google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

2020年07月

74b5b8c484dc575028a72fafa10648a6_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今週から、我が子の学校では期末テストがスタートするのですが、周辺や少し離れた私立・公立中高で新型コロナの感染者が出ているとして、休校措置の上、期末テストの扱いをどうするか困っています。

我が子の学校の姉妹校(かなり離れたところです)でも、感染者が出たとのことで、一旦休校として期末テストを延期すると発表しています。

学校のホームページでは出てきませんが、中学受験時代もしくは高校進学後に塾通いしている子は、情報交換をするので、どこの学校がどうかという情報が入りやすいです。


2021年の冬、中学受験をする子供さんにも影響が少し出てきているようですが、今年の受験を経験した子供さんは、すごいと褒めてあげたいです。

では、私立校で起きていることを、私が知る範囲で紹介していきます。



夏休みが長い学校と短い学校の差が激しいし、コロナの状況をみながらの入試対応

本来なら、すでに夏休みに入っている7月下旬ですよね?

今年は3月から行われた一斉休校の影響はもちろん、学校でのオンライン授業の対応の差で、学校によって夏休みに差が出ています。

我が子の学校は、8月のお盆1週間しか夏休みはありませんが、9月の文化祭関連で学校にいかなければいけないので、夏休みは何日休めるだろうかという状態です。

授業の遅れを取り戻す為に、8月でも早めに2学期を始める学校は多いですね。

コロナの感染状況をみながら、生徒への授業と新たに入学希望の生徒さんへの対応で、学校は相当混乱するものと思われます。

高校生となると、高1から進路指導が始まりまして、中3の時から「オープンキャンパスへ行ってね」と指導は受けてきましたが、大学での感染もひどく、オープンキャンパスをネットで行っているか、学年限定でのオープンキャンパスしかありません。

となると、中学受験の見学会や説明会も、コロナの影響自体では、オンラインで行われるのではないかと思います。私も子供が私立の中高一貫校に入学して、3年間いろいろとみてきましたが、私自身も今後のことんいついては、正直「どうすればいいのかな」と悩んでおります。

学校からの情報と、個人で志望校の状況をチェックして、対応するしかないかもしれません。塾からの情報も重要なのですが、万が一、また緊急事態宣言が発動した場合は、塾はオンラインに切り替わると思われるので、なかなか先生とのやりとりが難しくなるので、今のうちに、気になることは相談してもよいでしょう。

学校と塾とのハードスケジュールで疲れさせない

私の子供は、ちょうど小6の夏に「夏バテ」を起こして、体調がすぐれない日は内科さんで点滴をしてもらって、乗り越えたと記憶があります。

その当時は、夏休みがあったから、学校へは登校日しか行かなかったし、宿題も少なかったから、受験勉強にのめり込むことができました。

今年は、学校によっては塾通いとの伴走コースになる子供さんはいるのではないでしょうか?

一番怖いのは、はやり「集団感染」と「疲労」かなと思います。

疲労が重なると、免疫力が落ちるし勉強したことが頭に入りにくくなるでしょう。

塾側も学校も、子供さんの健康管理には気をつけてくださっているはずなので、もし通塾(通学)で子供さんが「学校や塾にいくのが怖い」と言い出した時は、すぐに双方に相談してください。

学校の場合は、欠席扱いにせず「出席停止」として扱われますので、内申書が必要な学校を受験する際には配慮はあるはずです。

塾側は、なんとも言えませんが、もしかするとオンラインに切り替える可能性はあります。塾側での対応は気になることがあれば、遠慮なく申し出て相談してくださいね。

今年は何が起こるかわからない。中学受験


fab38c22c2011f8f0defc9d973de82c9_s

先日、子供がこの冬受験予定の子供さん達対象(人数制限あり)で、見学会でのお手伝いをしましたが、来校してくれた子供さん達が無事受験できるのかと心配していました。

もちろん、在校生である我が子も、今後無事にコロナを乗り切れるか、母親としては心配しています。

今年1年間の成績評価は付けにくいのではないかと思い、高3で指定校推薦を希望した時に、どう判断されるのかをきにしています。

8月に三者面談が行われますが、感染のひどさからいえばオンラインでもいいのではと思うけれど、学校にいかなければならなくなりました。

この冬受験する子供さんの不安は、ご両親にとっても不安だと思います。それは当然です。

でも、きっと無事に乗り越えた時の達成感は違うと思うので、「正しく恐れながら」きちんとコロナ対策をしていれば大丈夫ですので、あきらめたりせずに頑張って乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク


