google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

成績向上

YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

この記事を買いているの7月中旬。ぼちぼちと中学受験をする子供さんや塾では、テコ入れもしくは難易度が高めになった問題を解く季節に入ると思われます。

受験科目をみると、国語と算数は基本科目として入ってくるので、塾も「ここだけは落とせない」と個人に合わせた課題を用意するところはあるかもしれません。

最近は、小1の子供さんが早くから中学受験専門塾に入塾して、勉強しているとも聞きます。

我が家の子供はというと、小4から専門塾に入塾しましたが、それまでは市販ドリルかプリント学習塾に通い、中学受験合格後の中2から数学に目覚めて、今はトップクラスにいます。

中学受験に出題される算数は、ほぼ数学と考えていいのですが、中学受験をするしないは別として今まで我が家がやってきたことをご紹介します。



一般的な市販ドリルや通信教育はダメでした

赤ちゃんの頃からベビーチャレンジを取っていた延長戦で、「子供チャレンジ」を小1からしていましたが、付録に心ひかれるばかりで、全く本編の学習ドリルはしませんでした。

小1〜小3まで、私の持病の都合で学童に短時間預かっていただいていたのですが、学童から帰ってきても学校の授業に時間がかかり、教材に手を付けない日が多々ありました。

しかも、「問題文がわかりにくい」という指摘があり、私も一緒に読んでみたのですが、私でも理解し難い問題でした。問い合わせ窓口にも申し入れをしたのですが、納得のいく回答がなかったので、思い切ってやめさせています。

その後、Z会やポピーも受講しましたが、全く受け付けず状態でした。

今から思い起こせば、うちの子には通信教育はその時は合っていなかったのです。お母さんがつきっきりで「やりなさい」というと余計反発していて、自分のやりたいようなリズムがなければ無理と気づくまで、時間がかかっています。

よく、算数の計算能力をあげる市販ドリルで「100マス計算ドリル」が今でもありますか?




「うちの子に使えるかな?」と買ってみて、ドリルをやらせてみました。

最初は足し算でマス数も少ないのですが、徐々に多くなるというのが、100マス計算。

本人に渡してみて、しばらくの間「このドリルをやる時間」を設けたのですが、1週間ほどしてから「もうやりたくない」と泣き出しました。

なぜなんだろう?

本人に理由を聞いてみると、「縦と横を追いかけるのがしんどい」とあっさりしたというか私が考えていなかった返事でした。

確かに100マスで掛け算をしようとすると、目で追いかけるのに時間がかかる子はいます。うちの子は、目で追いかけておいて、その数字を覚えて計算するのが、当時は苦手だったので、買ったのはいいけれど、相性が悪いドリルでした。

無理にやらせるよりは、自分がやりやすいものがいいと気づかされたのも、このドリルからでした。


プリント学習塾は選択ミス。専門塾に入塾してからがよかったかもしれない。

個人で開いているプリント学習塾に通わせましたが、先生の目が行き届かないという弱点がありました。

プリント学習塾は、塾にきた日のノルマが100点満点になるまで返してくれないです。間違えた部分をお直しして、100点にならなければいけません。

プリント塾にありがちなことですが、教員免許を持っていない方が多く、チェーン展開の教室となると、指導がうまくできない先生はいます。

我が子は、「指導がうまくできない」タイプの先生であり、他の子がうちの子を通りざまに叩いたりして、怪我をさせていました。

教室内での管理能力がないと気づき、すぐに辞めさせましたが、うちの子供に危害を加えていた子供と親からは謝罪はなしでした。

プリント学習塾は、大手でも指導がしっかりしているところはもちろんあります。しかし、通っている教室次第では、嫌な思いしか残らないケースがありますね。

結局は、私が高校受験で通っていた塾が中学受験専門コースを解説していたので、そちらへ入塾して受験勉強をしました。

塾での教え方はやはり違ったし、親が付き合えるのはほんのわずかでした。

入塾して、しばらくは集団授業で受講していましたが、本人が合格点を取れないと泣き出すのでという理由から、個別指導コースへ移り、希望校に対応できる先生から指導を受けることになりました。

算数に関しては、100マス計算ドリルは一切なしで、極々普通の計算ドリルを使用していました。ただし、なかなか算数の成績があがらず志望校2校では「四則計算」が第1問目に10問出るとわかりました。

先生も気づいて、家庭でも「早く工夫して解けるようにと」独自プリントが課題として出されました。

毎朝起床後すぐに5分間10問のプリントを次回分まで渡されて、毎朝タイマーセットをして解いていました。
丸つけは自分で行っていましたが、解答集は私が保管し、いる時に渡していました。

