google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

学力テスト

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

「ぺんぺんのペタペタ知識欲」のぺんぺん(@penpenwaker23)です。

よく私のこのブログで読まれている「ベネッセ学力テスト」関連が読まれていますが、ベネッセ学力テスト関連は、私立校でも「中堅校」向けのテストで、2020年の大学入試改革を意識したテスト作りで構成されています。

関連記事:ベネッセ学力テストの結果が帰ってきた! その結果と分析
そのほかの関連記事:ベネッセ学力推移調査についての解説きたー

ベネッセが中堅の中高一貫向けのテストとして採用されていますが、よくよく調べると、ベネッセのテストを使わない学校があります。

俗にいう「超難関校」で中学受験の時点で偏差値が70代以上でなければ合格は厳しい学校では、ベネッセの開発したテストは使われていません。

また、コース制の学校でもベネッセ関連のテストを採用しているコースがあれば、別の模擬テストを採用している学校があります。

その模擬テストは「駿台模擬試験」です!

どうして、超難関校がベネッセを使わず駿台を使うか、簡単ではありますが紹介します。


予備校だからできているデータ蓄積が決めて!

駿台というと、「駿台予備校」が有名で、私の兄も大学受験のとき、私自身も大学受験時に通学しています。(私の場合は、推薦入学の都合上短大に切り替えたのでもったいないことしました)

駿台予備校に通う生徒さんのレベルとして、東大・京大・阪大級、私立大学だと難易度が高い大学です。
駿台予備校の歴史も私が40代後半なので、通学時を考えると30年の歴史は持っていて、生徒さんの成績データの蓄積量はベネッセとはまた違います。

予備校に通う生徒さんのレベルや目標校が高いので、駿台が用意する模擬試験はベネッセのテストの偏差値と比較すると、ベネッセでは70と出ているのが駿台では50と判定されます。

駿台予備校は老舗予備校ですが、通う学生さんのレベルが高いことから、偏差値の母体数となる数字が他の模擬テストより自然と高くなります。

満点者は一切出たことがなく、せめて各教科90点どまりですが出題内容が、一般的な模擬テストよりハイレベルであるため、結果ががらっとかわります。

このテストを受けるお子さん達のレベルを考えると、ベネッセよりかなりレベルが高い内容といえます。
学校単位での受験もできますし、外部からの公開模試として受験できるのが、レベルが高いのに敷居が低くいのも、長年に渡って生き残っている理由のひとつですね。

駿台模試導入校を見ると、全部難関校で目標が違う!

1a48c2c863725672d91068e144b3c804_s

どーんと、東大の安田大講堂の写真を出しましたが、このテストを受験する学生さんのほとんどが国立でも東大・京大などの有名国立大で、私立大学でも名門校とよばれる学校を受験を考える学生さんがメインです。

学校単位で受験する学校としては、関東方面なら日比谷高校・開成高校など、関西方面からは灘高、地方なら九州のラ・サールが参加校としては有名で、東京の早慶付属も参加しています。

参加校の学力レベルはかなり高く、東大を無視して海外大学に進学する学生さんもいるので、むしろベネッセの学力テストより試験内容レベルをアップしています。

コース制を導入している学校でも、医学部コースや、理系コースでもトップクラスを設定している学校では、その他のコースではベネッセを利用して、特定コースに対しては駿台模試を導入して合否判定を行なっています。


駿台予備校の強み! 参加校で判断ではなく全国の受験者から判断すること

駿台模試の強みは、学校単位での参加を受け入れていますが、全国の受験者の成績も含めて総合分析をしていくということです。

ちなみに、駿台模試は、高校生だけではなく中学部のテストもあり、私立中学生で駿台模試を受験する子もいます。ただし、超難関校のお子さんでないとかなり落ち込む結果で帰ってくるでしょう。

一般的な模擬で偏差値50の子が駿台模擬を受験して、偏差値30〜40と出ると言われていて、自分の実力よりもかなり上の子が受験しているという洗礼をまず受けます。

まとめ

私自身、高校生のときに冗談半分真面目半分で駿台予備校に通った上で、駿台模試を受験したことがありますが、かなりのハイレベルさに情けない点数をとって、限界を感じました。

子供の学校でも、医学部系コースと理系コースでもハイレベルコースの生徒さんは駿台模試を高校生から受験するという決まりになっています。

ベネッセは最近テスト関連に参入してきたところがあり、今求められている「思考力」を試す教科融合を導入していますが、それが果たして実際の大学入試に生かされるかどうか?

