google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

Instagram

YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V


あけましておめでとうございます。

「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

さて、2020年になりましたね。関西圏は1月18日が入試初日という学校が多いようで、日にち差で翌日が初日という学校はあります。関東でも一部は1月受験実施校はもちろんあります。

塾によっては、年越し勉強会を合宿方式か通学方式で行っているところがあると、一部報道で紹介されています。我が子の時もありましたが、いじめ問題やインフルエンザで年越し勉強会は参加しませんでした。


最近、気になっているのは、なかなか成績が伸びてこない生徒に対しての、怪しげな商売が出ていて、被害が出ていないかを心配しています。

かなり巧妙なのですが、最悪の結果を上手ない為に、直前ですが紹介します。



インスタグラムを使った家庭教師や塾への誘導

IMG_0346

おいしい食べ物や服などを紹介する「Instagram」の機能を使って、SNSマーケティングを展開している家庭教師や塾などは存在します。

画像は、実際に中学受験コンサルタントさんのInstagramのアカウントに入っている過去の投稿一覧です。最高10枚まで投稿できるので、最後のページのみは、宣伝を入れて自分の運営サイトに誘導するという仕掛けをしています。

そこへたどり着くと、家庭教師の契約を促す内容や、LINEを使った勉強アドバイス契約へと進むサイトになっていたというのがほとんどでした。良心的な方だと、自分の受験勉強術を無料で伝授するサイトにもなっています。

SNSマーケティングというのは、フォロワー数を集めると、インフルエンサーという認識を得られるので、アカウント主にとっては、収入にも繋がります。

解答テクや勉強術をInstagramという画像で、目に入る言葉が心に突き刺さると、ついつい次も読みたくてフォローしたくなるものです。

しかし、Instagramを使っての塾などへの誘導は、法律的にはギリギリな線ですが、信頼できるかどうかというと、個人の判断になるので、受験直前の子供にはおすすめしません。


風邪とインフルエンザには要注意!

f9972e17442ac14341906b03a046681e_s

年末から、大人でもインフルエンザで高熱を出している方が多いです。子供もインフルエンザやノロでダウンしている子は多いです。

我が子の中学受験の時、正月にインフルエンザらしき症状が出たので、慌てて正月3日間だけ特別に開けてれている病院を探して、受診し、インフルエンザとわかったので勉強を休ませました。

これが、中学受験本番1週間前となると、せっかくの復習ができなくなるので、風邪とインフルエンザには、家族で注意していきましょう。

当日、インフルエンザで体調が悪いという場合は、学校との相談になりますが、「受験不可」になるか「別室受験」になります。

人混みの多いところに出る、塾の特訓勉強会に出席するというのは、かなり受験生の子にはハイリスクなので、家でゆったりさせるのが一番でしょう。

受験に向けて忘れてはいけないこと

今は、金融機関や学校は休みですが、休み明けになってから、受験に必要なものや合格時に必要なお金はそろそろ用意しておきましょう。

余裕で用意していたはずなのに、実は勘違いしていて、困ってしまうといういこともあります。

学校によっては、入学金(平均して20万円)を合格発表時に学校で入金する必要がある学校もあるので、預金残高でも、学校に支払うべきお金があるかは気をつけておいてください。

そして、受験当日に必要なことについても再確認をお願いします。

まれに、受験票を市販の社員カード入れに入れておくようにという指示を出している学校があります。この対応は、部外者(塾関係者など)やすり替え受験(まずありえない)防止の為に、告知している学校があるので、必ず当日の受験について、今一度確認しておきましょうね。

まとめとして


受験日は、親子ともども相当疲れます。ひとつの学校の受験が終わった時は、ヘロヘロで、しかも翌日の合格発表日が雪の予報。

親戚が受験校の近くに住んでいたので、一晩泊めていただいて、翌日の合格発表を見に行きました。

複数校受験するご家庭は、かなり気をつけないと、体も心も疲れてしまいますので、風邪やインフルエンザに感染しやすい状態になります。

熱や関節痛に悩まされながら受験は、本来の実力を発揮できずに終わることになるので、今の時期は体調に十分注意してあげてくえださいね。

スポンサードリンク


5a1adf72874f7c6fb70d52620aeecdf9_s



こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今年の夏(2019年8月)、私の子供は学校主催のオーストラリア語学研修旅行に14日間参加しました。