親の私や仕事では研究職をしている主人の二人で、中学受験の問題にチャレンジしましたが、「小学生の計算方法で問題を解かなければいけない」という中学受験独自の世界では、全く手も足も出ませんでした。

数学を使えば簡単ですが、中学受験をするのは小学生。

基本問題だけはなんとかいまでも解けますが、あの時に中学受験のすごさというものを知りました。だから、怒ることも減りました。

合格をしたけれど、数学の才能が開花したのは中2

中学受験は、いじめ問題などから、ランクを下げることと1校午前午後受験で一髪勝負に出ました。

午前中に受験したコースで合格したのですが、入学後どのくらいの点数で自分が合格したのかは公表さsれていません。しかし、コースのクラスメンバーからいうと、中ぐらいのレベルだったようです。

最初は数学の世界に入り辛かったようですが、いきなり数学の成績があがったのは、中2でした。

それまでは、30人編成で10位以下。中2に上がってから5位以内。

どこでどう変わったかはわかりませんが、数学の先生の授業がわかりにくいからと、「チャート式」を購入してからガラッと変わりました。


画像は中3のものですが、数件出版のチャート式「赤」を使うのは、国公立大学や私立大を目指す生徒さん。青は基本より少し応用を聞かせていて、これが理解できなければ、数学の基礎固めが難しいのではと言われています。

この本のおかげで、自己学習が捗るようになり、今では数学の実力テストでもトップクラスを走っています。

まとめとして。算数・数学の向上に王道はなし

主人は、国立大の理系組で、受験の時には赤チャートシリーズを全てこなしたと話しています。もちろん、我が子の学校で、医学系コースの生徒さんは赤チャートを副読本代わりに購入しています。

ですが、算数・数学については、個人で勉強するとなると「自分にあった勉強方法」があり、覚えやすい方法や自分にあう参考書に出会えないとなかなか伸びてきません。

もちろん、よき先生に出会うことが最優先なのですけれども「これが正解!」という方法は、数学にはないようです。

その子が「算数(数学)楽しいぜい!」と思えるように、導くのも親の役目だと思います。

中学受験の問題がどのようなものかを親御さんも経験するのはよいけれど、親が教えるというのはよくないです。

指導は先生に任せ、勉強への取り組みは親が見守り、塾とタッグチームを組むという考え方でいくとよいと思いますよ。

スポンサードリンク



627282325820ea34c1ea2df2f3c92842_s
 photo by 写真AC

どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験のためにテストを受けて、入塾を済まされたご家庭。
まだどこの塾にしようか迷われているお母さん。
もしくは、すでに入塾しているけれど、ひっかかることをもつお母さん。

超有名名門の中学受験専門塾であれば、集団指導での指導になります。

ところが、集団指導コースがありながらも個別指導も引き受けるコースを
開設している塾はあります。

個別指導専門の中学受験対応での個人塾もありますが、
さて中学受験での個別指導はいいのかと悩みませんか?

お子さんによっては、個別指導が合うケースもあるし、塾側もそれなりの
対応をとります。

では、中学受験での個別指導で合格を目指すご家庭のために、メリットと
デメリットなどを紹介します。




中学受験で個別指導コースもありと考える理由

大手塾でも、個別指導コースを設けているコースはもちろんあります。
よく中学受験で名前が出てくる専門塾は、基本集団指導です。

なぜ、集団指導をとるかというと、「競争心をあおる」ためです。
まだ小学校入学したてのお子さんに集団指導は、小学校の授業の延長に
なります。

ただ、学年があがり志望校や自分の偏差値がわかって、成績が塾内に
張り出されると、「この子には負けたくない」という心理が動き初めて
「競争心」が生まれるわけです。

塾内で成績がさらされるということが苦手な子もいれば、いくら先生が
成績のことで、塾内で優秀な子との比較をすると泣き出すケースもあります。

この手のお子さんは、いつかは集団指導タイプの塾には馴染めなくなります。
そこでいいのが、個別指導です。

個別指導であれば、塾が責任をもって、お子さんの性格や勉強パターンなど
様子を見てから、合格できるようプログラムを組んで指導に当たります。

個別指導でも1対1と2対1のパターンあり

個別指導といっても、マンツーマンタイプ(1対1)と2対1とあります。

マンツーマンの場合は先生ひとりと生徒ひとり。
2対1タイプは生徒ふたりと先生ひとりで指導します。

2対1の指導は大丈夫かどうか、お母さんとしては心配ですよね?
我が家も個別指導組ですが、2対1指導と聞いた時は不安になりました。

塾でどう生徒を組み合わせるか変わってきますが、受験に必要な科目や
苦手科目によっては、同学年のお子さんと組む場合と、
中学生のお子さんと一緒という場合があります。

