google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

影響

max16011508-3_TP_V (1)


こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

中学受験が終わり、4月から合格した私立中高一貫校に入学される皆さん、おめでとうございます。しかし、現在は新型コロナ問題で、4月以降の予定が不透明な状況で、不安な気持ちで過ごされていると思います。

そして、2021年度中学受験組の子供さんをもつご家庭は、「今年の受験はどうなるのだろう」と心配されているでしょう。

我が家は付属高校へ進学しますが、4月以降の予定は変動する可能性が高く、明日(2020年3月25日)卒業式を保護者や来賓抜き、在校生は終業式なしとしています。

この数日間、情報収集をしていましたが、今後はどう中学受験の傾向が変わり、対策をしておくべきことを私の個人的考察を含め紹介します。



今年度の中学受験の傾向

関東と関西との違いはありますけれど、関西圏の受験状況は新聞でチェックしていましたのですが、例年とほぼ変わらなかったのではと思われます。

ただし、少しずつ医学部系を目指すコースに人気が集中しているのは確かで、医学部系のある学校を日にちを分けるか同日午後受験で勝負をかけている生徒さんはいたことでしょう。

関東圏内については、交通の便から、幅広い地域を受験する傾向は変わりはありませんでした。しかし、「しっかり勉強をさせる」「のびのびとした勉強環境を」「超難関校チャレンジ」とばらつきは出てきていると推測されます。

交通の便がよい点から、選択肢が広いことと富裕層の居住率が高いこともあるせいか、「学校の教育方針」が学校の決める指標にはなりつつあります。

まだまだ「東大至上主義」はどこの地域の私立校でもありますが、一部の家庭では「子供にあった勉強環境」と学費面を重要視したのではないかと思われます。

今年度受験は、コロナウイルスの影響が広がる前か広がっている中での受験でしたから、かなり精神的に辛かったことと思います。

その中で合格したということで、精神面の自信がついたのではないでしょうか?


今後、共学校が増える傾向はあるかもしれません

f82862a5b4e5e47b5a808cd73060f59e_s

関東圏の私立校の事情をリサーチしていますと、今まで女子校だった学校が男女共学に変わる学校が増えていました。私は関東圏の学校は全て名前は知りませんが、有名なカトリック系の学校が男女共学に変更しているという話は出ています。

関西では、数年間から男女共学に変更している学校は増えています。男子校だけでみると3校のみで、女子のみの学校もかなり数少なくなっています。

少子化世代が受験していますから、学校自体、入学してくる子供が少なくなることは学校経営に影響がでますので、昔からの方針を変えている学校が増えています。

私の子供は、女子のみの学校ですが、今回のコロナウイルス問題である男子校と仲良しであるとわかり、将来は男女共学となるかもしれないとみています。

しかし、双方とも歴史の古い学校ですから、OG・OBに在校生の保護者からの反対は出てくるので、長い時間をかけて男女共学に変わるのではないかと見ています。

私は、高校から女子のみの私立校へ通ったので、女子校には女子校の、男子校には男子校の教育の仕方があると思います。ただし、今のご時世では性別を分けての教育はどうなんだろうという声があるので、男女共学の教育に変わっていくのではないかと思います。

それぞれいいところがあるので、共学を進めていくのはなんとなく寂しいように感じます。


これからの対策としては

ce8fc462496b188685111f3bcf9d9fab_s

一斉休校になった時に、塾は学校に準ずるスタイルで一定期間休校を行いましたよね?

現在(2020年3月24日)も、徐々に罹患者が増えていますし、4月以降の学校対応も不透明な状況ですので、通常の中学受験対策が難しくなるかもしれません。

塾側からの指示に沿って勉強を進めることになりますが、すでに「Zoom」というツールを使って、遠隔で授業を進めている塾も出てきています。

おそらく塾側でオンライン授業ができるようにシステムを作っている可能性はあります。「Zoom」でも通常は10人しかオンライン会議などができないのを、50人まで期間限定で利用できるようにしています。

コロナウイルスの動き次第で授業の受け方は変わりますが、塾から与えられているテキストで勉強しておくのは基本として、サブの参考書類で補うとよいでしょう。

しかし、志望校がぼんやりとしか決まっていないのに、難関の問題をさせるのは子供のやる気を下げてしまいますし、最後までこなしてくれないことになります。

簡単過ぎるのもいけませんけれど、適度な難しさのある問題集を最後までさせるように、親御さんも考えて工夫してみてください。


まとめとして

今年は、コロナウイルスの影響で、学校も塾の双方から振り回される年になるでしょう。我が子も明日(2020年3月25日)卒業式が行われますが、来賓・保護者出席なしで、在校生は終業式なしとなっています。

