google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして。ペンペンと申します。
ライターをしていましたが現在休業中です。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
今春(2020年4月)より高校部へ進学します。
中学受験や教育のことがメインになります。

学校見学会

1188563_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

先日、我が子の学校では、中学部の学校見学会が行われました。コロナ対策として、参加できる人数をかなり限定しての開催です。今後はオンライン授業見学(人数制限あり)などを企画しているとは聞いていますが、新型コロナの感染者増加で自治体から自粛要請が出れば、中止になるかと思われます。

先日の見学会では、中学部から高等部へ進学した高1生でも、有志の生徒がお手伝いに入り、私の子供も友人達と一緒にお手伝いさせていただきました。

帰宅してから様子などを教えてくれましたが、私も子供を連れて見学会にきた時に同じようなことを考えていたか思い出せず、考え込みました。

最近、中学受験を考えている親御さんがどこを見ているのかというのを、一部紹介させていただき、他にも紹介できる範囲内のことをお伝えします。



1番目。校則が厳しいかどうか?

私立校では、厳しいところと緩いところとかなり分かれていて、親御さん世代が学生時代どう過ごしたかでも気になる点です。

私は、高校から私立だったのですが校則が厳しすぎて、あまりの厳しさに一部の保護者から苦情が出てゆるくなったというのはあります。(生まれつきの茶髪や天然パーマは特に厳しかったです)

私の子供も、案内している際に親御さんから「ここの学校の規則は厳しいですか?」と聞かれ、返事に困ったといいます。

最近、一部校則が改定されたものの、まだまだ厳しい面もあり、生徒達の間でも「おかしいんじゃない?」という声があがっている最中でした。返事としては「厳しいといえば厳しいけれど、今は結構ゆるくなりましたよ」と話したそうです。

「校則の厳しさ」とはどういう基準で「厳しい」と定めるかが問題で、親御さんによっては「厳しすぎる」か「ちょうどいいね」に分かれて、私は「ちょうどいいぐらい」と思っていました。


ただし、口コミサイトで校則のことでひどい書き込みを見かけたので、帰宅してきた子供と一緒に該当の書き込みを見てもらいました。

「あ!これは絶対ないよ。先生に意地悪された腹いせやないの?」

とあっさりしていました。とんでもない先生の対応は、すぐに校内に尾びれがつかずに生徒達で出回って、すぐに生徒達が学年主任に抗議して撤回することもあるので、口コミサイトの内容より、見学会での生徒の反応を見る方がいいですね。

いじめがあるかどうか?入学年によって違うので注意。

別の生徒さんは、ある親御さんから「ここの学校はいじめってあるの?多いの?」と聞かれています。

いじめ問題は私立校でも問題視されていて、対策チームは必ずあります。

私の子供の学年は「いじめなし」で高校まで上がっています。中学で退学した子というと、学校の雰囲気に馴染めなかった子やレベルアップの為に別の進学校に編入しています。

しかし、一学年違うと、過去に大きないじめ問題があり金銭問題もあったと聞いています。今は落ち着いているようですが、コースによっては授業妨害があって、どう対応するべきかと先生方も考えているとお聞きしました。

中1の最初に2ヶ月ほどは、多少の問題は出てきますが、慣れてくると徐々に消えています。

いじめについては、生徒さんでは答えづらい部分はありますので、この質問は先生にお聞きするのが一番よいかと思います。

生徒を通じて見学会にきた親子さん達の様子

私も子供を連れていくつかの学校見学会を訪問させていただきましたが、あまり生徒さんにいろいろと質問せず、気になるところは先生にお聞きしていました。

今回は、密を避ける為に、見学できる家庭数を限定し条件をつけての見学会を開催しました。

子供は自分が見学会で私がしていたことを覚えていたようで、そして子供ながらに覚えていたこともあったので、たくさん帰宅後に話してくれました。

ほとんどのご家庭がお母さんと子供と2人連れで、中にはお父さんもご一緒の3人家族、双子で受験する家庭とバリエーションに飛んでいました。

しかし、生徒達が参加家庭ごとに校内を案内していて、一番対応に困ったのが、お父さんからの質問だったと聞きます。

かなり教育熱心なお父さんからの質問内容がきつくて、生徒が答えられる範囲を超えていたりなど悩んだ末に、先生にバトンタッチで対応をお願いしたようでした。

お母さんがご一緒にきているのに、お父さんが教育権をリードしているようで、入試の時にもお父さんがべったりとついてきていた家庭は確かに見かけました。

SNSでも、お父さんが娘さんが私立中高一貫校に入学させたいと頑張っている様子を細かく書いていて、正直「怖い」と感じることはあります。

我が家も経験済みですが、お母さんに受験関連は任せる方がスムーズで、お父さんはお母さんでも子供さんへの対応が難しくなった時に話し合いをする「陰で見守るタイプ」でいる方が円満に合格への道は開けると思います。

