google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

退学

cd465bfece79c50487fe2e13589da740_s


公開日:2018年6月4日
更新日:2019年6月5日

「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

そろそろ受験シーズンとなりますが、入試説明会で配られた願書などの書類チェックや
WEB出願の準備でそろそろ忙しくなる時期ですね。

実は、受験者の中には「不登校」のお子さんも含まれていて、学校に行かず(たまに別室授業で対応)に、中学受験にチャレンジするご家庭はあります。

不登校の原因には様々な要因はありますが、小学校へ行くことはできずとも、塾へ行くことは大丈夫もしくは家庭教師で対応されているご家庭はあります。

ただし、以前に扱った記事に「中学受験に内申書は必要あるのか」ということで、一部の中学校では内申書の提出を求めてくるケースはあります。

関連記事:「中学受験に内申書は必要なの? 重要視されるケースあり」

実は、一部の中学校では内申書の提出が必要で、出席日数のチェック次第で受験不可というケースがあります。
さて、不登校のお子さんに中学受験のチャンスはあるのでしょうか?




超難関校でなければ、内申書は不要とするケースは多いです

内申書を必要とする学校が根強く残っているものの、徐々にネットを通じての「WEB出願」が増えています。関東圏でも、WEB出願採用校は増えています。

ただし、合格後に出身小学校から「6年間の成績記録」や「健診記録」の提出を求めてくるケースで出席日数を調べていくことはあります。内申書を必要とせずに紙ベースで出願受付をする学校でも内申書不要とする学校は多いですね。

内申書を必要とする学校は、成績をチェックするのではなく、出席日数を参考程度にチェックするのみで、重要視している要素は少ないです。

例外として、かなり厳しい学校では、代表例で兵庫・灘中での内申書の扱いは細かいです。
小5〜小6前半までの欠席日数が14日以上であり、内申書に欠席日数の記載は行われます。

後日出席日数についての確認連絡があれば、内容によって受験できないとことになります。
*例外としては、病気入院などの不登校以外の特別理由があれば、その旨の証明書類を添付していて審査ののち認められるので、心配な場合は必ず事前に説明会などで相談してくださいね。

不登校で受験をしても、小学校からの資料が変わっている場合はあります

不登校になった原因が、「いじめ」であると明らかにわかっている場合は、いじめ防止法にもあるのですが、90日以上学校を休んでいて「いじめ」が明らかに絡んでいる場合は、教育委員会に報告する義務はあります。

もちろん、学校の指導記録にも残るはずなのですが、不登校のお子さんが中学受験をして合格した場合は、成績記録を変えてしまう場合はあります。

受験前に不登校の状態に入っているものの、内申書は学校の状態を表す指標にもなるので、学校側も悪い内容はまず書くことは少ないです。
心配ということであれば、受験校に相談されるのが一番です。

お察しのいいご家庭であれば、受験の為に一時転校をするご家庭もあって、出席日数を重視する学校対策をするご家庭もあるほどです。

不登校になった原因は様々ですが、中学受験によって環境が変わった途端に、不登校が解消されるケースもあります。

ただ、小学校からの指導記録を中学校へ引き渡す時に、小学校としては困る記録であれば、学校側で記録が変更されている場合があります。

これは、我が子の例になります。

中学受験直前に、長期間いじめを受けていることがわかりました。理不尽な理由でのいじめで、子供の精神面の問題も出てきたので、不登校にして中学受験を通過させるしかありませんでした。

無事に合格して、小学校側に中学校から預かってきた手紙を渡して、中学校への記録引き渡しをお願いしましたが、入学後の懇談会で「いじめの報告がない」という事実を知りました。

小学校時代、いじめや原因不明の不登校で、学校に行けなかったとしても、十分に勉強をして入学すると、環境が変わるせいか、不登校がなくなるケースは多々あります。

勉強する環境が変われば、子供さんの不登校は消えるというわけです。ただし、入学した学校の雰囲気に馴染めずに、入学後しばらく、不登校になる子供さんはいますが、生活に馴染むと、解消されるというお子さんは見て来ています。

