google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

服装

eb4a77dcac212965aac7360441747d1c_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もうすでに中学受験が始まっている地域がありますが、関西圏は本年(2020年)の実施初日はほぼ1月18日です。一部ずれる学校はありますが、日程の都合で「本命校」として受験できるチャンスが生まれます。

受験するのは、子供なので無理のない受験スケジュールを組まれているとは思いますが、入試当日は寒く体調管理には気をつけてあげたいものです。

そこで、実際3年前に娘の受験体験から得た「これはよかったかな」というものや、その日に注意しておきたい体調管理の話を紹介します。



普段着で十分! だけれども防寒対策と受験生らしい服装で。持ち物も注意。

制服のある小学校もあるかと思います。しかし、中学受験の時は、受験校の暖房設備が完璧かどうかわかりません。入試説明会でも受験時の服装について、説明があったかと思われますが「温かい服装」で十分です。

セーターやフリースを着せてもよいのですが、受験の教室には子供しか入れません。親が介助するわけにはいかないので、子供自身が簡単に室温調整ができる「脱ぎ着がしやすい服装」がよいですね。

我が子の時は、受験票に映り込みをさせた服装(セーターとジーンズ、羽織りものとしてフリースジャケット)で受験しています。

受験生の子供の中には、ブランドもののとすぐわかる華美な服装の子はいました。合格したかはわかりませんが、周りが普段着なのに浮いてしまっていたので、気恥ずかしそうにしていました。服装のこととはいえ、ちょっとしたことで不安感を与えるのはよくありません。

それこそ、子供にプレッシャーを与えて実力を出しきれないので、当日の寒さも考慮した上で受験生らしい服装に調整してあげてください。

手荷物を入れるカバンも塾のカバンがよいのですが(塾側から指定される場合もあり)、普段から持ち慣れているカバン(うちの子は、通塾に使っていたリュック)を使いました。

持ち物は普段から使い慣れているものが一番ですね。


受験票忘れがないか要注意

受験票がないと、受験校に入れないし受験すらできなくなります。受験票の扱いについても、学校によっては、名札ホルダーに入れるようにと指示がある学校さえあります。

手書きでの紙ベースが受験票とする学校では、受験票は一枚のみとなります。しかし、WEB出願の場合、受験手続き(入金まで完了)であれば、プリンターで出力となりますから2〜3枚を出すことはできます。

WEB出願校であれば、予備の受験票を出力しておくことをおすすめします。

手書きでの出願タイプの学校で、受験票が見当たらない場合は、もし早めに気づいた時は学校へ連絡して対応を相談してください。もし「受験不可」ということになれば、しかたないけれど受験可能とする学校はあるので、困った時は必ず学校に確認してください。

腹痛や頭痛、女の子特有の生理対策は怠らない

IMG_0382


中学受験本番は、子供の体調に何が起きるかわかりません。

我が子は、緊張すると頭痛が出やすかったので荷物に頭痛薬(子供が飲めるタイプ)を持たせてペットボトルのお水も持たせました。

緊張性の下痢や腹痛が出やすいタイプの子供は、症状にあった薬を事前に小児科で処方してもらうか、市販薬を持たせておくとよいでしょう。

そして、女の子の場合は生理が突然始まって戸惑うケースがあります。初潮を受験当日迎える子もあるぐらいですから、もし受験教室で異変に気が付いたときにパニックになるとかわいそうですよね。

まだ生理が始まっていない子でも、念のためにナプキンを用意してあげて、ポーチ(写真のは当日子供に持たせたものです)に入れて、対処の仕方を教えてあげましょう。

すでに生理が始まっている女の子で、生理痛がある子はもちろん子供でも飲める鎮痛剤を用意してあげるとよいでしょう。

中には受験の為に、生理日をずらす薬を処方させようとする親御さんはいますが、私個人としてはお勧めしません。薬が合わなかった時のことを考えるとハイリスクになるので、できれば鎮痛剤で乗り切る方がよいと思います。

