google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

2020年02月

896a6f9874053c6b8952428eb6759517_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今流行の新型ウイルスで、国と文科省からダブルで全国の保育園から小中高大に到る全ての学校に、休校指示を出ており、公立校では春休みまでの休校措置を行っている学校がほとんどではないでしょうか?

一番可哀想なのは、高校受験・大学受験がまだ残っている子供さん達ではないでしょうか?塾も閉校しているので、家で勉強するしかなかったり、特別な配慮でオンライン授業を実施しているところもあると聞きます。

さて、3月に中学部から高等部にあがる我が子は、私立中高一貫校。対応にかなり遅れが出て、ようやく今後の対応に関するメールがきましたが、生徒にかなりの負担をかける内容でした。温和に対応してくれる学校とそうではない学校がくっきりと出ました。

さて、私立が国の指示から独立して動く部分を紹介していきます。




私立は独自路線を走る傾向は高いです

今回、我が子の学校については、2月28日は高校の卒業式で、そちらの対応を優先していました。高校の卒業式は、生徒と保護者しか出席できず。高校の在校生は休みになりました。

中学生はというと、自宅待機になりましたが、卒業式後に中学部の今後の対応メールが届き、お友達同士でInstagramなどでやりとりをした結果、「こんなの無理!」という内容でした。

  • 2月29日(土)と3月2日(月)は4限授業
  • 3月3日〜6日までは期末テスト(29日に時間割配布予定)
  • 3月7日〜3月24日までに臨時休業(部活があっても登校禁止
  • 3月25日 中学卒業式ならびに終業式
という連絡でした。

他の私立学校では、すでに休校とした学校もあれば、期末テストはなし(採点は各校独自)とする学校とそれぞれ対応は違います。しかし、国からの方針の発表されて、すぐに連絡がきた学校が多く、対応待ちになってからのストレスは相当なものでした。

しかも、まだ全て終了していない教科でも試験を行うということ、期末試験前の準備が短すぎるので、いつものごとくの内容で出題されては、子供たちが不利益を被ることになります。

高等部もほぼ同じ対応と聞いておりまして、子供からの反発は大きいはずです。

日程表をよく見たのですが、先に2週間休ませるか、2週間後に休ませるかの違いが出ていて、子供達をどう見ているかという「学校の姿勢」はよく現れています。

入学予定者もとばっちりを受けています

春から入学する子供たちにも影響が出ていて、入学式前に行う健康診断(我が子も高校へあがるので、受診予定)も日にち未定で、最悪自分達で外部の検診センターへいくことになります。

制定品購入についても、延期もしくは別途日にち設定をするものと思われます。

新入生は制定品の購入数が多い学校ならば、1日ではすまないので、学校側の対応がどうなるか常にみておく必要はありそうです。

我が子の高校進学のものは、一部の品物はテスト期間中に引き渡し、制服は代引きで発送と連絡はきています。教科書販売はまだ告知はきていませんが、授業開始ギリギリになるのではと心配しています。

学力テストを入学式前に行う学校も、小学校の臨時休校とリンクしていて、外出禁止もあるので、学力テストを入学後に回す学校が出ています。

常に、学校からの連絡とホームページがあれば、チェックしておくのもよいでしょう。

親は文句をいうことができるのか?それは控えて


54d18d60ecd6cdaecd326678a3668a8a_s

私立といっても、共働きや母子・父子家庭の方は多いです。中高生なので、それなりの常識はありますが、急な国の方向転換と私立独自の対応の間で困っているのは、子供達です。

私も連絡を受けて「こんなの期末テスト、十分に勉強できるのか?」と心配していましたが、日頃から予習復習をしていたので、苦手科目と暗記物をなんとか短時間で覚える方法を模索していました。

