google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

関東

2125299_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

我が子は、ぼちぼち高校進学初めての中間テストが始まります。
他の私立中高一貫校では、休校中に提出した課題を中間テストに置き換えるところもあれば、科目数を減らして実施する学校などにわかれます。

我が子の学校は、後者で科目数を減らして実施します。

来年の冬に受験する子供達は、今とても受験準備で忙しい頃でしょうし、入塾してまもない子供さんを持つ親御さんは成績を気にすると思います。

私も、最初の実力テストに絶句し「果たして中学受験で志望の学校へ入れるのかな?」と心配したものです。しかし、その後様々な問題があって、志望校でもあっても不本意な入学にはなりましたが、今となってはよかったと思います。

最近、Google検索をしていて、やたらと中学受験界で有名な塾に通う親御さんのブログや関東圏の中学受験情報しか入ってこないことは、非常に不本意だと思うことです。

中学受験には、様々なルートがあるし、入学後に下克上が起きることは不思議ではありません。



大手中学受験専門塾が全てではない

中学受験専門塾として有名すぎてトップに出るのは「サピックス 」でしょう。

関西なら浜学園は根強い人気はありますが、サピックス に押され気味かもしれません。
他にも早稲田アカデミーや日能研、関西圏だと馬淵教室などと出てくると思います。

しかし、我が家はその有名塾に通いたくても物理的に無理でした。大阪・南部で有名大手塾が進出していなかったので、通いたくても通えませんでした。

最寄りの教室を調べると、通塾に1時間。受験前のことを考えると、通塾に往復1時間かかります。学校生活との両立を考えれば、到底受験前までに心も体も壊すだろうと諦めました。

塾名は個人特定になるので公表しませんが、浜学園と業務提携をしていて「私が高校受験で利用した塾」が中学受験でも高い実績をあげていました。

私が知る先生も、中学受験部で指導管理者を本部でしていると知り、子供を通塾させることにしました。
親がその塾が少々やり方を変えていても、メソッドや授業の進め方を知っていたから、通えるならと決めて通塾させました。

結果、中学受験そのものはでき今の学校に通っています。大手有名塾から受験にきている生徒さんは大勢いましたが、大手塾からどのコースにどのぐらい入ったかは知りません。

高校に上がってから、さらにコース変更が行われましたが、医学部コースにいた子が下のコースに落とされたり、逆に下のコースや成績だったかもしれない子が上のクラスに上がっているというケースはあります。

だから、大手塾に入っても、目的の学校に入ってからが本当の「お勉強が始まる」のです。

受験時に成績が悪くても、いきなり入学後から「化ける」子はいる

大手塾に在籍時に成績が高く、超難関校に入れたとしましょう。

そのまま「偏差値」が高いまま、高校卒業いえ大学入学まで実力をキープできるという子はいます。

それは、子供さんの生まれ持った才能と、塾での順応力だからできるわけで、塾で得た力ははっきり言えばどれほどかは、測ることは難しいでしょう。

塾に在籍時、学力テストで40台しか出せなかった子に対して、「受験をあきらめろ」「志望校を変更しろ」という先生は確かにいます。

私の子供も、確かに学力テストでは、最初に考えていた学校の偏差値には届かず、志望校変更をしきりに言われ、一時中学受験自体も危ないものでした。

ところが、小6の秋に学校でいじめにあっているとわかり、なかなか成績が上がりにくい原因がわかりました。

いじめへの対応は、公立小学校の場合そして複数受験で考えていた学校全てが、内申書不要だったので、不登校にして、私が学校と話し合いを進めていきました。

塾にもいじめの対応全てを話して、安全にかつ確実に合格できる道を考えてくれたおかげで、ギリギリ
になって、成績はあがりました。

一応コースは希望のコースではなかったものの、合格したかった学校に入れたのでよかったとは思います。


問題は入学してからでした。

小学校時代に抑圧されていたものがいっきに加速して、成績の上がり具合が変わったからです。下がったのではなく、得意だったかもしれない「数学」で最下位に近かったのが上位に入り出したからです。

