google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

カテゴリ:中学受験 > 行事関連見学

f0372a1ce1564e9b8867773e0ab0162e_s



こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が子が中学受験をしてからもう3年。現在は高等部1年生ですが「ママ、今年は入試説明会は早めにするみたいよ」と話しており、見学会も予約制で受付を終了したと聞きました。

子供は、見学会での手伝いに入るのですが、話を聞いてから、他校の対応はどうか(関西圏のみになりますが)さっと調べました。すでにご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、今後の状況ではオンライン形式になる恐れもありますので、紹介していきます。

※関東圏はまだ発表されていないところや、把握しきれていない学校があるので、今回は関西圏のみとします。



早めに開催、分散型、通常通りのいずれか

944546


関西圏のみでの紹介になりますが、今年は新型コロナウイルスの影響で、説明会でクラスター感染発生を防ぐ為に、学校側も例年とは違う対応をとるところが多いです。

毎年、9〜10月の間に入試説明会を行うところがほとんどです。今年はというと、
  • 8月中に開催(事前申し込み必要)
  • 複数回で説明会を行う(人数制限あり)
  • 毎年通りの日程で行う(超有名校に多いです)

大きくこの3つにわかれます。

もちろん新型コロナウイルスの感染状況の兼ね合いもあるので、日程変更や中止もあるので、学校のホームページで確認してくださいね。

出張説明会や個別電話説明会を設けるところもあり

本校で希望者を集めて開催すると、やはりクラスター感染が怖いというご家庭は多いので、複数回で行う説明会ではなく、日程と会場を分散させて説明会を開催する学校はあります。

それでも「不安だ」というご家庭は、学校によっては電話対応で学校説明会を受け付けるところはあります。(和歌山の学校で1校確認済み)

感染者が増えた時は、最悪オンライン説明会に切り替えることも考えられます。

今年は異例づくめ。例年より早めの行動が大切

入試説明会を毎年通りに開催する学校はありますが、ほとんどの学校が「分散型」か「日程前倒し」で行います。

まだ志望校の受験をどうするか決め切れていなくても、入試説明会だけは受験するかしないかは別として、受験を考えている学校分は参加申し込み制なら申し込んで、資料をいただいておくとよいでしょう。

関西圏の私立校のほとんどでは、体育祭や文化祭は9月〜10月に行われ、受験を考えているご家庭は入校可能でしたが、今年は親でさえも入れないというところが多いです。

見学会もかなり人数と日にちを制限しているので、早め早めの行動をしないと、学校の様子がわからないまま受験して、実力発揮できないことになります。

※今年は個別対応も柔軟に行う学校は多いと思われます。

今年は、塾の先生方もどうなるかとヤキモキする年になりますが、先生もできうる限りの応援はしてくれます。それでも、受験に関する手続きや情報収集は親御さんの責任もかかってくるので、最新情報は志望校のホームページを確認して動いてください。

正しい情報と正しく恐れて、2021年度は乗り切って!

2021年度の中学受験生は、新型コロナウイルスで何もかもが異例づくめの対応になると思われます。通っている小学校がいつ休校になるかもしれないし、感染者増加でまた塾が休みになるかもしれません。

学校での感染者が出たという報道は出ていますが、子供さんやご家庭での衛生管理をしていれば、大丈夫でしょう。

我が家も大阪で多くの感染者が出た時は「明日は我が身や」と怖がったものですが、大丈夫でした。問題は、学校再開後でしたけれども、今はクラスメイト全員落ち着いて登校しています。

今年は様々な意味で異例ばかりですが、子供さんに不安を与えないように、正しい情報を入手して正しく恐れて(手洗いと消毒とうがい、そして睡眠と食事)、2021年度は大変ですが、乗り切ってください。

応援しています。

スポンサードリンク

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今日からコロナで自粛要請が出ていた「全国の移動」がOKとなりましたね。
地方の有名校への見学などもいけるかもしれないと、お考えのご家庭もあるはず。

