google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

転塾

movie_tokusatsu_kaiju

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ただいま(2019年12月初旬)に、すでに中学受験がスタートして、「合格したよ」という報告をしている親御さんがSNS上で登場しています。

これから受験本番という現在小6生の子供は、今が一番追い込みをしている時期ですし、特に関西方面は、もう1ヶ月を切り始めているはず。

ところが、本番間近になって、いやそれより前に、塾や学校で「問題行動」を起こして、親御さんが悩んでしまうケースがあります。

小5でも出てくるのですが、小6で問題行動を起こしていれば、受験そのものに影響が出てます。さて、「中学受験での問題行動」はどう、そしてどこへ影響が出るかを私が把握している範囲で紹介します。



中学受験生特有の問題行動とは?

まず、中学受験をする子供は「先取り授業」を行っているので、小5ぐらいで小6の授業を塾でほぼ消化していることが多いです。

中学受験では、特殊問題が出るので、基本となる小学校での教育を早く終わらせる傾向が強いので、学校との授業速度が違って当然です。

すると、「塾の授業の方が楽しい」「もうそこ塾で勉強したよ」と、学校の授業を馬鹿にする生徒が現れて、授業妨害を行う生徒が現れます。

もしくは、塾でレベル別にクラス分けが行われますが、「授業についていけない」「先生との相性が悪い」など、その子が持つなんらかの気持ちから、塾の授業を妨害する子が出てきます。

妨害の仕方は様々ですが、代表例としては、「大声で歌う」「机をガタガタ揺らす」「他の生徒に手を出す」など、授業そのものを妨害することを行います。

学校もしくは塾で授業妨害を行えば、当然親の呼び出しはあります。

なぜ子供が授業妨害をしてしまうのか?

中学受験をする子供は、早期に入塾した子(小1から小3)に入塾した子は、先取り授業はまだ行わず、「勉強をする楽しみ」を教えていきます。

しかし、小3の2月から塾では「新学年の新学期」と捉えて、徐々に授業速度をあげていきます。その結果、小5では小6の授業をしているという塾は出てきます。

優秀な生徒なら、もっと先取り授業を行っているケースがあります。

学校で授業妨害を行うのであれば、
  • 担任の教え方が面白くない
  • すでに塾で勉強していることを、また勉強って面倒
  • もっと複雑な問題をしたいのにつまらない
  • 家で勉強したいのに、なぜ学校に出なければいけないのか
というところでしょう。
他にも、その子にとって、学校というものが「つらい場所」になっていて、不満の吐口として授業妨害を行うということはあります。

塾でなら、
  • 中学受験に対する考え方が変わった(中学受験をやめたい)
  • 指導する先生が気に入らない
  • 自分がいるクラスに不満がある
など、どこから手をつけていいかわからないというケースはあります。

ただ、学校や授業で「授業妨害」をする子の共通する点としては、「不満」があるということ。その不満は、何に対しての不満かというと、それぞれ違うのですが、親御さんが子供と向き合って、「なぜ問題行動をするのか?」を聞き出すことです。

解決策を見つけるしか「問題行動」をなくす手段はありません。

問題行動を起こすとどうなるか?

310275201911722b52c4c4257c1d2d95_s

もし、問題行動を起こすと、学校では「別室指導」として、保健室などで個別授業を受けることになります。塾での場合は「退塾を考えませんか?」とかなりきつい話を出されることになります。

学年が低ければ、親御さんが「何が原因なのか?」と話し合いをした上で、問題行動をなくすことはできますが、もう受験間近での問題行動となると、学校はもちろん塾からも厳しい話が出てきます。

一部の中学では願書とともに「内申書」、出願時不要で入学手続き時に学校側から出す「6年間の指導記録」などでは、出席日数は参考程度として見ていきますが、あまりにもひどい「問題行動」を起こしている場合は、学校長や担任の考えによりますが、学校でした「問題行動」が記載されてしまう可能性は高いです。ただし、学校側の名誉ということもあるので、書かないかもしれないかもしれません。

問題行動については、我々保護者は内申書や指導記録などにどのように記載されるかはわかりませんが、合否に影響がでるかと言われると、「影響が出ないという確約はできない」というのが、私の意見です。

