google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

普段通り

eb4a77dcac212965aac7360441747d1c_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もうすでに中学受験が始まっている地域がありますが、関西圏は本年(2020年)の実施初日はほぼ1月18日です。一部ずれる学校はありますが、日程の都合で「本命校」として受験できるチャンスが生まれます。

受験するのは、子供なので無理のない受験スケジュールを組まれているとは思いますが、入試当日は寒く体調管理には気をつけてあげたいものです。

そこで、実際3年前に娘の受験体験から得た「これはよかったかな」というものや、その日に注意しておきたい体調管理の話を紹介します。



普段着で十分! だけれども防寒対策と受験生らしい服装で。持ち物も注意。

制服のある小学校もあるかと思います。しかし、中学受験の時は、受験校の暖房設備が完璧かどうかわかりません。入試説明会でも受験時の服装について、説明があったかと思われますが「温かい服装」で十分です。

セーターやフリースを着せてもよいのですが、受験の教室には子供しか入れません。親が介助するわけにはいかないので、子供自身が簡単に室温調整ができる「脱ぎ着がしやすい服装」がよいですね。

我が子の時は、受験票に映り込みをさせた服装(セーターとジーンズ、羽織りものとしてフリースジャケット)で受験しています。

受験生の子供の中には、ブランドもののとすぐわかる華美な服装の子はいました。合格したかはわかりませんが、周りが普段着なのに浮いてしまっていたので、気恥ずかしそうにしていました。服装のこととはいえ、ちょっとしたことで不安感を与えるのはよくありません。

それこそ、子供にプレッシャーを与えて実力を出しきれないので、当日の寒さも考慮した上で受験生らしい服装に調整してあげてください。

手荷物を入れるカバンも塾のカバンがよいのですが(塾側から指定される場合もあり)、普段から持ち慣れているカバン(うちの子は、通塾に使っていたリュック)を使いました。

持ち物は普段から使い慣れているものが一番ですね。


受験票忘れがないか要注意

受験票がないと、受験校に入れないし受験すらできなくなります。受験票の扱いについても、学校によっては、名札ホルダーに入れるようにと指示がある学校さえあります。

手書きでの紙ベースが受験票とする学校では、受験票は一枚のみとなります。しかし、WEB出願の場合、受験手続き(入金まで完了)であれば、プリンターで出力となりますから2〜3枚を出すことはできます。

WEB出願校であれば、予備の受験票を出力しておくことをおすすめします。

手書きでの出願タイプの学校で、受験票が見当たらない場合は、もし早めに気づいた時は学校へ連絡して対応を相談してください。もし「受験不可」ということになれば、しかたないけれど受験可能とする学校はあるので、困った時は必ず学校に確認してください。

腹痛や頭痛、女の子特有の生理対策は怠らない

IMG_0382


中学受験本番は、子供の体調に何が起きるかわかりません。

我が子は、緊張すると頭痛が出やすかったので荷物に頭痛薬(子供が飲めるタイプ)を持たせてペットボトルのお水も持たせました。

緊張性の下痢や腹痛が出やすいタイプの子供は、症状にあった薬を事前に小児科で処方してもらうか、市販薬を持たせておくとよいでしょう。

そして、女の子の場合は生理が突然始まって戸惑うケースがあります。初潮を受験当日迎える子もあるぐらいですから、もし受験教室で異変に気が付いたときにパニックになるとかわいそうですよね。

まだ生理が始まっていない子でも、念のためにナプキンを用意してあげて、ポーチ(写真のは当日子供に持たせたものです)に入れて、対処の仕方を教えてあげましょう。

すでに生理が始まっている女の子で、生理痛がある子はもちろん子供でも飲める鎮痛剤を用意してあげるとよいでしょう。

中には受験の為に、生理日をずらす薬を処方させようとする親御さんはいますが、私個人としてはお勧めしません。薬が合わなかった時のことを考えるとハイリスクになるので、できれば鎮痛剤で乗り切る方がよいと思います。

受験スケージュールを考えながら、薬や生理用品を持たせるか考えて、不安な気持ちにさせないように親子で用意するものを決めましょうね。

まとめと親が当日気をつけたいこと

受験当日、塾の先生方きて激励集会を開くというシーンを見かけました。塾の指示であれば仕方ないのですが、寒い時はなるべく早めに校舎で受験手続きをして入る方がよいかと思います。

我が子の時も、塾で激励集会はありましたが正月にインフルエンザで寝込んだので、そっと集会に参加せずに会場入りしました。

これは親御さん向けになりますが、親御さんは基本受験生の教室への入室はだめです。ですので、校門もしくは受付で子供と別れることになります。

学校によっては、保護者待合室を作ってくれるところがありますが、塾で知り合ったママ友さんがずっと喋っているという状況です。

親御さんが待合室でいることにした場合、持っていてよかったものは、
  • 長編小説や気に入っているエッセイ集
  • モバイルバッテリー(スマホに音楽を入れている人は、聞いいるとバッテリーの消耗は激しい)
  • 小腹が空いた時のつまめるもの(匂いがきついものはダメ)
  • カイロ(これは子供にも持たせましょう)
ですね。
午後から受験で一旦校外に出ていい場合は、近くに食事ができるお店などがあれば、気分転換にお昼ご飯をとるといいでしょう。