802317_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

7月(現在2020年でいくと)の下旬になると、そろそろ来年の冬に中学受験をする小6生は、夏季講習会と特別講習会が例年なら始まる頃でしょう。

うちの子の時も、もちろん夏季講習会と特別講習会(3日間のみ開催)を受講し、毎日お弁当がかかせない日々でした。

今年は新型コロナの影響で、小学校の授業が8月中旬まで続くところはありますし、講習会そのものが無事に開催できるかは謎です。もし、塾内で感染者が出たとしても、一時休校になるもののリモート授業に切り替わるものと考えられます。

先日、ある方が有名塾に子供さんを通わせているけれど、8月分の請求がきたと明細を公開していました。思わず「うちの子の時ってこんなに請求あがってきたかな?」と驚きました。

事情を知って納得はしましたが、小6生はこれからどんどん塾代がかさみ、最悪家庭教師も動員するとなると、予想外の出費になります。

子供さんの成績と相談しながら、考えていかなければいけない問題なので、もちろん事前調査はしていると思われますが、ご一読いただければ幸いです。



8月のみの請求代が24万円!これから先どうなるの?

ある日、Twitterであるお母さんが塾から届いた8月分の請求書の写真をアップしたものが、リツイートで回ってきました。

実際の画像やツイ主様への配慮として、実際のツイートは掲載しませんが、8月分のみの塾からの請求が240,917万円と、周りをびっくりさせたり「我が家もそうだわぁ」と様々な意見がでました。

ちなみに明細の内訳は、
通常授業:67100円
レベル別演習:26400円
志望校別演習:22000円
テキスト代:34447円
夏期講習:83600円
テスト代:4400円
諸経費:2970円

との話でした。通塾先は希学園。お母さんの話では、色々と塾を選んだけれど面倒見がよいという話で、希学園を選んだとの話です。

関西圏にお住まいとのことですが、関西圏なら浜学園が有名でしょうか?最近は、サピックスや日能研も関西では幅をきかせていますね。

私が住む地域は、サピックス も日能研も浜学園もなかったので、私が高校時代にお世話になった関西では老舗の塾の個人指導コースでお世話になりました。

子供が入学後に、クラスメイトが通っていた塾を聞いてみると、有名塾に通っていたけれど授業内容がハイレベルでランクを下げた子や、塾の指導が厳しくて転塾した生徒さんもいます。

流石に子供たちは「自分が中学受験にどれだけのお金を親が使ったか」は知りません。そして、各家庭での収入を詮索するなんていけません。ただ、見学会などでどういう家庭の方かは予測はつきます。

今回のことで、それぞれの8月分の請求代を調べてみたのですが、希学園が噂通り一番高かったです。

しかし、これほど8月でお金をかけても、合格に結びつくかが問題です。

8月でこの金額なら成績や志望校次第でオプションが加算されていきます

8ce475a6608f4da64386d358c4ceb4c7_s


私も、子供が通塾中に算数の先生から「少し苦手単元が多いので、コマ数を増やしたい」として、2コマ増やすのを提案されました。

事務所でコマ数増加をした時の金額表をいただいて、夫婦で確認したところ20万円アップする試算が出ました。

え?! 無理ー!!!!

