google-site-verification: google893c828015ccc08d.html

ぺんぺんのペタペタ知識欲

中学受験と教育をメインに、WEBライターのお話などその時の話題を 提供しています。

はじめまして、ぺんぺんと申します。
主婦をしながらWEBライターをしています。
持病を持ちながらも娘とともに中学受験にチャレンジして
2017年1月に中高一貫校に合格しました。
現在、クラウドソーシング社2社
(クラウドワークスとランサーズ)にて
お仕事しています。
中学受験や教育のことがメインになりますが、
その他に興味を持ったことについても紹介します。

大学入試改革

00be05a0c02aa28cc9a5115f253c8ed3_s


こんにちは。「ペンペンのぺたぺた知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

今年の春、私立(国立・公立も含む)中高一貫校へ入学された子どもさんは、そろそろ「英検」もしくは「漢字検定」の受験を、学校単位で申し込んだか、個人で申し込んだかになると思います。

我が子も入学してからは、学校側が先に新生活になれることを最優先したので、「英検」「漢字検定」は2学期以降に受験しました。

すでに、教育熱心な親御さんでは、今年入りたての子どもさんに「英語検定最優先」ということで、3級の申し込みをされているケースも見受けられます(すでに4級取得隅で、親御さんが英語での仕事をしている方と見受けられます)

ただ、親がどこまで子どもの検定に口出しできるかってことです。
そして、すでに大学側が採用決定している検定についても紹介していきます。


学校側が受験の指標をたてているケースあり

英検についても、漢字検定についても、学校側が授業や宿題に影響が出ないようにという配慮はしていて、それぞれの受験日や申込日は告知はしてくれるものの、強制申し込みをする検定もあれば、個別申し込みをとる場合があります。

なぜかと言えば、入学前にある程度それぞれの検定を受験していて、受験歴なしの子と、すでに級を持っている生徒さんの差が激しいからです。

とはいえ、強制申し込みをするという場合でも、すでに学校側が提示する級を持って入れば、その時に受験する他の生徒さんのことも配慮して、受験をなしにして、受験料を返金(諸費用から出している場合が多いです)をしてくれる学校もあります。

ここまでは、中2ぐらいまでのお話。

さて、中2の2学期ぐらいになれば、自分の勉強の仕方はしっかりわかるし、どの検定を優先すべきかというのも判断がついてくるので、親は基本「こっちを優先しなさい」と言わなくても、友達や英語や国語の先生に相談に行くので、自分でスケジュールを作る癖ができます。

よって、入学したてのときは、親は「この時期に受験したら?」と言いたくなるものですが、最初は学校に全て一任してよいかと思います。

その時に合格すれば、そこから先は子どもさんの判断に委ねるのがいいでしょう。不合格になった場合は、学校側でも対策は取りますから、親がガミガミ怒るのはやめて見守るのみです。

親世代の英語検定と子どもの英語検定は質が変わっている

前回、我が子は英語3級を受験して、2次試験は不合格でした。次に3級を受験する時は、2次のスピーキングを再試験ということになります。

問題の内容を見せてもらったのですが、私がもし中3で受験するのなら、ちょっとスピーキングは厳しい内容かと感じました。
※今は、海外の友人や学校のネイティブの先生と英語で話しているので、日常英会話は問題なしです。

それだけ、日本の教育界としては「世界に英語力が遅れている」と考えていて、来年行われる「大学入試改革」での英語に求める力のレベルアップを行なっています。

同時に「漢字検定」受験を勧めてくるのは、国語力低下の問題も抱えているからです。
読解力の低下は「数学」「理科」の成績低下にも繋がります。

と同時に、難しい漢字を知っておくことは教養にもなりますが、大学入試の申し込みに書くことができるものにも含まれていきます。

我が子の学校では、高3進学までに、漢字検定と英語検定、両方とも1級をとるのが好ましいと指示がでていて、頑張っている子は、かなり必死になっています。

子どもの友人で、中3で英語検定準2級の子もいますね。

親世代に求められたことと、今の子どもたちに求められていることの質やレベルははるかかなたの世界で、教えるとしても、中1終わりぐらいまでが限界かなと感じます。
(検定と生きた英語は違うので、私が英語を教えるのは、検定からはずれるので、教えないようにしています)


TEAPってご存知ですか?