学校の対応について、親が文句を言えば、モンスターピアレンツの認定を受けて、子供がもっと不利益を受ける可能性が高くなるので、なにも言えません。

かなりひどい内容であれば、強く親側も出れるけれど、何もいえないもどかしさでつらいです。

今回はもしかすると、今後の成績への影響は少なくするとは思いますが、何か一言でも先生がいろいろとお話をされるのであれば、こちらとしては、成績でもってやり返すしかないです。

おわりに

関東圏や他の私立校と比べてしまうと、今回の我が子の学校の対応はひどいと思います。しかし、考えようによっては(感染しないという前提のもとで)、なんらかの配慮があった上での期末試験の実施とその後の休みは吉と出るかもしれません。

しかし、今朝の情報ではどんどん感染者が増えているので、期末テスト実施なども考え直す必要は出てくるでしょう。

また情報があれば、この記事に追記していきます。


スポンサードリンク


a8b2eb9d44013605c8a27b5f6ec50052_s

初投稿:2018年5月14日
加筆・修正:2020年2月25日


こんにちは。「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker231)です。

我が子は私立の中高一貫校に入学してから、毎朝と前日の夜に悩むのが「お弁当」です。学食はあるのですが、不評のようでよほどの事情がない限り利用しないそうです。

通学路にコンビニがあるのですが、行きも帰りは立ち寄り禁止で、新入生が入る4〜5月は通学路に先生が立っているそうです。

私たちが見学した学校の中には、田んぼの中の一軒家の学校もあり、お弁当を忘れると学食しかないという学校も見かけました。

受験前に何校か見学して、おしゃれな学食のところもありましたし、学食がない学校もありました。
さて、私立中高一貫校のお昼事情はどうなんでしょう?



私立校でも給食を実施しているところはあるんだけれどね

私立校に通わせているご家庭のお母さんが、全員専業主婦というわけではありません。ご父子家庭もあります。共働きの家庭もあれば、お母さんが病気の家庭もあります。

公立中学校では、給食かお弁当選択制の地域があると聞きます。国からの援助があって、給食費は自治体と家庭からの折半としています。
自治体が「食育」ということで給食実施をせずに、お弁当を持たせるという考えのところもあります。

反対に、私立校は国からの補助がないので、ご家庭でお弁当を用意するか、学食などを考える必要はあります。

一部の私立校では、共働き家庭などを配慮して給食を実施している学校はあります。関東方面のごく一部の学校で給食を提供している学校はありますが、まだまだ全国区になることはないようです。
(給食の実施については、各校にお問い合わせをお願いします。)

コスパ面で考えると、お弁当は家計面を圧迫することになるかもしれません。しかし、前日の夕食のおかずをお弁当用に残しておいたり、簡単にできてボリュームのあるおかずを作れます。

工夫とおかずのやりくり面では、それほど家計を圧迫することはないですよ。

我が子の学校の場合は?

IMG_1310

うちの子が入学した学校は、お弁当持参・学食利用・学食で売られるお弁当・購買部のパンはOKとなっています。

ただし、入学したての4月が辛かった!

理由としては、入学したての生徒さんが学食で先輩さんとトラブルを起こさない為と、クラス内で交流を持つ期間として、学校側から「お弁当対応でお願いします」という指示があり、親もなれない生活リズムに慣れるのに時間がかかりました。


中高一貫校でありながら、生徒数と食堂が受け入れられるキャパ数がミスマッチで、入学したての中学1年生は5月末まで「お弁当」のみでした。

学校見学会では、豪華な学食を用意している学校はありました。我が子の学校は、それなりに設備費をお支払いしているのに、利用生徒数と受入数がアンマッチで、あまりおいしくないと評判の学校でしたので、親としては「頑張ってお弁当を作ろう」と決めました。