正直そうしなければ通らないのかと泣きそうになりました。

しかし、もともとの授業料を振り返ってみて計算してみると、個人指導でも他塾よりは安めでしたし、私が卒業生であるということから、少し割り引いていただいていたので、子供が確実に合格できるのなら追加をしてもいいだろうと考えました。

それと、悩んだ挙句、私の実家に相談しまして、実家の父が「孫の為ならちょっと援助するよ」と追加分のお金を出してもらいました。(ただし、そのお金は使わずに貯金しました。そのことは後日父は納得してくれました。ただし注意があるので後ほど)

子供さんの成績の伸びや志望校次第では、特別クラスへの編入やコース変更、使用テキストの変更などが重なると、どんどん出費が発生します。さらに冬季講習会や試験直前特訓会など、特別な講習会が入ると、また追加料金が出てきます。

男の子なら、関西圏でいうと灘や大阪星光、女の子なら四天王寺が難関校と言われているので、これらの学校へ入りたいという子は、特別コースで年間200万円は使うと言われています。

特別なコースへ入る子の家庭は、確かに富裕層家庭は多いけれど、親御さんの実家からの援助も多少あるでしょう。しかし、親御さんが必死になっても子供さんが結果を出せないのであれば、塾はさらにオプションをつけてきます。

塾は、教育をする場所ではなく「勉強方法を教えるビジネスの場所」ですから、しっかりお金はとりますよ。

どんなにオプションをつけてもダメな時は、転塾や受験をやめる勇気も必要

TwitterなどのSNS上で、中学受験に関する情報をチェックしていますが、どんなに大金をかけても成績があがらない、よく塾の担任から電話がかかり注意をうける、親御さんが呼び出しを受けて注意をうけると、進路を早めに考えた方がいいです。

我が家も、成績が落ち始めた時に、よく塾の学年主任の先生から電話があり、面談をよくしていました。しかし、いじめを受けていたことが成績落下の原因とわかり、成績を短期間で上げる為に、先述したようにコマ数を増やして、合格に導きました。

徐々に塾からの請求金額があがるのに、子供さんの成績があがらないのは、子供さんの心に何か変化が出ている証拠です。

大抵は「もう中学受験の勉強がつらい」「授業についていけない」など、受講コースや志望校と子供さんの実力がマッチングしていないから、成績がついてこないわけです。

子供さんでも、「自分から努力する子」は必ず授業内容が厳しくなっても、授業についていこうと努力を続けますが、途中で塾通いがつらくなって、どんどんオプションを付けなければいけないと説明をうければ、思い切った決断が必要です。

それが、志望校変更であり、転塾や中学受験をやめることです。

お住まいの地域が、中学受験をしなくても、高校受験から私立校へいく方がいい地域なら、そちらを選んだ方が実はいい場合はあります。

私の姪っ子が、中学受験をするかどうか考えたのですが、実力面で入塾できず、公立中学でも問題のない地域(神戸・東灘区近辺)で、高校受験で公立校でも最難関の学校に合格しています。

お住まいの地域をチェックして、もし今中学受験をすることが、子供さんの負担になるなら思い切って中学受験を取りやめてもいいと、個人的に思います。

まとめとして

子供にどれだけのお金をかけられるかというのは、中学受験だけではなく、入学後はどんどん出費がかさみます。

高校で一旦国(もしくは自治体からもあり)からの授業料補助はありますが、大学進学になるともっとお金が必要になります。

学部によっては、家が一軒立つぐらいの学費が必要になります。

先述しましたが、実家のご両親から援助を受ける制度はありますが、暦年贈与であれば110万円までは非課税枠で受け取ることはできます。

しかし、毎年暦年贈与を受けていると、「生前贈与」とみなされて課税される可能性があります。もし援助を受けるのであれば、暦年贈与枠内でも書類を作成するとよいのですが、銀行で管理をお願いする「教育資金の一括贈与にかかる贈与税の非課税措置」制度を使うのもひとつの手です。

ただし、双方のご両親からの援助を受けるとなると、この制度を使うのが難しいので、よく相談の上、取り扱い銀行で手続きをしてくださいね。(塾でも資料を用意している場合もありますが、大手銀行さんで相談するのが早いです)