2020年から大学入試制度が根本的に変わりますが、すでに高3生が試験導入でテストを高2から受けて、様々な話は聞けています。

英語の力については、大学によって異なりますが、基本は「英語検定」をベースに英語を判定する傾向が強いのですが、現在「TEAP」という高3向けに受験可能なテストを開発しています。

英語について求める「書く」「聞く」「読む」「話す」の4技能を確実に測ることが目的で、このテストを採用すると発表している学校はあります。

関連記事:TEAP申し込みについて 日本英語検定協会

日本の英語協会が開発したテストということで信頼性が高いということから、多くの日本の大学がこのスコアを重視する可能性はあります。メリットは何回でも受験可能であるという点で、一番高いスコアを出せばいいということですよね?

すでに受験申し込みが始まっているので、高3の生徒さんは受験先の大学が採用しているとしっていれば、英検と同時にこのTEAPの日程も見ながら、受験していることは間違いないですね。


ほかにも、TOEIC,TOEFLなど外部英語検定を受験する子どもさんはいますが、私が学生ならTEAPは受験先が不要でも、お守りとして受験はするでしょうし、必要とあれば受験はしますね。

でも、TOEICやTOEFLもできれば、自分の英語能力を知るために受験はしますね。(短大時代に強制受験しているので、問題の難易度とスコアは知っています)


もう中学受験が終われば、ぼちぼち子どもでスケジュールを考えさせること

中学受験は、親も子どもと二人三脚で挑戦するものでしたが、入学してしまえば、もう親があまり口出しをするのは、あまりよくありません。

これは、中3の子供でなおかつ女の子で、私立の少し厳しめの学校に行かせた母親だから言えるのですが、あまりうるさく言い過ぎると、子どもが拒絶を起こして、成績を落とすことにもなりかねません。

一度、自分で考えさせる癖づけを始める必要がそろそろ必要になります。

一回、大失敗をして、自分の計画のなさやどこがいけなかったかを、身をもって教えることも大切です。

それぐらいしないと、子どものやる気に火がつきません。私も、過去に同じようにして、大失敗を子どもに味あわせたのですが、子どもは見事に這い上ってきました。

いまでは、少しチラチラと勉強のことは聞きますが、その結果は、きちんと成績という形で出てくるので、その時に「何がいけなかったのか」という点を聞き出すようにして、次に繋げるようにしています。

中学受験が終われば、もう「ひとりで考える力」を親が突き放すようにはなりますが、どうしても困ったという時にだけは話を聞いて、そして自分で考える力はつけさせましょう。

※ただし、実力テストなどで不平等になることがあるので、この点は後日話します。

スポンサードリンク

e6585070a4a12ed291c1e15acbd72c2d_s

こんにちは。「ペンペンのペタペタ知識欲」のペンペン(@penpenwaker231)です。

子どもが中学受験をしてからもう2年が経過し、今度は中3生に進学します。
先日、中3から使う教科書を買いに(準教科書は有料です)、学校指定の書店に買いに行きましたが、コース別で大きな開きが出ていることに気がつきました。

思いっきり、頭に岩が落ちるぐらいの衝撃でした。そして、中3では、ぼちぼち高校への進路を考える時期でもあります。

我が家の子どもも「なんとない違和感」「将来の夢のこと」を考えるようになりました。

子どもからの話と、そして私が調べたことを含めて、もうまもなく本格稼働する「大学入試改革」対策についても話を広げていきます。




私立中学でもコースが違えば、使用教科書数が断然かわる

8372cd32815ca38692e192e1b54e2da3_s


私立中学の場合、中2の後半ぐらいから文系・理系コースに分けるという学校が多いです。さらに中3になれば、理系でも選抜クラスを作る学校もあるほど。

最初から医学・薬学コースを設けているコースは、理系コースに準じた授業を行います。


一部の学校では、英語に特化させたコースや特技(スポーツ入学など)を設けているコースはありますが、「自分には合わないかも」ということや、成績優秀者であれば、コース変更を親の了承と本人の今までの成績を見て、指導部が決定、そしてテストを行なってコース変更を許可します。

ですが、コース変更ができるというのは、ほんのわずかで、我が子も別のコース変更願いを出して、審査を受けたのですが、ダメで、卒業までコース変更は効きません。

前述しましたが、「中2後半から理系・文系」に大きくわけるので、授業に使う教科書にも変化はでます。

特に国立大学を目指させるコースに対しては、中3には高1で使う教科書を使い始めます。中3から、難関大学を目指させるクラスの子の教科書数は多く、大きな出費が出てきます。


