google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

家庭教師

07eaeecc7f7059e3f9a5d8d7ba3a8c41_s


どうも。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

ただいま中3の子供の進学について、バタバタしておりまして、上の高校への進学や今後の進路について、動いているところです。

さて、中学受験はというと10月末に近づいてきたので、塾の先生方も生徒さんに喝を入れることが増えるころかと思います。同時に、志望校に行けるかどうかという成績をかなり気にする時期に入ることでしょう。

今通っている塾では足りないかもと不安になる方や、今から中学受験にチャレンジするけれど子供さんの性格からマンツーマンがいいとお考えの方も多いことでしょう。

個別指導塾という道もありますが、家庭教師を雇うという方は結構多いです。そして、家庭教師と大手塾が開く判定テストのみで合格しているご家庭もあります。

しかし、家庭教師関連のトラブルは多く、国民生活センターでの家庭教師に関するトラブルについては、2018年度においては139件、2017年では269件という報告が増えています。

いい家庭教師さんもいらっしゃるのに、悪質な家庭教師もいますので、「家庭教師をやとうべきかどうか?」と迷われているかという方の参考になればと思います。



悪質な家庭教師のやり口とは?

444cce3a91b0e62292a06f4000170784_s

大手家庭教師派遣塾でさえも、トラブルでもめるケースはあります。
しかし、個人で家庭教師業をされていて、SNSやホームページからの検索で、家庭教師をお願いする方も実際にいらっしゃるようで、問題が複雑化する場合があります。

正式依頼をする前に、お試し授業を2回ほどするというのは、塾でもあることです。
しかし、お試し授業もなく、家庭教師の方が事前に用意した資料を提示して、その気にさせた上で、契約書を書かせると。

家庭教師の方との契約を交わし、教材代や授業料を支払ったけれど、
  • 先生が契約した日時にこない。連絡先へ電話をしても普通
  • 大量の教材が届いたので、解約したいのに解約に応じない
  • レベルの合わない教材を使用するので、解約をしたいけれど応じてもらえない
など、国民生活センターによせられている相談は氷山の一角です。

私が知った話ですが、中学受験で医学部コースを狙っている子供さんのご家庭で、たまたまインターネット知った個人家庭教師がいたので、経歴や実績を信じて、申し込んだところ、高額な授業料とわかり、
すぐにお断りしたけれど、その後も勧誘が続いているという話も聞きます。

そして、連絡がついたとしても「クーリングオフ制度は使えない」と訪問販売で適用される制度を盾にするところもあります。

ですが、家庭教師については、クーリング制度が適用される制度で、正規の手続きをすれば、家庭教師もしくは教師を派遣する会社は返金と解約に応じなければいけないのです。

家庭教師にも適用されるクーリングオフ制度。なぜ使えるの?


d1dce312adfde05a0d0d0579ab19dfa9_s

「クーリングオフ制度って訪問販売のみじゃないの?」と疑問に思われる方いることでしょう。

実は家庭教師というのは、お金をいただいて継続的にサービス(授業)をするお仕事なので、特定商取引法では「特定継続役割提供」という業種に入ります。

長期的なサービスと高額費用取引が発生するので、エステや語学学校、学習塾とそして家庭教師など7つの業種については、「特定継続役割提供」と認識されています。

ですので、お金を支払っているにもかかわらず、適切なサービスが提供されていない、もしくはサービスが全く発生していない場合には、「クーリングオフ制度」が適用されます。

全く家庭教師が派遣されていない場合は、書面をもって契約した8日以内に解約の申し出をすることで、サービスの解約となります。

もちろん、支払った授業料代などは全額返金で、違約金も発生しません。

もし、授業が始まっていたとしても、適切なサービスが受けられていないということで、ある条件をもとに利用している側が解約することができます。

契約書を交わしたけれど、それはどうなるの?

ea6be56d996413a58aa1ccbac4808b36_s

契約書を交わすというのは、家庭教師を依頼する場合でもあることですが、中身をよく見てサインしないと、契約解除時に「こういう契約でしたよね」と脅されることがあります。

しかし、適切なサービスを受けていないわけですので、特定商取引法の「特定継続的役務提供」に関する条項」に基づいて、契約解除に応じることと授業料など一定金額を支払わなければいけません。

もし、家庭教師側が解約に応じない、違約金をとるなど、不誠実な対応をとる場合は、速やかにお近くの消費者センターや国民生活センターに相談してください。

早ければ早いほど、悪質な家庭教師が逃げる前に対応しやすくなります。

まとめとして


304d074c83319742fc1d8943814ef588_s


急遽訳ありで、中学受験を考えるご家庭や、学力アップの為にと塾にも通っているのに、家庭教師をつけるご家庭は、私が子供を通わせてから結構多いと知りました。

しかし、その家庭教師が大手であっても安心かといえば、安心ではないケースもあります。

この手の悪質な家庭教師は、自分の学歴を売りにしていますが、実際のところは「教える立場の人間ではない」とはっきり言えます。

私自身は、高校受験で家庭教師の方にきていただきましたが、兄の友達のお姉さん(私立大学英文科)で、数学も得意だということで母がお願いしました。

塾の教科書とお姉さんが独自で選んだ教科書で授業をしてもらい、無事に合格していますし、あとで教えてもらいましたが、毎月1万円程度だったと聞いております。


ご近所で中学受験をされて、家庭教師を利用したことがある方からの紹介や、お試しが必ずあるという家庭教師会社の利用ということで、慎重に選ぶことが大切でしょう。

とにかく、契約後にトラブルが発生した場合は、消費者センターへの相談はもちろん、あまりにも悪質な場合は警察への被害届を検討してもいいですので、泣き寝入りはしないでくださいね。