一旦入校して出てこれない場合は、子供にお弁当を持たせることになりますが、普段のお弁当とは違う内容でもいいし、保温ジャーに汁物を入れて、温かいご飯を用意するのもいいでしょう。
この場合は、親御さんがどこで食事をしたり待っているかは事前確認しておきましょう。


どんどん、中学受験の本番が始まっていますが、あまり気負わずに今までの力を発揮してくださいね。
応援しています!

スポンサードリンク

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

正月明けに体調を崩して、更新を休んでいました。

今日は1月7日。娘の学校は明日1月8日から学校が始まります。
去年、台風21号の被害のために、1日休校したので、始業式終了後に振替授業があると、嘆いています。

中学受験、特に関西方面の学校を受験される子どもさんは、今年は1月19日が入試日初日のはずで、今が一番大変な時期でしょう。
我が子の時(3年前)は、1月14日が1月第3土曜日に当たっていたので、2週間前に突入でした。

2週間前にできたことについて、記憶をたどりながら、紹介します。



もう夜中まで勉強をさせない! 朝モードに変えて行く

今までは、不得意科目や中学受験ならではの問題を解くということで、夜遅くまで勉強していたでしょう。

入試当日は朝です! しかも、学校前や空き地などで塾ごとに集合をかけるはずです。
ほとんどの学校が、8時に開門しますが、交通事情を考えて早めにつくようにという指示がでます。

そして、小学校も新学期が始まるので、夜遅くまで勉強をしているわけにはいけません。

朝から、頭がフル回転できるようなモードに、今から変更しておかないと、実力発揮ができません。

ですから、2週間前からでも十分間に合うので、朝方モードに切り替えていきましょう。

風邪とインフルエンザには要注意

今、風邪とインフルエンザが大流行りです。

この時期でお母さん方が一番悩むのは、「感染して、入試に響くのは困るので学校を休ませるか?」と
いう点でしょう。

結論から言えば、「ギリギリまで行かせる」でしょう。
ギリギリという範囲では、1週間前ぐらいならいいかなぁというところでしょう。

我が子の場合、受験2週間前にインフルエンザに感染し、ちょうど学校も塾も休ませないといけないという、非常に綱渡りの受験をしました。
治ってからも、学校には休ませた(いじめの話もあったので)ため、家で二度インフルエンザをひらうこともなく、本番は無事に受験することができました。


ギリギリまでいかせるとすれば、
  • すでにワクチンは打っているか?
  • 必ず外出先ではマスク
  • 人混みに出かけない
  • 帰宅後は、手洗いとうがい
を徹底しましょう。
ご家族も全員協力してあげてくださいね。


過去問よりも基本問題を解かせておく

過去問は、もう間際になれば、頭に入ってこないはずです。

それよりも、基本問題に戻って、確実に解けるかを確かめておく必要があるでしょう。
基本が解くことができれば、本番にひねくり問題が出ても、基本に戻れば解くことができる問題もあります。

社会や理科については、記憶ものは、試験直前まで反復で基礎部分を抑えておきましょう。
てこ、濃度計算、これらの理科問題は、少しひねりが入りやすい傾向はありますね。

必勝メニューよりも普段の食事で体調管理

よく、「絶対合格だ!」ということでカツ丼などの脂っこいメニューを出すご家庭もあるでしょう。

実は、子どもさんにとって前日は親御さんよりもかなり緊張しているので、こってりメニューを出して、スタミナを蓄えるよりは、いつも通りのメニューで、体調管理をしてあげてください。

いつも通りの方が、お子さんの実力発揮の力は大きいです。
5教科受験の場合は、外へ出ることができず、お弁当を持たせることになりますが、お弁当メニューも、通塾で持たせていたお弁当で十分です。

いつもどおりが、一番子どもさんにストレスをかけないコツです。

まとめとして

関西圏で、同日午後受験や、前期・後期試験と複数受験をされる子どもさんは、多いことでしょう。
複数受験は、つきそうご家族はもちろん、子どもさんが一番疲れ果ててしまいやすいです。

精神的にも疲れが出やすいので、その日の入試が終わった時に、糖分が一番脳にはいいので、学校を出てから、チョコレートや甘いお菓子をあげると、精神的疲労の回復は早いです。
(囲碁・将棋・競技かるたをやっている人ならやっている技です)

そろそろ、朝方モードにして、体調を整え始めていきましょうね。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