公立中と私立中の教科書使用の違い

00be05a0c02aa28cc9a5115f253c8ed3_s

義務教育中である小学校・中学校の生徒は、文科省がそれぞれの教科書会社が作成した教科書を、学習指導要領に元に検定を行います。

検定に合格した教科書を使って、本来は公立中も私立中も授業を行うのですが、私立中の場合は、学校長の判断により、国からの教科書は受け取るものの、独自教科書もしくはICT教育を実施している学校では、先生や開発会社が独自作成したオリジナルプログラムで授業は勧められます。

中高一貫校の場合は、高2までに高校で習う全てのことを終了させて、高3は受験対策をするというわけです。

当初、受験しようかと考えていた和歌山・開智中学校では、中学から完全オリジナル教科書という話を、学校説明会で聞きました。

その他に、東京の有名校でも、教員が作成したオリジナル教科書を使用しています。

これに対して、公立中については、学習指導要領に基づいた授業を行うため、学校から無償で配布される「検定教科書」を使って授業を行うので、中学生が学ぶべきところまでしか指導しません。

しかし、高校受験で「難関校(公立・私立)」を受験する場合は、学校で習う範囲では、最近通用しなくなっているので、塾で高1級の授業を先取りで学ぶ傾向はあります。

ちなみに、私立中学で使用する教科書の中で、「漢文」、「体系数学」「チャート式数学」を導入する学校は多いですけれども、超難関校で、有名大学進学者を多く出す大学では、独自教科書を使う確率が高いです。


教科書以外に将来の進学についても考える時期

e0cb44d94d9722bafbcdb42ce19c83d1_s

実は、入学してから入学した私立中学の中で「学校に馴染めない子」は出てきます。
口コミサイトでも「自分には合わないので、別の学校へ行く」「もっとレベルの高い学校へ行く」と勉強を頑張り出す子が出てきます。


実際に、子どもの学校で、なんらかの事情で不登校になり、学校カウンセラーの説得で、別室授業で通っている生徒さんは複数名確認されています。

子どもの学校では、高校から別の学校へ進学する子もいるので、中3の10月ごろに、進路説明と入学説明会をドッキングして行う予定になっています。

子どもには進路について聞いて見たのですが、「上の学校には、進学するけれど、大学をどうしようか考えている」という返事はありました。

高校の授業料については、現在国と自治体からのダブルで「高等学校など就学支援金制度」が支給されることになりますが、所得により支給金額が異なります。今「幼児教育の無償化」で幼稚園・保育園が混乱している中、高校生・大学生への教育費について、そろそろ議論が行われます。

1342605
参考画像:文科省
文科省と自治体からの「高等学校など就学支援金制度」が高校では実施されますが、公立はほぼ無償で私立に対しては、所得制限がかけられて、910万円以上を越えれば、支援金から除外はされます。

富裕層であれば、特に影響は受けないという制度なので、高校生の教育については、平等性はないと考えておいてもいいぐらいです。

*参考記事
文部科学省「高等学校など就学支援金制度」
大阪府・平成28年度に入学したみなさんへの授業料支援制度について
     

まとめとして

a1568d5fcecfb28bd35221c3e93276b8_s

中1から中2まで、我が子の場合は、大変でありながらものんびりしていて、学校生活を過ごしていたように感じます。

ただ、中3に上がる前に、学校で何かしらの話があったようで、真剣に将来の進路について考え始めています。もちろん、大学進学でもしかすると必要になる「日本学生支援機構の奨学金」「大学独自の奨学金」についても調べ上げています。

私も、仕事柄調べたのですが、「大学教育の無償化」と奨学金制度が相反する形になるので、こればかりは、私も今は書けないというのが、正直なところです。

そして、高校から気にしなければならない「推薦入学制度」についても、どんどん受け入れ校が少なくなっているので、私たち(30〜50代)の両親としては、大学卒業までにかかるお金をどのぐらい用意しなければいけないかを考えなければいけません。

中3になってから、様々なプログラムが始まるようですので、わかり次第、このブログで紹介していきますね。

ではでは、また!

スポンサードリンク


81745c68.jpg
 photo by 写真AC


2020年、東京オリンピックがある年ですよね?

