 

入学後の手続きに記載が出て、制服の採寸は入学予定者集合日や入学手続き日に行う学校は多いです。

 

制定品も購入しなければいけない場合は、購入する品目を考えて、多い場合はスーツケースで学校へ行っても構いません。学校が運送会社を手配してくださって、購入品を送れるところもあります。

(教科書は国からの教科書の無料支給の他に、検定外教科書をメインに使いますので、教科書購入日は小さめのキャリーバックで行くことをお勧めします)

健康診断は学校が指定してきた日をお勧めします

新たに入学する子には、基本的な健康診断の他にレントゲンや心電図測定を行う学校があります。特に新1年生となる子には、必ず受診する旨の案内が来ます。

ただし、持病があって専門医でなければ難しい場合は、除外対象となるので、必ず学校に連絡して必要書類を確認の上、提出しましょう。 

 職場や学校で移動で健康診断を行ってくださる団体が行う学校が多いのですが、入学前シーズンは、かなりタイトなスケジュールで実施しているので、学校側が平日であっても、健康診断を受ける日にちを受験番号などで指定してきます。

 

平日になりますが、この機会を逃すと、学校指定の病院などで健康診断を受けないといけません。予約も必要ですし、手間もかかるので、できる限り学校指定日に受診はしましょう。

 

不合格でも合格でも必ず塾へのお礼はしておきましょう

合格された子供さんはいいけれど、受験した学校全てダメだった子供さんはもちろんいるはずです。

 

私達親の立場は、塾でどのような指導が行われてきて、子供さんが塾で辛い思いをしたかなぁというのは見えにくいものです。

 

塾は大事な子供さんを預かっって、合格できるように指導してくださったはずですので、合格・不合格でもお礼はしておきましょう。

 

中学入学後に心配になって連絡をくださる先生もいらっしゃるので、後腐れの内容にして塾とさよならするのがいいです。

 

私の子供の時は、現金や金券は禁止されている塾でしたので、講師の皆さんが小腹が空いた時に食べれるお菓子セットを贈りました。

塾によっては、伝統として一升瓶のお酒にノシをつけてお渡しするところがあるそうです。私もこの話はびっくりしました。

 

まとめになりますが

f:id:penpen231:20210130120852j:plain

中学受験は途中で挫折したり、一時離脱したりと、各ご家庭で様々な話が出てくるでしょう。

 

我が家の一人娘にも、様々な苦労があって、いじめにもあったし、希望の学校に合格できるか不安の中で合格しました。

 

合格発表の日に、家族で泣いている姿も見かけました。合格して入学できるまで娘のためにご尽力いただいた先生方には感謝しかありません。

 

不合格になったとしても、次の高校受験で力を発揮している子供さんはたくさんいます。中学受験で得た勉強方法は絶対次に活かすことができるので、新生活に胸膨らませて頑張ってください。