入学1ケ月を乗り切れば、子供も上手に使い分けをしてくれました

今でも、中学1年生の4月中が、親子で学校生活とお弁当作りで一番辛かったです。

中2に進級した今もお弁当作りをしていますが、毎日の話なのでなかなかお献立に悩むのです。
母親も大変な1ヶ月でした。

中学3年生になる現在もお弁当作りは続けていて、高校進学をしてもお弁当作りは続きそうです。
お弁当作りの記録はインスタグラムで公開しています。

IMG_0741 2

<ある日の子供のお弁当です>

インスタグラムをみていて、中学生向けのお弁当でも、かなりカラフルなお弁当を見かけますが、それぞれのご家庭事情や通学時間を考えると、手早く作れるメニューになっても仕方がないとは思います。



IMG_1306
小学校までなら、紙のおかずカップでもいいのですが、毎日のお弁当作りとなると紙のカップは勿体無いということで、写真のようなシリコン製のおかずカップを使っています。
油物やお野菜を入れる時に、大活躍!

私が買ったカップは赤とオレンジと黄色・緑とカラフルでして、様々な大きさのものを購入しました。

今は、スープジャーを使ったお弁当も流行っていると聞きます。




お弁当を作るお母さんやお父さんなどが、体調がすぐれない日やおかずに困ってしまって、冷食を仕方なく使うというのはあると思います。

IMG_1308


「私や全てオーガニック」とこだわるお母さんもいらっしゃるし、冷食を非難する方が一定数いるということは知っています。

どうしても頼らざるを得ない家庭はあるので、全否定するのは可哀想です。全て冷食というのは問題はありますが、前日の残り物などや簡単にできるおかずはたくさんあります。



IMG_1307

中学生になると、好みもありますが写真のようにざっくり盛り付け。
おにぎりの子もたまにいますが、とにかく時間との勝負なので、ふりかけをかけるか写真のようなゆかりご飯にしたりしています。

夏場は暑さでの腐敗が気になるので、家で漬けた梅干しを入れてやったり、保冷剤を使っていますね。

IMG_1309

今日のお弁当は、こんな感じ。

私が中1から中3にかけて、徐々に気をつけるようになったのは、
  • どうしても体調不良の時は、冷食は遠慮なく使う。その代わり1品簡単な手作りおかずを!
  • 3年間で味の好みは変わるので、親も順応する
  • インスタ映えを意識しなくてよい。子供たちはそんなに気にしていない
さすがに体調不良で手作りおかずを入れられない日がありますが、「それは悪いことではない」
割り切っています。

自分のために作ってくれるということが、子どもには嬉しいようですね。4月中に友達が固定化されるので、5月以降はいろんなグループでお昼ご飯をとるようになっていきました。

今では、お互いの新しいお弁当メニューを発見すると、おかず交換会をしていると聞きます。

学食が充実している学校もあるんだけれど・・・

入試説明会や見学会でびっくりしたのは、学食の充実度が学校によって大きく違うということでした。

最近の子ども達の要望に答えて、以前は学食がなかった学校がとても素敵なカフェテリア風な食堂を
建てていたり、メニュー数が多くて美味しそうな献立の学校だってありました。

我が子の学校の場合、中高一貫校で合計約800人の生徒さんを抱えているのに、学食を覗きに行くと「狭すぎる!」の一言でした。

広さでいえば、40人程度の教室2つ分の広さで、メニュー表を見ると都会のど真ん中の学校なのに
あまりメニューが豊富じゃないんです。

中高共通での使用で、広さが狭い学食では毎年もめるケースがあって、我が子と友達や他のクラスメイトもなるべく学食でご飯を食べないようにしていると話していました。

それと、ミートスパゲッティーを食べた時に塩辛くてつらかったことや、友達が学食で売られているお弁当のご飯を食べてみて固いとぼやいたことなどを聞くと、これは学食運営を委託している業者に問題があるとみました。