同時に大学入試について、今まで行わせていたセンター試験が廃止されて
「大学入学共通テスト」と名前を変えるし、方法も大きく変わります。

情報を早く得ている塾や高校では、すでに新テストに切り替わる年頃の
中1から中3生に対して、親と同伴の説明会などを開いて、
変更点やこれからのカリキュラムなどを出しているはずです。

実際に、我が家も今(2018年)から3年前の小5時に、塾で希望者に対して開かれた
講演会に参加して、共通テストの作成に協力し方からの話は聞きました。

昨日(2018年3月27日)の各種新聞が「不公平がある」などの批判記事が出ています。

どこかどう文句の根元になっているかを紹介しています。



大学入試共通テストの概要について

これまでは、マークシート方式の一次試験と各大学の独自問題に
でした。

英語については、「話す」という分野を問われることがありませんでしたが、
これからの世界を渡り歩くには「自分の意見を自分の言葉で英語で話す・書く」の
「書く」「聞く」「読む」「話す」の4要素が必要であるとしました。

それを考え付いたのは文科省。

では、大学入試で4要素の実力を試したいけれど、それでなくても
ヒアリングで聞こえなかったなどのトラブルがあるので、
「公平」にスコアが出てくる外部英語試験を使えばいいとなりました。

英検は、今や小学生でも準一級をとる子が出ていますよね。
でも、英検では日本国内レベルではないかという声が出てきまして、
・TOEFL- iBT
・TOEIC
・IELTS
などの外部英語検定のスコアをCEFR(外国語の学習などの国際指標)
に置き換えて、合否判定するという方法に切り替えるというものです。
今までの英検も合否判定に使われ、ベネッセが開発している検定テストも
今回の入試改革の英語テストに適用されると発表されています。


国語と数学についても、記述問題に切り替えて行くという話になっています。

早い人はもう3年前ぐらいには知っていた

私もそうなのですが、大手塾や私立高校でもトップを走る学校は、
この情報を仕入れていました。

一番最初のチャレンジャーとなりうる当時中2から小5の子供をもつ
お母さんと生徒対象に、私の娘が通っていた塾では
3年前(当時5年生)に講演会を開いて、約100人のお母さんが
話を聞いています。

この時の講演会と、最近発表された内容に変更点はありません。
英検を持っているお子さんでも、おそらく国公立大学は、
英検を選ばずに、TOEFLやTOEICのスコアを最優先にしてくるはずだと
していました。

ここからが話が逆転していくところで、東大が「大学入試改革の
英語に外部テストの評価は使わない」と発表しました。


外部テストのほとんどがビジネスか留学認定向け

英検は、純粋に英語のできを測る認定テストですが、
TOEFLやIELTSは、海外への留学資料用テスト、
TOEICは、ビジネス英会話なので、
CEFRの指標に変換しても公平性がないというのは一理あります。

「話す」要素をテストするにしても、外部テストでは受け入れ人数に
制限があるので、大勢の受験生を受け入れるにも限界があります。
特にTOEICは会社員も受験するので、会場確保が難しくなります。

すでに一部の学校で、中学生および高校生にチャレンジテストと
して、実際のテストの予行演習的なものを実施しているので、
もうまったなしの状態です。

費用面の問題での問題と私立大学側の動きも

英検は比較的安いのですが、TOEICなどのテストは2万5千円は確実にします。

いいスコアで提出したいので、何回も受験することになりますが、
受験者の増加を想定して、すでに受験料の値上げを検討しているところも
あります。

費用面で「払えない受験生はどうなるんだ」という課題が出ているので、
文科省などで、この受験料の負担もしくは減額について
話し合いが出ているようですが、私の個人的感想としては、
「ぜったーい、値段変更しない」と見ています。

なぜかというと、受験者が増えると、自分たちの団体収益が増えるから。

私立大学側については、大学入試改革から今のセンター試験が
なくなることから、独自テストに切り替わることになりますが、
同じように英語について、外部の英語検定のスコアを出す必要は
出てくるでしょう。

頭の痛い話ですが、負担してやる必要は仕方ないとしています。


まとめ

先日から急に大騒ぎしている、大学入試改革の英語については、
すでに3〜4年前に実施することが決定されていて、
私立校では、すでに先行して英語教育を集中的にすることや、
ICT教育で、普段補えきれない部分をアプリで活用していました。

