google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

複数受験

81745c68.jpg


お久しぶりです。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2019年1月27日)に個人的な資格取得試験の都合で、更新を止めていました。
その間に、関西圏での一斉の中学受験が1月19日からスタートして、合格発表を終えて、今入学手続きなどを行なっているご家庭は多いでしょう。

関東では、今まで2月1日〜3日が受験集中日だったのですが、交通面などから12月から受験スタートしていました。

さて、関西はどうだったのでしょう?まだ、入学手続き中で、最終入学者は発表されていませんが、一部塾などから出されている、出願状況などから、関西圏の中学受験についての考察をします。
*国立・公立中高一貫校は省きます。



総評として。激しい倍率変更なしだが、受験者増加

この結果については、
ed-NET 近畿圏私立中学出願者速報」様と「SAPIX小学部 出願者速報」様
の出願状況データを参考に、分析させていただきました。

合格者と入学者については、まだ入学手続き中もしくは辞退があるため、正式発表は4月に入ってからとなります。

2019年の関西圏の中学受験については、総評としては、
「倍率の激しい変動はなし。ただし、私立中学受験者が増加」です。

全ての学校について、2017年から2018年、そして2019年と3年分を総合して見た所、
それほど大きく変動したという印象はありません。

若干変動があったのは、目立つところでは、清風南海A日程、西大和、大阪桐蔭、四天王寺・英数に変動があり、2018年度と比べると出願者が増加もしくは現象していました。

定番の難関校と言われる、灘中や大阪星光学院などについても、高倍率であるところは変わっていません。

そのほかの私立中学についても、倍率について大きな変動は一見見受けられませんでした。

よく精査してみると、受験者が2018年より増加しているのは、顕著に現れています。

初日午後受験・別日程も影響あり

最近導入が多い、「初日午後受験」と「別日程受験」が受験校を増やす要因となっていますので、受験校の選択肢を広げることになっています。
初日の午前中しか受けることができない学校を優先し、午後受験や別日程で受験できるところを、「チャレンジ校」「本命校」と選択して、受験している様子も見えます。

我が子が受験した2年前から、初日午後受験を導入する学校は増えていました。
この制度と、別日程制を導入している学校については、より優秀な生徒を取り込みたいという考えがある傾向が強いのです。
しかし、受験する子供さん側でも、どこを本命にするかで日程調整をしてくるのですが、同じような考え方に走るので、大きな変動がなかったものと、データ上では見受けられます。

医学・薬学に特化したコースに変動はなし

去年から問題になっていた、東京の医科大受験問題で、女の子や浪人生への厳しい対応で、中学から医学部を目指す女の子への影響は出るかと心配されました。

しかし、その後、国などが厳しい処分を出したことにより、該当大学への出願数は減ったと報道されています。

女子校に目立つのですが、医学部・薬学部を目指すコースを作っている私立中学校(中高一貫校)については、出願者が減ることはなく、逆に増加している傾向が出ています。

面白いところでは、大阪・女子校で、医学と薬学に特化させたコースを持つ「四天王寺・医志」「大谷・医進」については、午前中のみにしか行われない「四天王寺・医志」を受験して、初日午後・翌日受験可能な「大谷・医進」を受験するというルートが確率されていると見受けられます。

大谷・医進の初日午前は毎年人数が100人前後出願しますが、初日午後・B日程になると、200人以上が出願しています。
医学部への希望かどうかは謎ですが、薬学部を目指す子供さんもいるので、大谷は「合格してもキープしておく」という考えかもしれません。

今後の関西圏の中学受験の予測

2020年に大学入試改革が行われ、入試制度が一気に変わります。
記述式の出題が多いという方向に進むようですので、私立の中高一貫教育で、「考える力」「各地から」などを養うカリキュラムが導入され始めています。

そのため、2020年以降中学生になる子供さんを持つご家庭としては、金銭的な余裕があれば、ぜひ「中学受験をさせて、高校受験の負担を避けたい」という考えになるでしょう。