明日の卒業式で全ての荷物を持ち帰り、教科書販売もありますので、スーツケースで荷物持ち帰りになる予定です。

4月のある程度の予定は連絡を受けていますが、状況次第で休校になるのではと不安ですね。
幸いICT教育を行っている学校ですので、なんらかの指示などはClassiなどで連絡はくるものの授業の進行にはかなり影響は出そうです。

まともに授業が1学期はできないかもしれませんし、同時に学校も入学説明会や見学会はできないので、苦しい状況にいるのは、関係者全てでしょう。

今年度受験者は、苦しい状況での受験になりますが、地道に勉強は進めておいて、情報収集は常にご家庭でしておきましょうね。

スポンサードリンク


PAK85_desk15215645

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

昨日(2020年3月2日)から、ギリギリで国の指示による一斉休校に入り、3月24日までは自宅学習です。期末テストの採点は、まだ決定ではないのですが、独自ルールで生徒に不利益とならないようにする模様です。

バタバタしていたのですが、今日は英検二次試験の発表日。子供は準2級を受験し、筆記はギリギリセーフで、今回はコロナウイルスの影響で、試験ではマスク着用推奨となっていました。

本番は、不安ななかでの受験でしたが、さてどうなったでしょうか?



見事、一髪完全合格しました!

SMIMGL3968_TP_V


実は見事、一次でダメだったり二次でアウトにならず、全て一髪合格しました。
クラスメイトのお友達からの話では、準2級を受験するのに時間がかかっていたのですが、我が子は、なにもかも一髪勝負。

勉強の様子を見ていたのですが「本当にこの子は合格するんだろうか?」と心配したぐらいです。

学校で受験級別の対策補講はあったものの、何をしているかも謎でした。

しかし、今日の合格発表後に、どういう勉強をしていたかを少し公開してもらいました。

一次対策は、問題集を家でやったのみ。

娘から聞けた話としては、まず一次試験の対策は、市販の問題集を使って慣れたことだけです。

問題集選びは、私もネイティブではありませんがどの問題集がいいか選ぶことはできたけれど、本人にまかせました。その結果、「英検準2級 ポイント攻略問題集 - 成美堂出版」さんのテキストを使用しています。

子供さんによっては、旺文社などがしっくりくるというケースはありますが、中3になればどの問題集が自分にあうかは判断できるので、親が口出しせずとも、自分で選んできます。

購入した問題集に対して、どのように勉強したかというと、学校の宿題が全て片付けてから、夜遅く、空き時間の中で時間とやる単元を決めて、勉強していました。

一次試験の演習問題が繰り返しできるような時間と日にちの配分をしていましたね。

結果は、ぎりぎりでの合格でしたが、長文読解でかなり得点を稼いでいたことがわかり、単語数はその後どんどん覚える量をあげれば、二次試験は突破できると判断しました。

効率よく勉強時間を取って集中力で勝負したのが、よかったといえるかもしれません。

二次は予測不能だった「マスク着用推奨」

二次試験の通知がきた時、ちょうど新型コロナウイルスが流行寸前で、どこでどうなるかわからないと不安にしていました。次回に延期してもよかったのですが、外出などの制限も出てくる可能性はあったので、そのままの日程で受験しました。

試験の注意事項には、
  • 試験官は不利益とならないように声を出します
  • マスク推奨。なしでもいいけれど、着用する時は大きめに話すこと
この2点は重要なところでした。試験は、外国人ネイティブか日本人ネイティブが審査するし、試験官の采配では、マスクをするようにと指示が出ればマスクをしなければいけないからです。

しかし、娘を採点した試験官は日本人ネイティブで、マスクを外しての試験は認められたので、安心したようです。

試験内容については、緊張で頭が真っ白になりかけたけれど、自分が知っている単語を駆使して、身振り手振りのジェスチャー、そして最初と最後の挨拶を丁寧にすることには気をつけたといいます。