プログラムの中にはファームスティ1日とホームスティ5日間が含まれていまして、準備期間中に自己紹介書を書いて提出しました。学校を通じてホームスティ受け入れ先を取りまとめる姉妹校と、相性がいいご家庭をマッチングさせる為です。

日本出国前の説明会で、受け入れ先のご家庭のデータが渡されて、事前にメールでのやりとりは許可されていました。私の子供の場合は、一度日本にきたことがあるご家庭で、ホストシスターの子の紹介文に「Japanese anime and manga love」という一文があったので、あちらでも言葉が通じにくい部分はあったものの、帰国後もメールのやりとりをしていました。

ただ、最近ホストシスターとの連絡が途絶えていたのですが、新たな進展があったので紹介します。




学校からのホームスティは選抜されるのであまりもめない

子供の語学研修旅行については、このブログでは紹介せずに「note」さんにて紹介させていただいていました。



※「note」は会員登録していなくても閲覧することはできます。

私立校の場合、海外の学校と文化交流および提携を結んでいることがあり、子供の学校は、
  • オーストラリア(2校)
  • ニュージランド(2校)
  • タイ(英語のみでの授業1校)
  • カナダ(1校)
と姉妹校提携を結んでいます。ただし、研修旅行先としては、オーストラリアとニュージランド、そしてタイのみとしています。

1学期に提携校の生徒さんを受け入れるプログラムはありますが、交換短期留学旅行として、オーストラリアとニュージランドへ夏に行われます。

ニュージランドはファームスティ(農場でのスティ)ですが、オーストラリアは個人宅で、そのご家庭の女の子の人数で、ひとりかふたりで行くかにわかれました。

提携校ということもあるので、トラブル(相性があわない、馴染めないなど)が起きないように、参加する子供達の家庭環境(家族構成・アレルギーの有無・ペットの有無など)と子供が何に興味を示しているかのちょっとした論文を事前提出して、向こうの受け入れ可能家庭とのマッチングを行いました。

ただし、条件がありまして。

「学校同士が決めたホームスティ先に一切異議申し立てをしない」

でした。まれに日本出国前に、ホームスティ先のパーソナルデータをいただくのですが、向こうの家庭事情でこちらからふたりお世話になるけれど、そのふたりの相性があわないということで、「変えて欲しい」ということもあるとか。

この条件を守れないと、参加をやめてもらうという条件でした。

我が子は、預かり先の学校の不手際で、細かいパーソナルデータなしで、メールアドレスのみは教えてもらえたので、メールで独自にやりとりをして、相手の好きなものなどを教えてもらいました。

出国日当日にパーソナルデータをもらったけれど、メールで画像などのやりとりをしていたので、あちらで困ることはありませんでした。

一緒に参加したお友達も、トラブルはなく、良くしてもらえたので、助かったと聞きます。
学校が絡んだ語学研修旅行であれば、学校の信用問題が絡むので、トラブルが出にくいのではと思います。

英語が苦手でも受け入れ先のご家庭次第で救われることはあり!

8f3d31954b822801b3bcd3f4c57845e7_s

うちの子のホームスティ先は、同じ歳の女の子と1歳年上のお兄さん、そしてご両親と犬2頭のご家庭でした。

事前研修時に「あちらで日本食をふるまうといいよ」と先生から言われていて、お料理が苦手で英会話も選抜試験で問題なしといわれていたのに、急に不安になって、初日の夜にホームシックになりました。


スティ先では、ホストシスターと同室ということはあるようですが、子供の受け入れ先ではひとり一部屋ということにしていたらしく、寂しくなって、泣いてしまったらしいです。

ですが、異変にホストシスターが気づいてくれて、ホストマザーも来てくれて、少し知っている日本語で話してくれたり、日本茶を出してくれて落ち着かせてくれたりしたそうです。


「日本茶」てところで、不思議に思いませんでしたか?