中学受験で、志望校がどのような学力テストを使っているかまで調べる必要はありませんが、超難関校では、駿台模擬試験を導入していることは間違いないというぐらいまで考えておくと、今後の勉強方針にも役にたつでしょう。

ただし、無理強いは絶対にしないでくださいね。








150415222377_TP_V
photo by 写真AC


こんにちは。ペンペン(@penpenwaker23)です。

昨日(2018年4月14日)は番外編ということで家計のやりくりについて紹介しましたが、
実は、子供の教育費などにも影響してくる話です。

少しピンとこない方もいらしたようなのですが、大事なお話なので、
後日いろいろと紹介していきます。

私立中学校のことで、すでに入学された方から「入学後の学力差が気になる」と
いう声をいただきました。

公立中学校の場合は、それほど生徒間での学力を気にすることは、
入学ほやほやでは出てこないのですが、私立では入学前や入学後に学力テストや
小テストがあって、徐々にクラス内での個人の学力が見え隠れし始めます。

明らかに出てしまうのが、「学力テスト」なのですが、記事から推測するに、
「ベネッセ学力テスト」(学力推移調査とは違います)のことが気になるようです。

さて、入学後の学力差やテストのことについて、今日はなるべく詳しく解説します。

スポンサードリンク


入学直後の学力や順位は気にしない!勉強方法を思い出すチャンス!

入学後もしくは前に行われた学力テスト(入学前に出された宿題がテスト範囲のはず)
は、あくまでもその子の入学当時の学力についての「参考資料」です。

組み分けの資料にしたり、中高一貫校がほとんどですから、高校卒業時に
どのぐらいその生徒の学力が向上していったかを調べるデータにもなります。

学校としては、それぞれのお子さんの資料を総合的に集めてみて、
中高6年間の指導について、どうしていくべきかを研究する資料になるので、
入学直後の学力テストの結果や、小テストの結果は神経質になる必要は
ありません。


ただ、小テストが始まっている場合は、1学期の成績への加算要素としている
教科はありますので、先生からお子さんに伝えている場合はあります。

小テストが始まっているのに、詳しく教えてくれないというお子さんは
すでに現れているかもしれません。

小テスト結果は聞いてみて、不合格を出していなければ
中学受験時の勉強を忘れていないということで安心できます。

ところが、中学受験を終わってから、すっかり自分なりの暗記法や勉強
スタイルが崩れているお子さんは必ずといっていいぐらいいて、
赤点続きになります。

そうなると、今後の学力テストや定期考査にどんどん汚点を残すことに
なるので、親御さんが中学受験時にしていた勉強方法を
思い出させるように努力する、例えば
・スマホやゲーム機の当面の禁止
・テレビをみる時間の調整
・宿題以外の勉強の提案

を相談して、学力が安定するまでは親御さんの協力はしばらくは
続くことになります。


すぐに塾に通わせるかは決定しないこと!

お子さんが不機嫌な顔をしていたり、勉強に手を抜き始めているのは、
何か困っているサインです。

何か困っていそうなサインを出している時は、ケースバイケースに
なりますが、第1位ぐらいまでにあがってくるのは、
「授業にうまくついていけない」という点です。

また違った理由が出てくるのですが、自分が思い描いていた学校生活と
かなり違う授業スピードで心が疲れ切って、学力テストや小テストの
勉強に力が入らないことがほとんどでしょう。

日頃からの勉強についていけないと親御さんが判断して、
すぐに塾に通わせるご家庭はあります。
実際に、子供のクラスで1学期から通塾しているお子さんはいます。

気をつけたいのは、「塾と学校との授業速度が合わせにくい」ということと、
有名塾にいれたいけれど、対応拒否された」「個人指導でなければ難しい」と
いうことです。

あわせて、学校側から「塾への通塾禁止」を出しているところもあります。

中学生向けの塾は、公立中学へ進学した子向けにレベル設定をしている
場合があるので、授業速度は全く違います。

その理由から「個人指導でなら対応します」としている塾があります。

そして、中高一貫校へ入学した子を対象とした塾はあるのですが、
名門校を対象とした塾で、学校名を伝えただけで断られるケースはあります。
(すでに学校と提携している塾もあるほどですから)