今、新型コロナの影響で、中学受験を終えてからの学費を考えて、中学受験を取りやめるか考えているご家庭が増えてつつあるようです。

中学受験準備期間で一気にお金を飛ばしてしまうと、今後の教育費や自分達の家計に影響がでてきます。

どこまで我が家は教育資金をかけられるかは、今のうちによく考えて、子供さんの将来を考えてくださいね。

スポンサードリンク

YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

この記事を買いているの7月中旬。ぼちぼちと中学受験をする子供さんや塾では、テコ入れもしくは難易度が高めになった問題を解く季節に入ると思われます。

受験科目をみると、国語と算数は基本科目として入ってくるので、塾も「ここだけは落とせない」と個人に合わせた課題を用意するところはあるかもしれません。

最近は、小1の子供さんが早くから中学受験専門塾に入塾して、勉強しているとも聞きます。

我が家の子供はというと、小4から専門塾に入塾しましたが、それまでは市販ドリルかプリント学習塾に通い、中学受験合格後の中2から数学に目覚めて、今はトップクラスにいます。

中学受験に出題される算数は、ほぼ数学と考えていいのですが、中学受験をするしないは別として今まで我が家がやってきたことをご紹介します。



一般的な市販ドリルや通信教育はダメでした

赤ちゃんの頃からベビーチャレンジを取っていた延長戦で、「子供チャレンジ」を小1からしていましたが、付録に心ひかれるばかりで、全く本編の学習ドリルはしませんでした。

小1〜小3まで、私の持病の都合で学童に短時間預かっていただいていたのですが、学童から帰ってきても学校の授業に時間がかかり、教材に手を付けない日が多々ありました。

しかも、「問題文がわかりにくい」という指摘があり、私も一緒に読んでみたのですが、私でも理解し難い問題でした。問い合わせ窓口にも申し入れをしたのですが、納得のいく回答がなかったので、思い切ってやめさせています。

その後、Z会やポピーも受講しましたが、全く受け付けず状態でした。

今から思い起こせば、うちの子には通信教育はその時は合っていなかったのです。お母さんがつきっきりで「やりなさい」というと余計反発していて、自分のやりたいようなリズムがなければ無理と気づくまで、時間がかかっています。

よく、算数の計算能力をあげる市販ドリルで「100マス計算ドリル」が今でもありますか?




「うちの子に使えるかな?」と買ってみて、ドリルをやらせてみました。

最初は足し算でマス数も少ないのですが、徐々に多くなるというのが、100マス計算。

本人に渡してみて、しばらくの間「このドリルをやる時間」を設けたのですが、1週間ほどしてから「もうやりたくない」と泣き出しました。

なぜなんだろう?

本人に理由を聞いてみると、「縦と横を追いかけるのがしんどい」とあっさりしたというか私が考えていなかった返事でした。

確かに100マスで掛け算をしようとすると、目で追いかけるのに時間がかかる子はいます。うちの子は、目で追いかけておいて、その数字を覚えて計算するのが、当時は苦手だったので、買ったのはいいけれど、相性が悪いドリルでした。

無理にやらせるよりは、自分がやりやすいものがいいと気づかされたのも、このドリルからでした。


プリント学習塾は選択ミス。専門塾に入塾してからがよかったかもしれない。

個人で開いているプリント学習塾に通わせましたが、先生の目が行き届かないという弱点がありました。

プリント学習塾は、塾にきた日のノルマが100点満点になるまで返してくれないです。間違えた部分をお直しして、100点にならなければいけません。

プリント塾にありがちなことですが、教員免許を持っていない方が多く、チェーン展開の教室となると、指導がうまくできない先生はいます。

我が子は、「指導がうまくできない」タイプの先生であり、他の子がうちの子を通りざまに叩いたりして、怪我をさせていました。

教室内での管理能力がないと気づき、すぐに辞めさせましたが、うちの子供に危害を加えていた子供と親からは謝罪はなしでした。

プリント学習塾は、大手でも指導がしっかりしているところはもちろんあります。しかし、通っている教室次第では、嫌な思いしか残らないケースがありますね。

結局は、私が高校受験で通っていた塾が中学受験専門コースを解説していたので、そちらへ入塾して受験勉強をしました。

塾での教え方はやはり違ったし、親が付き合えるのはほんのわずかでした。

入塾して、しばらくは集団授業で受講していましたが、本人が合格点を取れないと泣き出すのでという理由から、個別指導コースへ移り、希望校に対応できる先生から指導を受けることになりました。