おそらく、出席日数と受験日の合格点が合否の決め手になりますが、その後の中学生活のは多少いろいろと言われるかもしれないでしょう。

まとめとして

92db84d25376aac9bc2879f8f90ce740_s


塾や学校で問題行動を起こすのは、親子関係や小学校での問題、塾での問題と、複雑な要素が絡み合います。

子供の問題行動は、「子供からのSOS」「助けてー!」という悲鳴と同じ物ではないかと思うのです。

中学受験は、かなり子供に無理なことをさせることがありますし、他の子供達と違うことをするので、反抗期が始まれば「どうして自分には自由がないのか?」と悩み出します。

性格としてはっきり言う子はいますが、言語化して不満を言えない子供はいます。

もし、問題行動が出てきた時は、親が冷静になって行動して、もし学校や塾で抑えきれない場合は、学校をしばらくおやすみさせるか、転塾できる時期であれば、変えると落ち着くこともあるので、慌てず落ち着いて、子供と相談しながら、中学受験と向き合ってください。

スポンサードリンク








b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今年の中学受験は終わり、塾ではぼちぼち各私立中学校への合格者統計を発表して、新規塾生募集をかけていることでしょう。我が家の娘は、小4からのスタートで、2月〜3月でした。
プリント学習塾を塾側のトラブルが原因でやめたところで、「塾なんて行きたくない」と拒否をしていたので、しばらく時間をおきました。

それから、子どもに合いそうな塾を選んで、体験授業などを受けてからスタートとなりました。

最近、受験を終えられたお母さんの声の中に、「やっぱり大手塾はよかった」という声を聞きますが、果たしてそうなのでしょうか?実際に子どもを通じて大手塾に通っていた子どもさんの声を紹介しつつ、実際の部分をお話していきます。


大手塾は確かに強いけれど、過酷な世界への入り口でもある

娘の受験時に、各塾の応援団がやってきて、決起集会を開いてから、子ども達を送り出しているのをみかけました。

うちの子は、学校でのいじめ問題が試験の10月下旬にわかり、かなり神経をつかったというのはあります。それよりも、大手専門塾ではなく、関西では老舗ながら大手塾に押されてしまった中小塾です。
受験当日は、決起集会なんてなしで、そっと先生に見送ってもらって門をくぐりました。

教育系サイト・雑誌では、東京方面ばかり取り上げられますが、珍しく関西方面の事情を取り上げてもらえたのが、昨日(2019年2月15日)の文春オンラインの記事でした。
中学受験で「中小塾」はありなのかということで、取り上げています。

【参考】
中学受験で「中小塾」はあり? 良い塾を見分ける”5つのポイント”

この記事での分布と私個人からみたのとでは、少し感覚は違うのですが、全国的にいえば、サピックス、日能研が目立ち、関東なら早稲田アカデミー、関西になると、浜学園は最強、馬渕教室、能開センター、希学園が、大手有名中学受験専門塾と出てくるでしょう。

実際の各塾の合格者実績数は、発表されているのですが、どうしてもサピックスがダントツにトップで、有名校への合格者の比率は高いです。
SNSや実際にサッピクスの評判を見ると、サピックス独自のメソッドがよいという評価が高いです。

教育熱心なご家庭なら、早めに受験情報を入手はするのですが、「有名塾なら間違いはないだろう」と子どもさんの学力変動や性格など気にせずに、有名塾へ入れてしまうことです。

有名塾は、成績のよい子を最優先に指導する傾向は強く、過当競争が始まります。低学年のうちは、わざと競争心を起こす授業はしませんが、小3あたりから、厳しい授業内容と指導方法に切り替え始めて行きます。

学力テストや小テストで成績が悪ければ、すぐにクラス替えとなることがあって、お母さんと子どもさんの間で、モヤモヤ感が出てしまうこともあります。

行かせたくても行かせられない環境なら、さてどうする?

397ba883aabcea578dfe9e971565a9bd_s

我が家の場合、自宅近辺で調べると、馬渕教室はありましたが、自宅からかなり不便なところにあって、帰りが遅くなる(小6になると10時になることは多々あります)時は、一人では帰ることができない距離でした。

実際に塾へも訪問したのですが、子どもが「ちょっと嫌な感じがする」というので、行きたくなさそうでしたし、無理をさせるよりはということで、馬渕教室はやめました。

サピックス、日能研は、近くても堺市、学校から帰宅して電車に乗って、一人で電車で帰るには40分。
帰宅後、勉強などをさせると、小4の時点で「やめるー」に泣いていたことでしょう。
私もそれはいやでしたので、最終どうしたかと?

地元では、老舗ではあるけれど、大手塾に押されている「とある塾(子どものプライバシー保護のため公開なしです)」に入塾させました。私が高校受験時にお世話になった塾で、本当は高校受験に強い塾で、難関校を目指すなら、専門コースを設けている塾でした。

昔ながらの面倒の良さは変わっていなかったので、子どももすぐに馴染んだのですが、すぐに、先生が集団授業では辛そうにしていることを見抜いて、個別コースで中学受験を目指す話を出してもらい、子どもと相談の上で、コース変更を行い、受験までそのまま担当の先生を変えずに、合格しました。

合格実績・指導方針・先生の指導がしっかりしているか?