今日の結果発表でも、意思疎通と挨拶については高評価が付けられていたので、夏の研修旅行で学んだことが反映されたといえます。

今後は、英語ができなければ地獄をみる。そのためにも英検は受験しておこう。


max16011508-3_TP_V (1)


今、ようやく公立高校の受験が終わった地域が出てきて、喜びの声が出ていることでしょう。
しかし、公立高校での英語教育については、私も謎です。

私立校の場合は、中3でも高1級の勉強はしていますが、英語が苦手な子はいて、まだ3級の合格を果たしていない子は一定数います。

大学入試改革で、一旦「英語4技能」は保留になっていますが、これからの大学受験(しない人もいるけれど)や就職などで英語が離せない「自分の言葉で自分の気持ちを英語で話す能力」がなければ、落ちこぼれになってしまいます。

私の姪っ子は英語が大嫌いで、結局英語が足を引っ張ることになり、春から浪人生になります。

指定校推薦を忌み嫌う人はいますが、どの道一般試験でも英語で何もできなければ意味がありません。英語能力を上げるためにも、早いうちから英語検定などの英語資格は取っておいて、どのぐらいの能力かを自分で知ることは大切です。

子供の学校では「指定校推薦を受けるなら準2までできれば1級まで取得して欲しい」と言われていますが、大学によっては、TOEFLi-BTのスコアも求められるので、春休み中に英語の宿題が出ていたり、気になるようであれば、どんどん英語の勉強を進めておいてください。

スポンサードリンク

a1568d5fcecfb28bd35221c3e93276b8_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

もう、関西圏や関東圏で1月入試のところであれば、そろそろ志望校への出願が始まっているかと思います。この時期は、そろそろ朝型の生活リズムに戻して、苦手科目の克服など、塾や親御さんも必死になるシーズンですよね?

私も性格には4年前、子供の受験対策で体調管理や苦手科目のトレーニングに付き合いました。(12月初旬にインフルエンザで寝込んだ時は焦りましたけどね。)

さて、志望校によっては、5教科もしくは2教科(3教科もあり)を受験対象科目としていますよね?入試時に得手不得手の科目が出てくるのは仕方ありません。

少し話は先になりますが、入学後に「あれ?こんなはずじゃ?」という現象が出てきます。入学後びっくりされるかもしれませんが、事前にお伝えしておくのがよいかと思ったので、紹介します。



受験時は不得意科目が得意科目に化ける現象はあり!

cf79f5e62740e35f701c0ef3698b932f_s

私の子供が一番わかりやすいので、実際の成績の変わり方を紹介していきますね。

中学受験準備期間中、ずっと算数が大嫌いで、成績も悪くて、個人指導コースの先生でさえも、頭を炒める生徒でした。

中学受験間際に成績が思うように上がらないので、「コマ数を増やしたい」と打診されるほど、算数はのびませんでした。

後日、学校でのいじめが原因で、精神的苦痛を受けていたことがわかったので、先生方も指導方針を変えてくださいましたが、合格した学校での学力テストは、まぁ悲惨なものでした。

中1の前期における学力考査は、ほぼほぼ公表できるものではありませんでした。

ところが、中学の授業が本格化してきてから、ガラッと成績は変わりました。

特に、苦手だった「数学」がクラスやコース内(医学部系には負けるけれど)ではトップをとるようになり、理科も常にトップクラスにいつもいる状態になりました。

ちなみに、これは中2に上がってからの話です。

逆に下がっていて、いま順位をあげようと特訓中は「国語(現代文・古文)」と歴史で、これは先生の指導方針に問題があるようですから、やり方次第では高校からアップすることでしょう。

いきなりその子の得意科目が逆転することは珍しくない

「え?嘘でしょ?そんなはずない!」という方はいると思います。

これ、実は高校に上がってからもある現象で、成績優秀者でトップ合格したとしても、卒業時に最下位で卒業する生徒は珍しくなく、何がいけなかったのか、何がよかったのかというのは、子供の中の「何か」が目覚めるとしかいいようがないです。

私の子供は、数学は大好きで週末に主人(大学院卒・大学受験までの家庭教師可能・現在研究職)に分からないところは教えてもらっているものの、飲み込みはものすごく早いです。