実は、うちの子の受け入れ先のご家庭は、「日本大好き!」の親日のご家庭で、何回か日本へ旅行に来ているので、普段の食事では和食を取り入れているという話でした。

近くのスーパーでは、「Japanese Food corner」があって、醤油はもちろんお好み焼きソース、日本米に、日本茶(緑茶やほうじ茶など全てあり)と、ほとんど日本の食事関連品を買い求めることができるのです。

受け入れ先のホストシスターが「日本のアニメ大好き。漫画も大好き」ということで、動画で日本アニメを二人でお菓子を食べながら楽しんでいたらしく、漫画でわからない日本語があれば、なんとか努力して英語と日本語でうちの子が教えていたそうです。

ちなみに、ホストシスターの女の子。学校では第2言語として「日本語」を選んでいて、いつか日本で住みたいと話していたと聞きました。

日本のアニメと漫画が二人を結び付けてくれたわけですが、英語は今後日本の入試制度では厳しく言われるので、子供としては勉強としての英語より実用英会話に力を入れたいようですね。



帰国後......音信不通と思っていたら意外な連絡が!

c475f97e93bf7ab57fa2464a07f92153_s

帰国後、しばらくの間はメールでやりとりをしていました。ホストシスターからは「Instagramの方が、やりとりしやすいから、アカウント作ったら教えてよ」と連絡がきたので、早速Instagramのアプリをいれて、アカウントを作って、あとは「ディスコード」というSkypeとよく似ているアプリも入れました。

しかし、いろいろとお互い学校行事などで忙しくなってしまい、一時音信普通になりました。子供としては、「せっかくできた海外の友達なのに」としょんぼりしていました。

ところが、昨日(2019年10月24日)連絡があり、衝撃的な話とそして友達関係は続くということになりました。

実は、ホストシスターの子が忙しかった理由は、アメリカとオーストラリアの提携校で行われる1年間交換留学のことで忙しくて、連絡ができなかったということでした。
来年の8月から1年間留学するけれど、Instagramでの繋がりがあるから、ずっと連絡を取り合えるということで、嬉し泣きしていました。

日本では、友達とのやりとりは、LINEがメインではないかと思うのですが、徐々にInstagramからのやりとりが楽になっているようです。ただし、大人や変わった人が入り込むのが怖いので、中高生では鍵垢にしている子がほとんどではないでしょうか?

オーストラリアの子供達は、LINEは普及しておらず、InstagramやFacebookのメッセンジャー、その他のアプリでやりとりをしているとの話です。

まだ、フォロワーリクエストがきていないということですが、これでアメリカに留学したとしても連絡がつくので、まだまだ友達関係は続くことでしょう。


我が子の英語環境にちょっと期待。でも無理はさせない。

54f6c7eb582bbe7a4b81e35b97f0a4a3_s

我が子としては、オーストラリアの住環境やホストファミリーからのもてなしや、教育制度などの面から、もう一度オーストラリアへ行きたいことを話しています。


521a4a26dc255f428a5bf64411b08346_s

一番気に入ったのは、カンガルーステーキで、最初はビビりながら口にしたけれど、意外とおいしかったらしく「また食べたい!」というぐらいだそうです。

ホストシスターとのやりとりも楽しみにしているけれど、英語面で未熟なところがあるので、やりとりは大変かもしれませんが、英語に普段から接触することになるので、海外の親友ができたことは、私としては、よかったと思います。

今後、また海外留学をするかもしれませんが、親側の資金面としては厳しいところがあります。
現在文科省が返済無償で行う留学制度の説明会や申し込みが始まっています。



子供の気持ちや将来やりたいことを聞きながら、利用してみようとも考えようと思います。
というわけで、将来、どんどん変わる夢に親がどれだけ寄り添えるか、親もそれなりにがんばってみようと思います。

スポンサードリンク

app-icon2

   引用元:インスタグラム公式サイト
https://en.instagram-brand.com/assets


「ペンペンのぺたぺた知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

写真などを共有するSNS「Instagram」について基本的な解説をしました。
→くわしくはこちらから

ところが、最近私宛に「ちょっと困るよ」というダイレクトメッセージが続々きたので、
これはInstagramの運用で気をつけて欲しいなことをまとめました。
Instagramの運用の仕方は個人の自由ですが、とんでもないことに
使われることもあるので、ご注意ください。

