google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

注意

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

正月明けに体調を崩して、更新を休んでいました。

今日は1月7日。娘の学校は明日1月8日から学校が始まります。
去年、台風21号の被害のために、1日休校したので、始業式終了後に振替授業があると、嘆いています。

中学受験、特に関西方面の学校を受験される子どもさんは、今年は1月19日が入試日初日のはずで、今が一番大変な時期でしょう。
我が子の時(3年前)は、1月14日が1月第3土曜日に当たっていたので、2週間前に突入でした。

2週間前にできたことについて、記憶をたどりながら、紹介します。



もう夜中まで勉強をさせない! 朝モードに変えて行く

今までは、不得意科目や中学受験ならではの問題を解くということで、夜遅くまで勉強していたでしょう。

入試当日は朝です! しかも、学校前や空き地などで塾ごとに集合をかけるはずです。
ほとんどの学校が、8時に開門しますが、交通事情を考えて早めにつくようにという指示がでます。

そして、小学校も新学期が始まるので、夜遅くまで勉強をしているわけにはいけません。

朝から、頭がフル回転できるようなモードに、今から変更しておかないと、実力発揮ができません。

ですから、2週間前からでも十分間に合うので、朝方モードに切り替えていきましょう。

風邪とインフルエンザには要注意

今、風邪とインフルエンザが大流行りです。

この時期でお母さん方が一番悩むのは、「感染して、入試に響くのは困るので学校を休ませるか?」と
いう点でしょう。

結論から言えば、「ギリギリまで行かせる」でしょう。
ギリギリという範囲では、1週間前ぐらいならいいかなぁというところでしょう。

我が子の場合、受験2週間前にインフルエンザに感染し、ちょうど学校も塾も休ませないといけないという、非常に綱渡りの受験をしました。
治ってからも、学校には休ませた(いじめの話もあったので)ため、家で二度インフルエンザをひらうこともなく、本番は無事に受験することができました。


ギリギリまでいかせるとすれば、
  • すでにワクチンは打っているか?
  • 必ず外出先ではマスク
  • 人混みに出かけない
  • 帰宅後は、手洗いとうがい
を徹底しましょう。
ご家族も全員協力してあげてくださいね。


過去問よりも基本問題を解かせておく

過去問は、もう間際になれば、頭に入ってこないはずです。

それよりも、基本問題に戻って、確実に解けるかを確かめておく必要があるでしょう。
基本が解くことができれば、本番にひねくり問題が出ても、基本に戻れば解くことができる問題もあります。

社会や理科については、記憶ものは、試験直前まで反復で基礎部分を抑えておきましょう。
てこ、濃度計算、これらの理科問題は、少しひねりが入りやすい傾向はありますね。

必勝メニューよりも普段の食事で体調管理

よく、「絶対合格だ!」ということでカツ丼などの脂っこいメニューを出すご家庭もあるでしょう。

実は、子どもさんにとって前日は親御さんよりもかなり緊張しているので、こってりメニューを出して、スタミナを蓄えるよりは、いつも通りのメニューで、体調管理をしてあげてください。

いつも通りの方が、お子さんの実力発揮の力は大きいです。
5教科受験の場合は、外へ出ることができず、お弁当を持たせることになりますが、お弁当メニューも、通塾で持たせていたお弁当で十分です。

いつもどおりが、一番子どもさんにストレスをかけないコツです。

まとめとして

関西圏で、同日午後受験や、前期・後期試験と複数受験をされる子どもさんは、多いことでしょう。
複数受験は、つきそうご家族はもちろん、子どもさんが一番疲れ果ててしまいやすいです。

精神的にも疲れが出やすいので、その日の入試が終わった時に、糖分が一番脳にはいいので、学校を出てから、チョコレートや甘いお菓子をあげると、精神的疲労の回復は早いです。
(囲碁・将棋・競技かるたをやっている人ならやっている技です)

そろそろ、朝方モードにして、体調を整え始めていきましょうね。

スポンサードリンク


ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

どうも、「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

私立中学校では、もう文化祭や体育祭が終わって、中間試験が始まる頃です。
うちの子もテスト1週間前ということで、今週から試験勉強を初めています。ところが、試験終了後の土曜日(子供の学校では土曜授業実施ありで月一はありません)で、授業見学会とクラブ見学会を実施するという話を聞きました。

実は、来年から、完全中高一貫校だったのが、中途で高校生を採用するために実施するもので、内部では「少し迷惑だ」という話が保護者の間で出ています。

「ここを受験したい」という学校の説明会では、絶対に教えてくれない、もしくはこっそり教えてくれることを紹介します。また、ありがちなケースも合わせて読んでください。



いじめ問題について

これははっきり子どもを中学に入れてから知りました。
「いじめ」は公立であろうが私立であろうがあります。ただし、実感としては
  • 嫌味な先生がいない。生徒の成長第一主義
  • 校則が厳しすぎない
  • 古くからある学校だけれど、先生の入れ替わりが少ない
というのが、いじめの少ない学校かもと考えています。