まだまだ中1は新しい中学生活、特にいろいろと厳しいところがある
私立中学校での生活は、慣れてくるまでが一苦労です。

さらに通塾を1学期からしてしまうと、勉強嫌いになることがでてきますので、
今は、1学期の間は学校生活になれることを最優先にしてあげてください。

スポンサードリンク


ベネッセ学力テストについて

4月下旬もしくは、5月定期考査前ぐらいに、中堅校なら、ベネッセとなんらかの
提携を結んでいれば、「ベネッセ学力テスト」が行われます。

子供の学校では、「学力推移調査」とは別に定期的に行われますが、
中1では、「国語」と「数学・算数」で、中学受験級の出題でテストを
受けます。

問題用紙は外部に漏れないようにということで、親がみることはできませんが、
回答用紙のコピーと総合成績などをグラフ化した資料が返されます。

子供の学校では6年間親が返却時に振り返られるように、ファイリングされて
返されますが、入学後始めての学力テストは、喜ぶお子さんと
かなり落ち込む子に2つにはっきり分かれます。

うちの子は、かなり落ち込んだ方でした。

うちの子のケースで解説すれば、国語の「長文読解」が苦手になっていて
かなりの点数を落としていました。

数学に関しては、中学校に入学後から少し変化が出ていて、
「数学・算数」だけトップクラスに入っていました。

中学校に入学してから、中学受験で苦しんだ科目が入学後には
得意科目になっていたということがわかりました。

しかし、その後の学校の授業で、国語の勉強法を自分で見つけ出して
コツコツやっていたので、順位もかわりました。

そう言う意味で「ベネッセ学力テスト」は推移調査とは違って、
その時の学力がどのぐらいかを知る機会になるので、成績よりも
「勉強の仕方」を考えることが大切です。

まとめ

実はベネッセが提供しているテストに「学力テスト」と「学力推移調査」の
2種類があるというのことに、気がつかなくて、なぜこの二つのテストについて
人気があるのか気になっていました。

子供に聞いてみて、ようやくこの2つのテストが問いかけていることに
気が付いて、特に入学間もないお母さんにとっては、かなり気になって
いたのではと、気づかされました。

私自身は、入学時点での順位はやはりショックを受けましたが、
あまり気にしないようにして、「次に向けてがんばりなさい」と
叱ることはしませんでした。

中には、かなり厳しく叱って成績が伸びなくなったお子さんがいるとも
聞きます。

最初の2ヶ月ぐらいは中学受験からの緊張から抜けきれない生活なので、
叱りつけるのではなくて「なぜどこがだめだったか」を考える期間に
してあげてくださいね

スポンサードリンク


86c80d91510b85df4cd741b05dfd5b2b_s
 photo by 写真AC


どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。

今日は春休み最後の日曜日。明日(2018年4月9日)が始業式で、
子供の学校では、それぞれのコースで特定の科目に対しての
小テストが、始業式終了後行われる予定というかします!

子供のコースは1クラスしか存在しないので、そのままクラスメンバーも
変わらずで担任や教科担当の先生に変更があるぐらいです。

春休みの間、すでに私立校に進学しているお子さん、これから受験本番に
入ろうとしているお子さんに対してのメッセージをお送りしていたのですが、
様子を見ていると、「ベネッセ学力テスト」への関心が大変高いと見ていました。

おそらく中堅校に入学されているお母様などがご覧になっているとは思うのですが、
入学後のことより、まず目の前のことに視点を変えてみませんか?

スポンサードリンク


ICT教育への参入と学力テストなどの参入

詳しく調べて見たところ、学力テストについては、
ベネッセが駿台と提携してのテストを作って提供しているという点があって、
いろんなサイトを見て、分析している方やお母さんの閲覧が
多いのだろうと見ています。