安さで勝負の世界なので、どうしてもいい加減になってしまうのかもしれませんが、せっかくのお昼ご飯なので、改善して欲しいところですね。

まとめ

特殊ルールがあるので、登校時にコンビニ弁当が買えないというのは、母親として体調不良の時にはつらいところなのですが、家からお弁当を持って行くほうが経済的な面もあるし、「いろいろと工夫して作ってくれた自分だけのお弁当」ということで、嬉しいようですね。

ご家庭の事情でお父さんが作っているご家庭もあると聞いていて、我が子はその子とも一緒に食べているのですが、お姉さんが同じ学校なので、二人でお弁当を作って楽しんでいるという話です。

部活や研修関係で、土曜日の放課後に残ることがあるのですが、その日は「あ!学校でパンとか買うし!」と前日に知らせてくれるので、親としても助かります。

お弁当作りに関しては、インスタグラムで嫌がらせを受けたことがあって、嫌な気持ちになりましたが、子供自身は全く気にしていないので、ご家庭でやりやすいように、お弁当作りをしてみてください。


スポンサードリンク


YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V (1)


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

そろそろ、中学受験専門塾などに入り、中学受験準備の勉強を開始していると思います。もしくは、小学校に入学する前にと、幼稚園・保育園の子供さんにちょっとした書取りをさせるご家庭もあるでしょう。

そこで、最近未就学児の子供さんや、小学生の学習雑誌で「リビリング学習」が紹介されていま。共働きしているご家庭のお母さんが、子供さんが勉強しているか家事をしながら見ることができるので、注目されています。

子供さんの質問にも答えることができるのも、リビング学習のいいところですが、この方式の勉強方法はどこまで続くでしょうか?

我が子の経験も踏まえて、紹介しますね。



子供さんの成長や勉強の進捗では自室勉強になります

675209

保育園・幼稚園時代の年長さんで卒園前あたりから、文字を書くことを勉強させるところはあります。
ドリルも渡されて練習することも出てきます。

もしくは、早くから習字を習う子供さんは出てくることでしょう。家でのお稽古にとお母さんが、家事をしながら様子を見ると、子供さん自身の安心感はあります。

小学校に上がれば、宿題という子供さんにとっては苦手となるものが出てきます。そばにいればお母さんやお父さんがいれば、勉強をみてもらえるというのは、心強いものです。

これで中学受験を目指すとなると、小1から始めている子供さんにとっては、親御さんがそばにいることは、塾で勉強して疲れてきた心の癒しになります。

しかし、年齢や塾通いでの勉強方法次第では「リビングでの勉強はいらない」という子供さんが増え始めます。

「自室学習したい」と言い出すのは、私の経験上では、早くて小5遅くて小6後半ではないかと思います。

特に中学受験が本格化する小5後半あたりになると、リビングの生活音やテレビ音が、勉強の妨げになります。

リビング学習は、成長とともに「分離タイプ」にしてもよい

「え?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お母さんが料理をしながら子供さんの勉強を見るのが「リビング学習」ということでもありません。


子供さんだって、じっと自分の勉強をしている様子をみられるのはいやですからね。

それならば、もしリビングの横に和室やモダン和室など、少しキッチンやリビングと区別されたお部屋を、子供さんの勉強部屋として、リビング学習に使わせるというのはいかがでしょうか?


9d5c97aadccb1629bdc92a89d06fb08f_s

手前がリビングやダイニングで、奥が和室という構造のお家はあるかと思います。「ずっとみられたくない」と子供さんから意見が出れば、奥の和室を勉強部屋にしておくのもよいでしょう。

最初は一人で勉強できているか心配になるかと思うので、リビング学習から急に切り替えるのではなく、写真のようなお部屋があれば、ワンクッション置いてみた「自室学習」のレッスン部屋からスタートしていてはいかがでしょうか?