入学後は、あまり神経質にならず、優しい目で見てあげてください。

中学受験そのものが不登校の原因を作り出しているケースも

逆に、不登校の原因が「中学受験をすること」というケースがあります。

小学校での勉強スピードと中学受験に求められる内容やスピードや全く変わってきます。
そして、ご両親からの期待や目指す学校が「出席日数」を必要としているので、心も体も疲れてしまって、休みたいのに休めないことになって、「学校へいくのがしんどい、つらい」という状況を作り出していきます。

となると、「学校へ行かずに休ませてほしい。学校へ行かない」という不登校につながることになります。

もし、名門学校を目指していて出席日数が必要となっている場合で、お子さんが不登校に陥った場合は、一度受験先や中学受験そのものを見直すということになります。

もしかすると、超難関校合格することが、自分や親からのプレッシャーで押しつぶされそうになっているともいえます。

不登校が始まった時は、必ず塾の先生や学校の先生とも話し合い、ご家族でも「無理な受験をさせてはいないか」を検討してください。


中学受験はお子さんの気持ちが第一優先

我が家のケースでは、いじめのストレスと受験のストレスとダブルできましたが、塾側にも相談をしました。

実は、塾側がいじめを受け始めた時期に成績が落ち始めていたことを調べてくれていました。

いじめと受験のWストレスを緩和するために、落ち始めた時の厳しい指導はやめて、塾までも嫌いにならないように個別指導だからできる環境を整えてくれました。

もともと個別指導クラスで受講できたことだから、先生方の対応を変えることができました。

いじめについては私が学校側と交渉を続けて行くことで、卒業時には解決とまではいくことはできませんでしたが、子供は中学受験をして合格したことで、ふっきれて新しい環境でも潰れることはありませんでした。

クラスで不登校のまま受験をした生徒さんはかなり多いです。
他コース制なので、他のコースの生徒さんの受験状況は不明ですが、不登校だったお子さんが中学生になってから改善されたケースもあれば、中学入学後に不登校になっているケースもあります。

中学受験後に、いっきに授業の進め方などが変わるので、学校の方針についていけないというお子さんはいます。

中学受験後も不登校問題は続くのではないかとみています。
つまり、「中学受験は合格後も長い目でみる」必要があるというわけです。


まとめに

現在中2に進級した我が子ですが、進級時に退学してしまったお子さんはいます。入学時からなじめていなかったというのを、ちらりと聞き残念でなりません。

※2019年現在、中3ですが、進級時に退学する子は一切出ませんでした。中3になると、仲間意識も生まれ、学校のやり方もわかってくるので、たくましく成長していきます。

今でも、勉強についていけずにしんどそうにしている生徒さんはいると聞きますが、中学受験合格がゴールではありません。

最近(2019年6月時点)での情報では、関東圏の中学受験の受験学校数は、8校が当然という話を聞きますが、今入学仕立てでも、徐々に親にも言えない辛さなど出て来やすい時期ですし、8校が標準というのであれば、かなり子供さんに精神的負担を知らないうちに与えている危険はあります。

入学後、そして高校進学までが私立中学校での生活は、目が離せない世界なのではと最近感じています。
毎年、徐々に学校側も経営方針を変えている傾向もありますので、それに振り回せれずに、親子さんでこの私立中学校生活を乗り切るということが大切ですね。

そして、今現在、なんらかの理由で不登校で、家やフリースクール、塾で勉強しているお子さんと親御さんへ。

超難関校は無情にも、小学校時代の出席日数で振り分けを行いますが、調べてみると、不登校でも受験できる学校はありますし、環境を変えてみることで、いきなり人としての成長が促進されていくので、悲観せず、無理させず、マイペースで準備を進めて見てください。

スポンサーリンク

a759873f1a93f5ac62778bbfd2b9f193_s
photo by 写真AC

どうも、ぺんぺん(@penpenwaker23)です。

子供も4月から入学した私立中学校の2年生に進級します。
中高一貫校ですから、特に問題がなければ高校へそのまま進学となります。
我が家が中学受験を考えたのは、生まれてからすぐでした。

地元の中学校がひどく荒れていたということで、ぼちぼちと子供の為の
お金の蓄えを始めて、小4から本格的な中学受験専門塾に行かせています。

それまでは、学校の授業の補足的な教室に通わせたり、肺炎になりやすかったことから
スイミングを習わせて、本番間近まで泳ぎに通ってました。

塾については、様々な方の意見があるのですが、我が子の時と、
他の方々の意見を総合して、塾(中学受験塾)との付き合い方などを紹介します。

スポンサードリンク


中学受験を目指すのか補習的に通わせるのか?