関西圏の中学事情としては、格差が激しく、大阪府は、学力テスト(小6・中3で実施)しても、ワースト1や3というレベルで、教育熱心なご家庭となると、私立もしくは国立へ通学させたいというのは当然になります。
ただし、大阪府内でも、教育レベルの格差があるので、公立中学に進ませて、高校受験時にレベルの高い公立か、私立へ通わせるという考え方もあるので、現状では「様子見」ということです。

まとめ

関東圏での中学受験が過熱化していて、関西はどうだろうと気にはしていたのですが、少し関東圏の影響は若干受けているように感じます。

ただ、私立間での試験日程の協定や学校側であまり長期的に受験日数を設定しないということがあるので、関西人独自の考え方である「合理性」が、少々ヒートアップしかけている中学受験を抑え込んでいるという感覚です。

とはいえ、受験者が確実に増えてきているので、中学受験市場(塾や通信教育、家庭教師)は、増益して、激しい受験戦争に突入ということにはなりそうです。

中学受験については、その時が終わりではなく、始まりであって、入学後にいろいろと問題が出てくるので、これから中学受験を考えているご家庭は、教育改革も始まりますので、慎重に考えるのがよいかと思われます。

スポンサードリンク


748b0a38.jpg

こんにちは。「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験について、約3年書き続けていますが、我が子が受験してから2年間の間に、大きな変化が出ています。
SNS上での「受験垢」もですけれど、関西と関東での中学受験について、大きな違いがはっきりと見えてきました。
私も気がつかずに書いていたことなので、ぜひこれから受験をするご家庭にとって、参考となれば幸いです。



複数受験の考え方は一緒。でも関西独自ルールあり

私自身も、我が子の受験時には複数校受験を考えて、塾主催の説明会に行きました。
「最大4校まで受験予定校は考えておいてください」と言われました。
順番としては、
  1. 県外受験
  2. 本命校
  3. チャレンジ校
  4. 滑り止め校
とお聞きしました。

関西圏の私立中学については、受験日初日を統一するという協定があり、兵庫・大阪・和歌山などは、1月初旬を初日としています。2019年度入学者向けは、2019年1月19日(土)を初日と設定しています。

超難関校となると、初日1日の午前しか入試を行わないところが多いです。

関西圏外の学校では、より優秀な生徒確保のために、遠くから関西まで出張で受験を行う「県外受験」のチャンスがあります。行われるのは12月。
この機会を利用して、本番の前哨戦として受験するという作戦があります。
これで合格しておいて、1月の本番を迎えるというわけで、本命やチャレンジの学校の選び方は、複数日で受験するか、大本命を受験初日の午前で受験しておくというわけです。

チャレンジ校や滑り止めは、午後受験に回すか初日午前に回すか、もしくは別の日に回すかとなりますが、初日午前の方が難易度が低く、問題漏洩防止のために、初日午後受験や別の日での受験となれば、難易度が上がるので、注意が必要です。

そして、関東方面について。
東京都内以外に近郊の都市にある学校が多いため、選択肢が多く、特に入試日初日の協定もありません。12月から受験開始のところはあり、特に2月3日まで長期間にわたり中学受験をするチャンスが多くあるということになります。

関東圏にある塾では5校候補を決めて、併願受験するようにという指標を出しています。
特に2月2日は東京での中学受験集中日となっているので、この日を目標とするかどうかで本命やチャレンジする学校を決めることになります。

ちょっとびっくり! むちゃな受験計画は待って!