まとめとして

一斉休校の遅れを取り戻す為に、夏休みを短縮して授業を行う私立中高一貫校がほとんどかもしれませんが、その時に、受験先でのイベントも開催される機会が多いかと思われます。

今回は、先日我が子の学校で行われた学校見学会での話を紹介しましたが、これから先は、塾でのイベントなど、意見の食い違いや疲れからダウンすることなど、たくさん出てくると思います。

コロナのこともあるので、入試もどう対応するか?まだまだ見えないことだらけです。

今は、小学校の授業遅れと中学受験準備の巻き返しと大変ですが、塾の先生達も情報収集を行って対応を考えていくと思いますので、塾との連携やご自身での情報収集、そして子供さんの心と体のケアは十分取ってあげてください。

スポンサードリンク

ad6daf5c81776df295ee891051ee8d29_s

「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker23)です。

そろそろ、私立中学校の来年度入学生募集関連行事がスタートし出しました。

早いところでは4月末に説明会を行なっているところもあり、来年度受験生のお子さんは前年度よりより厳しくなる傾向が強い可能性が高いです。

入試説明会と学校見学会を日にちを変えて行う学校と、入試説明会のみしか行わない学校など様々ですが、今回は学校見学会について、実際の体験を元に紹介します。

ただし、いろいろと学校を見学しましたが、撮影禁止をしている学校がほとんどでした。また、個人情報特定問題などから、学校で頂いた資料にモザイク加工を行なっているものがあることをご了承ください。





学校見学会に行って何がわかるか

学校見学会として大きく行うのは年に1回。ほとんどが5月中旬〜6月上旬に集中します。

学校見学会の目的はというと、学校の雰囲気をしっかり親子で見てもらうということと、
見学会の時点で志願者がどのぐらいいるのかを知りたいという学校側の考え方があります。

学校見学会で、プレ入試説明会も行われる場合があり、大まかな学校の教育方針や簡単な入試関連の説明を受けることができます。

見学会の対象学年は、ほとんどが小5〜小6の子どもさんで、見学会に行くなら小6が経験上最適です。
なぜかというと、小5で見に行くと小6までの成績変動で志望校を変更するケースがあって、上昇していて志望校が上がるのならいいのですが、下がっている中で見学会に参加するのは、子どもさんにプレッシャーを与えるので、小6から見に行くのがベストでしょう。

話は戻りますが、学校見学会では、実際の生徒さんの授業風景をそっと見学することができれば、部活動のデモンストレーションがある学校があります。

別の日に実施する学校はありますが、模擬授業を希望する科目で受けることができて、親御さんは教室の後ろで見学することができます。
事前予約制が多く、国語や英語の体験授業に申し込みが集中し、算数への申し込みは少ないです。

同時にPTA役員さんや卒業生が親目線や元生徒目線で、学校についての不安な点を答えるコーナーが設けられていたりして、全て見学するのは結構つらいものがあります。

プレ入試説明会と模擬授業と部活動見学は見ておく価値あり

944546


見出しに紹介したこの3つは、見学会では重点を置いてほしいことで、
プレ入学説明会での雰囲気ではわかりにくいけれども、どういう考え方を持った学校かは
わかります。

ある学校では、ひたすら見学会でも説明会でも校長先生が「中高一貫の生徒から、東大生現役合格を出したいと熱弁される学校がありました。

設備面や教育について、かなり先を行く指導をしているのに、ひたすら実績にこだわる学校はお話を聞いていても親も子どもさんも参ってしまいます。

あまりにも実績にこだわり度が高い学校は候補には入れるけれど、最終選択では子どもさんの意見も聞いた上で、受験しないということも考えておきましょう。

模擬授業は、取り扱う授業内容は、入試問題を取り上げたお題を出す傾向が高いです。
受験する子がどれぐらい勉強しているかを確認するためでもあります。

<事前申し込みの際に塾名や小学校名の記入が必要でした。>

我が子の時は、算数を希望したので申し込みをしました。
実際の授業内容の単元は「規則性」で問題用紙に正解を書き込む形式で授業を進めてもらいました。

最初に子ども達に解かせてみて、時間を区切ってから、一度子ども達に鉛筆を降ろさせて解説に
入りました。つまり、その時中学受験に向けて子ども達がどのぐらいまで勉強を進めているかの
チェックにも繋がっています。

中には解答するのをやめて、呆然としている子どもさんもいました。

部活動は、興味のあるクラブを自由に回れましたが、プレ説明会や体験授業などの都合で、
子どもがどうしても見てみたいというクラブのみを見学したり、実際に体験したりと時間の許す範囲で
ぐるぐると見学しました。