しかし、まだコロナは終わったわけではないので、中学受験を目指す子供さんの学校はもちろん、受験先の学校も、厳重体制の中で授業をしています。

私の子供の学校も、毎朝の検温はもちろん、友達同士での会話、お昼の食事、部活動でできることの制限がついています。

一昨日、久しぶりの部活で今年の活動について、話があり大会などが開催されるかが問題となっています。

中学受験関連にも、多少の影響は出ると思われますので、こちらで知り得ていることをお伝えします。
なお、感染状況によっては、中止となることもご理解ください。



オンラインでの授業見学や説明会の導入

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s

親御さんでも、仕事で在宅勤務をされている方はオンライン会議をされている方は多いでしょう。

学校によっては、三密を避ける為に見学会や入試説明会をオンラインで行う学校が出始めています。

願書類の発行については、学校ごとで変わるものと思われるので、志望校のホームページや説明会でしっかり確認して、指示に従ってください。

願書提出は、今後は親御さんが提出しにいく・郵送のみとする学校はあるかと思います。
コロナのことを考えると、今後はネット出願を採用する学校がますます増えることでしょう。

子供の学校は、あるクラスの授業をオンラインで公開する予定で、ネット回線の問題上、人数を制限して公開するとしています。

学校で行う説明会や出張説明会は、今年は日にちや時間を分散させる傾向にあります。
なるべく3密を避ける為です。

気になる学校を一度でも見たい場合は、ホームページで必ず実施スケジュールは確認してください。

文化祭・体育祭の見学が今年はできないかもしれません

学校によりますが、すでに文化祭や体育祭を中止もしくは生徒のみで実施した学校はあります。

中止にしていたけれど、生徒達の声でオンライン文化祭を開いた有名こうさえあります。

9月以降に文化祭や体育祭を行う学校は、感染状況によりますが、ひどくなければ実施を予定しています。

しかし、受験予定の生徒さんが学校に入れるかというと、学校判断になりますが、基本「今年は無理」と思っておいてもよいでしょう。

子供の学校では、すでに文化祭・体育祭で保護者の来校は禁止にすると発表されました。

加えて、合唱や楽器演奏、食品提供も中止になるかもしれないとしています。

部活動の出品も制限が厳しく、体育祭での競技も減らす予定だと言われています。

そこへ、受験予定者の方がどのぐらいくるか?

