google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

現実

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験が終わり、入学校から宿題が出されている子や、入学式前に学力テストがあり勉強している子、小学校卒業ということで遊んでいる子、それぞれいるでしょう。

制定品の購入などもあって、今が一番楽しい時期なのではないでしょうか?

で、ここからリアルな話になります。
私立中学校に入ってから、様々な真実を知ることになり、親御さん側でも戸惑うばかりです。

先日、ある記事で関西と関東との温度差も知ることになり、いやな気持ちにもなりました。
4月から中3生になる娘からの話と、私が保護者として考えさせられたことを、話しましょう。



合格発表で違和感を感じませんでしたか?

2年前に我が家は中学受験をしましたが、学校での合格発表は、ネットと学校での掲示板でした。

ネット発表は掲示板より1時間前から閲覧可能。掲示板は10時に学校内で出されました。
私たちは、親戚の家が受験校の近くだったので、泊めてもらって、ネット発表で確認してから、掲示板を見に行くかとしていました。

しかし、サーバートラブルで閲覧不可になったので、学校へ見に行くことにしました。

学校へ入れるのは、受験生と保護者のみ。受験票をもっていなければ、塾関係者は入ることはできませんでした。

掲示板で合格を確認して、塾側へ連絡し、私たち夫婦の実家へ合格の連絡をしました。
家族で記念撮影をしているところもあれば、不合格でお子さんをカバンで叩いて泣いているお母さんも見かけました。

さて、東京ではNHKでさえも中学受験での有名校の様子が報道されていました。
関西では灘中ぐらいで、灘中でさえも最近は校門までしか入れないという状況です。

それを明確にしてくれた記事がこれです。

※ 難関中学が合否をウェブで発表しない理由

これを読んで、「はぁ、ここまできたら、学校も塾もビジネスだねぇ」と呆れてしまいました。

つまり、難関中学はネット発表をせず、掲示板で合否発表をし、その様子をマスコミや塾側に撮影させることで、学校の知名度をアップすること、塾側は生徒を特定して嬉し涙を流しているのを撮影し、新年度の生徒説明会でPRとして流すというわけです。

知名度をあげれば、学校も塾もホクホクというわけです。

塾で悩みながら受験かと思えば現実はもっと非なり

娘がお世話になった塾は、私が高校受験時にお世話になった塾で、指導方針は知っていましたし、集団説明会でたとえPRビデオを見せられても、情に流されず、冷静に見ている人でした。

学校説明会で、PRビデオを見せられた時は、少々興奮はしましたが、常に冷静であるべしという姿勢で、資料などをチェックしていました。

塾はというと、学校のいじめ問題と並行して悩みながらも、受験勉強をしていました。
その後、希望の学校に合格し、楽しい学校生活が始まるかと思えば、現実はそうでもありませんでした。

クラス編成で、コース別でクラス分けはあるものの、そのクラス分けは、受験時の得点順で編成されているということを1年後に知りました。学校によっては、入学式前の学力テストでの点数でクラスを決めるとか。

学校によりますが、1年後に自分がいるクラスはどれぐらいのレベルのクラスかと知ることになります。

さらに、クラス内で友人グループができ始めると、どこの塾に通っていたか、目指していた学校や、小学校時代の話がわかります。

実際に、我が子のクラスで、受験3ヶ月前に家庭教師の人に教えてもらって、見事合格しているというお子さんもいるし、希望のコースに入れなかった子、有名塾で体罰を受けていた子など、様々な事実を知ることになります。

いろいろと言えるようになるのは、中2以降から

子どもも親も、学校生活に慣れるためには1年かかり、先生の癖や学校の方針を理解し始めます。
入学前の説明会と、実際とは本当に違いますし、「ヤラレター」と思うことは多々出てきます。

SNS上で、いろいろと分析をされている方はいますが、各学校の様子がわかるのは、中2の後半ぐらいからでしょう。

先生の質や、学校の本当の方針は、入学してからはっきり見えてきますし、中1と中2とで比較ができて、先生のレベルというのもはっきり見えてきます。

我が子の学校のケースでは、医学系コースや国立系大学を目指す子のコースでは、少しでも成績が落ちれば、部活ができないと聞きます。
それと、厳しい学校の授業がつらくなって、不登校になってしまう子や、別室授業を受けている子はいます。

塾でかなり厳しい授業を受けてきたはずなのに、学校の授業やテストが辛くなって、しかも息抜きになるはずのクラブを禁止されてしまっては、心の息抜きができなくなってしまいますよね。

さらに、学校が主催する海外研修旅行でも、成績が少しでも下がれば「研修旅行をキャンセルします」と申し出るお母さんもいると聞きます。

せっかくお子さんが希望したことなのに、参加できなくなるってのも、悲しい話です。

さて4月から中3になりますが・・・

終わりに。

我が子は、4月から中3にあがり、入学したコースが特殊コースなので、この3年間は、全くクラス替えはありませんでした。
その間に、退学した子はいました。

中3に進級する時に、まさか退学する子はいないとは思いますが、この2年間に退学した子は2人いました。入学前と入学後で違ったことからの退学でした。

今年の10月には、高校進学説明会がありますが、全員進学するのかどうかはわかりません。
中学の間に、クラスの中で団結ができたし、今更よその学校に移りたくても、勉強速度などが違うので、むしろそのまま上の高校へ進学する方がよいのです。