生徒さんの態度や目の輝きなどで学校の充実度がわかる

02611d1beeb0a4c1079c124cb021f53a_s
当日は、在学生の子が案内係で対応してくれて、校内で道に迷った時に案内をしてくる学校もあれば、ぶつかっても謝らずに走り去る生徒さんの学校もありました。

他に勉強する目の輝きがない生徒さんの学校もありまして、我が子も感じるのか「ここの学校は行きたくない」という学校は多々ありました。

勉強一本での教育指導を行なっている学校の生徒さんを見ると、なにやら辛そうにも感じて、そこに入学されているご家庭の姿も少し見え隠れします。

学校見学会では、学校の設備や体験授業など見ることは大切ですが、在学生の生徒さんの目の輝きや案内の対応を見るのも、志望校選択の指標になります。

見学会でいただけるものは?

入校した時の氏名などの記入時、もしくは帰りに袋に入れられた資料が手渡されます。

だいたいの学校でGWの大型連休中までに決定している場合があるので、
袋の中に前年度の過去問題や入試要項、ちょっとした来校のお礼品が入っています。

IMG_1349

ある学校で頂いた入試要項で、どういう日程で入試を行うかと受験する際の決まりこと書かれています。
入試説明会でも同じ資料になりますが、見学会と違うのは、願書提出手続き方法などの詳細な説明や願書類が入っていないことです。


特殊コースをもつ学校なら、そのコースの特性を紹介しているチラシも入っています。

IMG_1330

2校分ですが、クリアファイルに全ての資料がまとめられている学校があれば、学校名が入ったボールペンや鉛筆をもらえたりしました。

田舎の学校では、遠くからの優良な生徒を呼びたいがために、地方巡業的に最寄りの町のホールで説明会を実施することがあります。

このお土産目的で行く方はまずいませんけれど、見学会がいけなかったとしても入試説明会は本校を訪ねて行くようにしましょう。


まとめ

書き漏れていましたが、入校時に必ず校門で受付があります。

受付では、お子さんの氏名と保護者名・通学中の小学校・塾名と学年の記入を求められます。
塾名については、公文式教室にも通って入れば、そのことも書く必要があります。

見学会以外に入試関連行事に参加する時は、必ずこの受付手続きとはご縁が離れることは
ありません。

学校側はどういう塾に通っている子でどんな地域からこの学校まで来てくれたのかを
見て、その年の受験生の様子を分析することに使われます。

それのことはあまり気にしなくて構いませんが、塾側がその時に配られるかもしれない前年度の
入試問題集を欲しがります。

親子でそれぞれ資料をもらって帰って、1冊を先生にお渡しするということでよいです。

この見学会を皮切りにいよいよ中学受験準備が本格化して、つらくなることや親子で喧嘩することが
増えていきますけれども、この時期だけ気晴らしをして乗り越えていってくださいね。

スポンサードリンク


3a00fc414d37cdd9e882afc7c73a1c72_s

こんにちは、ペンペンです。

我が家は、ごくごく一般家庭で、娘を私立の中高一貫校へなんとか
合格させて通わせています。

去年の今頃、ようやく入試説明会やプレテストなど、
受験を本気でするなら絶対顔を出さないとまずいイベントと、
学校行事、そして外部の模擬テストや塾のテストにあたふたしていました。

さてさて、あるお母さんから「私立へお子さんを行かせているお母さんって
お金持ちの方でキラキラママさんしか想像していなかった」という
お言葉を聞きまして、「いやー、そんなことないっすよ」ってお答えしました。

ごく一部の富裕層の方はいらっしゃいますが、ごく一般家庭のお子さんは
娘の学校では多いです。

では、実際はどういう保護者や親子の方を見かけるかを、
人間ウォッチング大好きなペンペンがお伝えしましょう。


最初にびっくりするのが見学会か説明会

受験前にいろんな学校を見学する機会は多くて、今なら文化祭や体育祭の見学も
オープンに見せてくれる学校はあります。

私たちが、受験を考えた学校は3校。
それぞれ見に行きましたが、まずカトリック系の学校は、
すぐに娘が拒絶。
理由は、宗教の時間があって、日曜学校で教えてもらう内容と
一緒とわかり拒否。(我が家は、ローマ・カトリックに改宗)

残りの学校は、仏教校でバリバリの進学校と女子だけの学校。

そこで、見学会や入試説明会は、まぁ冷やかしで来ているか、
本気で受験するかわからないけれど来ている親子、
真剣に受験を考えている親子と分かれますが、
その時に面食らってしまうのが、全身ブランドファッションの親子。

まぁ、お金持ちということだから、できることですが、
子供もジュニアブランドで有名なブランドで固めていて、
そして、某有名中学受験専門塾のタグがついていたりと、
受験の段階からいやーな気持ちにはなりますね。

しかし、見学会でごくまれに体験授業を実施してくれる学校が
ありまして、娘の時は1校が科目選択制で、算数を選んで
授業というか力試しをしました。(内容は中学受験実際問題で
規則性の問題でした)

きちんと回答を出せた子は、派手な格好の子でもなく、
地味な服装の子がトップでその次にうちの娘が来ました。

数名、途中で鉛筆を投げて、回答放棄していたので驚きです。

入試本番もビビる!親の面接ないのに!

