google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

高校進学

bc68918f1d1646196526b26ce56d9a87_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

関東方面の中学受験はそろそろ終わりを迎えて、塾への報告や入学予定の学校への手続きでバタバタ忙しくなるでしょう。

私も、子供が希望の中学に合格してからは、入金手続きや制定品購入で忙しかったという記憶があります。

さて、中高一貫校なら特にどこかに転学を希望しなければ、上の高校へ進学となります。我が家は、第一段階として、高校の入学金と一部変更になる制定品代を入金しました。

高校進学はめでたいことですが、一部の子供にとっては「しかたないよね」か「なんでこうなるんだろう」と悩む時期です。なぜかといえば、成績の下克上が中学の間で起きているからです。

成績は変化するものですが、それが私立中高一貫校ではどういうことになるのか?紹介していきましょう。



中学受験で上位合格を果たしても、中3での成績で驚くことに

受験時に上位合格を果たして、しかも特待生入学をしたご家庭の一部では「うちには関係のない話だよ」と無視される話かもしれません。

しかし、中学3年間の間に、かなり低い得点で入学した生徒さんが、密かに実力をつけて成績をあげてくるケースは多々あります。もしくは、受験時まで苦手だった科目が中学で才能開花して、一気に学年でもトップクラスにあがってくることもあります。

受験時に上位得点で合格した子で、そのまま成績を保っている子供さんはいますが、気がつけば学年10位から落ちて下位クラスに在籍していた話はよくある話です。

我が子の学校でも、医学コースで上位10位の子供さんは、入学金や授業料免除の特待生制度はあります。しかし、今の状況は入学時に特待生だった10人は、全員10位から離れて入れ替わりがありました。

中学在籍中に、自分の目指していたものが変わることもあって、成績に変動が出てくることがあるので、入学時に上位にいたとしても、3年間に下克上はどんどん起きます。「成績は水の如く揺らぐもの」とお考えください。


文系から理系、理系から文系かわかるのもそろそろ

中学受験が終われば、私立中学ならではの指導方法で、授業速度は早くなります。中3の時点で高1の授業をするか、中3の後半から高1の授業を始めるかは学校によって変わります。

授業速度が早い中で、自分が得意としていた科目で、変化が起きます。我が子は国語が好きだったのではとみていたのですが、中2で「数学が面白い」と数学に特化しました。学校の授業では満足できず、主人が数研出版社から出ているチャート式で、休みに指導を受けています。



主人は、大学時代にアルバイトで大学受験までの子供さんの、数学の家庭教師の経験があります。今も職業柄、数学は必要なので我が子を指導できるわけです。

青チャートでしっかり基礎をつけてから、高校進学後は、教科書をみながら青チャートと赤チャートを併用して数学を勉強すると話しています。

子供の学校はコース制ですが、在籍しているコースから別のコースへの変更が効きにくいという、困った点はあります。高校進学時には、文系コースに固定はされて、医学系コースへの変更さえもできませんが、文系コースの方が実は応用が効きやすいという利点はあります。

子供の本来の能力は、中学ぐらいからじわじわとわかります。最初から将来の職業を決めつけずに、しっかり親子で時々進路について話はしておくと、理系か文系かはわかってきます。

悩みへのアドバイスがしやすいので、コミュニケーションは大切にしていきましょう。

まとめとして

今回の話は、とてもショートにしましたが、私立中高一貫校の中学3年間で私がみたものは「私立中学ならではの恐ろしさ」でした。

公立中学では、学校はゆるゆるモードですが、高校受験の為に塾通いをし、学校でも塾でも競争の世界を経験します。

私立中高一貫校は、中学3年間の間、ゆるい部分(校外学習や修学旅行など)で生き生きとできるものの、学校生活となると成績でお尻を叩かれることが多いです。

特に医学系や将来は有名国公立大学を目指すコースに在籍となると、成績が下がれば、部活動を禁止されるし、息抜きが難しく、子供さんによっては「耐えれない」と退学希望を出すか、コース変更希望を出すことはあります。

そうやって変更をして、のびのびとしている子はいますが、コース変更をかけずにそのまま在籍していて、先生への質問や指導さえ受けられない子がいます。

先日、学力テストが行われ、学年内の順位を確認しましたが、実は上位クラス内に落ちこぼれている子がいるとことがわかりました。

私立校で「面倒見がいい学校」と説明会で話していても、実は面倒見があまりよろしくない学校があるという証拠ですね。でも、生徒さんや親御さんの考え方次第では、学校に頼らずに、自力で自分の道を開いていく子はいます。