受験スケージュールを考えながら、薬や生理用品を持たせるか考えて、不安な気持ちにさせないように親子で用意するものを決めましょうね。

まとめと親が当日気をつけたいこと

受験当日、塾の先生方きて激励集会を開くというシーンを見かけました。塾の指示であれば仕方ないのですが、寒い時はなるべく早めに校舎で受験手続きをして入る方がよいかと思います。

我が子の時も、塾で激励集会はありましたが正月にインフルエンザで寝込んだので、そっと集会に参加せずに会場入りしました。

これは親御さん向けになりますが、親御さんは基本受験生の教室への入室はだめです。ですので、校門もしくは受付で子供と別れることになります。

学校によっては、保護者待合室を作ってくれるところがありますが、塾で知り合ったママ友さんがずっと喋っているという状況です。

親御さんが待合室でいることにした場合、持っていてよかったものは、
  • 長編小説や気に入っているエッセイ集
  • モバイルバッテリー(スマホに音楽を入れている人は、聞いいるとバッテリーの消耗は激しい)
  • 小腹が空いた時のつまめるもの(匂いがきついものはダメ)
  • カイロ(これは子供にも持たせましょう)
ですね。
午後から受験で一旦校外に出ていい場合は、近くに食事ができるお店などがあれば、気分転換にお昼ご飯をとるといいでしょう。

一旦入校して出てこれない場合は、子供にお弁当を持たせることになりますが、普段のお弁当とは違う内容でもいいし、保温ジャーに汁物を入れて、温かいご飯を用意するのもいいでしょう。
この場合は、親御さんがどこで食事をしたり待っているかは事前確認しておきましょう。


どんどん、中学受験の本番が始まっていますが、あまり気負わずに今までの力を発揮してくださいね。
応援しています!

スポンサードリンク

fe244249f49935a753320a3c9df8bf3a_s

こんにちは。「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

来年の冬に中学受験をする、小6のお子さんはすでに夏期講習で、毎日忙しいことでしょう。
そろそろ、志望校をどうするかという話が、塾からも出てくるし、学校見学会や入試説明会が早いところでは5月、遅いところでは8月下旬とばらつきがあります。

見学会については早い学校で5〜6月、入試説明会については10月〜11月に集中しますね。プレテスト(実際の試験内容の軽いもの。行わない学校もあります)も入試説明会とほぼ同じ時期に行われます。

見学会など学校の内部を見れるイベントは別として、入試説明会で願書関係書類一式が渡されます。志望校の量だけ出席は必ず必要です。できればプレテストがあれば、参加はしておくとよいです。

様々なご家庭の方が来ますが、何か気を付ける点はあるのか?
3年前にはなりますが、ほぼ変わってはいないので紹介しましょう。もしこれを読んでいるあなたが、お母さんであれば、参考になればと思います。


<追加事項あり>
更新日:2019年10月25日



保護者の方は、授業参観日の服装を少しラフにしたぐらいでいいです

571146

私どもは、数校の学校見学会や入試説明会とプレテストに出かけました。志望校が少し派手な学校だと、ブランドファッションでまとめた親子を見かけています。

まず、親御さんの服装については、ごく普通のお出かけ着を少しだけランクアッップさせた程度、つまり小学校の授業参観の装いよりラフにした装いで大丈夫です。


入試関連の行事の親御さんの服装で、合否が決定することはありません。マナーとしては、かなりラフすぎる格好は避けるように気をつけましょう。

ちなみに、入試説明会は「飛び込み受験」をするご家庭もあるので、受験日当日に開催される場合もあります。入試日は、親御さんの面接はほとんどの学校では行われません。
親御さんに対する面接は行いません。

同じ日で午前と午後と別々の学校を受験する為に、ラフな格好をして走るご家庭が多いのですが、入試日に学校説明会が開催されても、服装は事情が事情なだけに、それほど他の人は見ていません。

入試説明会でも入試本番でも、お互い様で、親御さんの服装なんて見る人はまずいません。


子どもさんの格好は?