算数に関しては、100マス計算ドリルは一切なしで、極々普通の計算ドリルを使用していました。ただし、なかなか算数の成績があがらず志望校2校では「四則計算」が第1問目に10問出るとわかりました。

先生も気づいて、家庭でも「早く工夫して解けるようにと」独自プリントが課題として出されました。

毎朝起床後すぐに5分間10問のプリントを次回分まで渡されて、毎朝タイマーセットをして解いていました。
丸つけは自分で行っていましたが、解答集は私が保管し、いる時に渡していました。

親の私や仕事では研究職をしている主人の二人で、中学受験の問題にチャレンジしましたが、「小学生の計算方法で問題を解かなければいけない」という中学受験独自の世界では、全く手も足も出ませんでした。

数学を使えば簡単ですが、中学受験をするのは小学生。

基本問題だけはなんとかいまでも解けますが、あの時に中学受験のすごさというものを知りました。だから、怒ることも減りました。

合格をしたけれど、数学の才能が開花したのは中2

中学受験は、いじめ問題などから、ランクを下げることと1校午前午後受験で一髪勝負に出ました。

午前中に受験したコースで合格したのですが、入学後どのくらいの点数で自分が合格したのかは公表さsれていません。しかし、コースのクラスメンバーからいうと、中ぐらいのレベルだったようです。

最初は数学の世界に入り辛かったようですが、いきなり数学の成績があがったのは、中2でした。

それまでは、30人編成で10位以下。中2に上がってから5位以内。

どこでどう変わったかはわかりませんが、数学の先生の授業がわかりにくいからと、「チャート式」を購入してからガラッと変わりました。


画像は中3のものですが、数件出版のチャート式「赤」を使うのは、国公立大学や私立大を目指す生徒さん。青は基本より少し応用を聞かせていて、これが理解できなければ、数学の基礎固めが難しいのではと言われています。

この本のおかげで、自己学習が捗るようになり、今では数学の実力テストでもトップクラスを走っています。

まとめとして。算数・数学の向上に王道はなし

主人は、国立大の理系組で、受験の時には赤チャートシリーズを全てこなしたと話しています。もちろん、我が子の学校で、医学系コースの生徒さんは赤チャートを副読本代わりに購入しています。

ですが、算数・数学については、個人で勉強するとなると「自分にあった勉強方法」があり、覚えやすい方法や自分にあう参考書に出会えないとなかなか伸びてきません。

もちろん、よき先生に出会うことが最優先なのですけれども「これが正解!」という方法は、数学にはないようです。

その子が「算数(数学)楽しいぜい!」と思えるように、導くのも親の役目だと思います。

中学受験の問題がどのようなものかを親御さんも経験するのはよいけれど、親が教えるというのはよくないです。

指導は先生に任せ、勉強への取り組みは親が見守り、塾とタッグチームを組むという考え方でいくとよいと思いますよ。

スポンサードリンク

1188563_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、我が子の学校では、中学部の学校見学会が行われました。コロナ対策として、参加できる人数をかなり限定しての開催です。今後はオンライン授業見学(人数制限あり)などを企画しているとは聞いていますが、新型コロナの感染者増加で自治体から自粛要請が出れば、中止になるかと思われます。

先日の見学会では、中学部から高等部へ進学した高1生でも、有志の生徒がお手伝いに入り、私の子供も友人達と一緒にお手伝いさせていただきました。

帰宅してから様子などを教えてくれましたが、私も子供を連れて見学会にきた時に同じようなことを考えていたか思い出せず、考え込みました。

最近、中学受験を考えている親御さんがどこを見ているのかというのを、一部紹介させていただき、他にも紹介できる範囲内のことをお伝えします。



1番目。校則が厳しいかどうか?