文春オンラインの記事でも指摘されているのですが、大手塾は、確かにできない子は確実に放置していきます。それと、できそうな子のお母さんに、裏情報を流すことや、情報収拾、合格後の宣伝をお願いすることもあると聞きます。もちろん「受験ツアー」に誘うこともあります。

それがいやで、大手塾から中小塾へ切り替えるご家庭はありますが、調べてから転塾することをおすすめしています。

  • 合格実績を明確化しているか?
  • 指導方針をきちんと説明してくれるか?
  • 先生の指導がしっかりしているか?
先生の指導は、体験授業でもわかるのですが、合格実績・指導方針がよくわからないというところは、説明会(個別でしてくださる場合もあります)で説明がなければ、避けるのがよいです。

子どもが通った塾は、説明を聞いた時に、高校受験時代とブレない指導方針で、絶対に生徒に手を出さない・暴言を言わないを約束した塾でしたし、子どもの異変に何か気づいた時は、すぐに連絡をくださって、解決策を考えてくれました。

個別指導(2:1)でしたが、定期的に「指導レポート」をあげてくれたので、どこができないか、今後の指導方針を各科目担当の先生が送ってくださるので、家庭での対応もしやすかったですね。

合格後に、大手塾から小さな塾へ転塾して合格した子は結構いまして、できる子は、どういう環境におかれても、自発的に勉強するので、大手塾に無理やり入れるという必要はないです。(文春オンラインの記事中でもその指摘はあります)


大手塾、中小塾どっちがいいのか?

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s


お母さんとしては、「大手塾だと難関校も夢じゃないの?」と思うかもしれません。しかし、学年が上がってくると、子どもさんの学力や勉強スタイルが見えてきて、塾と相談しても、上がってこないということはあります。

親が大きな望みをかけすぎて、子どもさんが中学受験そして勉強に対して、嫌気をさして「もう中学受験を辞めたい」ということにもなります。

実は、子どもの友人の数名に、大手有名塾のトップクラスに一時はいたものの、ちょっとしたことで、先生から頭を殴られたり、理不尽な怒りをぶつけられて、中小塾へ転塾して、今の希望校へ入学している子はいます。

殴られたり暴言を吐かれたことは、子どもはすぐには言いません。時間がたって、何かの拍子に「実はね」と話して発覚することが多いです。
先生と親御さんでのコミュニケーションが順調ならいいのですが、ブラックなことを隠す体質の校舎もあるので、子どもさんの様子は気をつけておくといいです。

そして、中小塾がいきなり規模拡大をするとなった場合も要注意です。
指導メソッドが大手から提供されている場合なら、崩れる場合はないのですが、個人経営でされていた塾で、教室数を増やすとなった場合に、指導方針が変わることがあるので、これも要注意ですね。

ちなみに、子どもが通った塾は、浜学園さんからの指導メソッド提供はあったものの、個人指導の場合は、先生が選んだ教科書を使っていたので、集団コースとは違ったカリキュラムになりました。

まとめ

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s


今年春に入学する子どもさんの中学受験が終わり、受験について熱く語っている方はSNSでたくさん見受けられますね。「今年は厳しかった」と。

この言葉を言えるのは、合格してから2〜3年経過してからかなと個人的には思います。

雑誌などの過去データを見てのことなのかもしれませんが、ご自身のお子さんが入学して、学内の現実を見てから、子どもさんの受験について、辛口コメントが出せると思います。
経験者であり、ライターとして活動している人間から見ると、「大手塾が合格の全てではない」と全力否定します。

中小塾ならではの、やり方で多くの子どもが入学しているという事実を知るまでは、時間がかかるかもしれませんし、そして今後は、大手塾の方針で、中学受験を乗り切るということは、難しくなるかもしれないということもあるので、重々これから、受験を考えている方は、どこがいいかということを探しておくとよいでしょう。




7e87ada2a5fbe224cda1745fac797b8a_s


「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

現在6月末とあって、中学受験に対しても有名な中学受験専門塾では夏の講習会受講案内の
チラシが入っていますよね。

中学受験の準備をすでにされているお母さんにとってきになることはありませんか?