私立校だから大丈夫ではなく、入学後の学校生活や日常生活の中で、子供さんの変化に気づき、学校任せにせずに将来の夢に向かって、親御さんは見守りを続けていきましょう。

スポンサードリンク


1f3c7b0f1cdaaf550007ab5eec8759e7_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

関西圏は昨日(2020年1月21日)までは、中学入試の合否発表や入学金入金などで、親御さんが走り回ったのではないかと思います。

まだまだ関東県や首都圏は2月が本番だと思うのですが、兵庫・灘中などの超難関校の入試を他地域から受験しに来られた方も多いかと思います。

我が家はといいますと、現在私立中高一貫校の中3生ですので、今度は高校への進学となり、学力テストでもって入試テストとするとしています。すでに、入学金の納付案内・制定品購入の案内(一部変更あるので)がきています。

同時に、高校の授業料などの年間費用の案内と、国及び都道府県が行う私立高校に対する授業料免除についての案内もいただきました。

さて、中学受験に対して、ふとお金のことを考えたことはありますか?全ての受験が終わってから、悲鳴をあげているご家庭や、計画的に貯めている方の差がくっきりと現れます。さらに、上の学校へ進学する際に、もう一度悲鳴をあげるかもしれません。

新聞でもある相談ということで、紹介された「学費貧乏」の話を紹介しつつ「お金の教育」について、お話します。



受験が終わってから驚く「中学受験にかかった総額」と入学後の費用

050b4e229c4b4c1f7cf100a204f2c35d_s

多くのご家庭では、中学受験を始める際に、塾代だけは考えて入塾させているとは思います。
ところが、パンフレットや説明にも書いていない行事や、ハプニングは起きるものです。

例えば、最初に気に入って入塾したところと相性が合わずに退塾し、別の塾に入り直してみると高額になるというケースはあります。どうしても、ハイレベルの学校を受験させたいと思って、家庭教師をつけるご家庭さえあります。

ご家庭がどのように子供を中学受験させたかによりますが、塾代だけでも1年間に100万円飛んでいることもあります。我が家は、3年間でおおよそですが、100万円より少し超える程度でした。

おおよその金額はシミュレーションしたはずなのに、イレギュラー問題が出て余分な出費は出ますし、どれだけの学校やコースを受験させるかで、入試にかかる費用もかわってきます。

さらに、合格して入学金を入れてから、制定品購入の案内がきますが「え?!こんなに高いの?」と驚かされることも多々あって、予想外の出費は続出します。

忘れがちなのは「交通費」で、遠くの学校へいく場合は高校への進学時には、定期代がかなり変わることも忘れてはいけません。


ある新聞で見た「学費貧乏」の話

我が家で取っている新聞で、ある相談者に対して意見を出すというコーナーが曜日を決めて掲載されています。(読売新聞・発言小町)

ある相談者の話になります。

40代女性。大学生になる息子がいます。大学の授業料が足りなくなったために、奨学金を利用することに
なりました。息子から「うちはどうして貧乏なんだ」と言われ、父には言わない。母親の私しか言いません。

この相談に対して、「早くから自分の家計について、話をしておくべきではなかったのか?」という意見が多数で、最近の私立校では、お金に対する教育や論文大会の参加が盛んになっているように感じます。

確かに、我が子の学校での子供のクラスについて、時々話を聞きます。
お金持ちの家庭もいれば、共働きの家庭、父子家庭でも自営業、私のように今までライターとして頑張ってきて、病気の為に主人のお給料で頑張って通う、様々な家庭はあります。

しかし、お金の使い方について、よくよく話を聞くと、堅実な子と派手に使う子はくっきりわかれているようです。今までの日本では「お金の話は、子供にしてはいけない」と言われていますが、働き方改革や会社の運営状況で、親自体も学費捻出が大変になっていることから、子供のうちから、お金の使い方、税金の成り立ちなどをしっかり教えるという方針に変わりつつあります。


家族でしっかりお金については話し合うこと

一度、自分達の預貯金や投資・保険・個人年金などについて、洗い出してみましょう。
実は、大学進学が自費では危ういということも考えられます。

ほとんどの自治体では、3月31日の15歳で支給終了となる「児童手当」がありますよね?そのお金をどうしてきたかということも洗い出してみるといいです。

我が家は、支給開始になってからは、ゆうちょ銀行で子供名義の口座を作りました。(今は、子供名義口座については注意が必要ですので、作る前に銀行に確認は取ってくださいね)