私立校では、厳しいところと緩いところとかなり分かれていて、親御さん世代が学生時代どう過ごしたかでも気になる点です。

私は、高校から私立だったのですが校則が厳しすぎて、あまりの厳しさに一部の保護者から苦情が出てゆるくなったというのはあります。(生まれつきの茶髪や天然パーマは特に厳しかったです)

私の子供も、案内している際に親御さんから「ここの学校の規則は厳しいですか?」と聞かれ、返事に困ったといいます。

最近、一部校則が改定されたものの、まだまだ厳しい面もあり、生徒達の間でも「おかしいんじゃない?」という声があがっている最中でした。返事としては「厳しいといえば厳しいけれど、今は結構ゆるくなりましたよ」と話したそうです。

「校則の厳しさ」とはどういう基準で「厳しい」と定めるかが問題で、親御さんによっては「厳しすぎる」か「ちょうどいいね」に分かれて、私は「ちょうどいいぐらい」と思っていました。


ただし、口コミサイトで校則のことでひどい書き込みを見かけたので、帰宅してきた子供と一緒に該当の書き込みを見てもらいました。

「あ!これは絶対ないよ。先生に意地悪された腹いせやないの?」

とあっさりしていました。とんでもない先生の対応は、すぐに校内に尾びれがつかずに生徒達で出回って、すぐに生徒達が学年主任に抗議して撤回することもあるので、口コミサイトの内容より、見学会での生徒の反応を見る方がいいですね。

いじめがあるかどうか?入学年によって違うので注意。

別の生徒さんは、ある親御さんから「ここの学校はいじめってあるの?多いの?」と聞かれています。

いじめ問題は私立校でも問題視されていて、対策チームは必ずあります。

私の子供の学年は「いじめなし」で高校まで上がっています。中学で退学した子というと、学校の雰囲気に馴染めなかった子やレベルアップの為に別の進学校に編入しています。

しかし、一学年違うと、過去に大きないじめ問題があり金銭問題もあったと聞いています。今は落ち着いているようですが、コースによっては授業妨害があって、どう対応するべきかと先生方も考えているとお聞きしました。

中1の最初に2ヶ月ほどは、多少の問題は出てきますが、慣れてくると徐々に消えています。

いじめについては、生徒さんでは答えづらい部分はありますので、この質問は先生にお聞きするのが一番よいかと思います。

生徒を通じて見学会にきた親子さん達の様子

私も子供を連れていくつかの学校見学会を訪問させていただきましたが、あまり生徒さんにいろいろと質問せず、気になるところは先生にお聞きしていました。

今回は、密を避ける為に、見学できる家庭数を限定し条件をつけての見学会を開催しました。

子供は自分が見学会で私がしていたことを覚えていたようで、そして子供ながらに覚えていたこともあったので、たくさん帰宅後に話してくれました。

ほとんどのご家庭がお母さんと子供と2人連れで、中にはお父さんもご一緒の3人家族、双子で受験する家庭とバリエーションに飛んでいました。

しかし、生徒達が参加家庭ごとに校内を案内していて、一番対応に困ったのが、お父さんからの質問だったと聞きます。

かなり教育熱心なお父さんからの質問内容がきつくて、生徒が答えられる範囲を超えていたりなど悩んだ末に、先生にバトンタッチで対応をお願いしたようでした。

お母さんがご一緒にきているのに、お父さんが教育権をリードしているようで、入試の時にもお父さんがべったりとついてきていた家庭は確かに見かけました。

SNSでも、お父さんが娘さんが私立中高一貫校に入学させたいと頑張っている様子を細かく書いていて、正直「怖い」と感じることはあります。

我が家も経験済みですが、お母さんに受験関連は任せる方がスムーズで、お父さんはお母さんでも子供さんへの対応が難しくなった時に話し合いをする「陰で見守るタイプ」でいる方が円満に合格への道は開けると思います。

まとめとして

一斉休校の遅れを取り戻す為に、夏休みを短縮して授業を行う私立中高一貫校がほとんどかもしれませんが、その時に、受験先でのイベントも開催される機会が多いかと思われます。

今回は、先日我が子の学校で行われた学校見学会での話を紹介しましたが、これから先は、塾でのイベントなど、意見の食い違いや疲れからダウンすることなど、たくさん出てくると思います。

コロナのこともあるので、入試もどう対応するか?まだまだ見えないことだらけです。

今は、小学校の授業遅れと中学受験準備の巻き返しと大変ですが、塾の先生達も情報収集を行って対応を考えていくと思いますので、塾との連携やご自身での情報収集、そして子供さんの心と体のケアは十分取ってあげてください。

