671002

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

すでにネットニュースなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、東大進学率が非常に高い、東京の名門校「開成高校」で替え玉受検があったという報道がでました。



開成中高は、中学受験からでも高校受験からでもチャレンジできる学校です。今回問題になったのは、高校受験で兄弟で替え玉受験があり、該当生徒を退学処分としたとの報道です。

保護者や生徒間では「替え玉は本当かも」と大騒ぎになっていて、学校側は「未成年者なので......」と詳細は発表していません。

では、中学受験や高校受験で替え玉受験は可能なのでしょうか?
同時に、替え玉ではないのですが、学校によってはある特別条件がある優先枠なるものもあるので、同時に紹介します。



中学受験で替え玉はまずできないでしょう

中学受験は、小6生の子供達ですよね?

顔つきや体格で大人っぽい子供さんはいるものの、あどけない顔つきと体格から子供さんの兄姉の方を代わりに受験させるのはできないです。

双子の子供さんを二人とも受験させる場合、同じ学校を受験させると学校によっては受験料の減免措置があるので、同じ学校を受験させている方は多いです。

ただし、二人とも同じ偏差値であることが同じ学校を受験させる要素になりますね。

関東方面は、1月から2月まで分散受験タイプですが、関西は協定を結んでいていて、ある一定日しか受験できないようなシステムですから、どんな手を使っても替え玉受験というのは難しいと思います。


兄姉が先に入学している学校での替え玉は?

もちろん、先生方が生徒さんの顔を知っていますし、受験票に写真添付ですから「替え玉受験」は成り立ちません。

今回、問題となった替え玉受験は、ご家族の方で塾経営をされていたことで、受験システムに精通していたという報道があります。

不正受験ができない対策は、どこの学校でもしていますし、ましてや高校受験の場合は、出身中学からの内申書類で本人確認も取れるので、不正受験は厳しいはずです。

でも、開成高校であってはならない「替え玉受験」あり、発覚するまで半年ありました。半年間は、コロナでの休校措置だったので、オンライン授業でもごまかすことはできました。

しかし、受験時に見抜けたと思うので、学校がはっきり言えない「なんらかの事情」はあったのでしょう。それは、子供に言えないどろっとした事情かと考えられます。


替え玉ではないけれど、私立校特有の優遇制度

これは中学受験と高校受験にありがちなことですけれども、
  • 親や祖父母が受験校の卒業生
  • 仏教系ならお寺の後継者の子供
  • キリスト教なら洗礼を受けている子供の信者
  • 兄姉がすでに受験校に在籍している
という子供さんは、少々受験時の成績が悪くても合格にする学校はあって、願書に記入欄が設けられている学校はあります。

私が高校受験で私立校を受験した時は記入欄はなしでしたが、今は年に1回届けられる同窓会案内で、「卒業生の子供さん向け入学説明会」の案内が同封されるようになりました。おそらく、一般の説明会とは違うのではないかと思います。

我が子の場合は、我が家はカトリックでしたので教会から「ここの学校なら信者枠があるよ」とこそっと聞きましたが、実力勝負でいきたかったのと校風が子供が気に入らなかったので、受験しませんでした。

こういう裏の優先枠はあってもいいのですが、憧れと実力が一致していなければ、入学後はきつくて、授業についていけずに退学するケースはあります。

優先枠を使うのは、最終手段と考えておいてくださいね。


まとめとして

開成高校の替え玉受験は、「もしかすると本当にあったかもしれない」と思うのは自由です。しかし、将来ある子供の足かせになりますし、本当なら替え玉受験をさせた親と見抜けなかった学校の責任問題になっていきます。

優先枠にしても、今は少しずつ減らしたりしている学校はありますが、私立校の学費問題からこれから先の経営が苦しいとわかっているので、続けるでしょう。

私立校人気は急激に減ることはないけれど、とんでもない受験が起きないようにすることは学校側に求められますね。

「ずっと通いたい学校は正面から実力勝負」で頑張ってください。

スポンサードリンク