関西圏では、中学入試初日が統一されているので、本命とチャレンジの学校を決めやすいのですが、関東圏のお母さん方の声をピックアップしてみると、「行かせたい学校が1月だから、無理は承知で1月にチャレンジ受験をさせる」など、「チャレンジ受験」をお子さんに聞かずにさせようとしている方の声がありました。

本気かどうかはわからないのですが、すでに12月で出願受付を終わらせているところはほとんどのはずです。

お子さんの気持ちを無視しての「チャレンジ受験」ほど危険な受験はありません。

万が一、お子さんが本当に通いたかった学校が別の学校で、お母さんが考えている「チャレンジ受験」をさせてしまった場合、2つのケースを考えなければいけません。

まずひとつは、チャレンジ受験が失敗した時です。
第1位に現在の偏差値とはかけ離れた学校を受験したとしましょう。やっぱり難易度が高くて、不合格になった時に、お子さんが立ち直れるかどうかという問題です。
落ち込んでしまって、その後受験する学校全てについて、全滅してしまうこともあります。
そうなると、お子さんの落ち込みはかなりひどいです。

もうひとつは、チャレンジ受験をして合格した時です。
「ダメでもともと」と考えていた学校に合格して、入学したとしましょう。
お子さんの入学後の頑張り次第で変わるかもしれませんが、もともとが難易度が高い学校であれば、授業のスピードや指導は厳しいものです。
お子さんがついていけるかどうかという問題になりますが、やはりついていけずに退学を勧告されることや、学校になじめずに自主退学するお子さんはいます。

実際に、我が子の学校で1年次に退学したお子さんはいました。

気がつけば、貯蓄を食いつぶしているケースも

東京圏では、選択肢が多いために、5校以上の受験を考えているご家庭もあります。
最大10校受験させるというお母さんもいました。

気がつけば、受験ばかりにとらわれて、入学後のお金(入学金、寄付金、授業料など)を忘れていて、貯蓄を食いつぶしかけているお母さんの声もありました。

そうです!入学後のお金を考えず、受験ばかりにとらわれていると、貯蓄を食いつぶします。
受験料は平均2〜4万円の間で、受験校の分だけお金はかかります。
そして、受験終了後の2〜3月まで通塾するということになりますので、教育費としてためていたお金を食いつぶすということになり、せっかく合格しても、進学後、在学していられるかという金銭問題が出てきます。

関西圏でも4校受験するとしても、十分なお金は必要になりますが、だいたい2校(学校によってはコースでの複数受験)で止まっているケースが多いので、貯蓄を食いつぶすまでは行かないかもしれません。
しかし、灘中と開成中とを併願する男の子など、関西と関東を行き来するケースもありまして、計画的にお金をプールしているはずですが、入学後のこともしっかり考えて置く必要はあります。

まとめとして

ざっくりと紹介しましたが、関東と関西についてまとめました
関西は入試初日のしばりがあり、短期間で終了となります。
関東は都外の受験も可能で、しばりもないために、長期間の受験ということになります。

果たして、お子さんがもつかどうかという違いにはなりますが、関西・関東ともに、お子さんがあとで公開のないよう、気をつけてあげてくださいね。

スポンサードリンク

81745c68.jpg

phot by 写真AC


こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

今日(2018年2月2日)あたりは、東京圏の私立中学の合格発表もしくは入試がまだ
終わっていないでしょう。

昨日あたりのこちらのブログでの人気記事などをちょーっとばかり分析させて
頂いたのですが、ちょうど東京圏の初日だったのか、もしくは翌日に向けての
お母さん方が心配されていることなどを見られていたかなぁと感じました。

さて、すでに大手塾さんの方で関西圏の今年の中学受験の状況などが
発表されていて、合格されたお子さんの家庭では制定品などの購入などが
始まっていると思いますが、今年の様子についてあらためて紹介していきます。

子供を受験させた時より、状況が変わっていましたので、驚きです。




関西圏の半数の学校がWEB出願導入



edea8d1c.jpg

phot by 写真AC

2017年度では、WEB出願を実施している学校はまだまだ少なめといったと
いったところでしたが、今年度(2018年)については、関西圏の半数の学校が
WEB出願を導入しています。

