google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

覚え方


<初投稿日>2018年3月15日
<再編集・追記>2019年7月24日

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のぺんぺんです(@penpenwaker231)です。

2018年3月のTwitterで「くもわ、はじき」に関するツイートについて、個人塾の校舎の責任者さんが呟いた内容で、一時論争が出ました。

挙句の果てには、Twitterで話題になったことをまとめる「toggeter」がまとめに入りました。

toggeterで集められた意見や、私の友人や家庭教師をやっている知り合いからも見解を聞いてみました。
私(現在40代)ですが、「みはじ」を学校で習っています。

「子供をダメにする教え方か?」と言われると、中学受験で通用してもその後困ることも出てきました。

記事の見直しと同時に、私立中学へ入学した子供の後ほどの困り方も振り返り、この公式問題について紹介します。



70年代で習っている人多数!


Image
イラストbyペンペン

まず「みはじ」についてですが、私(40代)と同じ年齢や前後の方でなら、「あ、それ学校で習ったよ」「それ知っている」と言う声は多くありました。

「くもわ」は勝手に求める式を組み立てられたので、同じような図を書いて覚えるということはありませんでした。

小学校教育は、池上先生のある本では「ゆとりと詰め込みは交互にやってくる」と言われるぐらい教育方針は揺らぐので、学校で習うこともあれば、習わずに大人になってからはじめてこの図を見ることもあるわけです。

同じ年齢でも知らない方はいましたが、恐らくその地域で採用された教科書に掲載されていても教えなかったか、掲載なしだった可能性はあります。

完全否定する先生の言い分

「くもわ」「みはじ」の図式を完全否定する先生の意見をまとめてみました。

・そういう指導図式は文科省が許可していない!教育指導法に違反している!
  

・理科の教員からするとこの図嫌い!思考停止の解き方になる
 

と、この図を使った速さの公式を覚えるということは、今後、中学以降の数学や理科の計算に影響は出るというのが、それぞれの意見です。

中学受験では「お守り」、覚え方は公式ではなくひとつのヒント

「くもわ」「みはじ」を図で覚えても、中学受験で、簡単に割合を求める問題や速度に関する問題を出すわけがありません!

割合も、そのまま「くもわ」を使って解答できるものなんて一切出しません。


「みはじ」なんて、特殊算の花形の旅人算・通過算などで活躍するかと思えば、そのまま当てはめて解答することは不可能と思ってください。

問題を読んで、問題文の中から使えそうな数字を拾い出して、数式を組み立てていきます。

中学受験では、中学・高校レベルの問題を小学生が解答していきますが、「なぜ速さを求めるのに、この式になるか」と理論的に徹底して理解しておく必要はあると、子供が中学に入学してから気がつかされました。

あえて、書くとすれば、問題用紙やノートの片隅にお守りとして書くぐらい。

「みはじ」を公式と思われた方もいらっしゃるでしょうけれども、道のり(距離)・速さ・時間を求める時の式を思い出せない時のおまじないにすぎません。

他にも覚え方はあるから、この問題の図での覚え方だけが全てではなく、覚えやすい方法を塾の先生が教えてくれます。(例えば、ミッフィーはなぢぶーとかね)

今回のツイート主の目的は?

この件で、他の大手塾などTwitter上でアカウントを持っているかを確認しましたが、Twitter社認定の公式アカウントはありませんでした。

この覚え方に異論を流したことについては、「この図式で速さなどの公式を覚えてしまうと、将来困るよ」という警告のように感じます。

実際に、今回の図式で覚えて、入学した子が中学受験でもそして中学の理科で習う「食塩水の濃度計算」で戸惑ってしまうという現象が出ていて、我が子も中1の時に、つまづきました。

その後、主人が数学や理科を教えて、公式と「なぜこの式が成り立つか」という理論を解説して、ようやく納得して、得意な分野になりました。

この図式には「理論を覚えずに楽に考えられる」要素はありますが、入学後に再整理すれば、問題はないのではないかといえます。

今回の件で、次のようなツイートを流されています。


私もこの方のツイート内容には賛成で、型に当てはまる指導もあれば、
どうしても飲み込めない子の為に、コツをオリジナルで教えることも
塾講師の勤めで、個別指導ならば「オーダメイド指導」で
教えることだってできるはずではないのでしょうか?

まとめ

toggeterを読んでみて、むちゃくちゃな理論を展開している人はいました。

この「みはじ」や「くもわ」は公式ではないです。重ねていいますけれど、
公式じゃないからね!

理屈さえわかれば、この3文字から解放されるわけで、「お守り」代わりに知っておくだけで十分。
知らなければ、知らなくて十分!