中学受験を検討しているのなら、いつから専門塾へ通わせるかとなりますが、
基本としては、「学校で習うことを先取りで教えてくれる」か「学校の勉強で
わかりにくいところを補ってくれるか」で、小学校低学年で始めてもいいでしょう。

通信教育は、私個人としてはオススメしておりません!

こどもチャレンジやZ会・ポピーなどが代表的にあげられますが、
うちの子もこどもチャレンジとZ会は1〜2年生で受講しています。

子供が嫌がって結局はやめたのですが、まったくプリントをしないと
いう理由ではなくて、問題集のミスプリントとレベルの不一致(Z会の場合)
でした。

我が家は甘やかさずに、一人でやらせるクセ作りからスタートして
わからないのは、ヒントを出して自力でやらせました。

同じ年頃のお子さんのブログを読んでいると通信教育は、相性の問題はあるようですね。

塾はというと、一般的には「小3か小4から中学専門塾に入塾」と言われていますが、
早い家庭では小1からスタートさせています。

小1から小3までは、中学受験専門塾でも学校より少し教える速度が早めか
基本的なことを徹底的に教えるか程度です。

小3以降は、厳しめの授業内容になるので、ご両親の精神力と金銭面で小6までが
つらいところです。

学校の補習程度しか教えない塾になると、お子さんと先生との相性問題ですし、
学校ではしっかり教えてくれない部分をしっかり教えてくれる塾が
いいでしょう。

個人経営の塾で、中学受験対応をしていない塾に通っていた子供の友達は、
少しは学校の授業に物足りなさを感じていたので、通ってよかったと
話してくれています。

スポンサードリンク



くもんや学研教室などはどうでしょうか?

くもんや学研教室などの塾はどうでしょう?

私自身、くもんに小さい時にかよっていましたから、事情はよくわかりますが、
実際の学年でする算数とくもんで解いている算数で差が開いてしまうことは
出てきます。

なぜかというと、できた分だけどんどん先へ進める方針なので、
小学生で中学生分野へ突入している場合があります。

それが、お子さんにとっていいかどうかは、親でもわからないし、
将来的にどうお子さんに影響してくるかわかりません。
かといって、中学受験に通用するのかというと、
全く通用しません。

学研教室もくもんと同じ方式をとりますが、
「今日のノルマで100点取るまで帰宅させない」という方針でした。
子供が学研教室に通ったのですが、
なかなか返してくれなくて、あまりにも遅く帰ることもあったので、
先生にもお聞きしたのですが、理不尽な回答があり、
ちょうどぼちぼち中学受験準備に移るかということで、
やめさせました。

中学受験専門塾での対応

私が高校受験でお世話になった関西では有名な塾に入れました。
入れたといっても、入塾テストがありますので、テストに合格しないと
入れてはもらえません。

集団と個別(2対1)のどちらかとなったのですが、
まず慣れてもらう為に集団授業のクラスに入ってから、子供の性格に
合わせて、個別指導コースに移って、小6まで続けました。

習い事で保育園から通っていたスイミングをギリギリまで続けながら
通塾しましたが、習い事がスイミングだったので、気分転換になるということ
から塾も許可してくれました。

「個別指導では、中学受験は無理」という評論家の方や塾関係者の方は
いますが、ちょうど個別でも生徒2人と先生1人での指導だったので、
年上の子からの刺激をもらったり、同じ学年で中学受験をする子と
一緒に授業を受けることができました。

1対1の指導では、子供自体やる気は出なかったでしょう。
ただし、この指導の方が頭に入るというお子さんもいるので、
判断に苦しむことはあります。

子供の友達はというと、サピックスや日能研、馬渕教室、浜学園と
有名塾に通っていましたが、追い込み時期が一番怖かったと聞きます。
その追い込み方も、かなりひどいところはあったようで、
それが、合格後に響いているケースはあります。