その背景には、複数校・複数コース・同校午後受験など、
多様な受験スケジュールで、出願に走る保護者さんの負担軽減や
学校側での事務処理の軽減になるからです。

ひとつの学校でWEB出願をすればIDが発行されて、他の学校への
出願にも使える「miraicampas」というシステムを導入している学校も
増えています。

独自のWEB出願システムで対応している学校もありますが、
いずれは共通化されるかもしれません。

ですが、名門校(灘中など)については、内申書の出席日数を
合否の判定材料にするところもあるので、まだまだ紙ベース
の出願は根強く残るでしょう。

英語を受験科目に入れた学校が増えています



b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

phot by 写真AC

今年(2018年)の春から、小学校での授業に英語の授業が組み込まれますが、
実は、我が子が受験した昨年よりもう一年前に4校が、英語を受験科目に
組み込んでいました。

今年度の受験状況について、浜学園での発表では、10校が英語を
必須もしくは選択制としていました。

ということは、お子さんを早いうちから英語に触れさせておかないと、
今後、中学入試をさせる上では、かなり早いうちから英語に触れさせて
おくことや、英検の受験級をハイレベルにしておく必要があるかも
しれません。(合格級は一部の教育評論家の意見では準2級レベルが
好ましいと言われています)

午後受験や後期受験の倍率が高い理由を考えた


今年の関西圏では1月13日が初日で、名門校や超難関校は初日午前中しか
受験できないのは、去年と変わりはありませんでした。

ただし、午後受験や日にちがことなる後期受験を導入している学校では、
異常なほど倍率が高く、日能研の倍率速報を見たのですが、
なぜだろうと考えました。

複数日受験を可能にしている学校は、日にちや時間が遅くなるほどに、
問題が難しくなるので、難しい方に重点は置かないです。

私が子供を受験させるときに塾からの説明では、
・初日の午前は本命
・初日の午後もしくは後期はチャレンジ1
・翌日はチャレンジ2
・滑り止め校も決めておくこと
4校もしくは5校を受験校候補として決めておくように
言われました。

実際、私の知る限りでは、男の子・女の子でも2校もしくは3校受験
しています。

ちなみに我が子は、1校ですが、コースを変えて午前と午後の受験を
して、午前中のコースで入学手続きをし、午後受験分は、
回し合格で午前中に受験したコースでの合格でした。

初日午前中に定めるのが本命かチャレンジか、もしくは午後受験や後期に
本命かチャレンジかが少し見えにくい部分というよりも、
お子さんがどの学校に一番行きたいかで、午前か午後かに分かれていると
考えられます。

コースの増加・減少も関係あるけど他の要素も


学校の中でのコース制が3コースになったところもあれば、2コース制に変更に
なったところがあって、目標としている学校が受験しやすくなったり、
逆に受験しにくくなったケースもお子さんの中ではあったようですね。

受験科目についても、2科目か3科目、もしくは4科目と学校によって、
受験科目の選択の幅が広がったり狭くなったりとしています。

それと、2020年に行われる大学入試改革に合わせた「思考力」を試すテストを
導入した学校もありますし、英検以外の外部英語資格やその他の勉学に
関する資格なども合否の加点要素として設定した学校はあります。

入学後、もし中堅校であれば、ベネッセが行なっている学力考査に出会う
ことになるかもしれません。ですが、日頃からいろんな教科を
満遍なく勉強していれば、そんなに困ることでもないけれども、
「思考力」というのを試されますね。

まとめに入りまーす



英語がますます小学校の授業に入り込むと、中学受験についても
科目の中に「英語」がどんどん入ってくることになりますね。

塾側も早め早めに対応はするでしょうが、もしこれを読まれている
お母さんで、お子さんがまだ小学校低学年で中学受験を考えていれば、
ぼちぼち英語に関する勉強も考える必要はあります。

どうも、我が子が通う学校の学力テストでも「思考力」を試す問題が
入ってきているので、「読解力」はもちろんですが「推理する力」
「論理的に考える力」は求められます。

徐々に厳しくなる中学受験で、お母さんも困ってしまう部分は出てきますが、
あまり頭を固くせずに少し柔らかく考えながら、進めていきましょう。



↑このページのトップヘ