まぁ、この大きく広がった問題について、本部がどう対応するか?
この覚え方を肯定的にしている塾もあるのだし。

小学校の授業の最後あたりで、中学受験問題を解かせようとする動きが子供の卒業時に教科書で出てきたけれど、効率的な解き方なんてもんじゃなかったです。

先生用教科書には参考書代わりになる「副読本」があって、
教え方なるものが出ているのですが、それでも教えられない先生が頼り
にするサイトだってあります。

日本の教育について、まだ低学年のお子さんのお母さんでも情報収集は必要というわけですね。

スポンサードリンク



juken_sleep_inemuri_woman

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

今朝、新聞のチラシと共に、地元情報ニュースが入っていました。
関西圏では、そろそろ入試説明会やプレテストが行われます。

塾の先生方はというと、担当している子ども達の不得意部分の強化や、志望校に行く為に必要な数字に気を使うようになります。

昨日、「成績の伸び悩み」の解決について、算数の総合版を紹介しました。
関連記事:中学受験間近! 成績の伸び悩みで見直したいこと<算数編>

今日は、成績の伸び悩みにも関連している「公式の覚え方」について紹介しましょう。



過去にSNS上で議論された公式の覚え方問題

速さや道のりに関する計算の公式は、小学校では6年で勉強するところです。
中学受験では、1年先に小5で速さ関連の単元を終わらせて、「特殊算」で大活躍します。

先生方は、子ども達には「道のり・速さ・時間」を求める為の公式を、それぞれ教えます。
試験では、緊張して忘れやすいということから、図式で覚えさせるというケースが多いのですが、その覚えさせ方で議論が起きました。

Image

これは、過去にSNS上で議論された「速さの公式の図で覚える方法」を再現したものです。
このブログでも、過去に扱っていて、子どもからの意見を聞きながら、記事にまとめています。

関連記事:「習いたての時はいいけど、どうだろう『みはじ』の件


この図式で覚えることに、「これはだめ」と反対した塾がありました。
この覚え方について、記事をまとめた時に、当時中1最後の子どもに質問をしてみました。

「図で関係性を覚えるのは教えられたよ。でも、違う方法の覚え方も教えられた」

と話してくれました。
「ミッキー・鼻血ブー」の法則と教えられて、
ミッキーは「道のり」、鼻血の鼻は「速さ」、血は「時間」として、速さ関連の公式をまず覚えてから、
「ミッキー・鼻血ブー」で思い出せるようにし、いざ本番で思い出せない時の為に、図を教えてもらったと話してくれました。

最近、同じ質問を投げかけてみたところ、違う答えが返ってきました。

入試本番ではどうしたか?

fe871d451ff3496113050fb8ced48b39_s

今回の記事を書くにあたって、現在中2になった子どもに、入試当日はどうだったかを聞いてみました。

「旅人算が出たけれど、不思議とあの呪文や図式は頭に出てこなかった。」と意外な答えが返ってきました。

「旅人算」は速さ関連にまつわる特殊算で、公式をフル活用していきます。
子どもが一番嫌がったのが「特殊算」で、かなり特訓をつけてもらっていましたが、「ミッキー鼻血」や「みはじ」は頭の中には出てこなかったと聞きます。

特訓されているうちに、速さと道のりと時間の計算式を、独自の方法で引き出せる方法を、自分で見つけて覚えたと話します。

以前の記事を読み直していると、試験当日の様子を、子どもから聞き取りし忘れていたので、今回、この記事を書くにあたって、じっくり聞いておいてよかったです。

つまり、「塾で教えられる方法は間違いではないけれど、子どもは自分で覚えやすい方法を、独自に見出す場合もある」ということです。

独自のルールを見つけるまでは、塾の方針に一度は沿ってみよう

我が家の子どもは、集団コースもあったのですが、2:1の個別指導コースで教えていただいていました。
先生が、その子の性格や覚え方の癖を見つけてくれるタイプの方だったので、こちらも安心できたと言うわけです。

今回は、算数で解説しましたが、理科で単位変換をするのが苦手で、先生が子どもの覚えやすい方法で教えてくれて、今でも役に立っています。

塾で教えてくれる方法は、決して間違えではありません。
塾独自の指導メソッドがあるので、図式で覚えるよう指導する塾もあるでしょう。果たしてそれがよかったかは、結局は、入試の合否で答えが出てくるわけです。

親御さんである程度指導ができる方は、塾が教える方法に首をかしげるかもしれません。

しかし、最終的には、子どもさんがどう覚えて、頭に覚えるかです。

違和感があるかもしれませんが、入試関連については、塾のやり方にゆだねてみましょう。

塾で教えてもらった上で、お子さんが繰り返し問題を解いて、すぐに頭の中から引き出しやすい方法を、自分で発見させてみることが大切です。


まとめとして。とにかく振り返りが重要

81745c68.jpg


入試での合否発表を見てから、もう2年。
終わるまでがハラハラでした。

特に10月下旬からが、先生達は成績の伸びが悪い生徒や、不得意科目ができてしまっている子どもさんに対して、厳しい指導がつきます。

子どもに、今回の記事を書く前に「何が一番つらかった?」と聞いたところ、「10月から12月がきつかった。でもね、学校のことがあったから、頑張れた」と話してくれました。

学校でのクラス問題で悩んでいた時期とかぶったので、子どもにとっては「受験を失敗することはできない」という覚悟ができていたのです。

親としては、かなり負担をかけたのではと心配になりましたが、今の学校生活を見ていると、楽しく通っているので、なんとかして受験を乗り越えようとした「子どものなりのやり方」を教えられました。

受験本番まで親は心配ですが、まずは子どもさんに全てをゆだねてみても、大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