中学受験準備期間中は、どうしても父親が小学生が受ける「中学受験の算数」を教えることって難しく、関数や方程式を使えば簡単なことを教えられないという弱点はあります。

国語の力があがっていくのは、母親が指導できる能力があれば、教えることはできますが、せめて漢字の書き取り程度で、読解問題は、まず教えられません。

ところが、

中学校に入学すると、今まで習ってきたことは、全て無に返して、中学生でしか解けないものにシフトチェンジする必要があるので、最初成績がよくても、途中で急降下する生徒は出てきても当然な話。

指導する教員も、科目ごとで変わるので、指導方法が上手な先生との出会いがあれば、急激に得意科目が変わっていくということもありますから、得手不得手科目がガラッと小学生時代と変わっても仕方のないことです。

ただし中3からはなるべく成績の高低差はなくす

7d91f5ff593f3ef89c5697f0b94419fc_s


私立の中高一貫校であれば、コースなどによっては、中3の2学期から高1の授業に突入する学校や科目はあります。

そして、今問題になっている2020年大学入試改革次第で、影響が出てくるかもしれない「指定校推薦」についても、厳しく指導が入り、総合評価による指導や部活・学校への貢献など、進路指導の先生や担任から指導が入ってきます。

指定校推薦のみの話でいくと、かなり一般入試でも厳しい大学・学部となると、高1からの総合評価で4.0以上の評価がなければいけないという学校は多いです。

これから中学受験をする子供を持つ親御さんとしては、「え?うちの子、これからどうすればいいの?」ということにはなるかもしれませんが、今は中学受験を乗り越えて、入学することだけまず考えてください。

入学後、徐々にクラスでもトップクラスにいられるような勉強などを、子供と話すとよいのではと思います。入学してからは、どうしても力が抜けてしまいがちですが、それはそれでいいと思います。合格してどこに入学するかで実は別れるのではないでしょうか?

まとめとして


juken_sleep_inemuri_woman

希望の中学に入学してからの話は、驚かれる方、「そんなの知っているよ」という方に別れるでしょう。実際に我が子が成績優秀で特待生で入ったのに、みるみる成績が下がって、特待生に対する優遇措置が消えるということもあります。

特待生だからと、勉強を疎かにすると痛い目にあうので、他の入学生がぐいぐいと上位に食い込んできた時にさてどうなるか?

ということで、入学時にあまり点数がふるわず、なんとか合格できた子も、中学入学後に、勉強のコツをつかんでしまうと、追い越すことは余裕になりますし、素晴らしい生徒さんは続出してきます。

中学受験前に、こういうお話をしたのは「今の成績に甘んじてはいけない」という教訓で書きました。本当に合格して入学してからが、いろんな生徒の実力発揮なので、今がよくても将来のこともしっかりと見据えてお勉強していきましょう。


スポンサードリンク


e956ed6484fc7589ba8888dc3090ace7_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

つい先ほど、2020年から新制度に移行する大学入試制度の大目玉「英語民間試験の導入延期」が発表されました。SNS上ではちょうど該当学年になる高校生から「ふざけるな」「振り回さないでよ」という声が溢れています。

実は、子供が中学受験で通っていた塾で、小5の時にこの新制度についての講演会を聞きに行っておりまして、「英語は民間試験を利用する」という話は聞いていました。よく考えれば、5年前にすでにほぼ決定していたというわけです。

新大学入試制度の中で、英語はもう一度振り出しに戻ることになります。同時に、中学受験での志望校選定に影響は出ています。

さて、新大学入試制度の何が悪くて、中学受験にどう影響が出ているかを紹介します。



5年前にはほぼ確定していたのになぜ?

584de0983cc546b34d280fb4e5cf24e2_s

我が子が通っていた塾で、5年前に「ほぼこの内容で決まります」ということで、新大学入試改革の講演会を聞きにいきました。(文科省外の方で、テスト改革に協力したという方でした)

英語については、これから先の英語教育には「書く」「聞く」「読む」に「話す」の4技能が必要という考えに変わりました。

その時の資料は処分してしまい、大学入試改革は進むのだろうと様子を見ていました。ところが、最近になってから「公立校の生徒に取っては金銭面で厳しい」「テスト次第では、宿泊が必要になることや、交通費が高額になる」「テストによって幅がありすぎる」という高校側からの声。

大学側からも「準備が間に合わない」という声もあり、そして外部テスト業者側へのお金の動き、さらに文科省大臣の失言から、炎上になりました。


大学で採用する外部英語試験にもばらつきがあり、しかも2回受験するチャンスがあるとしても、一番高いとされるもので、約2万3千円(TOEFL ibt しかもUSドル建てなので変動あり)になります。受験会場も、限られているものがあり、遠方の生徒になると、交通費は馬鹿にならない金額になります。

