1975e09955a5bc527b2e4221ccf7171f_s

初投稿:2020年2月27日
加筆・修正:2020年3月11日

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。


そろそろ私立中高一貫校では2月に高校は卒業式を終え、3月に中学が修了式と同時中3生は卒業式を行う学校がほとんどでしょう。

私も学校から3月の子供の卒業式出席の案内がきています。しかし、今年(2020年2月27日現在)では、出席をどうするか検討、もしくは学校によっては保護者出席の自粛する動きがでています。

中学生のお母さんとなれば、保育園・幼稚園と小学校で式典の服装は慣れていらっしゃると思いますが、今年の対応を含めて、私立中高一貫校の入学式・卒業式について紹介します。



今年(2020年)の卒業式、入学式の対応について

一昨日(2020年2月25日)に、政府の基本対応が発表されました。それぞれの都道府県でもすでに陽性反応が出ている地域では、学校を休校する措置を行っています。

大学の反応は早く、一番早かったのは近畿大学です。政府の発表後に入学式・卒業式ともに中止にする発表が出ました。



近畿大学については、付属中高を持つ学校ですが、そちらも中止し、資料や書類については別途対応するとしています。大学選びに学生がいく「オープンキャンパス」も中止対象に入っています。

大学においては、学生で無症状者がいなくても休校措置、入学式・卒業式を取りやめるところが多いのに、私立中高一貫校では、まだ情報が少ないというのはありますが、はっきりとした姿勢を発表している学校は少ないです。

高校については、明日(2020年2月28日)が卒業式の集中日になるのではないかと思われます。しかし、現在公表されている感染率や、大勢の人が一箇所に集まるのは「新型ウィルスの罹患率をあげるのでは」と心配する保護者の声は出ていますが、あえて出席しないという勇気は必要かもしれません。


付属高校に上がる中3生への対応は?

我が子は付属の高校へそのまま進学しますが、卒業式の案内が渡されました。しかも、卒業式を終えても特別授業を行うというお知らせももらっていて、どう対応していいか悩んでいるところです。

私どもが住んでいるところは、公立校を基準に決めて「2校以上で陽性反応者が出た場合は、全ての学校は休校」としていますが、私立校は独自ルールもしくは私学課との話し合いになると思います。

私立の中高一貫校の場合は、特に中学で出ていくことがなければ、全員簡単なテストを行って入試テストとします。問題がなければ全員付属高校へ進学となるので、本来は卒業式は不要ではないかと考えられます。

私の母が、完全私立中高出身者ですが、当時は中学の卒業式はなかったと聞きます。今年は、生徒からも保護者からも不安の声が出ていますので、「今年は卒業式はなし」という対応をしてもよいのではないかと申し出ています。

まだはっきりした返事はないのですが、親や子供たちは不安がっているのを、学校側は感じて欲しいです。

<2020年3月11日時点での情報>
子供の学校からメールにて連絡がありました。イタリアでの爆発的流行を懸念して、国側も警戒し始めている為、再度職員会議を開き、後日保護者宛てに卒業式と入学式双方の対応について連絡ときました。

卒業式と入学式双方の開催、もし開催する場合の対応についての対応は現在は未定です。
制服は宅配対応になり届きました。靴・カバン類・教科書類は、購入指定日があるので、全てその日に引き渡しとなりました。

ただし、教室に持ち帰り損ねている荷物が多数あるので、キャリーバック持参で取りに来るようにと指示が出ています。

学校によって、制定品の引き渡しなど対応が異なるので、必ず学校からの連絡は、連絡方法にそって指示に従ってください。

卒業式・入学式の装いは?

636393ac6341b21c17788814d8bec25a_s

卒業式・入学式に出席するとなった場合は、一番無難なのは着物ですね。訪問着もしくは色無地(ひとつ紋)なら無難でしょう。付下げでも大丈夫ですよ。

ただし、普段着慣れていないとしんどいと思います。草履も長年履いていないと痛んでいる場合があります。

卒業式については、「一応別れのセレモニー」という点から、ブラックフォーマルに少し華やかなコサージュをつけて、パールネックレスが定番でしょう。


反対に入学式は、カラースーツでの出席が多く、ツィード調は人気が高いですね。

私は、娘が中学入学時にカラースーツを慎重しましたが、今年の春、もし入学式を行い天気がよければ、入学式では着なかったお気に入りの色無地と帯で出席する予定です。

中学の入学式と高校の入学式と同じスーツをとお考えの方は多いでしょう。安めのスーツは出ているものの、記憶力のいいお母さんからチェックを受けたりします。

かといって、その度に購入するというのも金銭的にしんどいので、アクセサリーやヘアアレンジメントを変えると別人になります。小物だけ変えるというのもひとつの方法です。

着物については、帯や帯締め帯揚げを変えるだけでかなり変わります。問題なのは、着る時期によっては、一般的な着付けでは寒いので、肌襦袢の下にヒートテックを着るなどの防寒は必要です。

ついでに和装コートを持っていないと2月は寒いと思います。4月初旬でも花冷えのシーズンですので、念のために防寒対策は必要です。

まとめ。今年は異例対応なので学校からの連絡はチェック

今年は、すんなり卒業式と入学式は挙行されると、服装を考えていたところに、新型ウイルスの拡大で
入学式・卒業式の対応が大きく変わりつつあります。

高校は、今日・明日がピークなのではないかと見ていますが、中学については都道府県判断で公立が基準となっています。

私立は公立に準ずる対応になると思われますが、順次情報や正式決定はくるので、慌てず連絡を待つことにしましょう。

特に付属中学から高校へ進学する場合は、中学の卒業式は欠席してもいいと勇気を持っていいので、学校側の対応を見ながら決めましょう。

そして、最後になりますが、テレビなどの情報はしっかりチェックしておきましょう。

<2020年3月11日時点での情報>
卒業式や入学式については、コロナ対策で学校によっては、YouTubeライブやZoom、Skypeを利用して配信する学校が出ています。

現在の状況では、私立中高一貫校では、遠方から来る生徒さんを考えると式を行わないという可能性は高いです。残念に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、感染を広げないこと、ご家族の健康の為に、ご協力をお願いします。

スポンサードリンク