お年玉やお祝い金、児童手当は全て子供名義の口座に入金し、金利がいい時を見ては定期預金に入金していました。

お小遣いについても、何に使うかをよく話をしました。

それよりも、受験の時に合格であれば即日学校での入金で、大金を見たので、子供が「あ!私のためにこんなにお金を使うのか!」とびっくりしたらしいです。

今、春から高1になりますが、大学に行くための費用について、進学を考える際にも必要だということで説明を受けているので、自分の将来にどれだけお金がかかるかを理解しています。

学校の先生にも言われたのですが、自分が通いたい学校・学部と親の希望や財力から、すれ違いが起きて、進学に影響が出ることもあるので、お金の話は、これからの進路決定では必要になるかもしれませんね。

ただし、親が泣いて子供に説明をするというのはやめておきましょう。

まとめ。どんどん進むマネー教育

「お金の話を子供になんて恥ずかしい」というのは、もう今では古い話です。

成人年齢の規定が変わるとともに、今後どんどんお金にまつわる話は低年齢化するものと考えられています。特に、年金問題は、将来の子供さんの老後資金へと繋がります。

働き方改革の影響か、子供がユーチューバーとして大金を稼いで、大人をライターとして雇うという時代が徐々に始まっています。税金などについては、大人が管理はしているかもしれませんが、子供がお金の問題に巻き込まれる危険はあります。そして、進学にかかるお金の概念を入れておかないと、前述した大学生が「我が家はなぜ貧乏なの?」という驚く発言が出てきます。

昔は、大学生が親からの仕送りだけでは大変ということで、家庭教師をしたり、ファストフード店で働くなどが当たり前だったように思います。私も、学生時代に百貨店のお中元・お歳暮のアルバイトや、制服屋さんの製品出荷や検品・採寸のアルバイトに行ったものです。

今は、勉強でなかなかバイトができないという状況もあるのかもしれませんが、今や在宅ライターで専門分野のことを執筆している子もいます。

小学生では少し早いかもしれませんが、そのうち、国が「お金の教育」を推奨すると思います。いろいろと詰め込みの学校教育になるかもしれませんが、家でできるお金の教育というものはあるので、是非、たまには、お金のことについて教えられることを見つけていきましょう。

スポンサードリンク


822961d30e39a3ed2af75ce264945d09_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。


すでに中学受験が始まっていて、合格発表が出ている地域もあるかと思いますが、年明け1月から関西や関東の中学受験が本格化していきます。

我が家は、現在私立中高一貫校の中3生で、そのまま上の高校へ進学にしました。今月、三者面談で今後の進路や勉強について、先生とお話する予定です。

しかし、我が子の学年から高校へ進学後、制服変更があり三者懇談後に採寸が行われます。今までなら校章の色が変わるだけだったのが、丸ごと制服が変わるという話なので、痛い出費が発生します。

これは、仕方がない部分とはいえ、今後の進路のことや中学では通ってきたことが通らなくなることが出てきます。上の高校へ進学すると、義務教育から離れるので、厳しい指導方針に切り替わっていく学校すらあります。

今回は、我が子の高校からの指導方針をベースに、中高一貫校ならではの厳しさをお伝えします。



中学で落ちこぼれた子はどうなるか

304d074c83319742fc1d8943814ef588_s

中学受験で志望校にトップで合格した子でも、3年間の間に成績変動が起きて、いつの間にか底辺層にまで成績が落ちた話はよくあります。

中学は私立であれ公立であれ「義務教育期間」なので、生徒本人が希望すれば、入学した私立中学に在籍することは可能です。学校によりますが、あまりにも目に余る成績の下がり方だと判断した場合は、在籍中に親子での呼び出しを受けて、退学を促される場合はあります。

中学在籍中に自主退学を言われずに過ごした子で、中3生に進級してから、成績の改善が認められない生徒はどうなるか?

他の高校へ移籍(高校受験をする)か、コース制があるなら、コース変更を勧められるかの対応となるでしょう。

中学在籍中に「この学校ではしんどい、つらい」と感じていた生徒なら、他校への移籍を考えるでしょう。ところが、親の考えで「学校は代えたくない。コース変えをしてもいい」というのであれば、学校との相談で、コース変更が認められる可能性は高いです。

コース変更って簡単にできるか?