子どもがどういう選択をするかはわかりませんが、今後の様子を見守りたいと思います。

スポンサードリンク


a0001_017440

どうも、ぺんぺんです。
最近、少年ジャンプと少コミ問題を扱っていて、「エロ」について語っていました。
実は、どの記事がよく読まれているかというのを、見させていただいているのですが、
「少コミ7月20日号を実際に読んで分析したよーん」の内容が
今まで書いてきた記事の中でぶっちぎりでした。

さてさて、今回は漫画が絡みますが、現実世界も入ってきます。
私の親戚や旦那の弟はすでに40代に突入していますが、結婚していません。
私が最後でした。実際に「なんで結婚せんの?」と理由も聞きながら、
読んで欲しいなぁという本もご紹介します。

うちの親戚と旦那の弟が結婚しない。それぞれの理由

性格に言えば、私の従姉妹2人と旦那の弟は、40代にすでに突入しています。
従姉妹の1人はバリバリのキャリアウーマンで、結婚話が一旦出たのですが破綻して、今は東京で
外資系の外国人社長秘書をしています。

もう1人のいとこは、会社のやり方が気に入らなくなって、30歳前に退職して、ニート状態です。
退職後、実家が旧家というせいかお見合い話はどんどんくるんですけど、持病の心臓病を理由に
断り続けています。私とすごく仲良しだったのに、結婚してからは避けられています。

旦那の弟は、とある会社でそれなりの地位にあるのですが、恋愛に興味なし、結婚には興味は
あるけれど、「恋愛経験もないし、車もないし、今の給料で家庭を養える自信がない」と
言って、実家の両親を困らせています。

それぞれに理由はあるのですが、弟くんの理由が今のアラフォーの意見を代弁しているような
気がします。
恋に臆病な女性と男女。なぜだろう。まずは漫画にて

恋に臆病な女性をよく描写しているのが、「男の一生」「姉の結婚」「初恋の世界」を
描いている西より子(漢字変換が出なくてすみません)作品ですねぇ。

共通しているのは、アラフォー女性で、恋に失敗していたり、初恋の経験がない、
「恋をするのが怖い」というところでしょうか?
特に顕著に「アラフォー女性で恋に対して自信がない」、逆に男性側は
「初恋の人と巡り会えたのに上手くいかない」(既に過ちで結婚してしまったのもある)
と両方恋愛につまづいて、どうするのかというのを描いているのが「姉の結婚」です。



40代までに、いろんな恋愛をしたけれど、失敗ばかりのヨリさん。
もういやになって地元に帰ると出会いがあった。
でも、恋愛で傷つくこと、愛されているのはわかっているけど「愛されることが
負担になっている」というところまでぶっ飛びます。
これはネタバレになりますが、「お互いを支え合うこと」ということで
この漫画は「40代からの恋愛の不安」について解決しています。

女子中高生向けとアラフォー向けの漫画の違いってねぇ

先日からの女子中高生向けコミックを読んでみたことと、今私が持っている大人向けの
恋愛漫画での違いっていうのは、どこかなぁと考えてみました。

論点が違っていたらごめんなさいね。
女子中高生コミックや子供が小学生の時に読んでいた漫画を読み返すと、
話としては、恋愛が成就することが前提なのですが、
「性に対する興味」にどう答えるかという点が一番強いです。

反対に、大人向けの恋愛漫画になると、主人公として扱う女性の年齢が
高めで、個人的な事情で「恋愛や結婚というものに価値観が見出せない。
理由はわからないけれど、恋愛が怖い」と性描写より「恋愛に対する気持ち」に
重点を置いています。

そこで、ふと思ったことは女子中高生漫画や問題になった漫画に対して、
過剰反応を示しているお母さん方の反応って、
「すんなり恋愛が成立した」「恋愛の中で起きることに気がついている、
忘れている」のかもとも考えたわけです。


自信がなくて当たり前。結婚はあくまでもスタート地点

結婚するしないを決めるのは本人なのですが、恋愛に自信があって、なんでも成就できたら、
それって人生のいろどりが少ないのではないでしょうか?
自信がないから、お互いを探り合って理解しあうのが、「恋愛」じゃないのかなぁ。

最近話題になった「逃げるは恥だが役に立つ」で平匡さんが、初めてみくりちゃんと添い寝を
する時に出ているんですよね。
「恋愛に自信がないんです」って。
みくりちゃんは「自信がある方が怖いですよ」ってきちんと答えを出しています。
恋愛って自信がなくてよくて、答えがなくて、結婚が正解なのかと思ったら違うという
むずかしーい世界なんです。



まとめ
大人から見たら、アラフォー女性・男性で独身というのは周りはやいのやいの「結婚しろ」と
いうのですが、漫画で扱われる女性や男性を見ていると、「恋愛に対する不安」が
一番結婚への壁だなぁと言えますね。
旦那の弟くんが「結婚して相手を養っていけるかが不安」というのも、「恋愛でもし
結婚した時、自分1人が金銭面などをやりくりしなければと勘違いしている部分も
あるんです。
それは、女性が「私も助けるよ」と自分に理解を示してくれる・支えあっていこうという
意識のある女性に巡り会えればいいのですが、なかなかそれができないのが現実。

人の人生とはわからないので、アラフォー女性や男性を甘くみないで、
温かい目で見てあげて欲しいですね。

↑このページのトップヘ