公立でも英語教育に熱心な学校も、国からの助成金をいただいて
先行して指導を行ってきていたので、
今更何を大学も学校も騒いで文句をいうのか。

これでは対象学年を持つ家庭を不安にさせるだけではないのでしょうか?
と思います。




IMG_0671
 pyoto by penpen

追記事項あり:2018年4月17日

どうも、ペンペン(@kyusaiwaker23)です。
今年9月に行われ、11月の保護者会で総合結果が返ってきて青ざめた
「ベネッセ学力推移調査」。

ようやく、子供の回答内容と、回答と今回のテストにおける
受験者の傾向が冊子となったものが渡されました。
ゲッとなった内容のお話はこちらね。

私学でも中堅校に実施されたテストですが、
結局どういう内容だったのかを、紹介します。

追記事項:ベネッセ関連の学力テスト全てについて
結果分析シートは手元に渡されて個人保管できますが、解答用紙は
結果確認後、学校側で保管。問題用紙については、全て回収のため
現物の写真公開、実際の問題内容の公表は学校側からも禁止されて
いますので、ご了承ください。





中学に入ってからの勉強スタイルを試された!

中学に入ってから大人から見れば当然の話ですけれども、
教科ごとに教える先生が変わりますよね?

中1生はまだまだ慣れていないわけですから、
まだまだ勉強スタイルができていないわけで、特に入学して
落ち着いてきたかもという「9月」に実施することで、
生徒さんそれぞれの基礎教科である「国語・数学・英語」がどれだけ
定着しているかを確認する目的もあったわけです。

数学について2パターンあって、先生の指示により1つをするのですが、
どちらを選んだとしても、普段から基礎定着をしていれば、
取れる問題でした。

学校側も個人データを拾えるわけですから、教え方や
生徒個人へのアドバイスもやりやすくはなりますね。


曲者だった教科融合!これは普段から色々と興味を示しておくこと

古い情報を調べていると、「教科融合」は実施されていなくて、
つい最近導入されている教科です。

今回、子供がどういう内容のものを受けたのかを、
解説で見たのですが、全ての教科を盛り込んだ要素の問題で、
「国語」の要素と「数学」の要素のコラボ問題と、
読解力と思考力が試された2問のみでした。

うちの子供については、英語は普段から英会話を聞いていたので、
3Aという評価と教科融合は3Sという評価をいただいております。

日頃から英語について必死に勉強をしていて、
本好きと言う点で、教科融合になって国語と数学の要素が
ドッキングされてもすぐに正解に辿りつくことはできます。

しかし、単独で国語と数学となるとかなり悪くなるというのを
娘の回答用紙を見て、分析しました。


国語と数学について

文章読解は非常に得意というのは顕著に出ていました。

これは、いろんな分野の本を通学時間に読んでいたり、
友達と文豪系の本の貸し借りをして感想を述べたりという
特殊な(?)付き合いの中で、読解力を身につけて行ったものと
考えられます。

これは、私も友達関係のことは聞くのですが、文芸部に入っている
友達がいて、いろいろと作品についての感想を聞かれるので、
自然に身についたものと見られるのですが、
中学に入って、小学校時代は大嫌いだった分野は伸びています。

しかしながら、これだけは乗り越えられていないの書き取りです。
これは、地道にドリルなどで特訓あるのみです。

数学は、昔からムラがある子でしたので、今回のテストについては、
不得意単元がどんどん出てきて、ほぼ全滅とも言えます。
結果を見てからは、勉強方法を変えているので、来年度の
学力推移には、また違う結果が出るでしょう。

英語と教科融合について

この2つは切り離して解説していきます。

英語は、小学校時代になかった教科ですので、
中1生にはどきどきする学力テストだったのではないでしょうか?

