2109896_s


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

一斉休校の影響で、小学校の夏休みが短くなり、中学受験チャレンジ組の子供さんにとっては大事な時期でしょう。

我が子の時も、小6の夏休みは塾漬けの日々が続き、お盆休みの3日間だけ、塾主催の特別勉強会がありました。

入塾すると、合同保護者会があったり、送り迎えをしているうちに「ママ友」ができ始めます。もしくは、SNSでの繋がりもあるようで、情報交換の内容から塾から広報担当をお願いされるケースさえあると聞きます。

私は、塾や学校説明会で知り合ったママさんとは友達を作らないようにしました。というよりもできない環境でした。

なぜ「ママ友」を作らない方がよいか?

すでにお悩みの方もいるかと思いますが、今後の為にご一読いただければと幸いです。



受験。特に中学受験はママ同士のマウンティングの世界

長年、中学受験について取材をされている鳥居りんこさんが「中学受験でのママ友マウンティング」と題して、記事を執筆されています。ご一読いただければ、中学受験のママ同士の付き合いの恐ろしさがわかります。




中学受験は、先が見えない世界なので、母親ひとりで立ち向かうというのは正直にいえば怖いです。

そこで、情報を仕入れたくて始まるのが「同じ境遇のママさんとの付き合い」です。すると、人気校の情報や、塾内部のことなどがどんどん自分の耳に入ります。

情報収集だけで済むはずだったのに、人間というものは、相手が他人には知られたくない世界にまで踏み込もうとします。

そこで、子供の「成績・志望校・塾でのレベル・クラス変更」などの比較試合が始まり、自分の子供が他人の子供より上だと「マウンティング」が始まります。

自分の子供と他人の子供との比較をし、優位性を感じていくと、ママ友同士の付き合いは、あらぬ方向に走ります。

内緒にしていた受験先や成績。バラされて困ることも

我が家のケースでは、たまたま集団指導ではなく個人指導でしたし、説明会でママ友ができることはありませんでした。

今の学校に入学してから、なかなかママ友さんはいませんが、信頼できる方としかお付き合いしないようにしています。

通塾中にママ友さんができた方だと、内緒にしておきたかった受験校がママ友とのやりとり(お迎え時やLINEでのやりとり。保護者会での付き合い)でばれて、「うちもそこに受験する」とライバルを増やすなど、中学受験に影響が出てきます。

なるべくライバルは多くしたくないのに、ちょっとしたことで増やしてしまうこともあります。

さらに、受験時の成績が後日わかる学校があるときは、成績のマウンティングをされることがあり、嫌な気持ちにつながったりします。

入学後も付き合いが続いてしまうケースもあり、何かあれば相談してきて、裏切られることだってあります。

実際に見た、中学受験時のママ友の話

我が家は1校午前・午後受験集中タイプで受験しました。

保護者待機室があったので、午前と午後と利用させていただいたのですが、そこで聞いた会話と合格発表時の会話にぞっとしました。

午後受験で待機していた時に聞こえてきた話です。

保護者A:「午前中に○○中学に行ってきた。うちの子、難しいって嘆いてたから、こっちがいいな」
保護者B:「え〜。そこ受験したの?うちはここが本命だし。でも、明日は〇〇中学へ行く」
保護者A:「そんな話聞いてないよ!むちゃくちゃ偏差値高いよね?」
保護者B:「塾の先生から大丈夫って言われたから、出願したの」

保護者Bさんの子供さんは、さらに偏差値の高い学校を受験することはもともと予定していたらしく、受験本番まで隠していたことになります。

その後どうなったかはわかりませんが、おそらくその後のママ友関係は壊れたと思います。

中学受験のママ友はいらない。ひとりでいる方が動きやすい

子供の合格後、様々なお母さんと話す機会はありました。しかし、クラス全体の保護者のみの食事会は参加していません。

子供の友達のお母さんと、行事でお会いして友達になったということはありますが、あまり深入りしない付き合い方をしています。

私立中高一貫校は、高校以降もどこの大学に入るか、成績がどのぐらいかを親も気にしますから、マウンティングされるのも嫌なので、ある程度の距離をおくようにしています。

たぶん、中学受験はその後もママ同士のマウンティングは続くのだと思います。

マウンティングはどこの世界でもあるのですが、子供がどんどん成長すれば、子供同士で仲良くしながらも切磋琢磨していきます。

中学受験時は、マウンティングがママさんの心を傷つけたり、イライラを生み出すことになり、子供さんに影響を与えるので、ママ友はいらないし、必要なしです。

中学受験が「2人三脚」いわれるのが、このような面も含めて、母親も耐えなければいけないところがあるので、どうかママ友同士のマウンテインングにのまれないように、付き合い方を変えていきましょう。

スポンサードリンク