子供のクラスでも、中学入学後に不得意科目が一気に上がった生徒さんがいると聞きます。

その後、特別コースへの下克上の申請を出したのですが、入学時の成績、1学期の成績が悪かったということで、下克上はできませんでした。そこは仕方ないですね。

ただし、その後の中学部で受ける共通模試で順位を確認すると、科目によっては上の特別コースを追い抜いている科目もありました。

このような点から、有名塾に入って、医学系や国公立系コースが存在する学校に進学しても、子供によっての成績アップの速度が違うので、目の前の成績のみで判断は難しいとは思います。

されど有名塾、されど関東中心情報

私は以前ライターとして仕事をしていて、教育系の記事を書いていました。

求められるものは、関東圏の話ばかりで、関西の人間にとって情報が入りにくいので不利でした。関東系の塾に通わせていなかったので、契約打ち切りは早かったです。

関西系塾から一度お声かけをいただいたことはありますが、該当する塾生ではないということから、話も切れて、がっくりきたことはあります。

私自身が、教職を取っているわけではなく、大阪圏内でもハイレベルの学校に合格させたわけでもないのですから、そりゃお断りはくるでしょう。

ただし、私が言えることは「親が通わせたい学校を受験させるではなく、子供が通いたいと願う学校と差がないか?差があるのなら、苦しいだけだから中学受験は取り消す」というのは、合格まで貫いたことでした。

いじめ問題があったので、公立中学へ行かせるには居住地変更をしなければいけなかったので、いじめを受けた心に、新しい環境で馴染めるかというと、迷いはありました。

子供は、公立へ通うしかないならと、不登校中に塾の先生と協力しながら頑張ったので、今があり、それでよかったと思います。

関東圏にお住まいの方のブログなどは拝見していますが、親御さんのどちらかが中学受験経験者だとすると、かなり熱心だなぁと感じます。

今は、私立でもどんどん授業内容を変えようとしている動きはあるので、昔ながらの良さは消えていくかもしれないということは、心の片隅に入れておいた方がよいと思います。

我が家は、主人が中学から公立一本で国立大・大学院、私は高校から私立で私立短大卒業の立場です。教育については凸凹ですが、二人が決めていることは「子供の気持ち」を尊重することにしています。

無理でもいい、でもできるだけのことは頑張って欲しいと願っています。

これからも、大手塾の情報がどんどん出てくると思いますが、よく読み解いて、中学受験にチャレンジしてもらえればと思います。

スポンサードリンク

748b0a38.jpg

こんにちは。「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験について、約3年書き続けていますが、我が子が受験してから2年間の間に、大きな変化が出ています。
SNS上での「受験垢」もですけれど、関西と関東での中学受験について、大きな違いがはっきりと見えてきました。
私も気がつかずに書いていたことなので、ぜひこれから受験をするご家庭にとって、参考となれば幸いです。



複数受験の考え方は一緒。でも関西独自ルールあり

私自身も、我が子の受験時には複数校受験を考えて、塾主催の説明会に行きました。
「最大4校まで受験予定校は考えておいてください」と言われました。
順番としては、
  1. 県外受験
  2. 本命校
  3. チャレンジ校
  4. 滑り止め校
とお聞きしました。

関西圏の私立中学については、受験日初日を統一するという協定があり、兵庫・大阪・和歌山などは、1月初旬を初日としています。2019年度入学者向けは、2019年1月19日(土)を初日と設定しています。

超難関校となると、初日1日の午前しか入試を行わないところが多いです。

関西圏外の学校では、より優秀な生徒確保のために、遠くから関西まで出張で受験を行う「県外受験」のチャンスがあります。行われるのは12月。
この機会を利用して、本番の前哨戦として受験するという作戦があります。
これで合格しておいて、1月の本番を迎えるというわけで、本命やチャレンジの学校の選び方は、複数日で受験するか、大本命を受験初日の午前で受験しておくというわけです。