確かにベネッセは、英語テスト「GTEC」も一部の学校に提供していますし、
学力テストも中堅校に提供しています。

ネットサーフィンをしていても、学力テストについての正確性が
議論に上がっていました。

2020年の大学入試テストに対応すべく、変わったテスト「教科混合」を出して
いるので、その内容も知りたいところでしょう。

ICT教育についても、ベネッセが提供するアプリを導入している学校は多く、
子供のコースがしようする端末にもそのアプリが入ります。

中堅校に入学するご家庭、これから中学受験を進めるご家庭は、
このベネッセの存在と動きには注目しておくといいでしょう。

スポンサードリンク


これから受験するご家庭へ

正確に言えば、来年受験を予定している新小6のお子さんを持つご家庭へ
お伝えしたいことがあります。

5月ぐらいから、学校見学会や入試説明会、プレテストが始まっていきます。

5月から合格がきまる翌年2月までが、徐々に地獄か天国か別れていくことに
なります。

見学会や入試説明会は、「受験したい・検討している学校は
必ず全部見にいく」ことをオススメします。

1回限りしか入試説明会を行わない学校がありますが、
入試説明会でしか教えない入試に関する解説もあるので、
受験を考えている学校は全てまわっておきましょう。

お母さんだけでは疲れるので、時々お父さんが交代で見学会や
説明会に付き添ってあげてください。

中学受験に理解を示さないお父さんを、説明会などで
学校の理念などを知ってもらういい機会です。

ついでにいうと、より多くの生徒獲得のために、複数回説明会を
行う学校があります。

その学校が本命校であれば、いける回は出席しておいて、
説明会終了後に、入試担当の先生に質問をすると、ちょっとした
出題傾向を聞き出すことができる場合もあります。
(ただし、むやみに長く聞き出していると受験に響くケースも
あります)

文化祭や体育祭の見学が許可される学校はありますが、
在学生の方や保護者さんも来校しています。

クラブのイベントに参加できたりもしますが、あまり目立った
行動をすると、保護者様から該当クラブへ注意がいくことが
あるので、「あくまでもまだ入学していないのだ」ということを
覚えておいてください。


まとめ

これから中学受験を始める、もしくは今年度が中学受験をするご家庭は、
新年度なので、今が一番緊張の時でしょう。

ですが、

これから先がもっともっと過酷になっていきます。

外部のテストを受験したり、合宿に参加することや、
夏季冬季と講習会での指導が厳しくなります。

当然普段の授業も厳しくなって、お母さんもお子さんも心が
折れてしまいそうになることも出てきます。

3人中1人しか合格できないとも言われている「中学受験」。

時々、精神的な休憩を入れてあげながら、これからの1年を
乗り切ってください。

スポンサードリンク


PAK105215431_TP_V
photo by 写真AC

こんにちは。ペンペン(@penpenwaker23)です。

中学受験の本番前にえらくアクセス集中しまして、私もびっくりしましたが、
終了後はぴたっと止まったのもびっくりしています。

中学受験の本番前は、お母さんがお子さんより気になって
最新情報やダメだった時など調べたくなるのですが、
中学受験で合格が決して「ゴール」ではありません。

合格後に入学志望者のみ集められる学校もあれば、
物品購入時にお子さんだけ集められるケースなど
様々で、入学後の生活や行事などが発表されることがあります。

以前にも、合格後にしておくべきことを紹介しているのですが、
「中1クライシス」という入学してからショックを受けてしまうお子さんも
いることは事実なので、最後まで読んで充実した学校生活を
過ごしてください。

スポンサードリンク


入学後もしくは前に学力テストはあると思え!

おそらくほとんどの私立中学校(本当は中高一貫校でしょうか)は、
入学予定者に対して、春休みの宿題ということで問題集を渡しています。

内容としては、我が子の学校の場合は、中学受験の問題をもう一度
おさらいするものでしたが、ここが曲者でした。

入学前のある日に「学力テスト」が行われて、クラス分けなどの資料に
なり、その後、学校で継続して行われる学力テストとの比較資料にも
使われ、コース変更が必要な生徒の仕分けにも使われます。

ここで誤解して欲しくないのは、学校側が独自で用意したテストで
よく私のサイトで読まれている「ベネッセ学力テスト」は、
入学後の5月と9月ごろに行われました。

初めての学力テストは、学校ごとに違いますが、
ほとんどが入学前の宿題の中から出題されますが、宿題が
渡される時に範囲が発表されることの方が多いです。

今まで通っていた塾の講習や通信教育は必要?