びっくりされるかもしれませんが、少しだけでも聞こえる中学生の授業内容が
中学受験に出てくるケースがあるので、受験校によっては、わざと
中学生と一緒に指導することがあります。


同学年のお子さんとの授業については、組み合わせ方は塾の考え方と
それぞれのお子さんの性格などを考えて、一緒に勉強するお子さんを
選びます。

我が子は国語で同学年のお子さん、算数と理科は中学1年生のお子さんと
一緒に指導を受けました。

指導する先生は、もちろん中学生の指導もできて、中学受験対応可能な
先生を選抜します。

マンツーマンの場合は、科目で講師を変える場合と全教科同じ講師の
ケースに分かれます。

志望校によってオリジナル教科書やコマ数を調整します

個別指導のいい点は、お子さんの目指す学校に対応する塾内での
オリジナル教科書を使うというところです。

個人で運営されている個別指導塾は少し事情がかわりますが、
大手塾の個別コースとほぼ同じ対応です。
もしくは、講師の先生が作成した教科書を使用するケースも
あります。

集団授業のお子さんと違うプログラムになることで、
気持ちとして楽に感じるお子さんが多く、一気に成績が
上がるケースはありますが、オリジナル教科書や指導が一番
そのお子さんにとっていいということがあります。

個別指導コースでの指導は、苦手科目ができて、なかなか
成績が伸びづらいという時期が出てきます。

先生から指導コマ数増加の話がでる場合はもちろんあります。
我が子も、小6の後半で算数の成績が落ち始めて、
担当講師と学年主任の先生からコマ数変更の話がでました。

かなり深刻だったのですが、金銭面の問題はもちろんでました。
先生方と話し合いの上、勇気を出してコマ数を2コマ増やすことで
話は落ち着き、子供の成績ももとに戻りました。

日頃から生徒の様子も見ているので、異変もきがついていて、
その時期に、子供は学校で深刻ないじめを受けていたので、
塾と相談して、精神面のフォローにも協力していただきました。

コマ数を増やすと確実に塾代は増えました。
しかし、いじめ問題を抱えていたので、何としても合格をさせないと
いけなかったということで、節約して塾代を出しました。

個別指導のいいところは、生徒の異変に早く気が付いて報告してくれると
いうところもいい点です。

親へのフォローは欠かさない

個別指導で大丈夫だろうかと思う親御さんは大変多いです。

私自身も、集団指導の中学受験専門コースに入れようとしましたが、
子供の性格上無理ということで、個別指導での指導をお願いしました。

最初は心配でしたが、子供がその日どういう授業を受けたかを
教えてくれなくても、毎月担当講師からの指導レポートが
送られて、弱点や講師から見た不安点が書かれていました。

レポートのおかげですぐに講師の方に連絡をとって、
自宅での勉強について、親がどう動くべきかを相談することが
できました。

同時に講師から親に「最近何かありましたか?元気がないようで」と
塾での様子を聞いて、子供に親にも話しづらかったことを聞く機会が
もてたので、助かりました。

集団指導でも、個別懇談会があって普段の授業態度などを聞けますが、
個別指導では、懇談会がありながらも通塾時に心配なことを相談しやすいので、
中学受験をするにあたって、個別指導でもいいですよ!

まとめに

我が子は、個別指導で最後までやり抜いて、無事にある私立中学校に合格しました。

今振り返ると、講師との相性がよかったこと、面倒見がよかったこと、私ひとりでは
無理だった精神面のサポートなど、個別指導ならではのいいところで救われました。

ふといろいろと見ていると、集団指導の有名塾に通いながらも、成績向上がないので、
個別指導塾もしくは家庭教師を使ったという方は少なくありません。

ただ、集団で授業も受けて、個別指導も受けて、家庭教師までつくというのは
小学生のお子さんにはかなり精神面で負担をかけるのではと心配します。

それならば、集団指導塾から個別指導塾もしくは家庭教師に切り替えるという方が
お子さんの成績向上がしやすいのと、精神面の安定にはよいです。

中学受験は長期戦で、精神面が一番不安定な時期の受験。
無理は絶対にさせずに、のびのびとした環境を確保してあげてくださいね。


↑このページのトップヘ