実際に学校の様子を見てもらうのが、受験の判断基準にはなりますが、今年はコロナの影響で身動きが取りにくいものと思われます。

オンラインやYouTubeでの限定公開が今年は多く出るかも

internet_school_e-learning_woman

今年は、生徒も感染予防の為に、気を使っているぐらいです。受検生の子供さん達は、さらに体調管理に気をつけなければ、本番の受験ができないことも出てくるでしょう。

ちょうど、受験シーズンはインフルエンザも流行る季節なので、今年は記憶に残る受験になるかもしれません。

今年は、親子で学校に赴く機会はかなり減ってしまうかもしれませんが、オンラインでの説明会や見学会は活用していくとよいですね。

まれに、学校がYouTubeのチャンネルを開いて、公式チャンネルで普段の授業や学校内の設備、卒業生の話を聞けるでしょう。

ただし、YouTubeの中身は、編集が入ったり実際の学校の姿を誤魔化している部分はあるので、あまり間に受けず、参考としてみればいいかと思います。

今回のまとめとして

今年は、いつどこで大きな感染が出るかわかりません。

東京方面では、連日二桁台の感染者報告が出ていて、毎日不安を持ちながら過ごしているご家庭は多いでしょう。

塾も自粛要請からはずれたものの、子供さんが「ついていけない」など体調不良や精神的にまいっている状況も出ていると聞きます。

娘の学校では、特に体調不良などの話は出ていませんが、遅れている授業数を取り戻す為に特別講習が毎日続いています。

帰りが遅くなるので心配ですが、体調がやはり心配です。

来年の冬、受験する子供さんは塾でも遅れを取り戻す為に、かなりハードな授業体制かと思います。

体調がすぐれないなどの異変に気づいた時は、すぐに専門医に相談して、休める時は休ませるようにしてあげてください。

今は、まだ遅れていても十分間に合うので、無理は絶対避けてくださいね。

スポンサードリンク


ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

そろそろ、私立中学校の来年度入学生募集関連行事がスタートし出しました。

早いところでは4月末に説明会を行なっているところもあり、来年度受験生のお子さんは前年度よりより厳しくなる傾向が強い可能性が高いです。

入試説明会と学校見学会を日にちを変えて行う学校と、入試説明会のみしか行わない学校など様々ですが、今回は学校見学会について、実際の体験を元に紹介します。

ただし、いろいろと学校を見学しましたが、撮影禁止をしている学校がほとんどでした。また、個人情報特定問題などから、学校で頂いた資料にモザイク加工を行なっているものがあることをご了承ください。





学校見学会に行って何がわかるか

学校見学会として大きく行うのは年に1回。ほとんどが5月中旬〜6月上旬に集中します。

学校見学会の目的はというと、学校の雰囲気をしっかり親子で見てもらうということと、
見学会の時点で志願者がどのぐらいいるのかを知りたいという学校側の考え方があります。

学校見学会で、プレ入試説明会も行われる場合があり、大まかな学校の教育方針や簡単な入試関連の説明を受けることができます。

見学会の対象学年は、ほとんどが小5〜小6の子どもさんで、見学会に行くなら小6が経験上最適です。
なぜかというと、小5で見に行くと小6までの成績変動で志望校を変更するケースがあって、上昇していて志望校が上がるのならいいのですが、下がっている中で見学会に参加するのは、子どもさんにプレッシャーを与えるので、小6から見に行くのがベストでしょう。

話は戻りますが、学校見学会では、実際の生徒さんの授業風景をそっと見学することができれば、部活動のデモンストレーションがある学校があります。

別の日に実施する学校はありますが、模擬授業を希望する科目で受けることができて、親御さんは教室の後ろで見学することができます。
事前予約制が多く、国語や英語の体験授業に申し込みが集中し、算数への申し込みは少ないです。

同時にPTA役員さんや卒業生が親目線や元生徒目線で、学校についての不安な点を答えるコーナーが設けられていたりして、全て見学するのは結構つらいものがあります。

プレ入試説明会と模擬授業と部活動見学は見ておく価値あり

944546


見出しに紹介したこの3つは、見学会では重点を置いてほしいことで、
プレ入学説明会での雰囲気ではわかりにくいけれども、どういう考え方を持った学校かは
わかります。

ある学校では、ひたすら見学会でも説明会でも校長先生が「中高一貫の生徒から、東大生現役合格を出したいと熱弁される学校がありました。

設備面や教育について、かなり先を行く指導をしているのに、ひたすら実績にこだわる学校はお話を聞いていても親も子どもさんも参ってしまいます。

あまりにも実績にこだわり度が高い学校は候補には入れるけれど、最終選択では子どもさんの意見も聞いた上で、受験しないということも考えておきましょう。

模擬授業は、取り扱う授業内容は、入試問題を取り上げたお題を出す傾向が高いです。
受験する子がどれぐらい勉強しているかを確認するためでもあります。

<事前申し込みの際に塾名や小学校名の記入が必要でした。>

我が子の時は、算数を希望したので申し込みをしました。
実際の授業内容の単元は「規則性」で問題用紙に正解を書き込む形式で授業を進めてもらいました。

最初に子ども達に解かせてみて、時間を区切ってから、一度子ども達に鉛筆を降ろさせて解説に
入りました。つまり、その時中学受験に向けて子ども達がどのぐらいまで勉強を進めているかの
チェックにも繋がっています。

中には解答するのをやめて、呆然としている子どもさんもいました。

部活動は、興味のあるクラブを自由に回れましたが、プレ説明会や体験授業などの都合で、
子どもがどうしても見てみたいというクラブのみを見学したり、実際に体験したりと時間の許す範囲で
ぐるぐると見学しました。

生徒さんの態度や目の輝きなどで学校の充実度がわかる

02611d1beeb0a4c1079c124cb021f53a_s
当日は、在学生の子が案内係で対応してくれて、校内で道に迷った時に案内をしてくる学校もあれば、ぶつかっても謝らずに走り去る生徒さんの学校もありました。