296f4f677cb9b4fba9576f6ad935129b_s

子供さんんの学校見学会や説明会の時の服装はどうでしょうか?

冷房や暖房を考慮して、なおかつ動きやすい服装、「普段着」で十分です。
学校見学会では、体験授業やクラブ体験に参加して、動き回ることが多いです。軽い実験もさせてくれる学校や、ネイティヴスピーカーの先生を交えたクッキングなど、プログラムを用意している学校はあります。

女の子なら、お出かけということで、ブランド物の洋服を着せるお母さんはいらっしゃいますが、かえって目立ちすぎて、もしその学校に合格してから、クラスメイトからいじられることはあります。
案外子供同士で、受験前に見学会やプレテスト、説明会で顔を覚えてしまいます。入学後、当時の服装のことでいじられることはたまにあります。

カバンも、塾のカバンをそのまま持ってくるお子さんがいれば、派手なカバンを持ってきているお子さんはいらっしゃいます。塾のカバンについては、塾側の指示があるのでしょうが、かなり目立つので控えておく方が無難です。

案外忘れやすい上履き

実は、説明会などの行事の注意書きに「必ずスリッパなどの上履きはご持参ください」と書かれているのに、持ってこないご家庭は多いです。

行事ごとで、受付が設けられて、
  • 名前
  • 保護者名
  • 学校名
  • 住所
  • 塾名
を書かなければいけません。

学校側がどういう小学校の子供がどういう塾に通い、おおよその受験者数を探る目的はあります。

上履き忘れは、親御さんで忘れてしまった場合は、学校のものをお借りできますが、お子さんが忘れた場合は、貸し出しはないと思っておいてください。
受験本番を想定して、お子さんの持ち物忘れが防ぐ「予行演習」としてください。

見学会や説明会で、貸し出しを受けたりしても、受験本番に影響はしませんが、受験日当日は忘れ物はないようにしておきましょうね。



親御さんのハイヒールは要注意!

ごく稀ですが、学校によってはグラウンドを芝生化したばかりの学校があれば、様々な過去の困ったことで、親御さんのハイヒールでの来校を禁止しているところがあります。

基本としては、入試説明会は申し込みなしですが、人気のある学校では見学会・説明会ともに事前予約をしなければいけない学校はたまにあります。

事前説明会の申し込みは、ほとんどがインターネットからとしている学校が多いので、申し込んだ時に必ず、参加する時には、禁止されていることはチェックしておきましょう。

説明会や入試説明会での注意事項は、ほとんどの学校はホームページを持っているので、当日の注意点を必ずチェックしておくとよいですね。

ハイヒール以外に、学校内部の撮影(特に見学会での授業公開は厳しいです)、説明会の録音を禁止している学校は多いので(学校内部の情報を漏らされると学校側も困ることや、肖像権問題になります)、常識ある行動で参加してください。


まとめとして

私自身、子供の入試関連行事のたびに、ブランドづくめにしている親子さん達を見ては、入試関連の費用だけで精一杯だったので、子供に恥をかかせていないかと落ち込んだものです。
*合格後のお金はしっかりと抑えていましたが、入試費用だけは見えない世界です。


体験授業とプレテストでは、スキニージーンズにTシャツで参加した我が子でした。
「恥ずかしい思いをさせている」と思いましたけれど、実際に見られるのは「学校側の特徴としている問題を解く実力確認」と気づきました。

入試の要素に「面接」が加わっている学校はありますが、受験本番は冬です。
ブランド服でなく、風邪を引かさないような温かい格好での受験で十分です。

我が子が受験した学校で面接はありましたけれども3分程度でした。
子供は動きやすさと季節の温度で服装を調整するだけでいいです。

あまりピリピリせずに、常識のある服装で十分ですから、服装でお金をかけるより、合格後に必要なお金のことを考えておきましょうね。案外、合格後にびっくりします。


スポンサードリンク


YUKI86_syukudaiganbaru15150305_TP_V (1)