チャレンジ校や滑り止めは、午後受験に回すか初日午前に回すか、もしくは別の日に回すかとなりますが、初日午前の方が難易度が低く、問題漏洩防止のために、初日午後受験や別の日での受験となれば、難易度が上がるので、注意が必要です。

そして、関東方面について。
東京都内以外に近郊の都市にある学校が多いため、選択肢が多く、特に入試日初日の協定もありません。12月から受験開始のところはあり、特に2月3日まで長期間にわたり中学受験をするチャンスが多くあるということになります。

関東圏にある塾では5校候補を決めて、併願受験するようにという指標を出しています。
特に2月2日は東京での中学受験集中日となっているので、この日を目標とするかどうかで本命やチャレンジする学校を決めることになります。

ちょっとびっくり! むちゃな受験計画は待って!

関西圏では、中学入試初日が統一されているので、本命とチャレンジの学校を決めやすいのですが、関東圏のお母さん方の声をピックアップしてみると、「行かせたい学校が1月だから、無理は承知で1月にチャレンジ受験をさせる」など、「チャレンジ受験」をお子さんに聞かずにさせようとしている方の声がありました。

本気かどうかはわからないのですが、すでに12月で出願受付を終わらせているところはほとんどのはずです。

お子さんの気持ちを無視しての「チャレンジ受験」ほど危険な受験はありません。

万が一、お子さんが本当に通いたかった学校が別の学校で、お母さんが考えている「チャレンジ受験」をさせてしまった場合、2つのケースを考えなければいけません。

まずひとつは、チャレンジ受験が失敗した時です。
第1位に現在の偏差値とはかけ離れた学校を受験したとしましょう。やっぱり難易度が高くて、不合格になった時に、お子さんが立ち直れるかどうかという問題です。
落ち込んでしまって、その後受験する学校全てについて、全滅してしまうこともあります。
そうなると、お子さんの落ち込みはかなりひどいです。

もうひとつは、チャレンジ受験をして合格した時です。
「ダメでもともと」と考えていた学校に合格して、入学したとしましょう。
お子さんの入学後の頑張り次第で変わるかもしれませんが、もともとが難易度が高い学校であれば、授業のスピードや指導は厳しいものです。
お子さんがついていけるかどうかという問題になりますが、やはりついていけずに退学を勧告されることや、学校になじめずに自主退学するお子さんはいます。

実際に、我が子の学校で1年次に退学したお子さんはいました。

気がつけば、貯蓄を食いつぶしているケースも

東京圏では、選択肢が多いために、5校以上の受験を考えているご家庭もあります。
最大10校受験させるというお母さんもいました。

気がつけば、受験ばかりにとらわれて、入学後のお金(入学金、寄付金、授業料など)を忘れていて、貯蓄を食いつぶしかけているお母さんの声もありました。

そうです!入学後のお金を考えず、受験ばかりにとらわれていると、貯蓄を食いつぶします。
受験料は平均2〜4万円の間で、受験校の分だけお金はかかります。
そして、受験終了後の2〜3月まで通塾するということになりますので、教育費としてためていたお金を食いつぶすということになり、せっかく合格しても、進学後、在学していられるかという金銭問題が出てきます。

関西圏でも4校受験するとしても、十分なお金は必要になりますが、だいたい2校(学校によってはコースでの複数受験)で止まっているケースが多いので、貯蓄を食いつぶすまでは行かないかもしれません。
しかし、灘中と開成中とを併願する男の子など、関西と関東を行き来するケースもありまして、計画的にお金をプールしているはずですが、入学後のこともしっかり考えて置く必要はあります。

まとめとして

ざっくりと紹介しましたが、関東と関西についてまとめました
関西は入試初日のしばりがあり、短期間で終了となります。
関東は都外の受験も可能で、しばりもないために、長期間の受験ということになります。

果たして、お子さんがもつかどうかという違いにはなりますが、関西・関東ともに、お子さんがあとで公開のないよう、気をつけてあげてくださいね。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