他に勉強する目の輝きがない生徒さんの学校もありまして、我が子も感じるのか「ここの学校は行きたくない」という学校は多々ありました。

勉強一本での教育指導を行なっている学校の生徒さんを見ると、なにやら辛そうにも感じて、そこに入学されているご家庭の姿も少し見え隠れします。

学校見学会では、学校の設備や体験授業など見ることは大切ですが、在学生の生徒さんの目の輝きや案内の対応を見るのも、志望校選択の指標になります。

見学会でいただけるものは?

入校した時の氏名などの記入時、もしくは帰りに袋に入れられた資料が手渡されます。

だいたいの学校でGWの大型連休中までに決定している場合があるので、
袋の中に前年度の過去問題や入試要項、ちょっとした来校のお礼品が入っています。

IMG_1349

ある学校で頂いた入試要項で、どういう日程で入試を行うかと受験する際の決まりこと書かれています。
入試説明会でも同じ資料になりますが、見学会と違うのは、願書提出手続き方法などの詳細な説明や願書類が入っていないことです。


特殊コースをもつ学校なら、そのコースの特性を紹介しているチラシも入っています。

IMG_1330

2校分ですが、クリアファイルに全ての資料がまとめられている学校があれば、学校名が入ったボールペンや鉛筆をもらえたりしました。

田舎の学校では、遠くからの優良な生徒を呼びたいがために、地方巡業的に最寄りの町のホールで説明会を実施することがあります。

このお土産目的で行く方はまずいませんけれど、見学会がいけなかったとしても入試説明会は本校を訪ねて行くようにしましょう。


まとめ

書き漏れていましたが、入校時に必ず校門で受付があります。

受付では、お子さんの氏名と保護者名・通学中の小学校・塾名と学年の記入を求められます。
塾名については、公文式教室にも通って入れば、そのことも書く必要があります。

見学会以外に入試関連行事に参加する時は、必ずこの受付手続きとはご縁が離れることは
ありません。

学校側はどういう塾に通っている子でどんな地域からこの学校まで来てくれたのかを
見て、その年の受験生の様子を分析することに使われます。

それのことはあまり気にしなくて構いませんが、塾側がその時に配られるかもしれない前年度の
入試問題集を欲しがります。

親子でそれぞれ資料をもらって帰って、1冊を先生にお渡しするということでよいです。

この見学会を皮切りにいよいよ中学受験準備が本格化して、つらくなることや親子で喧嘩することが
増えていきますけれども、この時期だけ気晴らしをして乗り越えていってくださいね。

スポンサードリンク


e51ad388385eafa6a7ea5068667b2d00_s


「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

もうじき5月のゴールデンウィークに入り、一部の塾では大型連休でも講習会を
行いますが、実は私立中学・高校ではゴールデンウィーク中に文化祭や体育祭が
行われるケースがあります。

ところが、真逆で学校見学会や入試説明会を行う学校が多いのも5月。

親御さんとしては、どっちが先なのか悩みますよね?
塾側も特にどっちが優先かというアドバイスは明確にはしてくれないので、親御さんでの
判断になります。

あわせて、日にちについては「自分で調べる」が原則です。

さてさて、どうすればいいのでしょう?
ということで、実例をあげて紹介していきましょう。

スポンサードリンク


超難関校の今年の様子(毎年恒例なのだが)

f8a9b8671ba955e91b14491eec9cdfe1_s

超難関校になればなるほど、文化祭や体育祭を5月〜6月に回す傾向はあります。
9月か10月に実施している学校はありますが、超難関校になると、高三生が大学受験の
追い込みに入るので、5月~6月に学校行事でも大きな行事を回す傾向はあります。

ちなみに、東京で自由奔放規則ながらも東大などへ大量の合格者を出している
麻布中学はホームページでの情報では、5月2日〜5月4日に文化祭を開催し、
一般開放してくれますが、人気校で校長先生のお話がユニークであることが有名なので、
学校側からは、在校生保護者の方は混雑緩和のため、5月2日に来て欲しいと呼びかけています。