入学してからが要注意!中1クライシス

無事に合格して、希望の私立中学校に入学してから、
夏休み前もしくは中1終了前から異変が起きるお子さんがいます。

いわゆる「中1クライシス」という問題です。

中学受験で厳しい指導を受けて合格したのに、進学先の学校の
指導も厳しくて、お子さんが精神的につらくなって、
突然「やめたい」「学校へ行きたくない」という問題です。
最悪不登校に繋がってしまいます。

私の子供は、小学校時代があまり楽しくなかったのと、
中学受験のことで小学校と問題がありました。

その苦労した分、中学校ではユニークな友達にも恵まれて
授業内容も勉強したかったことだらけのようで、
楽しく過ごしています。

その反面、友達で優秀な成績だったのに、いきなり赤点ばかり
取り出して、親まで呼び出しになっている子が数名います。

そのうちの一人は「もう学校やめたい」と言い出していて、
子供が理由を聞いても教えてくれないとの話です。

いろんなご家庭のブログを読んでいて、中途退学もしくは
中学卒業時に退学して別の高校へ行くお子さんも実際にいます。

多くの理由は、
・中学受験の延長戦で学校生活についていけない
・親の期待にこたえないとダメだ(中学受験の余波ですね)
・家での勉強の仕方がわからない

など、他にも個人で理由は異なりますが、お子さんが辛くなってしまう
理由を突き止めて、早めに担任の先生と相談することと、
お子さんにとって「どこが落ち着いていられる場所か」を
探ることが大切になります。

まとめ

小学校の補習的に塾に通わせるといっても、結構お金は使いますが、
中学受験となると、通い始めた学年によっては、最低100万円以上総合で使う
こともあります。(塾によるので、学年で100万円というケースも)

親はお金のことも心配しながら、子供をいかに教育するべきか模索
しますが、特に中学受験は競争心を先生方がかなり煽る面が強いので、
子供自身が合格後に疲れ切ってしまうケースはあります。

私も、子供が入学してからの1ヶ月間はかなり心配しました。
その後囲碁部に入っていて先輩とも仲良しだし、
通塾時代のスタイルは、いまでも応用できているので、
成績面も問題なく上位クラスです。

中学受験の塾の話にも触れましたが、学習塾については、
先生と子供、そして親の相性のいい塾が一番いいので、
体験授業があれば、ぜひ参加して雰囲気を感じ取ってみてください。

スポンサードリンク

036bf785cc3e3b2796153e9d716abf80_s
photo by 写真AC


どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

もうすぐ、娘の中学校では期末考査が始まります。
教科数が多いので、1週間にわたるロング試験です。
期末考査が、この学年最後になる期末考査になりますが、このテスト結果に
怯えている生徒さんもいます。
(中にはなーんにも思っていない子もいるらしいけど)

1学期から「私全部赤点なのー」という子もいるらしく、
「普段の素行が悪いと、上の高校に進学できない」と
進路指導の先生の説明をすでに受けたと聞いています。

題名でもわかりますが(ずっと読者の方もいるかと思うけど)
我が家は、昨年中学受験で合格して、某中高一貫校に入学しています。
高校からは一切(帰国子女はのぞく)取らない学校です。

義務教育課程の中学校生活ですが、私立になると、どうなるのか?
ざっくり紹介しますね。



公立中学での対応とほぼ変わりなし。だけどね・・・

基本としては、教育基本法に定める子供の教育期間中に
  • 成績がある一定基準を満たさない
  • 素行が悪い
  • 欠席日数が多い
などの理由により、在籍している学年にもう1年引き止める必要があると
判断した場合、留年の措置をとることにはなっています。
(いわゆる「学年留置・がくねんりゅうち」のことをさします。