スポンサードリンク

3497560_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、中間試験が終了し全ての結果が返ってきました。現代文のみ少々成績が悪かったものの、その他の科目は今までにない好成績で、特に私からは口出しはしていませんが驚きました。

今回の中間テストは一斉休校で授業に遅れが出ているので、科目数を減らしてのテストでした。

実は、中間テスト前に高等部全員が受験の模擬テストがありました。

ベネッセが提供している「スタディサポート」という3教科(国・英・数)のマークシート方式で行われまして、現時点での実力などが全て出てきます。

学校によっては、このテストを採用していない学校もあるかと思いますが、私立中高一貫校の高等部で、中堅高は採用しているかもしれませんので、ご一読いただければと思います。

※現物はすでに回収されていますし、個人情報が含まれていますので、画像は非公開とします。



3教科でマークシート方式。学力と学習習慣のチェックあり

まず科目数は3教科で、国語・英語・数学で行われ、マークシート方式です。記述部分は一切ありません。

スタディサポートを正式採用していれば、通常は4月と9月に2回実施されます。

出題範囲としては、今回は中学3年生まで習った範囲を出題としていますが、学校やコースによっては、スタディサポートで出題される問題が解けないということは、当然あります。

一部で少し頭の回転の早い子であれば、マークシート方式だという点から、とにかく埋めようとマークシートを埋めることはあります。

しかし、スタディサポートは、今まで受験してきた子のデータを蓄積しているのと、アンケートで学習週間の調査などから分析してきます。

そのため、学力結果では痛いコメントがつけられている生徒さんもいます。

今まで習ってきたことの確認と、日頃の勉強習慣の見直し、さらにテスト結果から「将来この仕事をしてみてはどうだろう?」という提案も行われます。

我が子の結果はというと......

本人は「英語が大嫌い」と以前から言ってるのですが、実は中3の時から実力は上がっていて、同時に国語も少しずつ実力はついてきています。

先日、中間テストの結果返却では、国語(現代文)では「これはあかんよねぇ」とにっこり微笑むような結果でしたが、着実に実力はついているということもわかりました。

遅れましたが、スタディサポートの結果表示は、A〜Cと1〜3の6段階評価が行われます。
つまりA1が最高でC3は最低の評価となります。

各教科と2教科、総合評価はこの表示されますけれど、採点をしていて評価ができない点数を取っている生徒さんは、この結果表示がありません。

我が子の詳細な結果は個人情報に繋がるので、公表しませんが、全ての科目できちんとCまでの評価が出てきたので、これからの頑張りと勉強の仕方を工夫すれば、評価がどんどん変わってきます。

子供が向いている職業の表記については?

学力や、その問題が何を問いかけていたかで分析されたようですが、我が子の場合は、
  • 法学部
  • 心理学部
  • 経済学・商学部
という案が出ました。

確かに私の持病を治したいという考えから「心理学部」のある大学へ進学したいことは話していました。しかし、法学部も向いていると出て、少々驚いていました。

なぜかというと、学校でディベート大会の時に、相手に対して論破できたらしく、先生からも「法学部はどう?」と薦められたからです。

本人は「法律やらたくさん覚えるのはしんどいよぉ」と法律を覚え込むのが苦手なのと、確実に悪いことをした人を弁護すること、さらに今弁護士が飽和状態であることを調べていたので、嫌がっていました。

将来の職業につながる大学進学ですが、高校1年生ならまだ将来のことはぼんやりとしていることでしょう。

まとめとして

近々、ベネッセ関連になりますが「進研模試」を受験します。

どうやら、私立中高一貫校に対してベネッセ関連の試験やサービスがぐいぐい提供されているようです。

ベネッセは、以前大学共通テストに関わっていたことを責められていて、どこまで多くの学校関連にん入り込んでいるかはわかりません。

まさか、今回のテストから大学入試問題作成にくいこんでいくのは間違いはなさそうですのですが、使えるサービスであれば、どんどん今後の参考資料にしてよいでしょう。

スポンサードリンク

このページのトップヘ