「ぺんぺんのぺたぺた知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

今日(2018年5月8日)は、子どもの学校で行われる「花まつり」で保護者の私も参加しました。
「花まつり」はお釈迦様が生まれた日が4月8日で、お生まれになった日をお祝いする日です。

仏教系では仏教行事を簡素化する学校と盛大にする学校とにくっきりわかれます。
我が子の学校は真宗(浄土真宗東本願寺派)の学校ですが、かなりきっちりと仏教系行事を盛大に行う
学校で、保護者も希望すれば参加できるので、去年も参加して、今年も参加しました。

仏教行事以外に、通常なら授業参観や保護者会、体育祭・文化祭で他のお母さんとお付き合いはあります。入学前、そうですね、中学受験時の入試説明会・見学会などでいろんなお母さんに遭遇します。

では、どういうお母さんがいらっしゃるか?
合格後も付き合うことになるお母さん達の様子やどういうことを中学受験そして合格後も求められるかを
紹介します。

スポンサードリンク


様々なご家庭のお母さんをみかけますが気にしなくていいです

まだ志望校見学や説明会に参加していないと、塾での講演会や集団の懇談会で様々なお母さんを
見かけることでしょう。

塾内なら、ラフな服装のお母さんが多いでしょう。

志望校が何校か決めて、見学会や説明会に行くと、びっくりするような服装のお母さんは
結構いらっしゃいますが、気にしなくていいですよ。

特に入試当日なんて、おしゃれは行ってられなくて、出願方法次第では走り回ることに
なるので、動きやすい格好で十分です。

入学後の様々な行事でもちょっとおしゃれするぐらいでいいぐらい

1bc7bff954180183b7511782827dbbee_s

入学式は、小学校時代と違ってゴージャス感があったと私の記憶にありますが、
入学式の集合写真を今手に取って眺めると、それぞれ違っています。

「着物率が高い」と噂がでることがありますが、その日の天候次第で減ることはありますが、
やはり小学校の入学式よりも着物率は高いです。

肝心なのは服装よりも、お母さんの「判断力」と「教養」と「精神力」です。

ちなみに、今日の「花まつり」で着た服装はかなりカジュアルです。
SendTo

授業参観や懇談会・保護者会も、これぐらいのカジュアルさで、PTA関連の行事でフォーマルな
場所に行く時は、お気楽な小紋で出かけるか、洋服でも少しだけフォーマル系にしています。

宗教行事の場合、服装はあまりいろいろと言われませんが、必ずお念珠を持ってくるように
言われます。(お経を読み上げる行事の時は、小さな経本を無償で頂けます)

服装よりも大切なこと「判断力」「教養」「精神力」

服装やお化粧をかなり気にされているお母さんは、受験準備時や受験当日にかなり
いらっしゃいまして、私は本当に身動きしやすい格好でうろうろしていたので、
かなり落ち込みました。

しかし、服装などよりも大切なこと。

「判断力」「教養」「精神力」これは大切と考えます。

お母さんが中学受験に対してヒートアップしてしまうと、子どもさんが一番困ります。
冷静な判断力をなくして、現実を見ないで無理な受験をさせてしまうと、
場合によっては、全滅してしまうことがあります。

*全滅したとしても、中学受験の勉強法が後々役に立つことはあるので、
悲観することはないですよ。

「教養」というのは、中学受験時に子どもさんに勉強を教えられるという意味ではなく、
一般的な教養があって、「中学受験は特殊な世界である」と素早く理解して対策を
立てることができ、塾では対応しきれない勉強方法について考えられる力ですね。