我が子もそうでしたが、3月末までは塾に在籍することを認められます。

関西圏は、1月が中学受験本番で発表されれば、通塾の必要は本来
必要なくなります。

もちろん親の判断で、入学する中学が決まれば1月末で契約解除もできます。
ただし、英語教育面で小学校ですでに英検3級以上を取っているお子さんは
案外います。

我が家は、3月末まで在籍として、英語のみを個別指導でしていただき、
卒業としました。

塾側としては、中学部もあるので残って欲しいところはあるかもしれませんが、
中堅校以上になると、個別指導にしても学校での授業速度が異なるので、
対応不可になります。

というわけで、入学してから学力が著しく悪いお子さんに対してのみ
学校側から通塾を支持されるケースはあります。

通信教育(ベネッセ・Z会など)は、公立校のお子さんとは、
別に「中高一貫生コース」を導入していて、電話でのみ申し込みが
できます。

事前にお試し資料をいただけますが、実際にやらせてみると、
単元の進め方が合わなくて退会することになりました。

塾にしても通信教育にしても、私立中学の授業速度と合わなくて
お子さんが困るケースが多いので、特別にやらせる必要はないです。


*ひとつだけ、失礼なことにベビーコースの資料を送られて
困った通信教育の会社はありました。


スポンサードリンク


生活リズムは中学受験時よりもゆるめでもいいけれど・・・

小学校を卒業して、中学校入学まではいわゆる「春休み」になりますね。

宿題など課題が出ていたり、物販購入に出かけたり、健康診断を
受けに行くことはあるでしょう。

中学受験もしんどかったし、羽目を外したくはなりますが、
遊んでばかりもいけないのです。

宿題や学力テストがあれば、その日までは、毎日勉強の時間は
必要になりますが、中学受験と同レベルまで頑張るというよりも、
少し緩めでもいいでしょう。

時間よりも、受験時にダメだったところやもう一度見直しておきたい
ところは、この春休みシーズンに見直しておくとよいでしょう。

夜型で中学受験時は生活していたところを、昼型にしていく
ところは重要でしょう。
電車通学になると早起きになりますからね。


親主導ではなくて子供主導に切り替える

合格するまでは、親御さんが塾側とのやりとりをして、
親御さんは、塾側からの連絡をもとにお子さんに色々と
受験について「こうしなさい、あーしなさい」とうるさく言っていた
ことはあるかもしれません。

この間、子供の中2から使う教科書を買いに行った帰りに、
東急ハンズの手帳売り場で「中学受験計画手帳」という
ものを見かけましたが、決して子供さん向け手帳ではなかったですね。

今後は、お子さんが合格した学校で「自己管理手帳」というものを
渡されて、生活リズムなどをチェックするところはあります。

現実に私も、今は子供に全ての勉強などのスケジュール管理は
任せていています。

学力テストや定期考査に、結果として明らかに出るので、
子供に自分の計画の甘さなどを教えるには、自分で自分を
管理することの重要性を教えなければいけません。

この時期に、勉強のスケジュールはお子さんに任せてみましょう。

まとめ

01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s
photo by 写真AC

ベネッセ学力テストの1回目が5月ごろというのは、学校生活に馴染んでくるのが
GW明けで、その間にも宿題は出されるし、第三者の目線で、子供たちが
中学の学習についていけてるかを知るのに、GW明けがベストと考えているからです。

かなり細かくデータとして出されて、弱点なども嫌なぐらい出されてきます。

それよりも、学校内で行われる学力テストが最初の関門でしょう。

この最初のデータが学校としては欲しい訳で、高校まで進んで卒業時には
お子さんがどう成長しているか知りたいというところです。

勉強の速度も早くて、毎日が小テストの世界へと浸かる生活になるので、
入学後にショックを受ける子がいますが、
中学受験合格が「ゴール」ではなく、入学後が勝負の世界です。

大変な生活になりますが、新しい友達や部活に参加することで、
勉強にも工夫する点が出てきますので、その時は、親御さんが協力
してあげてくださいね。

スポンサードリンク

86234e0a.jpg
イラスト by イラストAC


どうも、ペンペン(@penpenwaker23)です。
しばらくの間、仕事の方でバタバタしていたことや、中学受験の様子などを見たくて、
更新をおやすみしていました。

関西圏(特に京阪神間)の中学受験状況が徐々にわかってきたので、
私で知り得た情報ということと、今後のことについてちらりと紹介します。


志望校計画によるけれど、午後受験に勝負をかけた子が多い

1月13日が京阪神間の中学入試解禁日なので、その前日の出願状況で
ちらっと分析したのですが、大本命は確実に合格したいので、
初日の午前受験に回すのは当然でしょう。