スポンサードリンク


主婦ネタを狙って近くケース

若いお母さんだと「キャラ弁」や主婦の方であれば「家族のお弁当記録」と
ハッシュタグをつけると、同じお弁当のおかず作りに悩むお母さんから、
「いいね」をもらえることは多くあります。

私は昨日まではお弁当記録がメインに変わってて、手芸品はそんなに
上げないように運用が変わっていました。

同じお弁当で困っている方にとって、よその方のお弁当内容は気になるでしょう。

すると、ある方でお弁当作りのフォロワーさんから、
ダイレクトメッセージがきて、読んでみました。

中身は「いつもフォローしていただいてありがとうございます。
いいお商売があるんですけれど、一緒にやって見ませんか?」

いう内容でした。
(プライバシーの問題があるので、実際の画像掲載は控えます)

すぐに商材商法と見抜いたので、「興味はないのでお断りします」と
いう返事をして、その方を「スパムメール投稿」として報告をしました。


その次は、謎の占い師のフォローきたー!

次に、占い師と名乗る方の画像が上がってきたので、その方のプロフを見ると、
訳のわからない文面と、占い相談、連絡方法が出ていました。

これも、スパムとして報告をしました。
スパム方向をすると、自動的にブロックになり、閲覧できなくなります。

お弁当ネタをし始めてから、急に増えた感じはあります。
お弁当ネタだけではなくて、Instagramで稼ぐ方法という指南書や
サイトも出てきているので、ターゲットを絞って、
主婦層や若い子を狙っているものと考えられます。


ネタを変えたり、更新頻度を変えてみる

Instagramにどっぷり浸かると、同じネタに走りやすいのですが、
主婦層ともなると、どうしても手近なお弁当ネタに
走りやすいものです。

それらの画像で、巧みに近寄って、お弁当マニアかと思わせて、
ダイレクトメッセージで誘導するパターンはあることが
今回えわかりました。

風景だけに切り替えたり、今日の外食をあげる、趣味などを取り入れたり
すると怪しげなフォロワーさんは少なくなります。

更新頻度も毎日だと、狙われることもわかりましたので、
変な勧誘が始まり出したら、すぐに更新頻度を毎日ではなくて、
たまーに更新する程度にしてもいいです。

もし怪しげな勧誘がくればどうするの?

Twitterと同じで、その方のページにたどり着くと、
アプリなら右上に「・・・」というマークがあるので、
そのボタンを押すと、「ブロック」「報告」などのメニューが出てきます。

「報告」をすると「スパムである」「不適切である」などの表示が出てきます。
内容がどっちなのかを選んでタップすると、「報告」ならすぐにブロックが
かかります。
「ブロック」は「その人のは見たくない」などになりますので、
運営に報告されることなく相手の方をブロックすることになります。

怪しげな商売の温床になる前に、スパムや商材販売を受けた場合は、
すぐに「報告」で対応してください。

まとめに

Instagramは使い方次第では、いろんな方の画像や解説から、
素敵な情報をゲットできるので便利ですし、写真共有もできるので、
楽しいのです。

最近、自分を売り込む手段として使われている感じがするので、
怪しげな商売の温床になりかけないです。

気軽に楽しむことはできるのですが、最近の事情を把握しながら、
賢く運用して、楽しんで行きましょうね。

スポンサードリンク


app-icon2

photo by instaguramu   Brand resources
https://www.instagram-brand.com/

どうも、ぺんぺんです。
最近、身近なところで、Instagramブームがきていて、次々とアカウントを作って、
投稿されている方が多いですね。

私も仕事の関係上、Instagramから画像選定を行う場合もあるし、
もう2年以上こっそりと趣味で続けて楽しんでいます。

「何を載せていいのかわからない』「インスタ映えするものを目指している」など
いろんなお声を聞くのですが、使用歴は長いものの、お気楽に使っている方としては、
「まさしくお気楽に自分スタイルで楽しむ」というのが、Instagramを楽しむコツと
みています。

では、Instagramの楽しさって何だろうということで私の使い方の風呂敷を
開けますね。

あくまでも趣味に徹するのみ!