「精神力」をあげると、本当に中学受験はかなりのストレスがかかります。
短期決戦で合格する子もいれば、小1年から通塾していても不合格になる子はいます。

合否がわかるまでは、親同士の嫌がらせもあれば、様々な方からの嫌がらせはあります。
(学区によっては、中学受験否定派の方が多いからです)
成績の左右でイライラしたり、ひどい方はうつになる方もいます。

合格後、楽になると思えば、学校の性質上、厳しいめの授業もあります。
成績がさがるとイライラもまた出てきますが、そのイライラとどう付き合うかというのが、
一番大切なことです。

まとめ

あまりのカジュアルな服装にびっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんが、たまにカジュアルすぎたと思う時はあります。

実際のところ、私は子どもが合格してから思うことは、気さくな格好であっても、しっかりとした
まともな意見・意思を持っているお母さんで、冷静な判断力ができるお母さんが、合格後も
子どもや子どもの友達・先生方の信頼や信用を得るのではと考えます。

通塾時代・合格後とお母さんはずっと走り続けることになりますが、
疲れた時は、少し休憩して、また走ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク


3a00fc414d37cdd9e882afc7c73a1c72_s

こんにちは、ペンペンです。

我が家は、ごくごく一般家庭で、娘を私立の中高一貫校へなんとか
合格させて通わせています。

去年の今頃、ようやく入試説明会やプレテストなど、
受験を本気でするなら絶対顔を出さないとまずいイベントと、
学校行事、そして外部の模擬テストや塾のテストにあたふたしていました。

さてさて、あるお母さんから「私立へお子さんを行かせているお母さんって
お金持ちの方でキラキラママさんしか想像していなかった」という
お言葉を聞きまして、「いやー、そんなことないっすよ」ってお答えしました。

ごく一部の富裕層の方はいらっしゃいますが、ごく一般家庭のお子さんは
娘の学校では多いです。

では、実際はどういう保護者や親子の方を見かけるかを、
人間ウォッチング大好きなペンペンがお伝えしましょう。


最初にびっくりするのが見学会か説明会

受験前にいろんな学校を見学する機会は多くて、今なら文化祭や体育祭の見学も
オープンに見せてくれる学校はあります。

私たちが、受験を考えた学校は3校。
それぞれ見に行きましたが、まずカトリック系の学校は、
すぐに娘が拒絶。
理由は、宗教の時間があって、日曜学校で教えてもらう内容と
一緒とわかり拒否。(我が家は、ローマ・カトリックに改宗)

残りの学校は、仏教校でバリバリの進学校と女子だけの学校。

そこで、見学会や入試説明会は、まぁ冷やかしで来ているか、
本気で受験するかわからないけれど来ている親子、
真剣に受験を考えている親子と分かれますが、
その時に面食らってしまうのが、全身ブランドファッションの親子。

まぁ、お金持ちということだから、できることですが、
子供もジュニアブランドで有名なブランドで固めていて、
そして、某有名中学受験専門塾のタグがついていたりと、
受験の段階からいやーな気持ちにはなりますね。

しかし、見学会でごくまれに体験授業を実施してくれる学校が
ありまして、娘の時は1校が科目選択制で、算数を選んで
授業というか力試しをしました。(内容は中学受験実際問題で
規則性の問題でした)

きちんと回答を出せた子は、派手な格好の子でもなく、
地味な服装の子がトップでその次にうちの娘が来ました。

数名、途中で鉛筆を投げて、回答放棄していたので驚きです。

入試本番もビビる!親の面接ないのに!

結局は、受験したのは1校のみで、午前と午後で3コースあるうちの2コースを
受験しました。

朝の8時に塾の先生と待ち合わせをして、子供を送り出したのですが、
某中学受験有名塾のお母さんたちや、まわりのお母さんをみると、
すごく派手な人と地味な人に分かれて、ドン引きした記憶があります。

私、全身ユニクロファッションでした。
しかも、その日は大雪が降るという注意報も出ていたので、
かなり軽装で来ていました。

ちなみに、午前中に受けたコースは面接ありで、子供にのみです。
何か勘違いしているお母さんが多く、派手な格好のお母さんはいました。

最終的に、合格発表後に一度集合日があったのですが、
入学手続きをして集合日にやってきたのは、派手なお母さんはごくわずかで
みなさんシンプルな服装でした。


入学してからびっくり事実!