新聞の折込チラシや広告で「小6生可能」という文字が入っていることがあるからです。

通常は小6の夏が中学受験の天王山と言われていて、私の子供も小6の夏が内容や時間が一番きつい時期で大変だったと記憶しています。
それと通塾時には小6生での途中入塾はないとも言われていたのですが、ちょっと事情が変わっている様子なのと、私も盲点であったことなどを含めて調べてみました。



夏からの入塾はそう珍しくないってこと

中学受験で「夏が志望校合格の天王山」と言われていますが、一番成績の変動が激しくなる時期でもあったり、受験するお子さんの気持ちが揺らいだりする時期でもあります。

夏休みが始まる前から「夏期講習会」がスタートする塾がありますし、特に小6で最難関校を受験する子は特別講習会が別に開かれます。

うちの子はというと、特別講習会はいきましたが最難関校向けではない方の特別講習会は行きました。
(冬の講習会は、学校でのトラブルの都合で塾側で止めてくれました)

さて、話は戻りまして・・・

有名中学受験専門塾では、小6で夏からの入塾や夏期講習受講募集をかけているところはありますが、夏期講習だけ今の塾より上のところで受講してそのまま在籍したいという考え方のご家庭もあれば、本当に夏期講習会だけ受講するご家庭、「転塾したい」という考えのご家庭とごちゃごちゃですが、
ざっくりいえば、「転塾」がメインではないでしょうか?

塾によっては、いまだに小6の夏以降の転塾を受け入れないところはありますが、夏期講習のみ受講でも入室テストを行なって、新たな環境でもついていけるかなどをチェックしていきます。

よって、入室テストで選抜していくので、夏からの有名中学受験専門塾で小6生が入塾して受験直前まで頑張るということは不思議ではありません。


小6で転塾したくなるのには理由がある

これは、子供のクラスメイトで某有名中学受験専門塾に通っていた子の話や、様々な受験経験ありのママさんブログでも紹介されている話で、小6で転塾をする子は案外多いです。

しかも、夏に「転塾したい」と希望する子が多いです。

なぜかというと、それぞれの塾の方針や、先生の指導がヒートした時に出るのかもしれませんが、
お子さんと塾の相性が悪くなってしまって、最終的に「転塾させる」ということです。

いろいろと調べてみると、サピックスと早稲田アカデミーでは熱血指導が行われる傾向が強くて、
なかなか成績が伸びない生徒さんに、恫喝してしまう先生がいて、お子さんでも耐えられる子もいれば、耐えきれずに、「転塾したい」と申し出て、お母さんが慌ててしまうというケースは多いです。

かなりきつく叱られてクラス替えが行われて落ち着く子もいるのですが、どうしても自分の学力レベルや叱られることに不安になって、中学受験をやめたくなることもあると言われています。

転塾でもテストがあるので、合格できれば入室は可能!

もし、塾とのトラブルで転塾を考えるケースの場合は、転塾先を早めに決めておいて、転塾先で現時点の成績の資料を持参した上で、転塾可能かどうかの相談はしましょう。

転塾、もしくは夏期講習から別の塾で受講する場合は、入塾テストが行われて、そのままその塾に残る場合は、塾の方針などを理解してもらうための説明会は開催されます。

合格できれば入塾が認められるので、転塾であっても実力があれば希望する塾で、中学受験の仕切り直しはできます。

むしろ、塾を切り替えることで、成績がいきなり上がる子はいますので、いやいやお子さんが今塾通いをしているのなら、夏で仕切り直しをするというのもひとつの方法です。

ただし、今まで通っていた塾を去ると決めた時は、後腐れのないように丁寧にご挨拶をしてさりましょう。


ダークホース的な存在もいるってことは忘れずに

「まさか小6の夏から中学受験の勉強をする子っていないよね」と思われる方はいらっしゃるかもしれませんが、もともとの地頭がよくて、自宅学習もしくは小さな学習塾で勉強をしていたけれども、夏以降から本格的に専門塾で頑張らせるというご家庭も、ごくまれにあります。

入塾テストのための専門塾もあるぐらいですから、最大手の塾に入りたいという子は、すでに中学受験を超えた勉強をして夏の講習会や入塾に関するテストは受けにやってきます。

すでに通塾している子を超えて、バリバリで70代の偏差値を出してしまう子はもちろんいます。

というわけで、最近は今までの中学受験の概念を撃ち壊す子もいるというわけです。


まとめとして

チラシをみて、すでに通塾を開始しているお母さんやすでに中学受験を経験しているお母さんにとってはびっくりする話でもあり、すでに知っているお母さんもいらっしゃいますが、夏に大変動はやってきて、秋から下克上が起きることは、珍しいことではありません。

夏での鍛え方が、やはり秋以降に影響が出てきますし、秋以降にまた「もう中学受験をしたくない」というお子さんは出てきます。

そういう意味では、通塾先を決める時、お母さんの気持ちだけで決めるのではなくて、お子さんの立場に立つことが一番重要なのかもしれませんよ。

スポンンサードリンク

↑このページのトップヘ