私立校の生徒も受験しますが、さすがに私も外部英語試験の受験料の高さや受験会場の少なさに、驚くばかりです。富裕層の子供さんは受験回数が2回あったとしても、中学受験前に体験するという機会が生まれるので(中学受験時に加点要素になるので受験する子は多いです)不公平なことになりますね。

5年前から、ほぼ確定していたはずなのに、大学と高校側との話し合い、そして文科省でのつめの甘さと失言から2024年まで延期という結果になりました。




延期すると、最初の年となる現在の高2生はパニックですし、延期した年に該当する生徒(もしかすると我が子の年に正式導入する可能性あり)が振り回される結果になります。

中学受験での変化もあり!大学付属の中学を狙う子が増える

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

この大学入試改革の影響で、近年「付属大学がある中高一貫校の受験を考える」ご家庭が増えています。

なぜかといえば、大学の付属中高へ進学しておけば、一般の大学受験をせずに「内部進学」として大学受験の苦労をする必要がなくなるからです。

関東圏では、有名私立大が多く付属中高がありますし、大学との提携中高も数多くあります。関西圏でも付属中高や提携校はありますが、関東圏と比べると少なめです。

大学入試改革の影響で、中学受験にも「受験校の選択」問題が出てきて、学校の生徒の偏りが一部の学校で出る可能性はあるでしょう。

大学入試改革はまだ未完全だということは忘れない

9fcc63072948d39fc107bb56a4bea705_s


大学入試改革、特に英語に関しては、文科省大臣の不適切発言が最後のとどめで「民間試験導入延期」となりました。

しかし、現役高校生の声、学校側からの意見と要望、大学からの意見を集めると、もう一度大学入試改革自体をどうするかということになることでしょう。特に英語に関しては、従来のセンター試験方式に戻すか、民間英語検定を利用するけれど「公平性」「遠方の生徒への配慮」「金額面の問題」を解決することのいずれかが求められます。

延期期間となった4年間、果たしてこれらの問題を解決できるかは、文科省内部ではなく、全ての高校の意見、大学側の意見を拾い上げて、いかに公平に受験できるか、そして負担にならない決まりを作る必要があります。

もしかすると、有名大学付属高校を選択するのではなく、上に大学がない中高一貫校を選択するということも考えておく必要はあります。

内部進学が消えるというわけではありませんが、「楽をさせて有名大学へ」というより、どこの大学の付属でもない中高一貫校だからできる教育を受けていてよかったということもあります。

子供が考えることは、あるきっかけで変わることがあって、別の大学へランクアップもしくは大学への大学進学もありえるので、中学受験については、まだ今まで通りの動きでもよいのではないかともいえます。

まとめとして

せっかく受験準備をしていた高校生の皆さんは、今回の延期決定の話は、かなりショックだったことだと思います。延期ということは、英語の勉強方法の見直しや立て直しが求められるからです。

しかし、2024年にぶち当たる学年の子(現在中学生の子)が一番英語に関して、また一波乱ありそうですね。こう変更が多すぎると、大学受験の仕組みを1から見直して立て直してもいいのではとも思えます。

これは、私達親や学校の先生方、大学側が声をあげていく必要はありそうですね。

どんどん方針のずれがおきれば、かわいそうなのは生徒さんです。
はっきりと、受験方式を確定して、再出発してもらうことを願います。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサードリンク


YUKI_syukudaizzz15150842_TP_V

こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

小学校低学年からすでに有名塾に入っている子供、そして今受験本番に向けて頑張っている小6生の子供の字を見て、一部のお母さんの中では「うちの子の字は、きれいじゃないし雑」と、嘆いている方が多いと聞きます。

私と兄は同じ書道教室に入り、兄は毛筆・硬筆は5段、私は毛筆・硬筆は初段まででやめました。(中学から部活で忙しくなったので)

「文字は体を表す」とも言われていますが、大人になってから、私たち兄妹で大きな変化は出ました。
中学受験から話はそれましたが、受験時に「字のきれいさは求められるのか?」という不安について解説していきます。