無事に手続きを終え、学用品をよく買いに呼び出されることが多かったのですが、
重い教科書や制定品を買って持って帰らないといけないのに、
優雅な格好で来て、困っている保護者さんはいました。
(我が家は、すでに大変とわかっていたので、ジーンズで出動!)

入学式に関しては、雨という予報が出ていて、着物率は全体で3人。
なぜか娘のコースの保護者さんということがわかり、
教室でびっくりしたという記憶があります。

その後、保護者会などいろいろ保護者が呼び出される機会は
多くて、交通費でも悲鳴が出るのですが、私の場合は、結構ラフな
格好です。さすがに普段着のユニクロくんやたまに過ごす安い
着物では汚れているしぐちゃぐちゃですから、ラフで移動しやすくて
雑誌で例えるなら「MORE」ぐらいの格好で行きます。
(かなり若い?おしゃれかも)

他のお母さんは、何人か「どこか発表会でるんかい!」と
びっくりするお母さんはいます。
その割には、PTA関連の集まりや作品展に協力的ではなくて、
PTAの実行委員としている派手なお母さんもいるので、
いやな気持ちになることはあります。


うちの子供の友達のお母さん達

保護者会でよく友達のお母さんとお会いする機会はありますが、
みなさん私と同じようなラフであまり小洒落た服装ではなく、
常識的な感じのお母さんばかりです。

お話をしていると、みなさん変に偉そうではなく、謙虚でありながら、
大変知性的なお母さんばかりで、お子さんがうちの子と気があったり、
考え方がよく似ていたり、面白いことを共有しやすいのが
よくわかります。

うちは、私が病気で、おバカさんとも思ってしまって、
後ろへ引くタイプですが、あるお母さんから「そんなことないですよ」
と言ってくださって、涙ぐんでしまったことはあります。
すごく自分に自身がなくて、入試の時から派手なお母さんばかりを
見て来たので、入学してからついていけるのかと悩みました。

だけれども、いいお友達に娘が巡り会えて、いいお母さん(お父さん)に
巡り会えたのは嬉しいです。

ちなみに、友達のご家庭は一般家庭の方もあれば、お父さんが
会社経営をしている、重役であるなどのお家もあって、
それでも着飾ることはなく、とても謙虚な方ばかりです。

まとめに

お金持ちの家庭でも、偉そうにして受験で大きな声でお友達の
お母さんと話している方はたくさんいました。

もう聞いているのがつらいから、イヤホンをつけて音楽を聞いて、
星野源さんの本を何冊も持っていって、気を紛らわせていました。

入学後は、保護者会ではキラキラお母さんを見かけては落ち込み、
娘に恥ずかしい思いをさせていないかを気にしていました。

1人、娘の友達が「お母さんに会ってみたい」というので、
友達が所属する文芸部に招かれました。
どうも、うちの子が友達に「うちのママ、いろいろと記事とか何か
書いてんねん」と話したらしく、文芸部の子達が興味を示して、
拉致されました。

中高の文芸部発行の本を無料でいただいて、読ませていただきましたが、
みーんな上手にまとめている。
かなりハイレベルだなぁとびっくりしました。
娘も何か小説を書きたいといって、囲碁部と兼ねて文芸部に入部を決めました。
文芸部の子も、私のラフさにびっくり仰天していましたが、
私は、いろいろと飾り付けするのは大嫌いな人なので、
今のスタイルは決して崩すことはないでしょう。

ということで、ながーくなりましたが、こんないい加減な
お母さんは、私立の学校でもいてるんで、中学受験を
考えているおかあさーん、もっと気を楽にもってくださいね。





↑このページのトップヘ