麻布中学の文化祭情報はこちらから

一般開放している学校もありますが、学校によっては受験生が入っていることができる学年を
小5・小6と限定している学校はあるので、志望校のホームページは確認は必要です。


まだ低学年、もしくは説明会に参加していないなら見に行く必要なし

有名な中学受験専門塾で低学年(小1〜小3)の場合や、小5・小6で入試説明会に
参加していないご家庭。

学校行事について、受験生なら開放しているところもあれば、無制限で一般開放している
ところはあります。

しかし、低学年で文化祭や体育祭の印象次第では、実際はもっといい学力のところに
いけるかもしれないのに、行事につられてしまって、受験校を高学年で決める時に、
学校行事での楽しかったイメージで、受験校を固定化してしまうということになります。

塾からも成績は優秀なのに志望校について話しても、気に入ってしまった学校に
固執して、逆にいい結果に結びつかないという場合も出て来ます。

小5・小6でも、同様で入試説明会をまだ受けていなくて、学校行事の見学の雰囲気で
簡単に志望校を固定することがあるので、入試説明会にまだ参加していなければ、
無理に行く必要はありません。

スポンサードリンク


入試説明会は親子で行く方がベスト!文化祭や体育祭は最悪いけなくてもいい

84915e3f71cad748a033176dc6384665_s

子どもさんが学校の楽しい面だけを見てしまうと、他にも子どもさんにとってよい環境の
学校があるはずなのに、選択肢を狭めてしまうもとになります。

「親だけ入試説明会を先に行きなさい」と指導する塾はありますが、文化祭や体育祭は
見れなくても構わないので、選択肢を広げて上げるためには、「入試説明会を先に行く」と
いうのは鉄則と私も中学受験をさせてみたものとしては同感です。

ただし、学校見学会や模擬授業をする学校があって、同時に入試説明会を行う学校も
少なくないので、学校の雰囲気を知るためには、子どもさんを連れて入試説明会に
行くのがベストです。

地域にもよりますが、入試説明会に子供さんを同伴させないところもありますが、
私個人としては、連れて行けるのなら連れて行くのがベストと経験からおすすめします。

複数校受験なら、学校行事よりも説明会を重視!

もし、今お子さんが何年生かわからないという想定で書いていますが、
複数校受験を考えているご家庭なら、今は学校行事よりも入試説明会の
だいたいの日程を調べておくことを優先して、スケジュールを組んでみてください。

先に説明会やプレテスト、公開授業で学校の雰囲気をお子さんに見てもらって、
授業をする学校の雰囲気で、どの学校を重要視するかを決めるためでもあります。

文化祭や体育祭を見ると楽しいのはわかるのですが、
本来の授業はどうなのかを知っておかないと、
合格して入学してからギャップの激しさにしょんぼりしてしまう子供さんは出て来ます。

お子さんが楽しく学校に行くには、学校行事を先に見て楽しむよりも、
学校全体の雰囲気を子供さんが感じ取ってもらうというのが最優先です。


まとめ

我が家のケースでは、小5ではまだ志望校確定が不安定だったので、
小6の5月ぐらいから複数校で説明会や見学会に参加しています。

見学会が先の学校では、軽く入試説明会がありその後クラブや体験授業を
受けています。

複数校回りましたが、文化祭や体育祭が見学できる学校はありましたが、
もう受験についてかなり詰めていかないとまずいという状況でしたので、
一切見に行きませんでした。

本人に後から聞いて見ると、「もし見入っていたら、そこしか考えないように
していたかもね」と話していましたし、私の同じ立場なら、楽しそうなところを
最優先するでしょう。

地元へのいろんな還元ということで、一般開放している学校はありますが、
不審者などの問題から、自由に出入りできない学校もありますので、
もし、学校行事を見学してみたいとお考えの方は、事前に学校のホームページなどで
確認してから出かけてください。

まぁ、個人的な意見としては、楽しみは合格してから取っておくのが一番ですよぉ。

スポンサードリンク

このページのトップヘ