実は、ここが一番ショックを受けるかもということになりますが、学校によっては、コース変更を希望した生徒に「ある条件」をつけて承諾することによって認めるケースがあります。

我が子の学校の場合では、英語特化型コースへのコース変更を希望する場合は、高1での海外語学留学1年間が条件と聞いています。

特に条件を設けない学校はありますが、コース変更をすることで、トップクラスにいた生徒のプライドというのは、相当傷つきます。ただ、その後の学生生活に対して、自分自身が変わっていくことで、実はコース変更をしてよかったということもありますから、しょんぼりすることもありません。

原級留置(留年措置)に要注意

中学在籍時から、赤点が多く先生から採算の注意を受けている子は、要注意です。

一応、形式的に高校進学の為の入学試験は行われますが、高校へ進学してからは「義務教育」から外れますから、定期テストで悪い(赤点をとっている)となると、学校側も甘い対応はしません。

学校によって規定は異なるかと思われますが、ひどい点数を取り続けていて、学校が定める規定に添わない生徒は「原級留置(留年)」が行われます。事前通知されますが、実際に成績不良で留年対応となった生徒がいると聞いております。

成績不良による留年をした生徒は、高3になって、大学の指定校推薦を取りたくても、過去の成績や素行など全てに渡り調査が入ります。留年の過去があれば、当然推薦を受けることができません。

ただし、国や学校からの留学で1年間欠席となった場合、原則「原級留置を行う」としています。帰国後、試験をした結果、留年対応ではなく、1年間必要な単位として認める学校は多いです。

成績不良と留学での「留年」の扱いは、学校で異なりますから、必ず学校側に確認を取って対応してください。

下克上や理系・文系を行き来することも想定しておく

c475f97e93bf7ab57fa2464a07f92153_s

私立中学に入学しから、若干コース変更が行われたり、成績の下克上はあったことでしょう。

しかし、高校からは子供が描く「将来の夢」が叶わない可能性が出てくることもあれば、やりたいことが変わるということが出てきます。

中3の時に、「将来なりたい職業から大学を考えておくように」と指導する学校はあります。ただ、高校からいきなり成績アップする子が出てきますし、理系コースに入った子が「文系に変わりたい」(その半反対もあります)と言い出すことは出てきます。

進みたい道がころっと変わることがあるので、学校側もそれなりの対応を取りますが、あまりコロコロと進路を変更すると、学校側での対応が難しくなります。

理系から文系に変わるのは、取得科目の都合で簡単なのですが、文系から理系に変わるとなると取得科目が足りなくなる(特に数学と理科)ことが出てくるので、高1の段階で進路をしっかり考えておくとよいでしょう。

取得科目が足りないと、大学受験などに影響が出るので、中学受験時から将来の夢を考えてもいいぐらいです。中学受験が迫っている中で、「将来の夢」というのを親と子が話し合う時間は難しいことですが、合格してからどうするかはしっかり考えておくとよいでしょう。


まとめとして

私立中高一貫校は、指導速度は早めですし、コース制度があれば取得科目数が変わってくることがあります。

中学受験後、入学者集合日に3年間のコマ数表を渡されることがありますが、高校への進学時にコース制をする学校であれば、それぞれのコースで行う授業コマ数表が渡されます。

高校でかなり差がついていき、コース間での入れ替わりは激しくなります。そして、ついていけない生徒はというと、見捨てられることがあり、最悪自主退学するということにも繋がります。

中学受験中に「この子はそういうことはない」と思っていても、意外な落とし穴で、成績が悪くなったり、学校の方針についていけないなどの問題で、不登校になることはあります。

中学から厳しい指導をする学校はあるけれど、高校からいきなりきつくなる学校があることを忘れないでください。

スポンサードリンク


036bf785cc3e3b2796153e9d716abf80_s

<初稿>2018年2月28日
<追加・修正>2019年10月26日

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

この記事を書いた初めて書いたのは、中2の3学期の話です。
入学後、定期考査や学力テストに小テストと実施されますよね?

中1の1学期から「私全部赤点なのー」という子もいるらしく、「普段の素行が悪いと上の高校に進学できない」と進路指導部の先生から注意を受けている子はいました。

題名でもわかりますが(ずっと読者の方もいるかと思うけど)我が家は、昨年中学受験で合格して、某中高一貫校に入学しています。高校からは一切(帰国子女はのぞく)取らない学校です。

我が子の学校は、今年(2019年)から完全中高一貫ではなくなり、高校から入学生もいる学校になりました。

来年から何も問題を起こさなければ、内部進学向けの高校入試は行われ、そのまま高校進学となりますが、中高一貫とはいえ、問題を起こせば留年措置が行われるかを紹介します。