ただし、特別な理由(病気による長期欠席・海外留学・特別な理由で本人から
留年を申し出た場合)については、留年させるかという理由には当てはめないと
されています。


公立中学校で、成績が非常に悪い・素行が悪い・めったに学校来ないと
特殊な理由がなければ、本来は留年なのですが、
現状としては、留年とはせずに進級としています。

私立中学校の場合、まだ義務教育課程であるということで、
よほどのことがなければ、留年とはしないといわれていますが、
学校によっては、留年になる可能性の子供さんへの救済あるなしが
分かれるようです。

「ようです」と書くのは、学校側は対象者にしか説明しないからです。

本題「私立中学での留年ってあるの?」

本題に入りまして。

私立中学での留年措置はあるのかというと、学校によりますが、
在学期間中はよほどのことをしていない場合は、そのまま進級に
なります。


例えば、1〜10評価で、成績表がオール1ではなく、いくつか1が
見受けられる場合、成績は悪いけれどクラス運営に貢献している子や
素行のいい子に対しては、学校側としても救済措置をとることが
ほとんどです。

救済措置とは、春休み中に私立中学校では「特別講習会」を
行う学校も多いのですが、救済措置としての「勉強会」
その中での小テストの成績で底上げしてあげるというものです。

これは、まだ優しい措置をする学校の例ですが、
厳しい学校の場合は、成績の悪さなど
総合評価の上、「退学通知」を出す学校もあります。

どんなに、生徒さんの家庭が資産家でも、寄付金を多くしても、
私立中学校は、レベルの高さを維持する必要がありますから、
とても厳しい措置をとることは知っておく必要はあります。

赤点をとっている科目があっても、日頃の行いで変わることはあり

100点満点中40点以下だと「赤点」と言われて、私立中学だとその都度
成績表ファイル的なものにまとめられて渡されます。

娘の学校の場合は、学力テスト類も含めた全てのテスト類に対して、
親の総評を書かなければいけません。
ですから、娘の成績は把握しています。

友達同士の会話でも、自分がどのぐらいの順位にいるかもわかっていて、
赤点をとった科目についても、友達やクラスメイト内で知るわけに
なります。

娘の友達でも、赤点をとりまくって怒られているお子さんはいます。
友達同士でフォローしたり、先生から補講を受ける場合もあります。

赤点をとっている子でも、クラス運営に協力的な子など、
素行のいい子は、多少の救済策はあり、進級に影響しない場合はあります。

ただ、進級しても赤点をいくつかとると、親の呼び出しと
「あのー、他校に転校しませんか?」と自主退学を求められる場合は
あると聞きました。

素行がよくても、赤点をたくさんとっていては、最悪学期途中での
退学を求められるので、普段からしっかり勉強をして、
定期考査などで不合格を出さないことや赤点を取らないことが
大切です。

中高一貫校ならさらに気をつけたい!

私立でも中高一貫のコースと高校からでも入学できるコースに分かれます。
なぜかというと、中学からの進学組は中3あたりで高1の勉強をするから、
高校からの入学者とは一緒にしないのです。

娘の学校は、高校からは帰国子女以外の生徒さんをとることはない、
完全中高一貫校です。

娘たちは説明を受けて、私たち親も後日説明を受けました。

「うちの学校では、成績不良・素行不良・欠席日数などから
総合判断して、上の高校へ進学が難しいと判定した場合は、他の高校へ
行っていただき、中3で我が校との縁は切りますので、覚悟してください。」

と言われています。

形式的にはなりますが、中3修了前に学力テストは行うけれど、
その前に高校進学に値しない子は、退学措置をとるということです。

普段はのほほんと楽しい学校生活ですが、私立中学校ゆえに
入学できたからと油断できないということです。

まとめに

中学受験を突破してやっと入れた学校なのに、なぜ成績不良や
素行不良を起こすのか?

娘に聞いてみたのですが、原因がつかめないと話します。

小学校時代から少し問題をもっていた子はいるようですが、
俗にいう「燃え尽き症候群」で中学受験は必死に頑張ったのに、
入学してからやる気が入らない子がいるというのはあります。

公立中学に留年や退学はないものの、
中学生の皆さんに言えることは、私立中学校に行っていなくても
「こんなもん役に立つか!」と勉強を放りなげずに、
日頃からまともな学生生活を過ごして欲しいと願います。








↑このページのトップヘ