一流大学・一流学部を出ているからときれいな字ではないです

eb0a6774e55eaad6062eeefdc9784717_s


東大など有名大学や有名学部へ送り出す塾の先生方の意見を総合すると、「特別、字がきれいではない」ということです。

私と兄のように、母が「字がきれいな方がいいだろう。」と早期教育の一貫で始めた「習字」がそのまま受験時の「字のきれいさ」に反映するかというとそうではないです。

受験は、限られた時間の中で素早く問題を解いて、書く作業が出てきますよね?
だから、習字のように丁寧に書くことより、「短時間で書くこと。先生方が読みやすい字を書くこと」の力が求められます。

中学受験を目指す子供さんの「字の汚さの修正について」相談を受けられる方としては、「読みやすくそして素早く書くことができるようにする」という回答が出ています。修正の仕方については、日頃からの塾のテストなどで、時間内に読みやすい字を書くクセ付けをしていくことと言われています。

中学受験時に習字教室に通っていない子でも、受験準備中に「読みやすい字」に変わる子はいます。
我が子も、今は少し崩れていますが、受験前の時は短い時間内でも読みやすい文字に変わっていました。

習字教室に通っても中学受験後には崩れることも

9e8182571966a9d45c4692fccfd15b90_s

これは、私の実体験から話せる話なので紹介します。

前置きで、私の兄は「毛筆・硬筆5段」ということはお伝えしましたね?
硬筆5段となると、万年筆で書くことになっていたのですが、当時は小6生でした。中学は公立校にいき、高校からは私立、大学は旧帝大の理系学部にいきました。

今の職業は、研究・開発職の仕事をしていますが、メモ書きを見ると「判読不能」のミミズ文字で読めません。本人のみがわかる文字らしいのですが、達筆だった兄がここまで字が崩れるのには、理由はあります。

就職してからは、メモをとるときに字の綺麗さより、専門用語などを聞き取りながら書くスピードが求められるので、習字時代の字が自然と崩れます。

兄のお嫁さんは、習字教室には通っていなかったと聞いていますが、とても読みやすいきれいな字でした。

習字教室に通って、上の段位を早めにとっても、将来の仕事などであっさりと崩れてしまうということは多々あります。



私や子供はというと

d43925ad1bf2a44b46b2f388767c9b82_s


私は、教室をやめるときに、毛筆・硬筆ともに初段でした。

現在、30年以上経ってけれど、再び書道教室に通っています。今はもう一度段級認定やり直しということで、「学び直し」を行なっているところで、毛筆・硬筆ともに6級(大人は8級から)徐々にあげています。

ただし、再開させたのは、2019年8月なので、毎月確実に1級ずつ昇段させています。

私が思うに、書道をしていても後天的環境(仕事や学生時代の環境)やその人の素質で、字のきれいさは左右されていくものだと思います。

娘でなら、字の指導はというと私でした。


小学校時代の長期休暇の書き初めは、必ず本人に書かせてみて、朱赤筆(筆ペンです)で修正点を書いてあげて、書き初めを書かせていました。

通塾時の字は、塾の先生側では特別な指導はありませんでした。その代わりに、時々字のきれいさというより「読みやすさ」はチェックをしていましたね。

無事に合格してから、初めての3社面談のときに、担任の先生から「読みやすくて、可愛らしい字ですね」とほめられました。可愛らしいかは親の私からはなんともいえませんが、読みやすい字を書くということは、今後の人生の中で役には立つことでしょう。


まとめとして、時々親御さんがしからずに見てあげること

中学受験において、字が汚いということは「合否にはほぼ関係なし」ということです。

ただ、採点の都合上、読みやすい文字を書くと採点ミス防止(厳重チェックをかけるのですけれどもね)になるので、普段から心がけておくことはよいことだと思います。

学校側として、「正答を書いてくれること」を第一優先にしています。しかし、短い時間内で解答を書かなければいけないので、字が乱れやすくなることはどうしても出てきます。

ですが!

採点ミス防止や将来的なことを考えると「読みやすい字」を書くことは大切かと思います。
塾側でも見ていただけますが、時々「親御さん」が叱ることなく、子供の字を見てあげて、読みやすさが上がってきたときに「よく頑張ってるね」と褒めてあげると、上達していきます。

字の汚さで悩むお母さんは多いかもしれませんが、根気よくクセを直してあげれば、大丈夫ですよ。

スポンサードリンク


↑このページのトップヘ