先生が原因で、いじめや不登校につながるケースや、生徒間でいじめがあるのに、見て見ぬ振りをしているケース、先生の入れ替わりや募集が多い学校は、学校側に問題があるかもしれません。

私立の場合、いじめや不登校については、学校から報告する義務はなくて、いじめや不登校の生徒さんの家族が都道府県の私学課や法務局に言わない限り、対応をしてくれません。

仮に、不登校の生徒さんへの対応は、私学課からご家族へ連絡するケースと、学校で対応するケースなどパターンがあって、退学かなんとか行ける日に行って、保健室や別室授業ということになります。

入試説明会(もしくは入学式)で「うちの学校ではいじめはありません」と断言する学校は、少し怪しんだ方がいいです。

これは笑えない話ですが、今現在いじめを受けていて、中学受験することを決めているご家庭。
私立校へ行けば、今いじめてくる生徒ともう別れると考えているかもしれませんが、
まれに、いじめてくる生徒が同じ学校を受験するというケースがあります。

うちの子も中学受験前にいじめをうけて、学校との話し合いが済むまで(受験2ヶ月前)に学校を休ませました。たまたま、受験候補に考えていた学校の入試説明会で子供が怯えたので、家に帰ってから聞くと、「あの子も受験する。怖い」といいました。「あの子」とは、いじめをしてきたグループの子で、塾の先生と相談して、その学校の受験は取りやめて、2校まで絞りました。

やたらと「東大」「東大」という学校も注意!

やたらと「東大」「東大」と何かにつけて話してくる学校も要注意です。
これは、中堅校で、目の上に東大進学者が多い学校があるところで、よく言われます。学校へ入学してから、「東大至上主義」であったというケースもあります。

今や、中学受験でトップを走る学校では、東大進学よりも「海外の大学への進学」を重視している生徒さんが多く、学校側もそれなりのフォローを始めている学校はあります。

なぜ、東大進学よりも海外へ飛び出すかというと、「コロコロと変わる入試制度」への不満と、日本ではできない「自分がやってみたいことにチャレンジする」という精神のお子さんが、超難関校に潜在的に多いということです。

学校としては、最終的に高校卒業後の生徒たちの進路とその人数が、学校の宣伝みたいなものになるので、無理やり、そのこの実力が伴わない大学を受験させるケースもあれば、進学先の人数に一浪の子を含ませるケースもあります。

ちなみに、東大全体のレベルを世界的に見ると、最近のデータでは40番代後半で、日本の入試改革で言われている「自己主張力」は低いと言われています。

実際に、我が家の受験時で2校のうち1校の入試説明会は、「我が校から東大生を大量に出したい」など
「東大」を連呼されたので、親子で辛くなって、1校のピンポイント受験をすることにしました。

勉強熱心すぎて、長期休暇(夏休み・冬休み・春休み)が異常に少ないのも、子どもさんの精神面で耐えれるかどうかも問題になります。

入試説明会が入試日当日もあるところも!

進学校と言われている学校の、入試説明会はほとんどが1回のみか、せめて2回ぐらいまでです。

ですが、徐々に入学する生徒が少なくなっている学校や、新規に特別コースを作った学校、
我が子の学校のように、高校から中途採用をする学校は、入試説明会が多くなりがちです。

ひどいところは、急遽受験校を変更した子向けに、入試日当日に行うところもあります。

あまりにも、入試説明会が多いところは、生徒数が現象している証拠でもあるので、
十分な授業を受けられるかどうかという基準にもなります。

あまりにも説明会や体験会が多いところは、メインの受験校ではなくて、お子さんが希望するのであれば、第2志望としておくとよいでしょう。

入試説明会でちらっとバラしてくれることも

入試説明会終了後、個人的に気になることがあれば、入試課の担当教諭が個別対応してくれます。

私も気になることがあって、個人的にお聞きしたことがありまして、内容は申し上げられないのですが、入試課の先生が、こそっと教えてくれて、名前を聞かれました。

それぞれ、質問内容は異なりますが、決して子どもさんの入試に有利に働くというものではないので、バラしてくれた内容次第では、受験をするかしないかということになります。

そう入試課の先生もベラベラ話す訳ではないので、聞く内容には十分気をつけましょう。


まとめとして

入試説明会が終わってから、プレテスト(実際の入試テストのミニ版テスト)を実施してくれる学校があるので、プレテストがあれば、受けておくと様子が周りの様子や、現時点での学力はわかります。

ですが、入試説明会での先生方の様子や、学校の雰囲気は気をつけて見ておきたいところで、受験して合格してから「こんなはずじゃなかった」とならないように、気をつけましょう。

口コミサイトを参考にするのもいいのですが、受験校がコース制だと、評価がかなりわかれるので、それも目安のひとつにするといいでしょう。

スポンサードリンク


9bca078307c63ea3cfbc032c49889c6e_s

photo by 写真AC

こんにちは。ペンペン(@kyusaiwaker23)です。

昨晩、NHKの夜10時からやっている「クローズアップ現代プラス」で興味深いものを
していました。
時々、面白いものは辛いものなどあるのですが、子供への教育に影響がでることと
いうことで、「夫婦ゲンカで子供の脳が危ない」ということで、
興味深い特集でした。

私も子供時代の両親のケンカは恐怖でしかなかったし、自分が親になって、
いかに子供にとって「きつい言葉」「ひどい言葉」が大人同士で繰り広げられていて
子供の心に影響が出るか?