それから、切り替えてみるというのもよいです。

我が家の例

我が家も中学受験をして、今の私立中高一貫校に入学しました。小4の5月からスタートしたのですが、私がある持病をもっていてい、5年の後半あたりから体調がすぐれなくなり、自宅から実家が近いということから、私と娘は実家に6年の本番までいることになりました。

通塾には影響はでませんでしたが、実家と家での勉強場所に悩みました。

娘専用の勉強部屋なんてないので、集中して勉強させる為に取った対策は、古い家ですし、応接部屋で辞書などで囲みを作って、イヤホンを耳栓がわりにしての学習でした。

rivinggakushu-04091

当時の勉強方法の様子を再現してみましたが、いかがでしょうか?

ある程度の雑音は入ったものの、それを無視できる力もつくので、集中力アップにもなったと思います。
今は中学生ですから、自室学習もしくは英語や数学で私たち両親に聞きたいことのみリビングと決めています。

子供さんによって、自学スタイルは違うものの、低年齢でのリビング学習は付かず離れずが一番です。そして、成長に合わせて、リビング学習から離れていくとよいでしょう。

まとめとして

リビング学習については、学習専門雑誌においては「かなり重要」と紹介されていますが、子供さんによっては、完全に当てはめることは難しいのではないかと思います。

リビング推奨の雑誌は多いけれど、それはやはり多くの子供さんを取材した結果ですので、間違いではないです。

ただし、鵜呑みにせずに、子供さんの様子をみながら、リビング学習について考えてみてくださいね。

スポンサードリンク

ca85ad6c47c20811eff52ceca6c75098_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が子もついに、私立中高一貫校の中学部を卒業し、次は高等部へ進学します。高校から入学する生徒さんはいますから、高校の入学式はもちろん行います。

中学部の卒業式については、形式的に行う学校と「保護者を招いての卒業式を行う」学校と別れそうです。

我が子の学校は、午前中の2〜3時間卒業式をし、その後に終業式を行う段取りになっています。

今は、コロナウィルスを警戒して、保護者を招くかどうか検討中としているところもあるかもしれません。

卒業式の段取りの中で、実は高等部へは上がらずに、別の学校へ進学する生徒さんが増加しています。

なぜ、そのようなことになるか?小学校時代不登校だった子が、また不登校になってやめていくケースが出てきています。どうしてでしょう?



年々上昇している中学生の不登校

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_s

文部科学省において、毎年不登校時などの調査を行っており、最新版(平成30年度)においては、約10万人を対象に調査を実施、その結果、病気・経済的事情を除いた不登校の中学生については、4.8%という結果が出ています。

<参考資料>
平成30年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸問題に関する調査結果について
- 文部科学省


「数としては少ないのでは?」と思われる方はいるかもしれません。

しかし、教育現場において不登校の中学生は本来0%であるはずです。いじめ問題もありますが、私立中高一貫校独特の問題で不登校になって、不登校になる子供が増えています。

中学の期間中は、義務教育とみなされますから、言及留置(留年)は行われませんが、私立校が規定としている出席日数に達しない場合は、特別な理由がない限り上の高校に上がることはできません。

超進学校・有名コースに入ったの現実が違った

最近、よく聞く話としては、超進学校や有名コース(医学・薬学系、国公立選抜など)に入学したけれど、勉強が始まってから、授業内容についていけずに、学校にいくことが負担になる生徒さんがいることです。

特に、偏差値の高い学校・コースに入ってから、自分が想い描いていた授業内容や学校生活ではなく、徐々に「自由がない」と感じて、不登校になる生徒さんが多いです。

我が子の友人で、かなりハイレベルの学校に入ったものの、学校の授業についていけず、不登校になりました。たまに会う間柄でしたので、つい最近会ってみたところ、公立高校へ進学するつもりで勉強しているという話でした。

