中学受験 PR

中学受験で一番困る!実際にある「担任の嫌がらせ」をどうする?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

※この記事は2018年5月2日に公開したものを改めて構成執筆しました。

「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペン姉さん(@penpenwaker231)です。

こんにちは。

毎年小学校では進級して5月以降、ちょうど家庭訪問が終わってから

 

「担任の先生あまり評判が悪いって聞いて困ったわ」

「前の赴任先で子供さんを不登校にしたとか聞いたことあるの」

「特定の子に嫌がらせをしている先生がいるらしいの。どうしよう」

 

とご近所のお母さん同士で、担任の先生の評判話が出てきます。

もちろん、実際に子供さんが何らかの理由ですでに不登校になっていることも。

近年いじめ問題と同時に「不登校問題」も問題視されています。

文部科学省の調査で小学校〜中学生で不登校となっている子どもの人数を、2019年で181,727人いると発表しています。

調査対象人数のうち、30%の小学生は不登校の理由を「先生とのこと」としています。

<出典元:文部科学省「不登校に関する調査研究協力者会議(第1回)配付資料」>

「先生とのこと」と回答した主な内容には

  • 先生と合わない
  • 先生が怖い
  • 体罰などがあった

が調査結果の中で公開されています。

我が家も実際に小5〜小6まで困った先生から嫌がらせを受けて、どうすればいいか悩みました。

さらに、卒業時に同じ境遇の子はいて、びっくりしました。

中学受験をする子に対しての嫌がらせはもちろん、身体的なことで子供を追い込む先生はいます。

不登校でも受験したい子はいるのに、逆に嫌がらせをする先生もいます。

不登校の小学生が中学受験可能かのアイキャッチ
【中学受験】不登校の小学生は受験可能?子供の気持ちを考えよう中学受験を希望する子供さんの中には、現在不登校で中学からの進路を変えたいと考える子はいます。欠席日数を気にする方はいますができることを「ぺんぺんのペタペタ知識欲」で紹介しています。...

では、どのように対策をすればいいか、我が家の経験を踏まえて紹介します。

担任から子供への嫌がらせに気づいた時は、一時学校を休ませて落ち着かせて話し合いをしていく

 

自宅学習する子供

子供さんが学校から帰宅して、

  • あからさまに学校での話を嫌がる
  • 小テストなどの話をしない
  • 連絡プリントを渡さない

など今までお母さんやお父さんへはしなかった行動があれば、「学校で何かあった」と様子みておきます。

 

特に一番先生から嫌がらせを受けているとわかりやすいのは、学期末での懇談会で見せられる「成績表」です。

 

通知表

 

塾で成績がよく、学校での小テストなどでもいい成績のはずが最低評価を受けていて、落とされる理由を明らかにしないは「親と子供への嫌がらせ」といえます。

 

わたし
わたし
態度で示す嫌がらせよりメンタルにくるね

 

うちのパパ
うちのパパ
子どもの頑張りを知っていたら腹が立つよ

 

子どものいじめに関しては「いじめ防止対策推進法」で定義があり、学校や専門家が対応し、精神面のケアなどを行います。

 

「いじめ」とは、児童等に対して、当該児童等が在籍する学校に在籍している等当該児童等と一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう。
「いじめ防止対策推進法」(平成25年法律代71号)より抜粋

 

完全とは言えない結果が多いけれど、学校側ははっきりと把握していれば、対応をしなければいけません。

子供さんの体調や精神面でつらい場合には、中学受験をする・しないに関わらず「一時学校を休ませて休養する」ことをまずしましょう。

公立の小中学校は欠席を長く続けて14日以上休んでも、留年措置は行いません。中学受験に関しては、基本内申書に記入の欠席日数は参考程度としています。

 

担任の嫌がらせを解決できた人はいるのだろうか?

共働き夫婦

基本として先生からの嫌がらせを受けていると分かった時は

  1. 親が子供の異変に気づいて、状況を把握
  2. 子どもの体調確認。精神的苦痛を受けているなら診断書をとっておく
  3. 嫌がらせを受けた証拠を集める
  4. 学校長に申し出て話し合い開始
  5. 納得がいかない場合は教育委員会に申し出をする
  6. 担任からの嫌がらせがあれば学校長にその都度申し出をする
  7. 法的手続きが必要であれば専門家へ依頼
  8. 解決できたとしても卒業までは要注意