放送で出た内容と自分の経験などを盛り込んで解説します。

目で見るものより音で聞くことの方が脳への影響が高い!

今回のテーマから少し離れますが、国語関係でベストセラーを出している
斎藤隆先生の「声に出して読みたい日本語」の中で、「音読をすること」の
大切さを紹介しています。

本を目でおっかけて読む「黙読」より「音読」の方が記憶しやすいです。
もしくは書くことも記憶しやすいのは当然なのですが。

人間は、不思議なのですが、目に見えるものより音で聞くことの方が
覚えるスピードが違います。
それは日常的な会話で「人の声を集中して聞く」ことが大切というのを
本能的にわかっているからです。

最近は、ネットという便利なものが出てきましたから、
音読の大切さが忘れ去られがちですが、実は音読することは、
仕事でも非常に大切で、私も仕事で記事を仕上げるときに
必ず音読チェックをするようにして、文章をチェックします。

以前から指摘されていた親がしていることの子供の脳への影響!

すでに2017年5月18日の朽木誠一郎さんの記事で「親のしつけと称する心無い言葉や行動が
子供の脳に影響を与える」という記事を発表しています。

詳しい記事はこちらから!

厚生労働省の調査でもわかっていることで厳しい言葉や心無い行動を子供に
当てることは、脳の「前頭葉」「聴覚野」を萎縮させることがわかっています。


親のしつけが厳しいことでも、これからどんどん脳の成熟が深まる年頃なのに、
人間の行動について深く関係する「前頭葉」「視覚野」が萎縮すると、
これは認知症とよく似た行動の「突然暴れ」や「何かに怯える」
などお子さんの影響にはかなりの影響がでます。

夫婦ケンカを子供が目の前で見ることも同じことに!

私は、昨日の番組後に子供に聞きました。
私はある病気を患っていて、今も治療中なのです。
今の病院におちついて、自己コントロールができるようになったのですが、
薬や心理療法が適切に進むまでは大変でした。

気に入らないことがあったり、主人からのちょっとした一言が
カチンとなってケンカをしていました。

子供の目の前でしていたので、「本当にこわかった」と。
小学校高学年になって、反抗期に入ったことと、
クラス担任がひどかったということ、いろんなことが重なって、
よく癇癪をおこしていました。

あまりにもひどくて、いちど厳しく叱りつけたことがありますが、
過呼吸発作を起こしたことで「いじめを受けていた」という
事実を知ることになります。

その時の脳内なんてわかりませんが、私たち夫婦ゲンカをみていたので、
それを見た時の恐怖で何も言えなかったことや、
どう自分の辛さを表現していいかわからず、癇癪を起こすことで
SOS出していたものと考えられます。

子供の前では夫婦喧嘩はしない!厳しく怒鳴ることもやめましょう!

娘のその後の対応から、子供を叱りつけること、夫婦喧嘩は避けることにしました。
音から拾い上げる「人を傷つける言葉」「人を泣かせる言葉」「人を侮辱する言葉」
子供が耳から拾っていき、いつかどこかで爆発してしまいます。

私自身、両親がちょっとしたことで言い争いをしているのは、
辛かったし、その記憶は絶対忘れることはありません。

そういうのは嫌いだったから、自分が家庭を持って子供を育てるときは、
「ほんわかした家庭」を目指していたのに、結局2の舞を踏みそうになりました。

中学進学後、子供はいろんな家庭のお子さんと友達になりました。
お昼のお弁当タイムに「うちのママは何にも怒らないよ。励ましてくれる」と
話すと、お友達は「うちのママはすごく怒るの。いやになる」
「受験の時にすごく叩かれて泣いたことあるよ」などなど。

夫婦ゲンカを見てしまったお友達は、「受験やめようかと思った」というぐらい、
お子さんは両親の争っている姿などからではなく「声」から
拾い上げて、脳の中に記憶していっているのではないでしょうか?

まとめに

私は、中学受験の追い込みから一切怒らず、学校は問題解決できるまでは不登校にはしました。
それは、親として恥ずかしい行為なのかもしれません。

その代わり、塾がサポートに回ってくれて、私自身も叱らずに追い込むことはやめて、
この時期以降から夫婦ゲンカを引き起こすようなことを起こさないようにしました。

争っている自分というものは、とても醜いからです。
それを脳がどんどん成長していく子供に音で聞かせるということは、
お子さんに重大な行動を引き起こす火種にもなってしまいます。

「夫婦げんか」は犬をも食わぬというぐらいですから、
お子さんがいるご家庭、特にしつけのことも大事ですが、
夫婦間のこともお子さんには影響は出ますから、十分注意していきましょうね。

↑このページのトップヘ