私も、保護者会で不登校の生徒さんの話を聞きますが、学校運営にも問題があるのではと思います。

成績が落ちてしまってからの冷遇も問題かと

高校に上がってからは、成績次第では留年の措置がとれるので、厳しい指導に切り替えるところも少なくありません。

中学時代に成績がよくても、さらに高校での授業の激しさに落ち込んでいく生徒さんは多いです。

自分で立ち直れる生徒さんもいますが、「学校が面倒をみますよ」という学校でも、簡単に見捨てる学校や先生はいます。



今もよく読まれている記事ですけれど、小学校時代に不登校であっても、頑張って勉強して合格した子が、高校でまたもや冷遇を受けてやめてしまうということも多少あります。

しかし、不登校から立ち上がってきた生徒さんは、それなりに嫌な目にもあっているので、立ち直りは早いです。でも、嫌な先生の影響で、また不登校に戻る危険性はあります。

中高一貫校なら、高校で文系理系にクラス分けをすることがあるので、成績が不審な子や進路が合わない子を入れ替えする制度をとる学校はあります。そういう制度がありながらも、生徒個人に応じた対応を取らずに追い込んで、退学させるところさえあります。

最近では、「高校は退学したけれど大学は進学したい」と、通信制高校へ進学して、在学していた学校よりもハイレベルな大学に進学しているケースはあります。

今の私立中高一貫校は、公立中高のようにオープンさがないと私自身は感じます。私自身が、高校から私立高校へ進学したけれど、昔の私立校はこんなに生徒を追い込むことはしただろうかと考え込みます。

中学受験を決めた時の、当時の校長先生は丁寧な対応で学校全体もいい印象だったので、決めたのですが、入学後、校長先生の交代があったので、そこからあまりいい話を聞かなくなりました。

入学より前の状況はわかりませんが、今では生徒さんがこなくなるのではと、心配するぐらいです。


まとめ。不登校で退学となっても様々なルートはある!

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s

我が子は、学校が行ってくれる「出前授業」で税金などの話を聞いて、将来なりたい職業を変えそうです。最初は私の持病を治したいと考えていましたが、医学コースには無理でしたから、別のコースに変えました。

その後は、調べ物をしていくうちに、中学・高校のうちに取れる国家資格を知り、自分の適性を考えた上で、なりたい職業を決め始めています。
職業の変更により、行こうと考えた大学も変更して、どうすればいいかを模索しています。

今の学校については、嫌な面もいい面も理解しているようで、それなりに対応はするとは話していますが、親が出ていかなければならない部分は、支えてやりたいと思います。

私立中高一貫校が全てではありません。私もそう思っていましたが、今の教育論でいえば「子供に選択肢を与える」ことが大切と思います。

スポンサードリンク





07eaeecc7f7059e3f9a5d8d7ba3a8c41_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験をさせる親御さんは、子供さんと一緒に塾の説明会や体験授業を受けている時期でしょう。もしくは通塾開始をされているご家庭もあるかもしれません。

我が家は、時期が遅かったので個別説明会と入塾試験、そして体験授業を受けてから、最終決定をしました。

集団タイプで入塾したけれど、子供の性格上「個別指導がいいんじゃないか」ということで、1対2の指導コースに変更しました。

以前から「これはまずいんじゃないの?」という個別指導塾はあり、今朝たまたまネットニュースで見かけた記事で「そうそう、これこれ」という記事を見つけました。

今後、中学受験や高校受験で、個別指導塾を選ぶ時にお役に立てればと思います。



個別指導といっても決して1:1指導ではない!

個別指導専門塾は、大手さんを含めてたくさん存在します。

この記事を読んでみて、「あー、あそこかもね」という塾は予測できました。しかし、地元で有名個人指導専門塾であっても、1:1 授業が成立しなくて、講師の先生が参ってしまうことはよくあります。



この方の場合は、1:1の個人指導塾であるといいながら、実際に担当したのは、一人で6人。しかも90分の中で6人、さらに違う学年それぞれを教えていかなければいけないという条件でした。


いくらなんでも、一人で90分、しかも6人を教えるというのは、私が塾講師歴がなくても、無理な話で、十分な指導ができなくて当然なのです。

賃金についても、授業中の時間しか支払わず、準備の時間、指導報告書の作成などの雑務には、賃金を払わないというブラックさ。

通塾する子供さんも様々ですし、一人で6人指導となると、サボっている生徒さんに対する注意も十分にはできるはずはありません。

これで親御さんから「成績が落ちている」と言われれば、泣きたくなるのは十分わかります。

我が子の場合はどうだったか?