この順番で対応するのがよいとされています。

実際は学校長や教育委員会に相談しても、全く対応してくれないし、担任からの嫌がらせをひどくするケースさえあります。

最後の命綱。学校にいる「諸問題対応を専門にする先生」

相談する母

学校長や教育委員会に申し出てもダメな場合、学校によっては「いじめや諸問題に対応できる」先生の救済に頼るしかありません。

スクールカウンセラーに「心のケア」を必要とするかも判断するので、隠れた存在としています。

いじめた側といじめられた側それぞれの言い分を聞き、適切な対応をとるように努力はします。

ただし、いじめられた・嫌がらせを受けた側に満足感を得る対応とはいえません。

特に先生からの嫌がらせを受けたケースでは、先生が「嫌がらせをしていなかった」と事実を隠そうとします。

先生の嫌がらせには必ず理由がある。個人的な問題なのに弱い立場へ攻撃することで自分を保とうとする

偉そうにする人

私達、子供を学校へ預ける親でもイライラして、つい八つ当たりをして反省することはあるでしょう。

人間ですから、心に余裕がない時にはイライラして怒ってしまうことはあるはずです。

先生も人間なので、イライラすることは当然あるでしょう。

しかし、弱い立場の子供に自分のイライラをぶつけるのはいけませんよね。

なぜ、イライラを「嫌がらせ」として変換していくのでしょうか?

現在の先生事情とも関連あり。そして先生個人の問題も含む

小学校の先生たち

文部科学省が2022年4月に「教員不足の実態調査」を行ったところ、「教員不足人数」について1218人不足とし、小学校で937校が「教員不足」と結果が出ています。
<参考資料:文部科学省(PDF)「教員不足」による実態調査

 

年老いた先生がテスト返却をしている

特に小学校の教員で人数が足りないとしており、教頭先生までもが担任を掛け持ちするケースが出ています。

 

人数不足の中で学校行事を行うのですが、不慣れな新任の先生が運動会の取りまとめを行うケースさえあります。

先生同士でのストレスから生徒へ嫌がらせをすることもある

ここからは先生同士の問題になりますが、

  • 先生の学歴問題
  • 先生間の上下問題

はあるといわれています。

特に学歴コンプレックスをもちながら教員になった先生で、教え子に優秀な成績で「中学受験する」と知った時が問題です。

 

「生徒は生徒。無事に合格するように」と願う先生がいれば、我が身の至らなさに腹が立って教え子に嫌がせをする先生が出てしまうのです。

職場は「学校」なのに弱い立場の教え子でもって、職場でのイライラを解消しようとするのはどうかと思います。

我が子の小学校の担任から受けた嫌がらせ体験談

小学校での三者面談

私の子供は小5〜小6まで同じ担任の先生になりました。

気さくで明るい男の先生の先生で、体育系の人でした。

 

縁の下の力持ち父さん

早速授業が始まってから「これはおかしい」と感じたのは家庭訪問後からでした。

過去に些細なことで申し出てから不当評価が始まる

 

落ち込む母

 

些細な問題というのは、小5の一学期に全くテストの返却がなく、そのことを先生に伝えても返却なし。

仕方なく校長先生に直にお伝えしたところから、嫌がらせが始まりました。

保護者が注意したことが気に入らなかったのか、腹を立てて嫌がらせをしようと考えたのでしょう。

漢字の指導やさまざまな指導で気づくことが多々起きる

 

勉強に頑張る子

今でも小学校の保護者さんや習字を教えている先生の間で問題になっている「とめ・はね・はらい」で、私の子供も散々注意を受けました。

担任の先生に注意されたことを、塾でやると

 

塾の先生
塾の先生
国語の漢字ですけれど、学校で何か言われましたか?いつも書く感じが変わっているんです

 

わたし
わたし
実は担任の先生から時のことで何度も注意を受けたり減点されて、どうしていいかわからないんです

 

塾の先生
塾の先生
学習指導要領で漢字については、ゆるい指導になったはず。それに中学受験時は特に何も言われないのに。

と、一例をいろいろと見せてくださったり、国語担当の先生が全ての小テストに目を通してくださって「全く問題はないですよ」と言ってくださいました。

漢字の一例「木」令和の「令」※画像2枚は、当時、国語担当の先生から教えて頂いた注意されないことと、解釈について、私自身が書いて再現しました。

現在も問題になっている文字のことは、文部科学省の「学習指導要領」及び文科省・国語ワーキンググループでは

  • 手書き文字と印刷文字の表し方には習慣の違いがあり、一方だけが正しいのではない。
  • 字の細部に違いがあっても、その漢字の骨組みが同じであれば、誤っているとはみなされない

とされ、「とめ・はね・はらいは、骨組みさえ正しければダメだしはいけない」というわけです。

 

参考資料及び引用元:学校教育における漢字指導の在り方について(平成28年3月14日)