公立中学での対応とほぼ変わりなし。だけどね・・・

基本としては、教育基本法に定める子供の教育期間中に
  • 成績がある一定基準を満たさない
  • 素行が悪い
  • 欠席日数が多い
などの理由により、在籍している学年にもう1年引き止める必要があると判断した場合、留年措置をお子います。(専門用語でいうと学年留置と呼ばれています)

ただし、特別な理由(病気による長期欠席・海外留学・いじめや不登校問題など)については、本人と両親と学校との話し合いにより、義務教育期間中は留年の対象としないとしています。

公立中学校では、特別な理由以外は本来は留年なのですが、現状としては留年とはせずに進級としています。

私立中学校の場合、まだ義務教育課程であるということでよほどのことがなければ、留年とはしません。
学校によっては、留年になる可能性の子供さんへの救済あるなしが分かれるようです。

特別な理由があれば、留年措置は行いませんが、留年措置を行わずともよいことが私立中学にはできるからです。ただし、これは中学卒業時にどうなるかということにはなります。

私立中学での留年措置は行われるのか?

私立中学での留年措置はあるのかというと、ほぼそのまま進級になります。

私立中学とはいえ、義務教育期間中ということから、留年措置は公立校とほぼ同じ対応です。
例えば、1〜10評価で、成績表がオール1ではなく、いくつか1が見受けられる場合、成績は悪いけれどクラス運営に貢献している子や素行のいい子に対しては、学校側としても救済措置をとることがほとんどです。

赤点をたくさんとっている生徒に対して、春休み中に私立中学校では「特別講習会」を行う学校も多いのですが、救済措置としての「勉強会」と小テストの成績で底上げしてあげるというものです。

これは、まだ優しい措置をする学校の例ですが、成績に対して厳しい学校の場合は、成績の悪さなど
総合評価の上、「退学通知」を出す学校もあります。

どんなに生徒さんの家庭が資産家で寄付金を多くしても、私立中学校はレベルの高さを維持する必要があります。

子供さんの成績そのものが大切なので、厳しい措置をとるケースはあります。



中3になるとお互いを助け合う姿勢も出始めますが、残念な話も

我が子の学校の場合は、学力テスト類も含めたテストファイルがあります。返却されるたびに親の総評を書かなければいけません。
ですから、娘の成績は把握しています。

今は、ベネッセが提供している「Classi」というネットシステムでも、学力テスト類の結果や推移を見ることができるようになり、たまにチェックしています。

娘の友達でも、赤点をとりまくって怒られているお子さんはいます。友達同士でフォローしたり、先生から補講を受ける場合もあります。中3になると、テスト前に苦手な箇所を教え合うようですね。

赤点をとっている子でも、クラス運営に協力的な子など、素行のいい子は、多少の救済策はあり、進級に影響しない場合はあります。

ただ、中3になっても以前からの赤点を減らすことができない生徒さんは、学期ごとの個人面談会以外に、「これからの進路についてはお考えですか?」と上の高校への進学を認めないなどの告知を受けることもあります。

中高一貫校ならさらに気をつけたい!

今まで娘の学校は、高校からは帰国子女以外の生徒さんをとることはない、完全中高一貫校でした。
※しかし、高校3か年コースもできたので、多少事情がかわってきました。

来月には一度入学時に受けた説明を改めて確認することや、変更された点を含め、高校への進学条件などの説明会は行われます。

形式的にはなりますが、中3修了前に学力テストは行うけれど、その前に高校進学に値しない子は、退学措置というわけではなく、他の学校への進学を勧めるようにしていきます。ちょうど高校進学となると、義務教育から外れますし、新たな環境に切り替わる時期ですので、留年対応をしなくていいことになります。

普段はのほほんと楽しい学校生活ですが、私立中学ならではのブラックな面もあるということは、少し頭の片隅にいれておきましょう。

まとめに、なぜ留年対応がないのに中3になってこうなるの?

中学受験を突破してやっと入れた学校なのに、なぜ成績不良や素行不良を起こすのか?

娘に聞いてみたのですが、原因がつかめないと話します。

小学校時代から少し問題をもっていた子はいるようですが、俗にいう「燃え尽き症候群」で中学受験は必死に頑張ったのに、入学してからやる気が入らない子がいるというのはあります。

私立中学校に入学して、燃え尽きてしまって、「楽しくないや」と思えることは出てきます。しかし、ささやかなことで、自分が今いる学校で楽しめる道は必ず見つかります。

せっかく頑張って入学した学校なので、健全で楽しめることを学校の中で見つけてくださいね。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