結局は、受験したのは1校のみで、午前と午後で3コースあるうちの2コースを
受験しました。

朝の8時に塾の先生と待ち合わせをして、子供を送り出したのですが、
某中学受験有名塾のお母さんたちや、まわりのお母さんをみると、
すごく派手な人と地味な人に分かれて、ドン引きした記憶があります。

私、全身ユニクロファッションでした。
しかも、その日は大雪が降るという注意報も出ていたので、
かなり軽装で来ていました。

ちなみに、午前中に受けたコースは面接ありで、子供にのみです。
何か勘違いしているお母さんが多く、派手な格好のお母さんはいました。

最終的に、合格発表後に一度集合日があったのですが、
入学手続きをして集合日にやってきたのは、派手なお母さんはごくわずかで
みなさんシンプルな服装でした。


入学してからびっくり事実!

無事に手続きを終え、学用品をよく買いに呼び出されることが多かったのですが、
重い教科書や制定品を買って持って帰らないといけないのに、
優雅な格好で来て、困っている保護者さんはいました。
(我が家は、すでに大変とわかっていたので、ジーンズで出動!)

入学式に関しては、雨という予報が出ていて、着物率は全体で3人。
なぜか娘のコースの保護者さんということがわかり、
教室でびっくりしたという記憶があります。

その後、保護者会などいろいろ保護者が呼び出される機会は
多くて、交通費でも悲鳴が出るのですが、私の場合は、結構ラフな
格好です。さすがに普段着のユニクロくんやたまに過ごす安い
着物では汚れているしぐちゃぐちゃですから、ラフで移動しやすくて
雑誌で例えるなら「MORE」ぐらいの格好で行きます。
(かなり若い?おしゃれかも)

他のお母さんは、何人か「どこか発表会でるんかい!」と
びっくりするお母さんはいます。
その割には、PTA関連の集まりや作品展に協力的ではなくて、
PTAの実行委員としている派手なお母さんもいるので、
いやな気持ちになることはあります。


うちの子供の友達のお母さん達

保護者会でよく友達のお母さんとお会いする機会はありますが、
みなさん私と同じようなラフであまり小洒落た服装ではなく、
常識的な感じのお母さんばかりです。

お話をしていると、みなさん変に偉そうではなく、謙虚でありながら、
大変知性的なお母さんばかりで、お子さんがうちの子と気があったり、
考え方がよく似ていたり、面白いことを共有しやすいのが
よくわかります。

うちは、私が病気で、おバカさんとも思ってしまって、
後ろへ引くタイプですが、あるお母さんから「そんなことないですよ」
と言ってくださって、涙ぐんでしまったことはあります。
すごく自分に自身がなくて、入試の時から派手なお母さんばかりを
見て来たので、入学してからついていけるのかと悩みました。

だけれども、いいお友達に娘が巡り会えて、いいお母さん(お父さん)に
巡り会えたのは嬉しいです。

ちなみに、友達のご家庭は一般家庭の方もあれば、お父さんが
会社経営をしている、重役であるなどのお家もあって、
それでも着飾ることはなく、とても謙虚な方ばかりです。

まとめに

お金持ちの家庭でも、偉そうにして受験で大きな声でお友達の
お母さんと話している方はたくさんいました。

もう聞いているのがつらいから、イヤホンをつけて音楽を聞いて、
星野源さんの本を何冊も持っていって、気を紛らわせていました。

入学後は、保護者会ではキラキラお母さんを見かけては落ち込み、
娘に恥ずかしい思いをさせていないかを気にしていました。

1人、娘の友達が「お母さんに会ってみたい」というので、
友達が所属する文芸部に招かれました。
どうも、うちの子が友達に「うちのママ、いろいろと記事とか何か
書いてんねん」と話したらしく、文芸部の子達が興味を示して、
拉致されました。

中高の文芸部発行の本を無料でいただいて、読ませていただきましたが、
みーんな上手にまとめている。
かなりハイレベルだなぁとびっくりしました。
娘も何か小説を書きたいといって、囲碁部と兼ねて文芸部に入部を決めました。
文芸部の子も、私のラフさにびっくり仰天していましたが、
私は、いろいろと飾り付けするのは大嫌いな人なので、
今のスタイルは決して崩すことはないでしょう。

ということで、ながーくなりましたが、こんないい加減な
お母さんは、私立の学校でもいてるんで、中学受験を
考えているおかあさーん、もっと気を楽にもってくださいね。





↑このページのトップヘ