※参考資料
特定商取引法ガイド「特定継続的役務提供」
特定商取引法とは?
家庭教師・塾サービス付き学習教材 - 国民生活センター

スポンサードリンク


0ffa0caa35e9612604b13212fd031291_s
 photo by 写真AC

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker23)です。

低学年から中学受験の準備を始めているお子さんや
今年(正確には来年の1〜2月)受験をする小6のお子さんは
そろそろ春季講習スタートでしょう。

小5と小6のお子さんを持つお母さんは、特に成績の伸びが悪いと
塾だけではなくて、家庭教師をつけることを考えるでしょう。

中学受験に限った話ではなく、学校にどうしても通えない事情があって、
家庭教師の方へ指導をお願いするケースもあります。

ネットサーフィンをしていると、実は人気家庭教師ランキングなる
ものがあり、その方々の経歴をみていると共通する部分があります。

人気家庭教師の方々に共通する点を紹介していきますね。



独立前に社会人経験が必ずある(教員歴も含む)

人気家庭教師の方は、個人運営で行なっているのは当然です。

ブログを必ずお持ちで過去実績や過去の仕事などは絶対載せて
います。

じっくりと読ませていただきましたが、共通点があります。
  • 大学在学中に大手塾で講師経験あり
  • 教員免許持ち(小学校・中学校・高校のいずれか2つ以上)
  • 大手学習塾での指導経験が長い
  • 教員免許を持っていたけれど、一般企業に勤務していた
  • 指導経歴が長い
教員免許持ちというのは納得ですが、社会人経験(大手学習塾への勤務も
社会人経験ですね)をしている人は、仕事の段取りが上手なので、
受け持つ生徒の為のカリキュラムの組み立てが上手です。

独立しても口コミが家庭教師の命綱なので、実績がついてくるまでは
時間がかかります。
だから、指導経験が長くて、指導方法がよくないと人気家庭教師に
なかなかなりにくいです。

指導できる領域など説明が丁寧

これは当然ですが、家庭教師とはいえ対応できる学年と受験、
出張しての指導ですので、対応地域を明確にブログのトップや
項目をつけて、丁寧に説明を入れています。

私が「この先生すごい」と感じた方には、全ての受験関係
(小学校・中学・高校・大学)に対応できて、実績報告も
年度ごとにまとめてました。

他に学校の補助的な指導で利用するのか、テスト対策かなど
ヒアリングを徹底的に親御さんと子供さんと3人で行なって、
どうしていくかや料金などを説明して、納得の上契約書としている
方ばかりです。

大手家庭会社では、営業と講師が別々というケースで
トラブルになっていると聞きますが、
個人の家庭教師の方はひとりで全て行うので、
契約の食い違いがありません。

志望校合格保証制度をするところも!

生徒さんによっては、かなりハイレベルな学校の受験を
考えている場合があります。

受験は「みずもの」ですから、いつも調子がよくても、
不合格になってしまうこともありますよね。

何名かの家庭教師さんの中では、特定の学校を受験して
不合格になった場合は、「今までの授業料を全額返金します」
出している方はいらっしゃいます。

これはよほどの自信がないと断言できないことです。
実際に返金されたケースもあって、苦情につながらなかって
いないです。

特別な事情で対応できるのも人気の証拠

受験や授業の補助的というわけではなくて、
不登校・いじめ・学習障害などで、どうしても学校や
外に出ることが難しい子供さんもいます。

特別な事情にも対応可能な家庭教師の方も人気があって、
ヒアリングの際に全て聞いて、実際に教えながら、
その子にあった教え方を変えていきます。

専門知識が必要な部分があるので、関連資格を取ってから
受け入れていて、対応に当たられている先生が多いです。

まとめ

いろんな家庭教師さんのブログをこの2週間ほどネットサーフィンで
調べて、じっくりとブログの中身を拝見しました。

人気でしかも評判の高い先生はみなさん、「生徒に何かを教える」仕事歴が
10年以上確実にあり、中には元証券マン→教員→大手学習塾講師→家庭教師
流れて指導歴30年と年配の方でも、大学受験までしっかりと教えられる先生も
いらっしゃいます。

今後は、大学指導要領の変更で、教える内容にも新たな変化は起きても、
しっかりとしなやかに対応できるはずです。

家庭教師をお願いする時は、いろんな方のブログを拝見することや、
ご近所の方で教育熱心な方の口コミは大事ですね。







↑このページのトップヘ