英語に関しては、お子さんの日頃の勉強スタイルがもろに
反映されていることになります。
我が家については、ラジオ基礎英語1を聞くのと、NHKワールドニュースを
アイパッドで聞いていたので、ヒアリングは得意で、読解についても
問題なくいけているのですが、ライティングの単語記入が全くダメ。

これは、基礎中の基礎を叩き込むということで回復しますが、
他のお子さんの話を聞くと、3を取れていた子はわずかと聞いています。

教科融合は、問題用紙を開いて読んで見なければ、理解不能だったと
子供から聞きました。

実際に私も解説でどんな問題が出たかを見ましたが、
「国語」の要素と「数学」の要素のドッキングで、
特に読解力がないと回答できない仕組みになっていました。

ちなみに、我が家は国語と数学はあまりいい点を取っていませんが、
読解力のおかげで先生たちをも驚かす3Sを取っています。

先生からの説明では、「日頃からいろんなもの興味をもっていないと
解けませんよ」という解説があったので、国語や数学がいくら
普段からできても、日頃から新聞やニュースなどを聞いて
応用できるものを頭の中に入れておかないと、
「教科融合」は難しいということになります。


まとめに

超難関校に対しては、このテストは行われおらず、別の外部テストは導入されている
模様ですが、中堅校としては、ベネッセの学力推移調査の結果をもとに、
どういう教育を施すべきか、そして、2020年の大学入試改革対策をもやりたいと
いうのもあるのでしょう。

子供の回答用紙の縮小版を見たのと同時に、中学生になってからの
勉強改革の小冊子もついていたので、
今の勉強方法の見直しにもなりますね。

ちなみに、市立中学校でも中堅校や超難関校は、終業式が終わっても、
年内ギリギリまで講習会を開くので、冬休みというのは、実質短いのも
覚えておいてくださいね。



60b3b1b458cab1fc6aae5621219e249a_s

追記事項あり:2018年4月17日

こんにちは、ペンペン(@penpenwaker23)です。

昨日(9月12日)、娘の今日私立中学校では、ベネッセが提供する
学力テストが行われました。
5教科にプラス「総合複合」という科目もつけられて、丸一日テストでした。

「総合複合」というのは、5教科総合問題で、全て記述式。
ある問題では、キーワードが3つ出てきて、ある事例についてキーワードを
使って回答するという、2020年の大学入試改革を意識した
問題構成で、大問1の1番目の問題から解いていかないと、
最後の回答が解けない仕組みになっています。

それとびっくりなのは、数学を解いたら次は理科そして英語と
パニックさせるか頭を切り替えさせるかということを試している
試験問題でした。

(昨日、帰宅してから見せてもらいましたが、私でもしんどかった)

子供はというと、午前中少し体調が悪くて、数学が少し手こずった
ようですが、何とか解いたという話でした。

なぜベネッセが出張ってきているのかが気になったのですが、
これについては、いろいろと情報が拾えたので、解説します。

今回の学力テストは、中堅校でなおかつ中高一貫校が利用するテストで、
基本の受験科目は「国語・数学・英語」で、今回から「総合複合」が
プラスされています。

一学期から導入する学校もあれば、うちの娘の学校のように、
二学期から受けさせる学校もあります。
偏差値なども結果として帰ってきますが、すでに受けられたお子さんの
お母さんからいうと、「学校でどのぐらい勉強をしっかり教えてもらって、
基礎学力として定着しているか」の指針にはなるということでした。

結果はしばらくしてから返却されますが、医学コースや他のコースの
お子さんと同一条件で受けているので、かなりの差はでてくることは
間違いありません。

中学受験で外部の模擬テストを受験していますが、
塾の先生も「外部の模擬テストは、ハイレベルの子供向けで
作っているから少々悪くても心配する必要はない」と
おっしゃっていたので、今回のテストで、どのぐらいの基礎学力ができているか
を見るのには、楽しみです。

しかし、このデータはベネッセが管理するということなので、
ベネッセが独自で作っている英語の外部資格にどの程度の
問題を作成するかという資料に使われる可能性はありますね。
ベネッセも、中堅校のお子さんの実態調査をしたい面もあるでしょう。

それとは別に、学校独自で学力テストも行われているし、
もっとハイレベルになると、駿台模試なども受験していくことになります。

これらの結果も、コース変更の参考資料になるので、
日頃からの勉強なしでは、下克上は難しいというのは、こういう理由も
あります。

最終的には、子供の意思を大切にしてやらなければいけないのですが、
親としてはやきもきする話ですね。

追記事項:2018年4月17日
ベネッセ関連のテスト類については、生徒の手元には、
順位などの分析シートは返却されます。
解答用紙のコピーは3者面談時などに確認できますが、学校側で保管
になり、当日の問題冊子については、回収となっております。
そのため、テスト関係の画像や問題内容については、学校側からの指導も
あり、公開できませんのでご了承ください。


スポンサードリンク


↑このページのトップヘ