(初日午前しか受験日を設けていない超難関校があり)

そして、初日午後に「プレテストでもA判定出てるし、模試でも合格判定
出てるから一か八か」ということで、初日午後受験を設けている学校に
対して、初日午後受験をもってきたご家庭が多かったです。

その代わり、午後に受験するということは、学校側としては、
「きてくれないかもしれない」という考えから、難易度は高くなりますが、
この午後試験で合格すればラッキーともいえます。

2次試験を設けている学校に走った子も

出願校が全滅してしまい、公立中学にいくか迷った時に、2次試験を行なっていて、
前日の夕方5時までWEB出願を受け付けた学校もありました。
初日前日の出願状況では0人でも、初日受験で全滅したお子さんが、一応考えていた
学校で出願したものとは考えられますが、2次試験は、初日午後よりも
問題内容がアップするので、この試験で合格を得た子は、本当はかなりできたのでは
とも思われます。

地域によっては、無理に私立中学に進学せずに、公立中学在学中に実力をつけて、
志願した高校に対して「高校受験」を行うという道になります。
しかし、中学受験で培った「自分の勉強テクニック」は中学での勉強に役に立つので、
決して無駄にはなりませんし、むしろもっと発展させて欲しいです。

入学校を決めたら必ず入学志望者集合日を忘れずに

ピンポイント受験で合格していたり、複数受験をして、第一志望校が合格してから、
お母さんは、まず入学金入金や、制定品などの入金手続きに走り回ることになります。
入学金確認が取れれば、「入学志望者集合日」と入学者と保護者が揃って、
通知書もしくはハガキを持って、集まる日があります。

希望する学校の集合日を忘れて欠席すると、入学金を納めていても
欠席することで入学が取り消されることになります。
ただし、風邪やインフルエンザでどうしてもこれない場合は、連絡を入れていれば、
後日個別説明になります。

この日、何があるかというと、学校からは、入学までの勉強のことや、校則の話、
学校からの宿題の手渡しが行われます。
ついでに、入学前もしくは入学後に「学力テスト」が行われて、後日保護者との
三者面談やもしくは初めての保護者会などで、成績が公表されます。

学力テストは、宿題の範囲からか、中学受験で学んだことがそのまま出てくることが
ほとんどですが、入学までの間に遊び呆けさせないということもあるので、
学力テストまではまだまだ手は抜けないことになります。

学力テストがこの時に悪い成績でも、入学後にはどんどん逆転劇は
行われますが、最初の出だしは大切ですから、しっかり学校からの入学前の
宿題などで勉強し直すというのは大切ですね。

新テストを導入した学校の様子がみえなーい

大阪・大谷中学校の1次Bの凛花コースで実施された「未来力テスト」。
大谷中学校のプレテストを受けた子は、塾からの指示か、
ほとんどのお子さんが受験されているのですが、
詳細不明です。

500文字程度の論文を読んでもらって、推理して解決策を書いてもらうという
「思考力」を問われるテストで、東京の一部の学校ではこれに似た
問題は出されているのですが、京阪神では珍しかったので、知りたい部分は
多いものの、これは今年の秋ぐらいに本屋さんで売られる赤本を見る
しかわからないし、実際に1次Bの凛花コースでこのテストを選んだお子さんが
どれだけいたかも不明なので、早く知りたいですね。

そして、今年の春ぐらいから、小5・6年に対して、英語は必須になるでしょうし、
小3からも指導に入るので、来年冬の中学受験は、科目数に変更が出てきそうですね。

まとめ

子供の学校内でも、ぼちぼちと2020年の大学入試対策に向けた教育が
進み始めていますし、しかも、この1年間で入学したコースに馴染めなかったり、
コースを変更して上がりたいこと、入れ替わりのシーズンが始まります。

もし、希望のコースに合格できなかったお子さんもいらっしゃるかもしれませんが、
学校によっては、下克上ができるというタイミングもあるので、
合格してからも、学校生活を楽しみながらも、しっかりお勉強だけはしておきましょう。
まずは、目の前にどんとくる宿題や、制定品や教科書などの購入でパニックに
なりそうですが、順番に片付けて行ってくださいね。





↑このページのトップヘ