私がInstagramを始めたのは、セルフネイルを趣味で始めたことから、
自分で塗って見たネイル作品を載せるところから始めています。

当時、「しずくさん」という方が100均ショップのネイルで楽しめる
プロ級セルフ本が発売されていて、今でも圧倒的ファンの方は多く
いらっしゃいます。

私はというと、今は忙しくてネイルはたまにしか楽しんでいませんが、
そのほかにしている趣味、例えば編み物作品やつまみ細工の製作工程を
撮影して、公開しています。
その時に、Twitterと同じように「ハッシュタグ」をつけることで、
それぞれの道に詳しい人や、同じ趣味の人と繋がって、情報共有が
できるというわけです。

時々、英語で説明文を書いていると、海外の編み物ファンの方が
フォロワーさんになるという場合があります。

お弁当記録も案外人気

毎朝、旦那様やお子さんにお弁当を作っている方は、よそのお宅のお弁当は
気になるようで、ハッシュタグで「#お弁当」とつけていると、いろんな人から
「いいね」をもらったり、紹介文に「子供のお弁当です」と付け加えておくと、
同じ年頃のお子さんを持つ方と繋がる場合があります。

ただし、キャラ弁連続攻撃となると、どうやらお互いが競争してしまう
傾向もあって、ある保育園や幼稚園のママ友さんでインスタをやっているを知って、
競い合うようになってから修羅場になるケースもあるので、
「やりすぎない」というのがお弁当ものを載せる時の注意するところですね。

旅行先はいいけれど、自宅近辺の写真は位置情報をオフにしておく

旅行先での思い出を撮影して載せることは大丈夫で、アプリの位置情報を設定で
オンにしておけばいいのですが、自宅もしくは近所で撮影するときは、
位置情報をオフにしておくことをおすすめします。

オフにしておかないと、お子さんの写真(必ず顔は加工アプリで保護してくださいね)
や、ハンドメイドの作品紹介、買い物したものをInstagramにアップした時に、
位置情報をオフにせずに掲載されると、個人情報が漏れて、
某いやらしい掲示板でその人を叩くスレッドが出てしまうからです。

その点は必ず気をつけてくださいね。

ハッシュタグが繋がりをどんどん広げる!

Twitterと同じように、「ハッシュタグ」を活用すると、
同じ趣味の仲間やを発見しやすいし、いきなり大物の方から
フォローされる場合もあります。

特にハンドメイドや普段使っているもの(化粧品や機材など)を
ハッシュタグに含めると、意外な展開になることもあります。

私はたまたま買った着物や趣味のレース編みの写真をアップすると、
海外からのフォロワーさんや、染色作家さんとのつながりができたり、
かなり高度な技術を持つ方から教えてもらうこともできました。

もう使われなくなっているかもしれませんが、ブライダルで
出席者がお若い方ならピンとくる方法ですけれども、
出席者しか共有できないハッシュタグを決めておいて、
受付の時に「インスタをしてる人は、このハッシュタグをつけてね」と
いうお手紙を渡しておくと、みなさんそれで写真共有をして
楽しんでいるというのもあります。
(旦那の部下の女の子は、これを使っていて、その子と友達に
なりました)

まとめとして

とにかく「インスタ映え」というキーワードに惑わされず、
自分の興味のあるものを撮影して、みんなで楽しむというのが、
いいですね。

「とにかくきれいな写真を載せなくちゃ」と頑張らず、
気軽なところは、その日の天気やその日の食事とか、
今日買ったものを載せるなど、お気軽に楽しむ「遊び心」ってのが、
一番大切です。

肩の力を抜いて、一度Instagramワールドに入って見ましょう。

最後に注意ですが、コメントにロシア語やアラビア語が出てきたときは、
返信せずに無視でいいです。
実はロシアではInstagramの「いいね」を購入するという自動販売機があって
それを商売にしているというのもあるので、ご注意くださいませ。







↑このページのトップヘ