 

小テストや学力テストで問題はないのに、なぜか減点。

小テストやテスト類を返却されても、オール100点のはずがちょっとしたところで減点されました。

 

悩んでいるお母さん

懇談会で通知表を見せていただくと、できている科目なのに「頑張りましょう」と評価されているのを見せられました。

さらに、娘の成績や日毎のあり得ない行動を告げられ、落ち込みながら帰宅しました。

中学受験前の最大の難関。けがから起きたクラス内いじめ

悩む夫婦

小6での運動会で、子どもの学校は毎年小6生が組立体操をするのが恒例でした。

当時は「巨大タワー」や「7段俵積み」などの危険なものばかり。

実は、子供は練習中に転落しむちうちになったのです。

整形外科の先生からもコルセット装着と1ヶ月間の運動禁止と診断書をいただいて見学扱い。

運動会当日は放送係をしました。

 

コルセットをしている我が子

運動会終了時は何もなかったのですが、子供がその後よく泣くし、塾での成績も悪くなり始めました。

 

笑顔が消えたことと体調がすぐれず、ある日塾の授業中に過呼吸を起こしたと連絡を受ける日さえあったのです。

 

一度、子供に事実を聞かなければいけないと思った日。

子供は、めまいを起こして塾をおやすみ。

学校で起きていることを話しました。

 

一部のクラスメイトからのいじめを受け、先生も事実を知っているのに黙っていると言うのです。

うちのパパ
うちのパパ
妻と子供から聞いた時は僕もショックだった
わたし
わたし
私もびっくりで頭が真っ白になったわ

まず小児科で子どもの精神面のことを相談し「休ませた方がいい」と診断を受けました。

もちろん、診断書を書いてもらっています。

塾にも話をして、学校からの対応策など考えて動くと快諾してくださいました。

休ませてからの学校側の行動と我が家での対応

 

親子で仲良しに過ごそう

 

学校へ担任の不当評価やいじめのことを申し立てをし、解決できるまで学校を休ませて塾には通学しました。

 

受験に向けた勉強は続けましたが、時々外へ連れ出して、気持ちを落ち着かせるように努めました。

 

学校からは何度も「学校に来るように」と電話は毎日かかってきました。

 

塾での対応と独自調査で救われるけれどすっきりしない結果

 

さて、勉強面は塾で「確実に志望校に合格できるプログラム」を考えてくださりながら、受験対策をしました。

 

学校側は最終的に「いじめや問題解決専任」の先生で独自調査を行い、担任の先生の非を認め謝罪にきました。

謝る先生
わたし
わたし
我が家にも聞き取り調査に来て、内容から決して子供が悪いのではないと言ってくださったので安心できたの

中学受験は無事志望校に合格。

ところが、中学受験合格後、教室へ入ろうとすると震え出すのです。

結局は「別室指導」になりしばらくの間は私が付き添いが必要でした。

 

別室指導

卒業式は、前日に卒業証書授与式をお世話になった先生方の出席のもとで行いました。

まとめ。今も続く先生からの嫌がらせには正々堂々と対応を。長期不登校でも支援体制あり!

 

無事合格

無事、希望の中学に合格。

しかし、入学後に同じ境遇の生徒さんがいると知り驚きました。

 

決して大袈裟な話ではありませんし、実際に起きています。

 

解決しきれずに困っている子供さんや保護者さんは、潜在的に大勢いるものと思われます。

困ってるお母さん

学校にはいじめなど複雑な問題に対応できる「味方になる」先生はいます。

 

もし、学校側の支援策で子供さんでも無理な場合、ホームスクール制度などの民間団体へ移るのもいいでしょう。

 

子供を励ますお母さん

中学受験を考えていたのに長期欠席になった場合、公立中学への進学しかないのでしょうか?

実は欠席日数を問わない私立中への受験や、不登校でも中学受験に対応できる子供さんを指導する塾はあります。

不登校問題の相談窓口や法的措置を必要とする場合の相談窓口を下記に紹介しています。

もちろん、明らかに先生からのひどい行為でケガをした際はすぐに警察へと届けてください!

教員の数を増やす、小学校の課外活動の軽減などの動きはあります。

先生も人間ですから悩みはあるかもしれないけれど、子供に対しての嫌がらせは絶対にやめて欲しいです。

このような本が登場しているので、ご興味のある方はぜひご一読ください。

では!


↓にほんブログ村に参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ABOUT ME
ペン姉さん
大阪生まれ・大阪育ちの主婦。 2017年に子供を中学受験させました。 習字と囲碁とフルート演奏を趣味にしています。 Amazonアソシエイトプログラムに参加中。