我が子の場合、当初は集団で対応できるかを試すことにしました。結果としては、
  • 小テストで不合格になると涙を流す。
  • 授業についていけなくなると、黙って涙を流す。
当然、校舎の学年担当の先生から呼び出しを受けて、各担当の先生からの報告を受けました。驚きはしました。

子供から話を聞き出すと、別の塾で受けた仕打ち(同学年の子にいじめられる、先生が指導してくれない)を思い出すらしく「きちんとできないと、見捨てられるのが怖い」といい、この話を先生に伝えたところ、「それじゃ、1:2の個人指導に移った方がいいかも」と話がつきました。

子供が通った学校での個人指導は、1:2もしくは1:1を選べましたが、金銭的な都合と担当の先生の都合を考えて、1:2になりました。

同席になる生徒さんは、教科によっては、中1の子はいましたが、子供が小6の時は同じ中学受験を目指す子と同席になりました。

一人の先生が、受講する科目を担当するのではなく、子供が受験したい学校の傾向や指導に慣れている先生(他校の子も指導可能)な先生を選んでくれたので、安心して預けられました。

中学受験前に、塾通いをしていたことがあり辛い目をした子や、集団ではついていけない子では、個別でも1:2指導がちょうどよいのではないかと思います。

個別指導塾を選択するなら、できるなら見学と体験授業をさせてあげて!

c7f48e356bae337fe0b810b1f34ccc13_s

個別指導タイプの塾は、大手だと指導メソッドや「こうしてはいけない」という決まりはしっかりしています。

しかし、個人経営の個別指導の場合は、講師の先生に大きな負担(ひとりで6人指導で、違う科目をさせるなど)をさせている場合があります。

これでは、特に中学受験を目指す子供さんにとっては、混乱を招く元ですし、中学受験は高校受験よりもかなり難易度が高い問題(小学生で中高生の問題を解くのですから)に挑みます。それを妨害されてしまっては、たまったものではありません。

そして、教室に一度訪問した時にみて欲しいのは、講師の先生が生き生きしているか、何か辛そうにしているか表情をみて欲しいのです。表情をみるとその塾が真面目に生徒をみるかどうかわかります。

不安があるなら、授業を見学させてもらい、体験授業が可能ならさせてもらうといいですね。子供が感じたことが一番いいし、もしかすると、集団塾でライバルと競い合いながら成績をあげるのもひとつのてです。

我が子の場合は、小6時に同じ学年の子と同席の授業で、受験校は違うもののライバルが生まれたことで、入塾当時泣いていたのが落ち着いて勉強熱心になりました。


まとめとして

この中でご紹介した記事の方は、結局は対応不能で、保護者からの苦情もあって10ヶ月で塾を止めることになりました。

しかし、本部の先生がきて「やめられるとこまる」と言われるのは、変ですよね。マネジメントは本部が管理することであって、アルバイトの先生に大きな負担をさせていたわけですから、酷い話です。

辞める日に、執筆者さんのことを尊敬していた生徒さんは「先生の授業がよかった」とお手紙を渡すエピソードもあったので、決して悪い先生ではなく、いい先生であり、講師としては素晴らしい方だったと思います。塾側に問題があっただけ。

しかし、教えてもらう生徒側の我々も、その塾がまともな経営をし、講師に無理をさせていないかをみなければ、泣きをみます。

集団・個人を問わず、十分吟味をして塾を選んでくださいね。

スポンサードリンク

このページのトップヘ